国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスの保育園の先生… | main | サンタクロースへの手紙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
モンドール・チーズの美味しい食べ方
フランスのチーズ、モンドール食べ方写真
今日は、私が住んでる地方で冬に必ず登場する人気のローカル食のご紹介です。

(といっても、フランスのどこでも買えると思いますが…)

上の写真のチーズは、モンドールといって、フランスで一番寒い、と言われるスイス寄りのモンドールとその周辺で作られています。

ちなみに、冬(10月から5月頭ぐらい)しか製造・販売しません

私の住んでる町では、地元なので、秋口に、ボジョレ・ヌーボーみたいに、

今年初のモンドール入荷しました!

とウィンドウにポスターを貼ってるお店やレストランもありました。

食べ方ですが、他のチーズ同様、食べる前に冷蔵庫から出して、室温になった頃にパンと一緒に食べてもいいんですが…

このモンドールの場合、「ボワット・ショード」(boite chaude=熱い箱、と言う意味)と呼ばれる有名な調理法があります。

1)モンドールの真ん中をナイフでくりぬき、くりぬいた部分は味見(つまみ食い)します(笑)

2)真ん中の穴に、ヴァン・ジョーヌをスプーン2杯分ぐらい入れます。
お好みで、つぶしたにんにくを1かけ分いれます。


ヴァン・ジョーヌ=vin jaune=黄色いワインはジュラ地方の高級ワインです。クルミとか牧草みたいな匂いがして、辛口で独特の味です。ヴァン・ジョーヌがなくても、できればジュラ・ワイン、それもなければ辛口の白ワイン)

3)モンドールがすっぽり入る耐熱ケースに入れて、そのまま予熱したオーブンへ。20分加熱。

4)その間に、ジャガイモをふかすか、一緒にオーブンで焼いておきます。


食べる人は、テーブルでスタンバイして、オーブンから出したばかりのアツアツ・とろとろのモンドールをジャガイモにたらして食べます。

私のつたない説明だと、美味しさが伝わらないと思いますが…

(詳しい説明&写真を見つけました→モンドールの楽しみ方をご覧ください)

当然、ヴァン・ジョーヌか、ジュラワインがぴったり合います。


ヴァン・ジョーヌはこの写真みたいに、普通のワインよりも小柄なビンに入っています。

それは、普通のワインの状態から6年熟成させて、それで品質チェックに通ったものだけが、ヴァン・ジョーヌとして市場に出回るからなんだそうです。

うちの夫は、2003年(カニキュール=猛暑の年)がジュラ・ワインの出来が良い当たり年、と信じていて、2008年は、2003年のブドウで作ったヴァン・ジョーヌの初モノが出回る最初の年なので、今こそが買い時、とばかりに、めぼしいワイン屋さんに行くたびに、2003年のヴァン・ジョーヌを買占めています。

夫によると、当たり年のワインは、後で値段が上がるんだそうです。本当かな?!

ちなみに、ヴァン・ジョーヌは、何十年取っておいても、美味しく飲めるそうです。

日本ではあまり聞かないワインだと思いますが、とても美味しいので、皆さんも、見かけることがあったら、何かの記念日に買ってみてはいかがでしょう。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
| サラ | フレンチな台所仕事 | 23:00 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |
おいしそう・・・ヨダレが出ちゃう!!
あたしジャガイモにチーズっていう組み合わせには目がなくて、ラクレットも大好き!!

日本でスイス料理のお店があって行ったことがあるのですが、ラクレット頼んだら“日本サイズ”で一口か二口くらいなのにすごーーーーーーーーーく高くて、フランスが恋しくなりました・・・

Vin jauneを入れるのは食べたことがないのですが、おいしそうですねぇ〜!
| Reshmi | 2008/12/20 11:50 PM |

■Reshmiさん、

ワインの専門家には、私のつたない説明で、お恥ずかしいです!!

ヴァン・ジョーヌはご存じのとおり超辛口なのですが、モンドール・チーズのクリーミーな味に、とっても合うんですよ。
まあ、地元なのでコンテにもすごく合いますが。

うちの夫は、シャンパーニュが苦手なので、アペリティフで他のチョイスがある時は、ヴァン・ジョーヌとかジュラ・ワインのサヴァニヤンを飲んでいます。

ラクレットも美味しいけど、モンドールだと、いちいちチーズを焼く世話が要らないし、ラクレット・セットも要らないので、ちょっと友達が来た時に、「寒いから、やる?」なんて気軽に出来て、助かります。

日本のフランス料理(スイス料理も同じ?)って、何でも出てくる量がお上品すぎて、お腹一杯になるまでガンガン食べられるフランス風に慣れてると、さぞ物足りないでしょうね。
| サラ | 2008/12/21 12:07 AM |

モンドール初耳です♪ヴァン・ジョーヌって一度も味わったことないのですが、Toulouseにもヴァン・ジョーヌがあったような。。ラクレットはしたことがありますが、サラさんの言う通り、セットを買わないといけなかったり何かと面倒なのでモンドールいいですね☆
私、フランスのチーズの中ではコンテが一番好きなのでヴァン・ジョーヌと一緒に試してみたいです^^♪
| アイノワ | 2008/12/21 1:38 AM |

■アイノワさん、

今は日本でもモンドールもヴァン・ジョーヌも、何でも手に入るようですが、値段を見ると、やっぱり高いですね〜!

うちは地元なので、モンドールもコンテも色んな種類があって(コンテは特にみんな好きなので、スーパーでも、メーカー別で熟成月数が違うものが合計10種類ぐらいあったりします)、どちらもキロ当たり10ユーロ前後からと、かなり安いです。
日本のスーパーでも、最近コンテが売っている、とうちの母が言っていましたが、種類を色々食べ比べると、本当にメーカーによって味が違うので面白いですよ。

輸入コンテも、冷蔵庫から出して室温に戻して食べると、冷たいままよりもずっと美味しいので、試してみてくださいね!
| サラ | 2008/12/21 10:06 PM |

こんばんはー。
チーズとワインは・・・すみません下戸なので、ワインのおいしさとかいまいちわからないんです。あ、まったく飲めないわけではないのですが、グラス一杯で顔真っ赤になるタイプなので、あまり飲まないようにしています・・・。
彼もパティシエにもかかわらず、ワインというかアルコール全体まったく飲めないので・・・ケーキとか結構リキュールとか使ってるのあるのに、どうやってんの?と聞いたら、菓子にするときはちゃんと味見する、って言ってましたが。飲めないのに味がちゃんとわかるんかしら。コーヒーも飲めないし、ほんまにフランス人か?とつっこみいれたこともあります。

チーズは、好きです♪日本ではほんの小さなひとかけらがむっちゃむちゃ高いので、なかなか食べられませんが。いいなぁ。ヨーロッパ行くと安くておいしいのがいっぱいですよね。あぁ、行きたくなっちゃった。課長ー!有給5日ほどまとめてとっていいっすかー???はい却下ー!!!
くすん・・・
| こたままん | 2008/12/21 10:55 PM |

こんにちわ☆
<モンドール>ってオランダでも手に入るかしらねえ??
でひ、試して見たいどえす!
ところで、日本ではとっても有名なボジョレ・ヌーボー、
フランスでは全然人気がない、、と聞いたことがありました。日本と現地の温度差って少なからずあるものですよね。


| mana | 2008/12/22 5:42 PM |

■こたままんさん、

アルコールもコーヒーもダメなフランス人って、珍しいですね…

でも、アルコールは、体が受け付けない人でも、利き酒で口に含んで、飲まずに味見をする人もいますから…

私は、個人的には、チーズは、ワインが飲めなくても十分楽しめると思っています。

うちの夫は、ワインもチーズも大好きなので、だいたい夕食前に、ちょっとアペリティフ気分で、毎日色んな組み合わせで、チーズを楽しんでいます。
| サラ | 2008/12/22 7:41 PM |

■manaさん、

ボジョレ・ヌーボーの日には、一応ポスターを貼り出していますが、猫も杓子もボジョレを飲むという感じではないですよね。

日本だと、ワインを飲むこと自体がちょっと特別なイベント的な人が多いから、それに上手くマッチしたんでしょうね。

モンドール、オランダでも買えるのかな…?
チーズの専門店には置いているかもしれませんね。
オランダのチーズも美味しいですよね!
| サラ | 2008/12/22 7:43 PM |











このページの先頭へ