国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
新聞バッグならぬ地図バッグを簡単手作り

最近、またも更新が不定期で申し訳ありません!

何かと忙しく、しかも空いた時間に、相変わらずマイブームの「手作り」をしています。

今日ご紹介するのは、インターネットで別のものを検索していたときに、偶然出てきた「新聞エコバッグ」の作り方を応用した「地図バッグ」です。


すごく簡単に作れますよ。

(作り方は、「新聞バッグ」とか「新聞エコバッグ」で検索すると、分かりやすい図解の作り方が、沢山出てきますので、そちらを参考にしてみてくださいね…)

私の場合、所要時間10分以内でした。

ちなみに、使ったのは、夫が「もう要らないから捨てる」と言っていた、ミシュランの古い地図です。

まだいくつも残っているので、大きさを変えて作ってみようかな。

上の写真は、ミシュラン「プロヴァンス地方」の地図全面を使って作りました。

でも、何を入れようかあまり考えておらず…

ちょうどピッタリサイズのものを求めて、家の中をウロウロ…(笑)


とりあえず、水1.5L X 6と牛乳1L X 6を収納。
ぴったりサイズでした。

キッチンで、見苦しいミネラル・ウォーターや牛乳のボトルの代わりに、ニース・カンヌなどの地図が楽しめるようになりました(笑)

しかも、地図を捨てようとしていた夫が、意外に喜んでいました。

「君は天才だ!」と言うのですが、発案は私じゃないので、困ってしまいました…(苦笑)


私的には、縦横のプロポーションが良くなくて、いまいち可愛くない気が…


次回は、もうすこし決まるプロポーションと、実用的な大きさ・強度を研究して、子供と作ってみたいと思います…

あと見苦しい日用品といえば、トイレットペーパー用ケースなどは、どうでしょう。


ちなみに、検索していたら「新聞エプロン」とか「新聞鉛筆」とか、色々出てきて面白かったです。
 
| サラ | フランスで手芸、木工 | 23:23 | comments(0) | - |
手作り木製プランター(ペンキ後)

先日の廃材プランター、少しピンクがかった赤い木用のペンキを塗りました。

廃材の素材感が好きだったので、ペンキはかなり薄く塗り、しかも乾く前にサンドペーパーでこすってみたら、木目が浮かび上がって、写真のような感じに仕上がりました。

全然狙っていなかったのですが、なぜか「クロコダイル皮」みたいな質感に仕上がりました。

とりあえず、その辺にあった鉢を入れて、写真撮影。

今は天気が良くなったので、外に出しています。

赤いものを外に置くと、緑の草の色に良く映えます。

そろそろ、ラディッシュを植えようと思っています。


JUGEMテーマ:今日のキーワード
| サラ | フランスで手芸、木工 | 20:53 | comments(0) | - |
廃材パレットでつくる木製プランター
大変ご無沙汰しています。

あっという間に、毎日が過ぎて……、もう4月ですね!


先日、パレットをもらってきた続きです。

作っているのは、木製プランター。

図面も描かず、処女作に挑戦する、むこうみずな私です。

どうせ土の上に置くから、ちょっとぐらいズレてもいいや、と適当です。

ちょっとデコボコですが、丈夫なプランターが完成。

大きさが分かるように、ジョジョ君のスニーカーを入れてみました。


上の写真で、夫が貸してくれた「電動ドリル」が写っていますが。

ブランド(メーカー?)名は、なぜか「メタボ」(METABO)。

使うたびに、太りそうな気がしてなりません。


昔から、石橋があることも確認せずに、さっさと渡ってしまうタイプだったのですが、今回の木工で、最近では久しぶりに、その気分を体験しました。


この後、ジョジョ君に希望の色を聞いたら、「赤かピンク」というので、濃い赤ピンク色の色あせたような(シャビーな)感じに塗りました。

また次回、ご紹介しますね。

 
JUGEMテーマ:自分のこと
| サラ | フランスで手芸、木工 | 22:08 | comments(2) | - |
廃材パレットのDIY木工
夫が、最近、欲しいものはないか、と聞くので、

「最近、近所で見かけて、いいなと思ってるのがあるんだけど・・・

どれがいいか、選びかねているから、一緒に見に行ってくれる?」


と言ったところ・・・

夫は、香水とかワンピとかを想像していたらしいです。



近くの工事現場に車で連れていき、荷物運搬のパレットが廃棄されているので、うちに持って帰りたい、と言うと、完全に想定外だったらしく、唖然と立ち尽くしていました。

でも、正気に戻ると、半分壊れているパレットをメリメリっとやって、木の板を外してくれました。

写真は、パレットの板を、うちできれいにしているところです。


翌朝、子供が学校に行った後、ジャージにゴム長靴はいて、キッチンに板を持っていって、スポンジで水洗いしました。

ちなみに、泥はもちろん、ナメクジもくっついていました。

釘が出ているので、どうにかしなくちゃ・・・と思い、金づちで適当に叩いて、釘抜きでひっこぬいてみると・・・

意外に簡単に、ニュッと抜けるのが、なんともいえない快感です。


これに目の粗い紙やすりをかけ、トゲや角を取りました。

この廃材に、これからのこぎりをかけて、木製プランターを作る予定です。


私はちっちゃいのを作る予定だったのですが・・・

夫に技術指導をお願いしたら、結構大きなものになってしまいそうです。


形ができあがったら、また紹介しますね。


パレット以外でも、木工で何か作られている方がいらっしゃったら、お知恵を貸してください!


ちなみに、パレットにご興味のある方、パレットに「HT」と書いてあるのを確認してからもらってきてくださいね。

書いていないもの、あるいは「MB」表記があるものは、化学処理で危険性がある可能性があるため、使わないほうが良いそうです。

★「HT」は高熱処理なので、庭で使うなどの用途であれば、特に危険性はないようです。

あと、私は、近所の工事現場の施主さんと知り合いなので、もらう前に了解をもらいました。

たいがいの場合は、処分したがっているので、もらって行ってくれる人がいたら、喜ぶと思います。


 
| サラ | フランスで手芸、木工 | 12:45 | comments(0) | - |

このページの先頭へ