国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アラフォーからの歯列矯正(1年2ヶ月経過)
歯列矯正をはじめてから、長いようで、もう1年2ヶ月が経ってしまいました。



※歯列矯正について、ときどき、ご質問等を頂きますが、以前に書いている場合もあるので、ご興味のある方は、以下をご参照ください。


アラフォーからの歯列矯正(その1) http://monpetitchou.jugem.jp/?eid=554
開始前の様子

アラフォーからの歯列矯正(その2)http://monpetitchou.jugem.jp/?eid=559
開始から2ヵ月後

アラフォーからの歯列矯正(おまけ)http://monpetitchou.jugem.jp/?eid=560



現在の見た目は、歯列がほぼ完全に整っており、あとは上下の中央がぴったり合えば、ほぼ完璧な歯並びになります。

前回の診察のときに、

「このままで行くと、10月末までには装置をはずして、リテイナーだけにすることができますよ」

と言われました。

元は、1年半の予定と言われており、去年の6月からはじめたので、今年の末までに終了すると言われていたのですが、予想よりも順調に歯並びが直っていったらしく、予定より早く終わって嬉しいです!!


ちなみに、私の場合、歯列のズレが、年を取るにつれ、見た目上、気になっていたのと、話すときに、発音が段々聞きづらくなってきた音があると夫に指摘されており、自分でも発音しづらい音があって気になっていたために、矯正を始めたのですが・・・


発音の方は、改善したのかどうか、自分では、よく分かりませんが、夫は、良くなったと言っています。

前は、舌が長すぎて、余ってるような話し方だったのが、それがなくなったそうです(苦笑)

自分で録音してみればいいのですが、とはいえ、録音した自分の声を聞くと(電話のメッセージとか・・・)、自分のイメージを裏切るような、驚くような変な声でガッカリするので、あまり聞きたくない、というのが本音なのですが・・・(爆)



1年以上たった今でも、装置が気にならないといえば、嘘になりますが、常に意識することはなくなりました。

こんなへんてこりんなものも、ずっと体の一部にくっついていると、しまいには慣れてしまうものだな、と思いました。


最初の6〜8ヶ月ぐらいは、装置が当たる場所の歯茎や唇が痛くて、口内炎ができたりしていました。

矯正歯科に行くたびに、装置に粘土みたいにくっつけて、痛みを緩和する「シリコン」をくれるのですが、常にもらった分を使い切ってしまい、いつも、多めにもらったりしていました。

とくに、フランスパンを食べたり、ステーキを食べたりすると、結構こすれて痛いので、フランスに住んでいるのに、バゲットは、ほとんど食べなくなってしまいました(苦笑)

リンゴも、タルト用みたいに、薄っぺらくクシ切りにして食べています。


あとは、写真を撮るときに、どうしても、スマイルで一時停止した顔をキープすると、装置が気になって、口の周りがひきつって、写真を後で見ると、ものすごく不自然な顔になっていたのですが・・・

最近、自分のスマイル写真を見ると、自然にスマイルしているように見えるようになったので、ちょっとほっとしました。

(とはいえ、自分では、今でも、「はい、チーズ」の瞬間に、「スネオ」みたいな顔になっている気がしています・・・)


装置が取れたら、どのくらいスッキリするのか、どのくらいスマイルが自然になるのか・・・

あと2ヵ月後が、楽しみでもあり、怖いような気もします!!

JUGEMテーマ:自分のこと
| サラ | フランスのビューティー事情 | 09:07 | comments(8) | - |
使わなくなった香水の使い道

はるか以前に、香水の話を書いたときに、

「使わなくなった香水は、どうしていますか?」

というコメントを頂いたのですが・・・

 

その頃は、特に使わなくなった香水をどうすることもなく、そのまま、引き出しの奥に眠らせていました。

20代の頃に使っていた、シャネルのアリュールが、子供が生まれてから肌に合わなくなり、それでも、なんとなく捨てられずに、びんの底に残っていたのですが・・・

 

夫がスーパーで買ってくる、トイレの「におい消しスプレー」の匂いが好きではないので、トイレの引き出しに「アリュール」のビンを入れておいたところ(私は、単に香水を置いておいたら、少しは香りが出るかな、というつもりだったのですが・・・)夫が、トイレから出てくるときに、アリュールの香りをプンプン匂わせて出てきたので、笑ってしまいました。

 

夫は、それ以来、トイレのにおい消しとして、気に入って使っているため、うちでは、「アリュール」=「トイレの香り」として、定着してしまいそうな勢いです。

 

また、別に、もらいものの香水で、イヴ・ロシェの男性用香水と、クリスチャン・ラクロワの女性用香水があり、それもどちらも使っていなかったので、お客さま用のバスルームの洗面コーナーに、お飾りのように置いておいたのですが・・・

 

ある日、トイレを済ませて、そのバスルームで手を洗っていたジョジョ君が、男らしい香りをプンプンさせて出てきたので、

 

「どうしたの?」


と聞くと、


「男の子用の香水があったから、それを使った。僕、いい匂いでしょ?」

 

とすまして言うので、笑ってしまいました。

 

他には、うちの娘の洋服たんすが、なんかいつもクサイので、香水のビンを置いたりしていますが・・・

使わなくなった香水、他にもっと良い使い方があったら、教えてください。


| サラ | フランスのビューティー事情 | 22:08 | comments(10) | - |
LUSHの香り
以前に、香水のお話をしてから、だいぶ経ってしまいましたが・・・

相変わらず、ディオールのアデイクト2(今はアディクト オー フレッシュに名前が変わったようですが、中身は同じと思われます)をほぼ毎日、普段使いして、たまに気持ちを引き締めたいときに、セルジュ・ルタンスのグリ・クレールを使っています。


夫は、少し前から、私の同じ香りに飽きてきたらしく、

「そろそろ、新しい香水を買ったら??」

と言うようになりました。

ということで、色々試してみたのですが、あまりピンとくるものがありませんでした。


前回ご紹介した、「Fifty Shades of Grey」を読んでいて、やたらめったら「ボディウォッシュのいい匂い」という描写が多いので、「気に入る香水が見つからないなら、ボディソープを変えてみようかな」とふと思いました。

ちなみに、夫が、

「次に買う香水は、洗い立ての清潔なシーツみたいな匂いがするやつがいいな…」

とも言っていたので、「じゃあ、いい匂いの石鹸でOKってこと??」とも思い、スーパーのシャワージェル売り場で、各製品をクンクンしてみましたが、ピンとくるものがありませんでした。



これまで、LUSHというせっけんのお店があるのは、知っていたのですが…



わざわざ、せっけんの専門店でせっけんを買いたい…という気持ちになることもなく、お店の場所はよく通るものの、お店に入ったこともなかったのですが、ネットで、いい匂いのボディシャンプーがある、というのを見たので、用事のついでに、はじめて、お店に入ってみました。


シャワージェルをいくつかクンクンした結果、適当に、「Flying Fox」と「Happy Hippy」を買ってみました。

あと、シャンプーとコンディショナーの試供品をもらって、香水もよさそうなものを試着させてもらって、せっけんの試供品ももらって、なんかやたらとお得な感じだな、という印象で帰ってきました。


その晩、シャワーで「Flying Fox」(日本での商品名は「蝶々夫人」だそうです!)を使ってみたところ、バスルーム全体が、ジャスミンの花かざりを首に巻いたときのような強烈な香りに包まれて、あまりに香りが強いので、最初はビックリしましたが、やみつきになってしまいました。

 

(楽天のリンクを入れておきました)

香りは、ジャスミンとイランイランで、残り香はハチミツと書いてあるのですが、何かもうひとつ、名前が出てこないけど、良い香りがして、それが懐かしい思い出(でも、それも何だか思い出せない)を想起するのです。

文章にすると、「何のことだか?」という感じで、申し訳ないのですが、香りが過去のイメージを生み出す瞬間、というか…、言いたいことがお分かりになるでしょうか??


ジャスミンの強烈な香りは、シャワーを出てしまうと、あまり続かないのですが、肌がしっとりして、ハチミツの軽い香りが残ります。


元々、ジャスミンの香りを使った香水等は、あまり好きになれるものがなかったので、こんなに気に入ってしまうとは、ちょっとビックリしました。

しかも、最近髪がまとまらなくて、パサパサして困っていたのですが、もらったコンディショナーを試したところ、驚くほどしっとりまとまったので、ビュローにいた夫に、

「見てみて!! 洗いたてなのに、髪がまとまった!」

と見せに行くほどでした。

それで、早速またそのコンディショナーを購入しに行ったのですが…

(ちなみに、コンディショナーは「Enchantement」という名前です。日本では、「ハッピーハッピージョイジョイ」という名前。フランスの硬水で、髪を洗ってから1日経過しないと、パサパサでどうにもまとまらなかったのが、洗って、ドライヤーをかけて、すぐにまとまるようになりました。香りは特に好みではありませんが、いやな匂いではないし、下のレディ・ゴダイバと一緒に使うと、ジャスミンの香りの方が残る気がします…)


LUSH製品を買ったときに、LUSHの新聞みたいなやつがカバンに入っていたのを、ちらっとめくったところ、なんか読むところが多くて、大変そう…と思って見向きもしていなかったのですが、休みの間に、待ち時間があったので、自分の買った製品のところを中心に、パラパラ見ていたところ、

「この製品も良さそう」

「あ、これも試したい」

という感じで、赤ペンを取り出して、最後にはたくさんの商品に丸がついていました。


うちの娘は、髪がオイリーなのに、地肌が乾燥して、頭皮に塗るかゆみ止めの薬が手放せないでいるのですが…

ちょうど休暇で娘が帰っていたので、トラブル頭皮やフケ・かゆみに効果が高いと書いてあった「Chasse Neige」というシャンプーのところを、カタログで見せて(ちなみに、日本名は「ワァオ!うれしい」…どういうネーミング・センスなのか…爆)、

「興味があったら、今度買ってあげるから、試してみる?」と聞いたところ…

ああ、ラッシュね。ブスの店でしょ!

と言うので、ブスの店」って、どういう意味?? と聞いたところ…

娘の友達で、ラッシュのファンの女子は、みんなブスだし、店員さんもブスだから、「ブスの店」なのだそうです!!!!!


結局、その後、「Chasse Neige」と、あとまた私が試したい商品色々、大人買いに行ったのですが…

  
(自分用には、固形シャンプー「レディ・ゴダイバ」も購入してみましたが…固形シャンプーというのは、ちょっと不便かも…あと、ケースは不要だったかも…)


確かに、そう言われてじっくり見てみると、店員さんは、コスメのお店にしては、不細工な方ばかりかも…と、大変失礼ながら、思ってしまいました。

他のお店は、そうじゃないのかもしれませんが…

私の住んでる町のLUSHは、確かに、お客さんも、不細工な人が多かったです(爆)

ということで、ラッシュにはまってしまった私も、娘からすると「ブス」なのかもしれませんが…


ちなみに、夫の感想は、「Nature & Decouvertes(ナチュラルなエッセンシャルオイルが売っているお店)の匂いがする!」と言う感想で、ものすごく好きではないけど、まあいいんじゃない、という感じだそうです。


これをお読みの方で、ラッシュ製品をお使いになっている方がいらっしゃったら、ぜひ、おすすめ商品を教えてください!

 JUGEMテーマ:おすすめ香水・フレグランス
| サラ | フランスのビューティー事情 | 00:01 | comments(8) | - |
フランスのパックと、シミ対策スキンケア
こちら、最近の戦利品コスメです。


フランスのカティエ(クレイパック)とシミ対策コスメ


寒くなって以来、肌もなんとなく元気がなかったので、前から気になっていた「CATTIER(カティエ)」のクレイマスクを買ってみました。

「敏感肌用」という、ピンクのマスクです。

これまで、あまりパックの効果を信用しておらず、パック製品は、ほとんど使ったことがなかったのですが…

塗って10分放置して、洗い流すと、思った以上に、肌がしっとりツヤツヤになったので、ビックリしました。

その後のお化粧も、ぼんやりした印象にならず、毛穴も目立たなくなって、心なしか顔の輪郭も引き締まったような感じがします。


このマスク、フランスのスーパーや薬局では、5ユーロぐらいで売っているので、もし敏感肌で、これまでパックを使ったことのない方がいらっしゃったら、だまされたと思って、ぜひ試してみてください!

ちなみに、日本語の説明をネットで見たら、デコルテやバストラインにも使えます、と書いてあったものがあったので、ぜひ、次回は、シャワー前に、デコルテとバストと背中にも、使用してみようと思いました。



このマスクが自分的にヒットだったので、欲を出して、これまで未開拓の、新しい分野のコスメを試してみたくなりました…



これまであまり、要所に絞ったスキンケアは、あまりして来ていませんでしたが、数年前から、ほっぺたに小さい丸いシミの存在を意識して以来、UV対策には、気をつけていたつもりなのですが…

UV対策だけしていても、シミは薄くならないようで(←当然?)、年々、シミの色が濃くなっているような気がして、最近は、リキッドファンデとコンシーラーでごまかしていました。


マスクで、肌を整えた上で、なにか、シミに効くものを、冬の間に重点的に使ってみようかな…と思って、薬局の「ラ・ロッシュ・ポゼ」コーナーを見ていたところ…

薬局のおばさんがやって来て、「何を探しているんですか?」

と聞くので、「ここのシミを何とかしたいんですが、この製品でもOK?」

と、ラ・ロッシュ・ポゼのシミ対策製品らしきものを見せたところ…


「あ、その製品は、そういうシミには効きませんよ…

シミなら、この製品が絶対に一番だから、試してみて」

と言われて、手に取ったのが、この写真の「DUCRAY」というメーカーの「MELASCREEN」というシリーズでした。

この製品は、朝晩、洗顔後に、シミの上に伸ばして、その上からクリームなどを塗る、という使い方だそうです。

約30ユーロと、薬局系コスメにしては割高だったのですが、薬局のおばさんのおすすめ度がかなり本気というか、その気にさせられたので、試してみることにしました。


どんな会話だったかというと、薬局のおばさんは、

「あなたのシミ、はっきり言って目立たないわよ」

とか、

「そんなに気になるなら、皮膚科でレーザーで焼いてもらったら、一発でなくなるよ」

など、せっかくこっちが買う気になってるのに、購買意欲をそぐようなことを言いつつ、

「その程度のシミなら、1ヶ月ぐらい毎日つけていたら、本当に薄くなる」

と言うので、1ヶ月はだまされたと思って、毎朝毎晩、使ってみることにしました。


まだ使い始めて間もないので、効果は、あまりよく分かりませんが、肌にすっとのびて、ちくちくしたりしないし、肌色のくすみ全般が取れたらいいな、と思っています。

ただ、本当にすっとのびすぎてしまうのが、ちょっと心配というか…

シミに、しっかりと刷り込んでいますが、それで本当に効き目がでるのかな、とちょっと疑問です。

こういう商品は、コットンにたっぷり取って、パックみたいに浸透させたら、もっと早く効果がでるのでしょうか。

それとも、たまにがんばるよりも、毎日、根気よく使い続けるほうが、いいのでしょうか。


重点ケア初心者なので、よく分かりません。

箱に入ってる説明書も、かなり簡潔で、あまり参考になりませんでした。



ちなみに、ここだけの話ですが…


脱毛がかなり進んで以来、Vライン(いきなり、股の話ですみません!)の正面から見える部分も、シャワー後は、お顔と同じ手入れをしているのですが…

最初のころと比べると、本当に、色素沈着が薄くなって、普通の皮膚の色になってきたので、このシミ・クリームをときどき使っています。

効果があったら、またご報告します。


皆様も、何か「これがシミに効いた」という商品があったり、効き目が出やすい使い方があったら、ぜひ教えてください。

ちなみに、冬は特に、煮た野菜を沢山食べたり、内部からも、肌がきれいになるように、気をつけています。


 JUGEMテーマ:フランス
| サラ | フランスのビューティー事情 | 15:31 | comments(6) | - |
アラフォーからの歯列矯正へのリアクション
歯列矯正の話のついでに、余談ですが・・・


歯列矯正の装置を付けてすぐに、夫のおばさん(80歳をゆうに越えている方)の家に遊びに行ったので、「ニッ」と歯をむいて、矯正の装置を見せ、

「装置を付けてもらったの・・・」と説明を始めたところ・・・


マリー・マドレーヌおばさんが、顔を曇らせて、

「こんなことになるなんて、本当に、仕方なかったのかしら・・・

・・・今はインプラントの技術も良くなったから、そっちも検討してみたら?」

と言われました。


最初は、意味が分からず、「???」だったのですが、後で、おばさんが矯正装置を「総入れ歯」と勘違いしたことが分かり、大笑いしてしまいました。


 JUGEMテーマ:日常
| サラ | フランスのビューティー事情 | 17:37 | comments(4) | - |
フランスでの歯列矯正(スタートから2ヶ月後)
歯列矯正の話の続きです。

どなたかのご参考になるか分かりませんが・・・


夏休み前に歯列矯正の器具(ブラケットとワイヤー)を入れてもらい、約2ヶ月が経過したのですが・・・


まだ、完璧な歯並びには遠いですが、はじめる前から比べて、こんなに早く、歯並びがこんなに直るなんて、ビックリです。


もし、「もう遅いかな…」と、悩みつつ、これを読んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ、矯正歯科に行ってみて、一度、詳しい話を聞いてみて頂きたいです。

ケース・バイ・ケースだと思いますが、私は、不便な点を差し引いても、矯正をはじめてよかった! と思っています。


今回は、開始時と、今の印象を、忘れないうちに、書いておこうかと思います。



開始直前は、前歯を1本抜歯したこともあり、元の顔よりもなさけない、さらに変な顔になっていました。

器具の設置は、まず、歯の4分1ぐらいのサイズの四角いものを歯に糊で密着させ、その間にワイヤーをかけていくのですが・・・

自分の口の中で、プラモデル製作中・・・というような印象でした。

とはいえ、矯正歯科の先生はかなりベテランらしく、ものすごい手際の良さで糊付けを済ませ、あっという間にワイヤーをかけてくれました。


最初の印象を大きくまとめると3つで、


1)口の中の印象としては、歯が突然30本ぐらい2段に生えてきたような感じ・・・

ワイヤーをひっかける四角いプラスチックが、小さい歯みたいな感じで、なにしろ、唇やパスタやお米がひっかかって仕方ありません。


2)口のしまりが悪い感じ(笑)

なんか、意識しないと、勝手に、よだれがたれてしまいそうな感じでした。

実際には、特に、よだれがたれたりはしませんでした(笑)

でも、器具をかけた当初の写真を見ると、口のしまりが悪い顔(すごい出っ歯の人が、上唇で歯を隠そうとしているような顔)をしています。


3)当初の見た目が醜くて、ショック!

うちに帰って、鏡で「ニッ」と歯をむいて見たときに、矯正歯科で見せられた写真(器具を付けてスマイルしているブロンドの女性の写真)と自分がスマイルしたときのギャップがすごすぎて、ショックで泣きそうになりました。

冷静に分析してみると、モデルさんは既に歯並びが整っているところに、器具を付けている写真なのですが、私の場合は、歯並びがガタガタなのが、器具のせいで、異常に強調されており、それが醜い原因となっていました。


矯正を始めることを前もって話していた友達に、器具を付けてすぐに会ったので、

「見て〜!! ものすごいブサイクでしょ!?」

と歯をむき出して、泣きついたところ、

「器具が邪魔なのが見て分かるけど、前と変わらず美人さんだよ〜!」

と、お世辞と分かっていても、嬉しいことを言ってくれました。


ただ、驚くほどブサイクな点については、装置を付けて1ヶ月以内ぐらいのうちに、だいぶ(装置は)モデルさんの状態に近くなりました。

というのも、写真を撮っておいたので、見比べてみたところ、1ヶ月程度でも、歯並びが驚くほど良くなっていたのです。

器具の位置が少しずつワイヤーで引っ張られて、歯が動いているらしく、当初ほどワイヤーの見た目が、歯並びのガタガタを強調しなくなっていました。


器具を付けてから、6週間周期でワイヤーを調整してもらうのですが、調整してもらった後、また更に歯並びがグンと良くなりました。

また、抜歯した穴は、最初はかなり悪目立ちしていたものの、2ヶ月経過段階で、2ミリぐらいの穴にまで縮まり、例がいいかどうか分かりませんが…ヴァネッサ・パラディの前歯程度になりました。


おまけに、最初は、単に口のしまりが悪かったのですが、慣れてきたら、口はちゃんと閉まるようになり、器具で押されるせいで、唇が普段よりもふっくらして見えるのに気がつきました。

私はもともと、唇が薄くて、スマイルすると、上唇なんて、ほとんどなくなってしまったので・・・

「ボトックスしたみたい!!! 」(←実際にしたことは、ないんですが・・・!)

と嬉しくなり、夫に、

「見てみて!! 器具で、上唇ができてるよ〜!!」

と興奮して報告すると・・・

夫は、これまで、私が、「器具のせいでブスになった!!」と散々騒いで、いろんな角度から「どの程度目立つか」を検証させられていたせいか、夫のリアクションは、

「大丈夫、ぜんぜん元と変わらないから!!」

という、がっかりするものでした・・・


その後、他の矯正経験者の方のサイト等を読んでいたら、この器具を付けて、唇が盛り上がった状態になったものを、「スネオ」と名づけている方がいて、大笑いしてしまいました。


自分ではアンジェリーナ・ジョリーの唇だと思っていたけど、他の人からは「スネオ」に似てると思われていたら、かなりショックです。


次回は、不便な点や、周りの人の反応について、また書きたいと思います。

 JUGEMテーマ:自分のこと
| サラ | フランスのビューティー事情 | 10:34 | comments(8) | - |
アラフォーからの歯列矯正
前回、暗い話題になりましたが…

今回の件で、「自分のことを後回しにする生き方は良くない」、という結論に達したので…

(自分としては、特に自分を後回しにしているつもりはなかったのですが…

習い事もしてるし、好きなことを好きなときにしている方だと、思っているんですが…笑)

ここ数年、気になっていた歯列矯正にチャレンジすることにしました!

私の場合、そこまで歯がデコボコしているわけではなく、矯正しても、他の人からどの程度、違いが分かるか…?? という軽度のガタガタなので(しかも上の歯はほぼ揃っていて、下の前歯が1本ズレている程度)、これまで、しなくてもいいか、と思っていたのですが…

あるとき、年齢と共に、だんだん下の歯のズレが広がってきている気がして、そう思いだすと、これからも、どんんどん進行していったら困るな〜、と鏡を見るたびに、気になるようになりました。

いつもお世話になっている歯医者さんに、「とびきり腕がいい」という矯正の先生を紹介してもらい、今月から始めることにしました。

件の「腕がいい」先生は、40代だと思うんですが、スキンヘッドにピッチリとアイロンのかかった青いボタンダウン・シャツを着て、どでかいブランドの時計をしていて、一見、外資系の為替ディーラーみたいな雰囲気です(笑)

おまけに、白くキレイに揃った歯並びがまぶしく、「この人も矯正とホワイトニングをしたのかな?」といつも先生がニッコリと笑うたびに、ついマジマジと見てしまいますが、実際に段取りもいいし、説明も分かりやすいし、今のところはなかなか好印象です。

夫にその話をしたら、「心配だから、今度一緒について行く!」と言っていましたが…(笑)

初回の診察から、すぐにX線写真や、口を開ける器具を入れて、歯並びがよく分かる写真を沢山撮ってもらい、自分の歯並びを、ありとあらゆる角度から見るという貴重な経験?をしました。

気になる費用と期間については、私の場合、2案を提案してもらいました。

1つ目は、本格的にガタガタしている下の前歯を1本だけ抜き、隙間を埋めることで、下の歯列をまっすぐに揃え、上の歯は抜かず、ただし上も、軽く前後している部分をワイヤーで揃える、というもので、これだと、約1年半の治療で完了するそうです。

費用は、患者さんが選択する器具により異なり、よく10代の子がしている、ワイヤーの目立つ器具の場合で、総額が約2600ユーロ。同じ仕組みで、目立つ部分に透明の素材を使って目立たなくしている器具の場合で3000ユーロ。あごの後ろに入れる器具で、まったく前から器具が見えないタイプの場合は6000ユーロ、ということでした。

2案は、より根本的な治療法で、上下のなかほどの歯(名前を失念しました!)を2本ずつ(合計4本)抜いて、上下のバランスを取りながら揃える、というもので、この場合は2年半程度かかるそうです。また、費用も、上記の器具別で、約倍になるということでした。

先生としては、私の場合、1案でも、ほとんど審美上の問題はなくなり、2案を頑張ってやっても、それほどのメリットはない、という意見でした。

私としては、年を取って、顔がだんだん左右非対称になってきているような気がしていたので、ここで下の歯を1本だけ抜いたら、さらにアシメトリーな顔になってしまいそうで、2案のほうに心を惹かれたのですが…

先生によれば、1本抜いても、今よりも非対称な顔になることはなく、あえて上下4本を抜いても、アゴの形のズレが治るわけではないそうです。

整形手術するわけではないので、私の場合、歯列矯正だけではアゴの形がわずかに非対称になっている問題は解決しない、と言われました。

ということなので、1案の目立たないワイヤーにしようかと思っています。

費用的には、フランスのサイト等でだいたいのめどをつけていたのですが、先生の提案も、その範囲内だったので、一応納得しています。

私がインターネットで調べた限り、日本で同じ歯列矯正をやったら、もっと高いのかな? という気がしています。


皆さんの中で、大人になってから歯列矯正を始めた方がいらっしゃったら、ぜひご意見をお聞かせください!



 JUGEMテーマ:自分のこと
| サラ | フランスのビューティー事情 | 16:31 | comments(16) | - |
乾燥・敏感肌の目元エイジング
ラロッシュポゼと敏感肌用のアイケア試供品 

今年のフランスは、いつもよりも寒さが厳しくないような気がしますが…

とはいえ、フランスの家は、暖房を入れると、そのまま入れっぱなしなので(夜は弱くなるように調節していますが…)どうしても空気が乾燥してしまいます。

夏に日本に行って以来、調子が良かった私の肌も、ここ1ヶ月ぐらい、乾燥して、ちょっと過敏になっていました。

特に、暖房を付け始めて以来、目の周りが乾燥して、かゆくて、今までの夏型ケアでは良くない気がしたので、新しいアイケア製品を物色しに、大き目の薬局に行きました。

とはいえ、過敏肌のときに新しいブランドは試したくないので、既に使ったことのある、アヴェンヌの過敏肌シリーズか、ラロッシュポゼのどちらかにしよう、と前もって思っていました。

上の写真では、小さくてわかりにくいかもしれませんが…

右下の2つのチューブが、今回購入した、ラロッシュポゼの製品です。


上の「CICAPLAST Baume B5」というクリームは、店頭にテスターが出ていたので、手の甲につけてみたところ…

質感は、かなりこってりクリームなのに、スッと伸びて、スッとなじみ、なじんだあとは、まったくベトベトしないのが気に入りました。



「シカプラスト」シリーズの製品情報

成分に亜鉛等の抗バクテリア成分が含まれているのが、以前使っていたアヴェンヌのクリームと同じだったので、顔とボディの乾燥してかゆくなる部分用に、と思って購入しました。

抗バクテリア効果で、傷が早く治るので、なにかと傷ができやすくて、あかぎれも心配な手にも、日常的にハンドクリームとして使っています。


下の「HYDRAPHASE INTENSE YEUX」は、敏感肌用のアイケア製品で、過敏肌でも、エイジングケアができるジェル、ということだったので、最近、目の下のクマも気になっている私としては、なかなか良さそうかな、と思って購入しました。
 
「イドラファーズ」シリーズの製品情報


※上記のリンクは、私が購入したものと同じシリーズですが、同じ製品は日本で取り扱いがないようでした!


ラロッシュポゼ製品は、本当に香料が入っていなくて、余計な匂いは一切しないので(アヴェンヌや、他の自然派化粧品は、香料なしと書いてある商品でも、いわゆるクリームの匂いがします)それが本当に気に入っています。


ちなみに、過敏肌だとトラブルが出やすくて使いにくい日焼け止めも、ラロッシュポゼの製品(アンテリオスSPF50)のお世話になっています。


さて、実際に使ってみた感想ですが…

このジェルを朝晩の洗顔後に使うと、本当に目の周りがかゆくならないので、とても助かっています!

目の際にしっかり塗って、目に入ったら、かゆくなりそう…と心配していたのですが、少しぐらい目に入っても、全然かゆくなりません(他の化粧品では、すぐ、かゆくなるので…)


ただ、目の下のクマには、あまり効果は出ないだろうな…と思っていたのですが…

朝一番に、鏡を見て、

うわー、目が疲れてる!!タヌキみたい…

という感じだったのが、使い始めて10日ぐらい経つこの数日、

あれ?目の下の皮膚が引き締まってきたような…

という実感があり、朝、鏡を見るのが楽しみというと大げさですが、ちょっとタヌキっぽくなくなってきたような気がします!

こうなると、気のせいでも嬉しい、というのが本音なのですが、ともかく、過敏肌ケアができて、おまけにクマ対策にもなるなら、ずっとリピートしたい、という気がします。


フランス語では、目の下のクマのことを「ポッシュ」というのですが、服などについている「ポケット」と同じ言葉なのです。


うちの父は、本当に目が何個もしまえてしまいそうなポケット状のすごいクマの持ち主なので、自分もフランスみたいな乾燥した国に住んで、気がつかないうちにポケット付きタヌキにならないか、いまから結構心配です!!

とりあえず、朝晩に、このジェルを目の周りにしっかり刷り込んで、パッケージに描いてあったマッサージをかなり適当にやり、それから、もう1つのクリームを目の周り以外の顔全体にしっかり塗って、完璧に保湿しています。

このケアに変えて以来、とても肌の調子が良くなって、かゆみも出なくなったので、本当に助かっています!


ちなみに、うちの夫は、子供の頃からかなり黒いクマがあったらしく、目がフランス人に多いタレ目なせいもあり、今でもタヌキというかパンダというか、目の下は黒々としていますが、下の子も、生まれたときから目の下にクマがあって、5歳でメチャクチャ元気な割に、なんかいつも疲れているような顔をしています(笑)


ところで、上の写真でラロッシュポゼ以外に散乱しているのは、薬局のお姉さんに、

目の周りが乾燥してかゆいのを抑えたいけど、目のクマもどうにかしたい…

と相談したら、これでもか!と次から次から、自然化粧品系の試供品を出してきてくれたものです。

ふつうは3個ぐらいしかくれないので、感謝の気持ちを惜しみなく伝えて帰ってきましたが…

また変なものを使って、皮膚が過敏に傾くのが怖いので、とりあえず、まだどの試供品も試していません(笑)

とはいえ、ヴェレダのエイジング・スキンケアは、気になっていたので、試供品を大量にもらえて、結構嬉しいです。

左上の白い袋は、アルガン・オイルを使用した製品だそうで、これもまだ試していないのですが、私はアルガン・オイル100%を普段から髪のケアに使っているのですが、保湿力に優れているので、気になっています。


皆さんは、冬用スキンケアのお気に入り商品はありますか??

JUGEMテーマ:今日のお買い物
| サラ | フランスのビューティー事情 | 20:33 | comments(6) | - |
アディクト2の意外な顛末
Amazon.co.uk経由で頼んでいたアディクト2(香水)が、オーダーしてから約10日で届きました。

箱には会社名(Perfume Emporium)も記載されず、「内容物:香りのキャンドル」と書いてありました。

一応、輸入なので、関税をさけるためなのだと思いますが、怪しさばつぐんで、笑ってしまいました。
ディオール アディクト2
でも、中身をあけると、本物らしい香水が出てきました。


肝心の香りですが・・・

とりいそぎ、手首に「シュー」とやってみて・・・


あれ????こんなに甘ったるかったっけ?????

あれ????グレープフルーツの香りがしないんですけど???


と、疑問に感じること多し、なんですが・・・

イヤミのないフローラルで、不快な香りではないものの、私の思っていた、若々しい柑橘系の香りではないのです。

あえていえば、デパートの香水売り場の匂い、という感じです(爆)

「もっと女子っぽい香水をつけてほしい・・・」

と常々言っていた夫には、当然ながら、非常に好評でしたが・・・
ディオール アディクト2
(香水のボトルをきれいに写真に撮るのは、難しいですね!)


とはいえ、夏に3度もテスターを試して、3度とも、確かに同じ香りの印象だったのですが・・・

私の嗅覚は、どうなってしまったのか????と、すごく不思議に感じました。

オリエンタルっぽさがない香水は、実は持っていなかったので、まあいいかな、と思いましたが、テスターではあんなに強かったグレープフルーツの香りが、全然感じられないのが、不思議でなりません。

怪しい外箱ではあったものの、さすがに正規品らしい箱に入っているし、お値段も6000円強ぐらいはしたので、バッタモノというわけでもなさそうです。


フローラルの香水で、胸にシュッとしても嫌気がささないものは、これまでひとつもなかったのですが、この香りは、なんとか大丈夫だったので、まあこれでも、私に合った香りなのかな・・・と無理に自分を納得させようと、3日続けて使ったところ・・・


なぜか、段々、柑橘系の香りがしてくるようになりました。

そして、この香りをつけると、なんとなく女子らしい気持ちになるので、やっぱり買って良かったかも・・・と思いました。

今では、デパートの香水売り場の香り、というより、お花畑の香り、みたいな印象になりました。


・・・ということで、数ヶ月を経て、せっかく望みの香水が手に入ったものの、なんとなく納得の行かない再会でしたが、結果オーライとなりました・・・


でも、やっぱり香水は、できれば通販で買わずに、現物をお店で買いたいものだな・・・と、つくづく感じたのでした。


| サラ | フランスのビューティー事情 | 19:14 | comments(2) | - |
グレープフルーツの香り
夏に日本に行ったときに、行き帰りの免税店と、日本のデパートでディオールの「アディクト2」という香水を試して、気に入った…という話を、少し前に書きましたが… 


夏のむしあつい日本と、冬が長いフランスでは、香りの立ちかたが違うだろうな…とも思って、どうせフランスでゆっくり吟味してから、買えばいいや!と思って帰ってきました…

ところが!

新学期が始まって、子供たちの生活も落ち着いてきて、やっと自分の時間が取れるようになったので、セフォラ(コスメショップ)に行ってみたところ…

ディオールのアディクトと新しいアディクト・トゥ・ライフはあるのに、肝心の「アディクト2」がないではありませんか!

たまたま欠品していたのかな?、と思って、近所のNOCIBE(ノシベ=セフォラと比べるとダサめのコスメショップ)にも行ってみたところ、ノシベにもなく、ギャラリー・ラファイエットの香水コーナーにもありませんでした。

インターネットで口コミ情報を調べたところ、アディクト2が検索でひっかかっていたので、変だな〜、と思って、セフォラなどのショップのサイトを見ると、やはりアディクト2は売っていません。

口コミ情報をもういちど、よく読んでみると、中に、

「フランスでは手に入らない」

「免税店で購入した」

などの記載があり、「なるほど…」と思いました。


1ヶ月間、探しもせずに放置していたくせに、手に入らないと思うと、急に欲しくなるのが不思議なところです。

アディクト2のトップノートはグレープフルーツの香りなので、せめて、柑橘系の香りの似たような香水を探そうかな、と思っていくつか試着してみましたが…

…やっぱりピンと来ません。

なんとかグレープフルーツの香りの代用品を見つけられないか…と思って、インターネットで検索したところ、ボディショップのピンクグレープフルーツ・ボディバターというのが、なかなか良さそうだったので、試しにいきました。

第一印象は、「うっ、グレープフルーツ食べてるみたい!」という感じで、目に果汁が飛び散ってくるような気分になるぐらい生々しいグレープフルーツの香りですが…こういう分かりやすいイヤミのない香りは、意外と夫にも好評でした。

アディクト2が手に入るまでの気晴らしに…、と思って、「ボディバター」と「リップバター」を購入しました。

「うわー酸っぱい!」という香りは、10分ぐらいで消失してしまいますが、なかなか気軽に使える感じで、クリームの使用感も悪くないので、朝晩、手脚などにたっぷりと塗っています。

ちなみに、乾燥肌・過敏肌だったのが、なぜか日本に行ってから、肌質がオイリーっぽくなり、戻ってきてもオイリーっぽい感じなので、ティーツリーのスクラブも買ってみました。

ボディショップのスキンケア製品は、色や香りが強そうで、ほとんど使ったことがなかったのですが、お値段が手頃で、心配していた肌トラブルも、特に今のところ大丈夫そうなので、なんとなく若くなった気分でスキンケアを楽しんでいます。

とはいえ、ただのグレープフルーツの香りと、調香した印象では、本当に違うものだな…ということを改めて実感し、やはり香水は面白いと思いました。

 JUGEMテーマ:おすすめ香水・フレグランス
| サラ | フランスのビューティー事情 | 19:06 | comments(14) | - |

このページの先頭へ