国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 国際結婚が決まり…娘の反応 | main | パリ下町のハイリスクな八百屋、エジプト屋さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
国際結婚。日本の親への挨拶
国際結婚に至るまでの話の続きです。

夫と私で結婚しよう、と決まってから、はじめてうちの親に挨拶に行くことになりました。

夫はそういうとこ、いい加減に済ますのは嫌みたいで、すごくきっちりしてます。潔癖症ですから。

「話したいことがあります」
「じゃ、日曜日にお昼を食べにいらっしゃい」

ということになり…。

一応、行きの電車で、日本語で「お嬢さんをお嫁にください」と言えるように、練習する夫。

しかし、日本語能力が低い夫には「オジョウサン」が難しかった。

めんどくさい文だなぁ…。『オトウサン、オンナください』でも大体は通じる?

ダメダメ〜!!

「『オトウサン、私、オンナ、結婚する下さい』なら大丈夫でしょ?」

ダメダメダメ〜〜!!!

それなら最初から英語で話してくれたまえ。

で、昼食。
母がお好み焼き作り、父が無理してワインを開けた。
お父さ〜ん、お好み焼きにワインはあわないっす、とツッコむ意地悪な私)

向こうもこっちも用件は分かってるがモジモジ…。どうでもいい話題でお茶を濁す。

すると突然、うちの娘が、お好み焼きモグモグ食べながら、

おばぁちゃん、この2人結婚するんだって〜」と爆弾宣言!

…おかげで、話が早く進み、「そうですか、どうぞよろしく」と相成り、みんなもリラックス。

父はワインで舌が滑らかになり、オヤジギャグをかまし始める。

夫が、ここで気を利かせて私を持ち上げておこうか、と思ったらしく、

「お嬢さんはお料理も上手で、私は幸せ者です。昨夜も、非常に栄養のバランスが取れた、美味しい野菜料理を作ってくださいました」

母が、
「…あんた、何つくったの?」

私、
「いや、別に名を名乗るほどの料理ではないけどね。あはは。」

(冷蔵庫に適当にあったキャベツとにんじんの切れ端をみじん切りにして冷凍庫の豚コマと冷や飯でチャーハンつくった、とは言えませんでした…)

かくして、我が家への報告は和やかに完了しました。

うちの親の場合、私が既に「こぶつき・出戻り娘」なので、よほどのことがなければ驚かなくなっています
こんな娘を「こぶ」と一緒にもらってくれる人がいて「あ〜よかった!」というところなのでしょう。


ちなみに、これ、私たちが最近すごく気に入ってるお手ごろでコクのあるボルドーワインです。

ボキャブラリーが乏しくてうまく言えないんだけど、スーッと入ってきて体液となじむような感じ。ハリがあるのに柔らかい感じ。

(お好み焼きにはあいませんよ〜)


ブログランキングに参加しています♪
↓国際結婚&結婚生活の人気ブログ
banner ranking

| サラ | 国際結婚&子連れ再婚と家族の反応 | 22:59 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:59 | - | - |
あはあはw
お好み焼きにワインですかーw

「今年はMYフランス年」な私
ダーリン(フランス人、微妙な付き合い)の影響で
フランスパンとパテの食いすぎでデブりました。

食に関しては「フランス年」中止(涙)
| リリ | 2007/06/13 9:22 AM |

万事休す!安心安心。
ダンナ様の電車の中での猛練習は笑いました♪
サラさん、素朴な疑問なのですが、フランス人が「はひふへほ」をどうやって発音するのか、とっても知りたいんです!
私が高校生の時にお友達になったフランス人男子は、とんでもなく語学能力が高くて、「h」の発音ばっちり出来るコだったのですよ〜
カレッジを卒業して、台湾に留学してたのにも驚きましたが。。。ミョーに間延びした左右対称の字で「日本」とか封筒のあて先に書いてくれてたのがお茶目でした(←何となく漢字のニュアンス伝わるかしら)
凄くイケメンだったので、惜しい事をしてしまった。。。
あら、全然話が脱線してしまった!ゴメンナサイ

お好み焼きとワインは。。。(恐)
納豆とワインも合わないですね〜
| 河童くん | 2007/06/13 11:33 AM |

■リリさん、

リリさんところもダーリンはフランス人ですか!
なんか親近感が・・・♪
微妙な関係とは(気になる)…、当人同士がハッピーなら形態はどうでもいいんですけどね!

バゲットにパテ、美味しいですよね〜!

不思議なんですが、パリに来てパンとチーズと甘めなデザートをガンガン食べてるのに、体重は変わらないんですよ。
赤ワインがいいのかな?(っていうほどは飲んでません。毎日グラスに1杯程度…)

ちなみに、うちのダンナは「お米食べると便秘する」と信じてます・・・。
リリさんのダーリンもそんなこと言ったりします??
| サラ | 2007/06/13 4:41 PM |

■河童くん、

納豆はダンナの唯一食べられない日本食なので、ワインとマリアージュ(食べ合わせ)することはなさそうです。ご安心を!

イケメンフランス人と文通でも続いていれば・・・。
って、河童くん、そうだったら今のだんな様と出会えてなかったかもしれませんよ!!

フランス人、ぱっと見イケメンに見えますが、よく見るとみんな目が離れています。そしてタレ目です。
それに気がついてから、みんながパンダとかタヌキに似てみえるようになって・・・ときめくことは減りました。

夫の甥っ子とか16歳〜18歳ぐらいの美少年とご挨拶のビズ(ほっぺにキス)すると、やっぱりちょっと・・・ときめきますけどね♪

Hの発音の話、夫のダメ日本語の話の一環として、近いうちに書くつもりだったので、もう少々お待ちください!!
| サラ | 2007/06/13 4:51 PM |

「オトウサン オンナクダサイ」
言ってもらいたかった気もしますー(^V^)

娘さんのおかげで話が早く進んだなんて 素敵な娘さんですね
娘さんに気に入られてたフランス人の旦那様も素敵な人なんだろうな〜(^V^)
| サルサ | 2007/06/14 7:04 AM |

「お米食べると便秘」はむしろ私が言ってますw
普段は玄米で体調管理してるもので・・・
ダーリンは米もパスタも大好きです。

ただ、日本に来て「髪が大量に抜ける」とパニックです
仕事に生活に、神経使うのかしら。

バゲットおいしー(涙
デブらないなんていいなあ。あたしダメです(涙

| リリ | 2007/06/14 11:20 AM |

■サルサさん、

今は夫と娘で食べ物のこぜりあいばっかりしてますけどね・・・。

「オンナください」ってちょっとターザン?原始人っぽいでしょ。
フランス語ではfemme(ファム)に女と妻の二つの意味があるので、最初つい混同してたみたいです。
って、今はわざと、「オンナ、お茶ください!」とか言ってますけど。

サルサさんちのキメせりふは?
| サラ | 2007/06/14 4:34 PM |

■リリさん、

髪の毛は心配ですね〜。
玄米食&手作り料理でダーリンを癒してあげてくださいね♪

わが夫は親戚一同で唯一、髪がちゃんとフサフサ生えているので(他のみんなは後ろから見るとスキンヘッド族の集まりみたい・・・)クリスマスとかで集まると、みんなに羨ましがられています。

ご飯で便秘ってほんとに根拠アリなんですかね??
私は逆にパリに来てからの方が便秘になりましたが・・・。
| サラ | 2007/06/14 4:42 PM |

連続コメント失礼します!
しかも大分前のトピックに・・・。

サラさんはご両親が理解のある方でいいですね。私は父が数ヶ月前に亡くなったこともあるのか、母は「つきあってもいいけど結婚は絶対だめ」と言います。つきあってもいいし一緒に住んでもいいけど、うちにはこないで、とも。なんやねんそれ、と思いますが、母にしては精一杯の譲歩なのかもしれないですね。
離婚からあまりたっていないというのも理由のひとつかもしれません。もう5年も10年もたってるってなら、母の反応も違ったかも。ただ、こればっかりはそう都合よくいい時期にいい人にめぐりあえるとはかぎらないので。
娘さんがうまく橋渡ししてくれているあたりもいいな〜なんて思ってしまいました。
がんばりまーす。
| こたままん | 2009/04/19 5:42 PM |

■こたままんさん、

ご家族の反対はとても辛い問題ですね。
うちは、幸い、昔からあまりうるさく言わない家だったんですよ…

でも、私が突然結婚して、子供産んで、離婚して戻ってきた数年間は、両親とも、とても怒ってました(当然ですが…)

うちの夫が、見るからに、普通なタイプ(服装とかも普通。痩せてるので、外人ぽい威圧感もない…)なので、会ってみて、びっくりしたようです。
| サラ | 2009/04/20 7:19 PM |











このページの先頭へ