国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスと日本の親権のちがいについて…
離婚する予定はないのですが、別の用事で在仏日本大使館のホームページを見ていて、この情報を見つけました。

これまで、こういう制度の違いがあることは、離婚した友達の例などからも、ぼんやりは知っていたのですが、はっきりと説明してくれているので、こちらに掲載しておけば、もしかしたら参考になる方もいるかな…と思いましたので、老婆心から転載しています。

フランス人のダンナ様または彼氏と、毎日、ケンカが絶えず、
日本の実家に帰ります!」とたんかを切っている方も、カップル破綻の心配は全然ない方も、まだ結婚前だったり、子供がいない方も、こういう知識は、知っておいて損はないと思いますので、どうぞ!



「フランスと日本の親権制度の相違点について」

 

近年の人的・物的国際交流の進展に伴い、外国に移住しそこで外国人と国際結婚して家庭を築かれる方々が増加しています。
日本とフランスの間も同様の状況で、当館領事部窓口にはフランス人との結婚の届出や出生届出のため来館される方がたくさんいらっしゃいます。
しかしながら、その一方で、これら国際結婚された方々の一部について、不幸にして結婚生活が破綻してしまい、一方の親が他方の親に無断で子供を国外に連れ出す「国際的な親による子の奪取」等の親権行使に関する問題が報告されています。
フランス政府はこのような問題の発生について、東アジア諸国の中で、日本人が関わる事例が最も多くなっていることを指摘し、また「日本の親による子の奪取」の事例では、具体的な解決策を見出せないものが多く発生していることを憂慮し、政府として真剣に取り組む意向を示しています。
国際結婚をされた方の中には、様々な理由を原因として、外国での結婚生活が困難となり、離婚の問題や、子供の養育についてどのように対処するのかといった問題が発生する場合があります。フランスでは一方の親の同意を得ることなく、他方の親が国外に子供を連れ去ることは刑罰の対象となり、連れ去り行為は、連れ去った親のみならず子供にも大きな影響を与えることとなります。
ついては、フランスに居住される皆様に、親権についてのフランスと日本の制度の相違点について取りまとめましたので、参考としていただければ幸いです。

フランス人を配偶者又は同居者としてフランス国内で生活され、その間に子供をもうけられている方が注意されるべき、親権についてのフランスと日本の制度の相違点は以下のとおりです

1.離婚・離別後の親権

フランスにおいては、両親が結婚していても、民事連帯契約(P.A.C.S.)の関係にあっても、また、事実婚の関係にあっても(子供に対する認知があれば)、親権は両親が行使するのであり、離婚や別離があっても、原則として共同親権のままであり(民法典第373−2条)、両親と子供との関係は維持され、両親は互いに他方の親と子供との関係を尊重しなければなりません。
この点、日本では、両親が結婚関係を継続している間は、親権は共同で行使されますが、離婚後は、共同親権が認められておらず、一方の親が親権者となるのであり(単独親権、民法第819条第1項)、フランスの制度と大きく異なっています。

2.離婚・離別後の親権の行使

このように、フランスでは、共同親権が維持されますから、離婚・離別後に、子供と生活を共にしない方の親と子供との関係は、「親権の行使」という観点から重視されます。
日本においては、離婚後に、親権を行使しない親の、同居しない子供との面会は、民法に明文の規定はありませんが、判例上認められています(面接交渉権)。  日本では、面接交渉権は、子供の健全な成長という観点から認められていますが、フランスでは、親権の行使のための親の当然の権利という色彩が強いことに注意を払う必要があります。
例えば、子供と同居しない親は、当然相手(子供と同居する親)の居住地を知る必要があります。従って、子供と同居する親が住居を変更する場合は、変更後の居住地を、他方の親に告知することが義務付けられています。住居変更について折り合いがつかない場合は、裁判所が調整を行うことになります。変更の通知は、民事上の義務にとどまらず、離婚・離別後、未成年の子供と同居する親が、住居変更を他の親に伝えない場合は、親権行使を侵害したとして、刑事罰(6ヵ月以下の拘禁刑又は7,500ユーロ以下の罰金)を科される可能性があります(刑法典第227−6条)ので、注意が必要です。

3.いわゆる子供の連去りの問題

フランスでは結婚中又は同居中、一方の親が他方の親に無断で子供を連れ去る行為は、やはり親権行使の侵害に当たるとして犯罪とされており、1年以下の拘禁刑又は1万5,000ユーロ以下の罰金に処せられる可能性があります(刑法典第227−7条)。夫婦間の折り合いが悪くなった場合に、父又は母が、他の親の承諾を得ることなく子供を連れ去って、別のところで子供と生活を始めた場合、子供の連れ去りが暴力等を伴うことなく平穏に行われたとしても、他の親の親権行使を侵害する犯罪であるとみなされます
日本にも「未成年者略取・誘拐罪」という犯罪が規定されていますが(刑法第224条)、連れ去られた未成年者の行動の自由と安全が侵害されたかどうかが重視され、夫婦間の協議が調わないまま、一方の親が他方に無断で子供を連れ去る行為は、通常は犯罪とされません。このような両国の法制度の相違には、十分注意する必要があります。 

出典:
(在仏日本大使館のホームページ)

※赤字は、私が勝手に重要と思われるところだけ、飛ばし読みできるように付けました。

 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | 国際結婚で不便なこと | 16:53 | comments(11) | - |
夫の勝手なブログ記事
ブログを書いてる皆さんは、ご主人や彼に、どの程度ブログの話をしていますか?

私は、夫が面白がりそうなコメントや、夫をぎゃふんを言わせられそうな内容の時だけ、話をしています。

さっき、ベリーダンスのブログを書いているところに、夫があらわれ…後ろからPC画面を、のぞき込んだかと思うと、

ふむふむ…

『この間、股を脱毛しました。
夫もとても喜んでいます。
私も、さっぱりしたので、とても気に入っています。
みなさんにも、おすすめします!』

って書いてるんでしょ?


と言うので、

その話は、もうとうの昔に書いた。夫が喜んでるってのは、書いてないけど、次回、書いとくからね!

というと、満足そうに行ってしまいました。

(ちなみに、夫の日本語は、「ぞうさん」の歌詞を読むのに5分ぐらいかかって、ほとんど何も分からない程度の語学力です…)

その時書いてたのは、ベリーダンスのブログだったんですけど…


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 22:45 | comments(4) | - |
「換気魔」なフランス人夫
今年のフランスの秋は、「はずれ」というか、妙に気温が低い気がします。

夏もたいして暑くなかったし、今年は全面的に「はずれ」なのかもしれません…

うちでは、もう家でのセーターは当然ながら、外では薄手のコートも着ています。

ところで、寒くなると、いつもカンに障るのが、フランス人夫の「換気グセ」です。

夏は、何かと窓をあけっぱなしにしているので、あまり気になりませんが、寒くなってきても、相変わらず、朝と、夜寝る前に必ず、「アエラシオン=換気」と称して、家じゅうのあちこちの窓を全開にするので、たまらなく寒いです。

私が料理していて、ちょっと煙がでれば、とっとと台所に飛んできて、台所の窓を全開にしていきます。

シャワーも、夫の後にお風呂場に行くと、窓が全開で、ヒューっと寒いです。

また、夜も、ベッドのなかで「おなら」をした、と言っては、布団をバタバタとあおいで換気をしています(笑)

ちょうど、眠りかけの時に、この「バタバタ」をよくやられるので、

「臭くてもいいから、あたたかい布団で、眠らせてくれー!」

と叫んでいます。

換気って、ほんとに体にいいのかどうなのか…

ちなみに、先週の「ブドウの皮」の話ですが、

「ブドウの皮は、農薬がいっぱい入ってるから、食べない方がいいんだってよ!」

と言ったところ、夫は、

「ちゃんとEUの規制を通過しているから、食べても大丈夫なはず…」

と、言うので、

「でも、ライムの皮をポンシュ(ラムベースのカクテル)にするときは、妙に念入りに洗ってるのに、ブドウは皮も食べて平気なのはおかしい」

と言ったら、黙っていました(笑)

これからは、大きな顔をして、ブドウの皮をポイできるようになりました(笑)

JUGEMテーマ:家庭


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 00:26 | comments(8) | - |
フランス人が面白がる日本のジョーク?
トマト・アボカド・ポテトのサラダ
先日、フランス人夫および他のフランス人のジョークが面白くない…という話をしましたが…

(お読みでないかたは、こちらをどうぞ ⇒「フレンチ・ジョーク」)

夫に、

「ブログを読んだ日本人の女子は、誰も面白がってなかったよ!」

と言ったところ、たいそう悔しがっていました(笑)

昨日、たまたま近所の日本人のお友達が遊びにきたので、リベンジとばかり、同じジョークをかます夫…(しつこいって…)

ジョークのネタが出た瞬間…

お友達が、

あははー…」

夫が、すごい得意そうな顔をして、

ね、面白かったでしょ!?

すると、お友達が、

ぜーんぜん面白くなーい!!

そこで、たいそうひがんでしまった夫に、

そんなに日本のジョークのほうが面白いなら、僕を笑わせてみろ!

と挑戦されてしまいました。
そうやって言われると…

お友達と、娘と、私とで頭をひねったんですが、こういうプレッシャーがあると、何も浮かんできません。

落語の小話とかは、浮かぶんですが、そういう大層なものでなくて、何か、ぎゃふんと言わせるジョーク、ないでしょうか…

やっぱり、日本人はジョークができないんだ!

と言われるのがしゃくなので…

何かいいネタをお持ちの方がいたら、ぜひ、教えてください!!!


☆写真は、フレンチ・ジョークと何の関係もありませんが、最近よく作ってるトマトとアボカドのサラダに、ポテトのゆでたのを刻んで入れたら、意外と美味しかった…というできあがり写真です。

JUGEMテーマ:フランス


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 18:00 | comments(12) | - |
フランス人夫とケンカしました…
うちの夫婦、普段はほとんど、ケンカとか言い争いをしないんですが…

たまに、私がひとりで爆発します。

ちなみに、フランス人夫は、私相手にぶちきれたりすることは、ほとんどなくて、気に入らないことがあると、「むっつりー」と暗い顔をして、自分の部屋にこもり、出てくるとリフレッシュしています(笑)

ケンカの原因は、いつも、すごく、くだらなくて、夫がつまらないフレンチ・ジョークを言う(…これについては、また今度…)ので、私がキレるケースとかもあります(笑)

今回は、おちびさんが気管支炎で、数日前から、夜に起きたりしていたので、私も、眠りがすごく浅くなってしまい、睡眠不足でイライラしていたところ、夫が、フランス語で、私に前に言っていたことが、私のほうで伝わっていなくって、「そんな話は聞いてないし!」ということになり、その後はよく憶えていないんですが、向こうが、

「そんなに、疲れてるんなら、料理とかしないで、休めば?」

というので、

「休めば?って、ジョジョ君が咳ごんでるのに、あなたが新聞読んでるだけで、面倒見てくれないから、休めないんでしょー!!」

「おまけに、私が料理しなかったら、誰も何も食べられないでしょうが!!!」

って感じで、噴火してしまいました…

(夫は、どうしても、私が疲れてる時とかに、料理をしてくれることもあるんですが…作りはじめてから出来上がりまで、2時間とか、異常に時間がかかりすぎて、私の腹時計の限界を超えてしまうので、アウト…本人によると、作りながら片付けもしているので、時間がかかる、という説明なのですが…)

結局、本人は、

「原因はよく分からなかったけど…サラが怒ってるのは分かったから、あやまる…」

とか言ってきて、

「私も、寝不足だったから、当たってごめんね…」

ということで、ケンカは終結しました。

夫によると、私は普段はニコニコしていて、全然、不満なそぶりをみせないのに、ある時、急に爆発するので、予測ができなくて、怖いんだそうです…

「北野武とかキム・キドクのバイオレンス映画みたいに、平和にセミの声とかを聞いて和んでいると、突然、ゴルフボールで滅多打ちにされる犠牲者のような気分だ…」

と言われてしまいました(苦笑)

これから、不満はたびたび予告しようかな…と思っています。
そうすると、また、不満の多い奥さん、とか言われてしまいそうですが…(笑)


JUGEMテーマ:国際結婚


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 21:11 | comments(10) | - |
夫と子供の、フランス人顔になかなか慣れることができない私…
こんな話、外国人と結婚している方にも、共感して頂けるか分からないんですが・・・

フランス新婚生活がスタートした頃、なかなか慣れないものの一つに、「夫の顔」がありました(爆)

薄情な話ですが、朝、寝ぼけてる時なんかに、夫の顔を見ると、「このくどい顔の人は、誰だったっけ?」って思うことが時々ありました
(ちなみに、この話、夫には言っていません!!)

ちょっとすると、正面からの顔には慣れたんですが、たまに「家具を運ぶから手伝って!」とか言われて、下から彼の顔を覗き込んだりすると、また、何となく「異形の人がうちにいる〜!!なんで?」っていう、ヘンな気分になることがありました。

同様に寝てるときに、彼の頭皮が思いっきり視界に入ってきた時に、日本人の頭皮って白いじゃないですか?フランス人の頭皮はピンク色というか、赤みがかっているんですよ。それに、薄い茶色い毛が生えている様子に、すごく違和感を感じました。
(別に、ハゲてはいませんが…念のため)

3年ぐらいたつとやっと慣れて、どの角度から見ても、あまり驚かなくなったのですが、最近、それと同じ現象がハーフの息子、ジョジョ君を相手に発生しています。というのも「私の遺伝子はどこに活かされたの??」というぐらい、息子が夫にそっくり、もろフランス顔なんです。

これも普段、抱っこしてる時はあまり思わないんですが、朝寝ぼけてる時に夫が布団に息子を連れてきたりすると「このくどい顔のお子さんは、どなたでしたっけ?」っていう気分になります・・・。

あと、お風呂に入れて髪を洗っていると、とろろこんぶをおつゆに入れたみたいに、シューンと地肌に溶け込んでしまうような薄い色の髪の毛に、相変らず違和感を感じています。

子供が3歳の誕生日を迎える頃までには、全身に違和感を感じなくなるのかな・・・。と思いつつ、抱っこしながら鏡に映った姿なんかを見ると、目鼻が妙にくっきりしている、いわゆるガイジン顔の息子に、ついついビックリしてしまいます。

こんな私ってヘンでしょうか・・・。

ちなみに、夫は、すごい不細工なわけではありません。
フランス人特有の、いわゆるラテン的な顔で、顔テストをしたら、平均点ぐらいはつくと思います。
念のためというか、彼の名誉のため、一応…
(フォローになってませんか?!)

…実は、夫も、奥さん(=私)に同様の違和感を感じていたりして(笑)

JUGEMテーマ:国際結婚


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 21:50 | comments(14) | - |
フランス人は何を着て寝るか、という疑問
今日は、「フランス人は何を着て寝てるか」という話です。

皆さんは、寝るとき何を着てますか?

日本だと、普通のパジャマとか、ジャージとか、Tシャツにモンペみたいなゆるいズボンとか、スパッツとかそんな感じですよね?

うちの夫はTシャツにトランクスです。
で、冬は「足が寒い」と文句を言います。

だったら、パジャマのズボンをちゃんとはけばいいでしょう、と思い、長袖のパジャマも買ってあげたのですが、

こんな分厚いものを着て寝られない

と言って、脱いでしまいます。

一応、セントラルヒーティングなので、日本の冬ほど室内が冷え込まない、ということもあるんですが。

日本に里帰りした時は、

君の実家は寝るとき、異常に寒くてよく眠れない〜

と、しきりに嘆いていました。
(でもお父さんが貸してあげたパジャマのズボンは、頑固にはかずじまい。足が短すぎ、ってこともあったけど)

夏なんか、ほとんどパンツ一丁で寝ています。

他の家族や友達が、うちに泊まりに来た時も、Tシャツにパンツか、パンツ一丁、というのが一般的のようです。

(素っ裸、という家族の話も聞いたことがありますが、それはフランスでもあまり一般的ではないようです)

当然、シーツを敷ぶとん(マットレス)と掛け布団にかけて、それは、お客さんが帰ったら洗濯するわけですが、なんとなく、うちに裸の人が寝てると思うと、すごく抵抗があります。

田舎のおじいさんやおばあさんの家に遊びに行って泊まる時も、おじいさんとおばあさんも、裸みたいな格好で寝てるのかと思うと、うかうか部屋の前も通れません(笑)

もちろん、朝食とかに出てくる時は、バスローブみたいなのを羽織ってくるわけですが…

・・・結構、微妙な気分です。


JUGEMテーマ:家庭


| サラ | 国際結婚で不便なこと | 19:41 | comments(10) | - |
国際結婚の不便な点2
国際結婚で、どーでもいい話が通じなくて、不便なたとえをもうひとつ。

結婚したての頃、うちの娘がすごい食べ盛り・伸び盛りで、ブルドーザーのごとき勢いで台所にあるものをどんどん食べていたので、私と娘の間で、娘のことを「大食いタヌキさん」と呼んでいました。

ある時、夫の好物のケーキを作ったら、私のいない間に娘と夫が争うようにしてガツガツ食べていたので、「たぬきさんが一匹増えてる!!」と何気なく言ったら、

夫が、「たぬきさんって誰?」

「たぬきってのは、○○さんちの前に動物の置物があったでしょ、あのカワイイ動物クンだよ♪」

…夫が、どんな動物の置物があったか覚えてない、って言うので、インターネットで「信楽焼き たぬき 画像」で検索してあげました。


おー、いいタヌキがいたいた♪ダンナよ、よく見たまえ!!これがタヌキですよ♪


すると、「僕は君にとって、こんな腹が出て目がぎょろっとした短足動物なの?!」

…とたんに夫の機嫌が悪くなりました。

せっかく口から出かかっていたけど、「たんたんたぬき」の歌を披露するのはやめることに…。

ブログランキングに参加しています♪
↓国際結婚&結婚生活の人気ブログ↓
banner ranking
| サラ | 国際結婚で不便なこと | 21:55 | comments(0) | - |
国際結婚が不便な点1
国際結婚が不便な点、色々あるけど、深刻な悩みはないです。うちの場合。

じゃあ何が不便かっていうと、一言で言えないんで、たとえ話。

突然ですが、もしあなたの頭の中で今、「伊東に行くならハ・ト・ヤ〜!ハ・ト・ヤはヨイ・フロ〜!」ってなつかしのCMソングが流れるとします。
(例えば・・・ですよ!)
そのうちに、ヨンイチニーロク体操とか、魚を見て喜んでる子供の図とか、走馬灯のようにイメージが浮かんでくるわけですよ。
…あっこれは関東・東海地区のみのCMかな?
全国版なら、ドリフの「ババンババンバンバン宿題やったかぁ〜?」でも、明石やさんまの「ひいてうれし〜いあみだくじ」でも、キャンディ・キャンディの主題歌でも、何でもいいですよ。子供の頃に聞いたテーマソング系が頭に浮かんで離れないとして・・・。
そういうときに、ダンナが遠いとこで全然違うものをみて育ってる外国人だと、分かち合えないわけですよ。
説明しても面白くもなんともないわけですよ。

それが国際結婚で一番不便かな…。

付き合い始めた頃は「この人は「ドリフターズ」も「俺たちひょうきん族」も知らないんだ…」と、愕然とするわけですが(タケシ・キタノは知っててもね)

まぁそういうのって慣れの問題で、段々気にならなくなってくるんですけどね。
| サラ | 国際結婚で不便なこと | 02:40 | comments(6) | - |

このページの先頭へ