国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< ハロウィーンのかぼちゃの使い道(焼きかぼちゃプリン作り方) | main | マリアンヌの年の離れた恋人(続編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
マリアンヌの恋人。年の差恋愛について…
フランス料理ローストポーク リンゴとプルーン添え(手作り写真)
まだ週末の万聖節の話の続きなんですが…

一応、夫の家族全員集合みたいな感じで、土曜日に、おじさん・おばさんの田舎の家に行ったところ、遠くから来ていたいとこ一家も集合し、大人数でした。

新婚旅行で置いてきぼりを食らったおばさんも、お義姉さんと並んで、お料理がすごく上手で、「一家のコルドン・ブルー」と呼ばれています。
(フランス語では、料理の上手な人をコルドン・ブルーと呼びます)

上は、今回のメイン料理で、ローストポークにリンゴとプルーンを添えたものです。

私はローストビーフ、ローストポーク、ローストチキンのロースト御三家(笑)は、なんとなく敷居が高くて挑戦したことがないのですが、このおばさんのローストポークは、いつもすごく美味しいです。

溶けてしまっていますが、ニンジンや玉ねぎやニンニクが、煮汁に溶け込んでいます。

これに、グレイビー・ソース(と私が勝手に呼んでいる、キャセロールの下にたまった、煮汁の煮詰まったもの)をかけて食べます。

ちなみに、今日、話したいのは、ローストポークのことではなくて…(笑)

夫のいとこ(50歳ぐらい)の娘のマリアンヌが、20歳になったかならないかだと思うんですが、前回、おじさんとおばさんに会った時に、

万聖節に、マリアンヌが、うちに恋人を連れてくることになったらしいの…

と、大騒ぎしていました。

おばさんは、なんでも大騒ぎする傾向があるんですが(笑)

今回、なんで大騒ぎか、というと、実は、前からちょっと話にきいていたんですが…

マリアンヌの彼、というのが、実は、マリアンヌのお父さんの親友なんだそうです。

つまり、お父さんとあまり年が離れてない人、というのと、あと、マリアンヌが小さい時に、一緒に遊んでもらったり、家族でハイキングに行ったりしていた、というのが、おばさん的には、すごくネックというか、受け入れられない要因になっているようでした。

その話を聞いた時、うちの夫と二人で、「年の離れたカップル」について、色々と話をしたんですが、おじさんとおばさんは、

あんなに年が離れていては、未来がないから、可哀想

というのが、共通した見方だったみたいです。

とはいえ、マリアンヌのお父さんの親友といっても、実は、年若い親友かも、というような期待もしていたようなんですが…

実際に、今回、会ってみると、

うわー、おっさんだ〜!50歳は絶対いってるわ…」

という第一印象(笑)

でも、マリアンヌの家族と過ごすために、一緒に来てくれた、というのは、それなりに真剣にお付き合いしているからなんだろうな、と思いました。

結局、おじさんとおばさんは、孫娘の未来が気になる一方、

もう大人なんだから、彼女の人生には口出しはしない

という意見でまとまったようです。

マリアンヌのお母さんも、自分と年の変わらない、夫の親友が、娘と付き合ってるというのは、結構複雑な心境だったろうな…と思いますが、おだやかに話をしていました。

マリアンヌは、実は、若い割に老けて見えるタイプなので、カップル的にもお似合い、というか、本人も、かなり年上の男性と一緒のほうが、落ち着くのかも、と思いました。

日本だったら、絶交とか出入り禁止とかになりそうな話ですが…
その辺、今回の家族の反応は、「大人の対応」だったと思います。

ともかく、マリアンヌが幸せそうだったので、良かったです。

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

| サラ | フランス人の恋愛観 | 18:00 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:00 | - | - |
ももももものごっついおいしそうです〜〜〜
写真に釘付け・・・

って、もいっこの主題に関してですが

理解あるご両親っていうのはいいなぁ・・・

同時に「自分の始末は自分でつけてね」な
甘えさせない構図も見えたりして。

私個人は甘えの構図が生まれにくい個人主義って
単純にいいなと思うんですけど

そんなに単純じゃないかしら。
| アント | 2008/11/05 10:45 PM |

マリアンヌさんのご両親、とっても理解がありますね☆
すごく個人主義のフランス的家庭☆
こういうのって日本だったら間違いなく勘当とかそういう暗い方向に行きそうですが・・・。
自由と責任は紙一重とする個人主義。
マリアンヌさんが幸せなことが一番ですね♪

それにしてもこのロースト御三家、あやかりたいです〜〜♪
| アイノワ | 2008/11/05 11:25 PM |

■アントさん、

豚肉+リンゴという組み合わせに、アントさんのことを思い出しながら賞味しました。
(嬉しくない?…笑)
このおばさん、料理名人だけあって、新旧色んな道具も使いこなすんですが、このローストポークは、肉切り用の電動のこぎりでカットしていました。
(フランスでは、そういう商品が売ってるというのを、この家で初めて知りました)

甘え、どうなんだろう。
私自身、あまり親子ベッタリでない、日本にしてはかなりドライな雰囲気の家庭で育っていて(でも高校の時、初めてできた彼氏を連れてきたら、父と大喧嘩になりましたが…笑)、近所や親戚の濃密な親子関係が羨ましかったりもしたので、ちょっと一言でまとめられません。

このカップルというか、年の差カップルについては、うちの夫婦の間でも、色々と話がはずんだので、また続きを書きます。
| サラ | 2008/11/06 12:03 AM |

■アイノワさん、

数年後に、自分自身、娘が私の同年代の男の人と付き合うようになったら、かなり動揺すると思います(笑)

マリアンヌ本人が幸せなら、それでいいと思うし、同年代どうしのカップルが、年の差の離れたカップルよりも幸せだとは、一概には言えませんが…

おじさん・おばさんは、もう年なので、やっぱり、「これだけ年が離れてると、子供が作れないのではないか。作っても、お父さんが早くに死んでしまったら、子供もマリアンヌも可哀想な思いをするのではないか」、とかそういう心配をしているようです。
| サラ | 2008/11/06 12:07 AM |

そう考えると、うちの彼は末っ子次男と言えども、自分の子どもがアジア人と、しかもネットで知り合った私と付き合ってる、PACSする、結婚する、ってなると、私の知らないところで大騒ぎしてたのかもしれませんねぇ。。。
親は子どもが幸せになってくれたら嬉しいから、やっぱり最後には許してしまうのかしら?
| 夜日子 | 2008/11/06 3:24 AM |

サラさま

ポーク美味しそ過ぎです!
果物から出るクエン酸がお肉を柔らかくジューシーに
そして旨味を閉じ込めるのでお肉はフルーツを一緒に料理をするとホントに美味しいですよね^^
私、最近食欲ないですが
かなり食べてみたいと思うお写真です(笑)

そして・・・歳の差カップル
私と彼(もちろん結婚してません・・・が)も12歳違いで
さらに彼の方が下なんで
向こうのご両親は私達の事をどう思ってはるんかなあ〜と思う事も多いです。
お電話でお話しする時は、とっても優しい口調でいい感じなんですが
心中は・・・きっと違うんだろうな、とマリアンヌさんのお話読んで複雑な気分デス
| snaggle | 2008/11/06 3:41 AM |

う〜ん、なんだか他人事では済まされないお話。
というのも、以前つきあっていた人が二回り年上で、それこそ父と同世代でした!(爆)
あたし自身は彼の年齢は気にしていなかったけれど、やっぱり将来の不安とか、長くつきあっているとその年齢差による感覚の違いとかが出てきて結局親に紹介する前に関係は終わってしまいましたが、今でも好きだし、良い友人です。

もしうちの両親に会わせていたらどうなっていたのかな〜と今でもたまに妄想しますが、マリアンヌさんのご家族のようにはいかなかったんじゃないかと思います・・・
みんなが幸せになれるといいですね!
| Reshmi | 2008/11/06 12:44 PM |

■夜日子さん、

フランス人の家庭でも、人によってすごく受け止め方は違うと思います。

以前、夫の友達の中国人の子が、嫁ぎ先でお義母さんに人種差別としか思えないようないじわるをされて、結局、夫がマザコンだったのか、お母さんの側についてしまい、夫婦の関係がダメになって、別れたという話を聞いたこともあります。

でも、やっぱり一般的な日本の家庭よりは、外国人との結婚に対してもオープンだと思うし、本人が納得しているなら、周りはうるさいことを言わない、というか、子離れできてる家が多いように思います。

私も、外国人しかも子連れ(笑)だし、夫の家族に会う前は色々気にしていましたが、家族・親戚からは、差別の「さ」も感じたことがなく、今は、本当に普通に溶け込んでいます。これには今でも感動しています。

夜日子さんの彼のおうちも、多分いいお嫁さんを見つけてきてくれた、とすごく喜んでいると思いますよ。
| サラ | 2008/11/06 5:07 PM |

■Snaggleさん、

女性が年上のカップル、というと、つい「野菊の墓」を思い出してしまいます(古い…)
私の友達でも、女性がかなり年上(私と同年代)の結婚してるカップルがいますが、ご両親にも可愛がられて、上手く行ってるようですよ。

今どきの日本だと、子供が結婚しないし、相手も全然いないから将来も見込がなさそう…、という心配をする親が多いから、昔ほど年齢差のバリアはないように思いますが…

まだ体調が本調子でないんですね。
毎日、寒かったり少しあたたかかったりで、着るものも悩む季節ですが、どうぞ、ゆっくり大事にしてくださいね♪

ローストポークのレシピは今度習ったら、ブログに掲載しようと思います。
| サラ | 2008/11/06 5:13 PM |

■Reshmiさん、

そうだったんですか〜?!
実は、私も昔、付き合ったというほどではありませんが、父の友達に憧れたことがあります(笑)
現在の夫も、私より10歳上ですし、これまで付き合った人は大体、5つ以上は年上だったので、私自身が、年上好きというか、相手が大人で安心するのかもしれません。

年齢による感覚の差って、一緒に過ごす時間によって、埋められる部分と埋められない部分があるんでしょうね。

親って、子供時代「いい子」であればあるほど、どうしても「こうであって欲しい」みたいな完璧な理想像を持ってしまうものだと思います。
自分がなってみて、初めて分かりましたが、親って実は、結構エゴイストになりがちなんですよね…
| サラ | 2008/11/06 5:19 PM |

私も彼と歳の差がとってもあります。
32歳離れています。(私31歳、彼63歳)
私が実年齢より上に見られるし彼は凄く見た目若いので違和感無いと思うけど・・・。
もう8年付き合っています。
彼はバツイチで3人の子供を引き取っていて私も子供とは何度も会ってます。(長男が18歳、下が双子で15歳)
父親より歳が上なので結婚の話をした時は当然猛反対され一時は実家と絶縁状態でしたが 今は父とはその話題にはお互い触れないようにしてます(笑)
ちなみにうちのお婆ちゃんが彼を見て(年齢のことを先に話していたので)「あの人、カツラ被っているんだねぇ」と!(笑)
歳が歳でも髪の毛は全然薄くないし黒いから 田舎のおっちゃんしか見たことが無いうちのお婆ちゃんからすれば彼の髪はありえないことだったらしく「カツラ」だと思ったらしい(爆)
フツー63歳って聞くと「お爺さん」を想像しちゃいますよね(笑)
| akrabu | 2009/02/21 1:25 AM |

■akrabuさん、

すごい歳の差カップルなんですね!
うちの夫は11歳上ですが、育った国が違うため、あまり年齢の差を感じません。
(国際的に流行ったものに対する反応が違うぐらいで…)

年の差がいくつ、というより、お互いが幸せであることが一番ですよね…

ご両親にしてみれば、自分より上の相手ということで、とても複雑な気持ちなんでしょうね。
親はどうしても、遠い将来のことまで考えて心配してしまうもののようです…

彼のお子さんも、思春期で難しい年ごろでしょうか?
うちの夫は、かなりしつけが厳しいので、娘の反発にあって、「こんなはずでは!」と、えらく苦労していますが、娘は、厳しい夫に文句を言いつつ、それなりに有難く思っているようです。

おばあちゃんのコメントに、笑ってしまいました!
正直に感想を言ってしまうおばあちゃん、可愛いです!
| サラ | 2009/02/23 4:47 AM |











このページの先頭へ