国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 映画の話ついでに思い出し笑い「レディ・チャタレー」 | main | 不思議な呪文?これもフランス語? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
毎日ランチに何食べる?
パテローラン写真
皆さんは、毎日のランチ、どうしてますか?

うちは、平日は夫と私が一緒に仕事をしているので、ほぼ100%、私がパスタなどの簡単な料理を作っています。

たまにめんどくさいな、と思った時に、買ってくるのが、上のPATE LORRAIN(パテ・ローラン=ロレーヌ風パテ)です。

外がパイ皮で、中身は、牛肉をマリネして煮てあるものです。
(詳しいレシピは、不明…すみません!)

フランスの東部で、クリスマスとか、家族で集まって食事、という時によく作るお料理だそうです。

これ、近所のパン屋さんで作ってるのですが、なかなか美味しいです。

それだけだと淋しいので、付け合わせに、ジャガイモとニンジンをふかしてみました。

パイ皮がちょっとオイリーなので、油を使わない付け合わせにしました。

ちなみに、こういう用途の時は、ジャガイモはシャルロット種が断然美味しいと思います。

フランスの巨大ドネルケバブ写真

パテ・ローランよりもっとギラギラしたものが食べたい時は、ケバブを買いに行きます。

うちの近所のケバブ屋さんは、普通のケバブが3.5ユーロで、それでもかなりのボリュームですが、それに更にフライドポテト山盛りをギューギュー押し込んだものが4ユーロです。

私はイモ好きなので、ついフライドポテト入りを頼んでしまい、いつもひとりで一個食べきれず、後日のおやつにしています。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

| サラ | フレンチな台所仕事 | 16:32 | comments(15) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:32 | - | - |
あたしも芋好きです・・・・

あああずっと芋たべていたい&#9825;
| アント | 2008/10/17 8:51 PM |

■アントさん、

ジャガイモ料理って美味しいですよね。
私の上記のは、料理とも言えないけど(笑)
毎日だと飽きるけど、ふかしたジャガイモを、角切りにして鴨のコンフィの脂で焼き目をつけて、にんにくのみじん切りを振った付け合わせがすごく好きです。
夫は、丸ごと皮つきでオーブンに入れて、そのまんま、というのが好きです。
| サラ | 2008/10/17 9:37 PM |

私は結構一週間の予定が日によって全然違うので、お昼は本当にまちまちです。
仕事の日は同僚とどこかへ食べに行くこともあれば、家が職場のすぐ近く(徒歩10分)なので、ぱっと帰って適当にあるものをつまんで職場に戻ったり(笑)ということをすることもあります。ずっと一日中職場にいるよりもお昼休みはちょっと体を動かしたくて、結構このお昼の早足移動は気に入ってます(笑)。たまに同僚と外食するのも気分が変わっていいです。

でも多いのはパスタとか早く出来てすぐ食べれるものですね。パスタサラダやご飯サラダ(って書くと変ですが、サラさんは分かりますよね^^)とかも好きですけど、私一人だけだとしません。

PATE LORRAIN美味しそうですね。あまり私は馴染みがないので、今度買って食べてみようかなと思いました。

ちなみに私の同居人Pちゃんはケバブ大好き人間で、日本に留学に行く前に心配したのは、ケバブなして生きていけるか、だったそうです(笑)。
| 木蓮 | 2008/10/17 10:01 PM |

お昼ごはんはパスタが多かったですね〜♪
手抜きのときはもっばらリバネでした(^.^)!
ケバブもたまに食べてたんですが、お肉独特の匂いが苦手で、近所にすごくおいしいリバネ(レバノンのケバブみたいなもの)屋さんがあったので、私もフライドポテトをがっつり入れてましたよ〜☆

| アイノワ | 2008/10/18 11:30 PM |

こんにちは。はじめまして。sakuraです。
サラさん上手ですね。ブログ、とっても面白いです。サラさんと共通点もあるので、いつも共感したり、驚いたり、納得したりしながら楽しく読ませていただいています^^
今、フランス人の彼(ロレーヌ地方)と遠距離恋愛中で、結婚する予定なのですが、いろいろわからないことが多いので、ネットサーフィンしていたらサラさんのブログを見つけました。

PATE LORRAIN(パテ・ローラン=ロレーヌ風パテ)、ケバブ、おいしそうですね!
食べてみたい〜!
PATE LORRAINのようなものは、以前Manchesterに滞在していたときによく似たものが売っていて、種類はいろいろあったけど、私は特に中に野菜が入ったものがすごく美味でやみつきになりました。ロレーヌ風のパテもきっとおいしいのでしょうね^^
フランスの彼の家のランチは、お庭でバーベキューが多かったです。彼のお姉さん家族やお父さんやお母さんの兄弟の家族が一緒に集まって大テーブルで、いつも家族団欒みたいなかんじでした。
メニューはサーモンのカルパッチョ、パスタ、フランスパン、ビーンズなどの野菜サラダ、ポテトスープ、ソーセージ、チキンの香味焼きなどなどそのときによって変わりますが、食事の最後には必ず、チーズとアイスクリームでした。これって、みんなそうなのかしら?
彼の家はいつも人が集まって、大テーブルで14人くらいで食事会でした。
サラさんはパリに住まわれているのですか?
これからもサラさんのブログ、楽しみにしています。
| sakura | 2008/10/19 1:04 AM |

サラさん、それうちでもよく食べます〜>鴨の脂で焼付け
我が家はにんじんは入れませんが、最後にタイムを少し揉んで加えます。

鴨のコンフィの缶詰の脂を瓶に移して冷蔵保存
おいしくて無駄がなくていいですね!
| アント | 2008/10/19 3:39 AM |

パイの中にマリネが入っているなんて珍しい!
美味しそうですね。

イギリスではケバブはピタに挟んであるものが多いのですが、フランスではパンに挟んであるの??
ケバブ3〜4ユーロなんですね。 いいなぁ。
その倍くらいしますよ。
ここ何でも高いんですから。(ーー;)

我が家のランチは、長男&夫はサンドイッチ持参で。私と次男はサラさん宅同様パスタが多いです。残りご飯でチャーハンも多いかも。(笑)
| T | 2008/10/19 5:55 PM |

21時半なのに、ヨダレが出てきましたよ。。。。。
え〜ん、食べたい〜、フランス料理〜!

一人の時は、冷凍したご飯を使っておかゆにしてます。
もしくは、前日の残り。
週末だと・・・う〜ん・・・・・面倒だけど、晩御飯のように作ってます。
| 夜日子 | 2008/10/19 9:25 PM |

■木蓮さん、

私も、外で働いていたころは、木蓮さんみたいに、昼間に外に出るのを楽しみにしていました。
今は、出ようと思えばいつでも出られる、と思うと、逆に出なくなってしまいました(笑)
時間の制限を外から与えられた方が、うまく活用できるのかもしれません…

ケバブは、懐かしくなる「フランスの味」の一つなんでしょうね。
日本人にとってのラーメンみたいなものかな?
外国に住んでて久しぶりにフランスに帰って来た友達も、まずケバブをガツガツ食べてました。
うちの夫は、フランスを離れて帰って来た後は、なにより新鮮で穴がいっぱいあいてるバゲットと、お気に入りのチーズを数種類買い込んで、ガツガツ食べています。

お米サラダ、最近つくってませんでした。また作ろうっと。
| サラ | 2008/10/20 4:45 PM |

■MOMOさん、

はじめまして!
大変申し訳ありませんが、広告のコメントは削除させて頂きました。
ご了承ください。
普通のフランスでの生活のコメントでしたら、今後ともお待ちしています♪
| サラ | 2008/10/20 4:46 PM |

■アイノワさん、

ケバブやさんでも、強烈に羊の匂いがするところがありますよね!
あれは、私も苦手です。
前パリで住んでた近所に、すごい臭いケバブ屋がありましたが、1年後につぶれていました。理由は不明ですが…(笑)
今よく行ってるケバブ屋さんは、全然におわないとは言いませんが、気にならない程度です。

私、リバネってすごく好きなんですが(特にナスのキャビアとか、あと、あの葉っぱに包まれてる不思議なご飯とか)、食べるといつも、後でお腹が痛くなるんですよ。
あれは、オリーブオイルが多用されてるせいか、それとも、ポワシッシ(ひよこ豆)のせいか…
| サラ | 2008/10/20 4:50 PM |

■sakuraさん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

うちは、以前パリに住んでたんですが、家族が増えて狭くなったので、今は地方都市に住んでいます。
Sakuraさんの彼のおうちは大家族なんですね!
ロレーヌ地方だと、夏が短いから、多分、外気を楽しめる時期を庭で過ごすんでしょうね。

ちなみに、フランスの食事の最後は、だいたい、チーズが出て、その後、デザートが出ます。
そして、デザートのあとにコーヒー、になります。
フランス料理は、料理自体にお砂糖が入ってないので、必ず、お酒飲みも、デザートでしめるようです(デザートワイン、シャンパン、ディジェスティフなど、飲みたい人は、飲み続けられるシステムになってるし…)

多分、sakuraさんの彼のおうちでは、パテ・ロレーヌのとても美味しいレシピを持ってらっしゃると思います。
また遊びに来てくださいね♪
| サラ | 2008/10/20 4:57 PM |

■アントさん、

実は、鴨のコンフィの後に大量の脂をビンに入れて冷蔵保存していたんですが、さすがに1か月ぐらいたったら、カビが出てしまいました。保存するときに不純物が入ったからだと思いますが…

ということで、近いうちに、また鴨のコンフィにしてもらおうっと(笑)
うちでは、なぜか鴨のコンフィは、「男の料理」ってことになっています。簡単だしね。
アントさんところも同じく、でしたっけ?

私は、義兄姉の家にいったとき、毎晩タイムのハーブティをさんざん飲んで、すっかり苦手になってしまいました。
でも、ローズマリーだったら大丈夫です(笑)
| サラ | 2008/10/20 5:00 PM |

■Tさん、

フランス人がイギリスに行くと、元々ケチなので、「食べるものが、全然ない」状態になるみたいです(笑)
その点、フランスは、物価高ではありますが、まだアクセス可、な外食がぼちぼち残っているかも。
パン屋さんで売ってる、焼きたてバゲットを使った手作りサンドイッチも、4ユーロ弱ぐらいのものが多いです。

ちなみに、マクドナルドで食べると、少なくとも6ユーロぐらいはかかる上に、ボリューム的には少ないので、フランスで流行らない理由が、なんとなく分かります。

ケバブが挟まってるのは、ピタパンではなくて、普通のもさもさした丸いパンです。
かなりボリュームがあります。
ちなみに、試したことがないんですが、同じケバブ屋さんでも、ドルムというのにすると、中身は一緒で、外側が薄い皮みたいなパンになります。レバノン風パンみたいなペラペラのやつです。
前の人がそれを頼んでたので、いつも、今度はそれにしてみたい、と思うんですが、つい、頼む段になると、お腹がすいてるので、ボリュームのある方を頼んでしまい、失敗しています。
| サラ | 2008/10/20 5:06 PM |

■夜日子さん、

あれ?大阪の実家に帰って、すっかりグルメ三昧の日々だと思ってました。
私なんて、もう2年帰ってないから、日本で食べたいものが走馬灯状態ですよ〜!

日本の雑誌のグルメ特集などをパラパラ見ながら、全然関係ないフロマージュをつまみつつ「くそー」と思ってます。

なんでも、食べられないとなると、食べたくなるものですよね。
食べ物って厄介ですね!(ていうか、人間の食欲?)
| サラ | 2008/10/20 5:09 PM |











このページの先頭へ