国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスは、雪が降っています! | main | 手作り松前漬で、おせち気分… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ガレット・デ・ロワを作りました。
フランスのガレット・デ・ロワ(ケーキ)焼きたて写真
出遅れましたが、フランスの冬ケーキ、ガレット・デ・ロワ(Galette des rois)を作ってみました。

本来なら、1月最初の日曜日に食べる決まりですが、1月の上旬なら、いつ食べてもいいみたいです。

パリの夜日子さんのように、もう3回もガレット・デ・ロワを食べた方もいるようです…(ばらしてごめんね!…笑)

ちなみに、中に「フェーヴ」と呼ばれる人形が入っていて、これが当たると、王様(女王様)になれます。

といっても、うちの場合、当たっても、みんなにほめてもらうだけで、別に、王さまだけの特典はありません(笑)

初めて食べる方は、ガツガツ噛んで、歯を折らないように気を付けてくださいね♪


ところで、フランスでは、食べる日が決まっている風物詩的な食べ物は、日本に比べると少ないような気がします。

日本の方が、冬至のかぼちゃとか、土用のウナギとか、年越しソバとか、色々と、嬉しい決まり事がありますよね…

ところで、市販のガレット・デ・ロワ、どうも油っぽい気がして、あまり好きになれません。

なので、作れる年は、自分で手作りをしています。

ちなみに、以前買ったガレットに入っていた「フェーヴ」←意味は、ソラマメ(実際には陶製の人形)を取っておいて、ガレットを焼く前に、ガレットの中に、こっそりしのばせます。

今年のフェーヴは、トトロのコピーみたいな、とぼけたこの人(獣?)にしました。
ガレット・デ・ロワ(フランスの冬ケーキ)おとぼけフェーブ写真

ガレットに入れて焼かれてしまう前に、ワイルドなゼブラ生地の上で、記念撮影してみました。


ちなみに、パイ生地から作ると、失敗しそうだし、時間がかかるので、パイシートは、市販品を購入しました。

ただ、今年試して大成功だったのは、普通のガレット・デ・ロワのレシピだと、上下とも、パイシート使用なんですが、それだと、どうしても油っぽいので、下だけをサブレ生地にしたんです。

ちなみに、中身も、普通のフランジパン(アーモンド・クリーム)だけだと、ちょっとぱさつくので、リンゴを薄切りにして入れる、という、もうひと工夫してみました。


ガレット・デ・ロワに挟むフランジパンの材料

卵4個
砂糖150g
バター(私は有塩が好きなのですが、普通は無塩です) 100g弱
アーモンド・プードル 150g


ガレット・デ・ロワの作り方

1)アーモンド・クリーム(フランジパン)の用意をします。
バターを予熱中のオーブンで少し柔らかくなるまで溶かして、適当に材料を混ぜるだけです。

2)このアーモンド・クリームを、型に広げたサブレ生地の上に敷きます。

3)今回、アーモンド・クリームのパサパサした感じを避けるために、リンゴ1個(カナダ使用)を薄切りにして、一緒に敷きました。

リンゴは、普通のレシピでは、入っていません。

4)フェーヴ(人形)を適当にしのばせます。

5)パイ生地をかぶせ、サブレ生地との間が開かないよう、軽く押したり、折り曲げたりします。

6)卵黄2分の1個分(卵4個のうち、混ぜる前に取り分けておきました)を、パイ生地にスプーンの背で薄く塗りつけ、ナイフの背で、軽く葉っぱの模様を描きます。


この模様は、お好みで、何の模様でもいいみたいです。

フランスの冬ケーキ ガレット・デ・ロワ出来上がり写真
ふわーんと焼きあがりました。

そっとナイフを突っ込んで、アーモンド・クリームがナイフについてこなくなればOKです。

サクサクのパイ生地でも、下がサブレなので、しつこくならず、薄く敷きつめたリンゴが、焼きりんごコンポートみたいになって、かすかに、甘酸っぱくジューシーで、美味しかったです。

ちなみに、うちの今年の王様は、夫でした。

今回のガレットは、本当に大成功で、夫にも、

人生で一番美味しいガレット・デ・ロワだった!

と、大絶賛してもらいました。

また来年のガレットの日まで、お楽しみに〜!

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ


| サラ | フレンチな台所仕事 | 22:18 | comments(24) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:18 | - | - |
超有名パティスリーだと、リンゴ入りや、梨入りなんかの変わり種ガレットが売ってるみたいです。
リンゴ入りもおいしそうですね〜♪

去年作った時は、中のアーモンドが少なすぎたのか、ぺったんこに出来たんで、今回作る気なくしてました(笑)
| 夜日子 | 2009/01/08 2:21 AM |

去年初めてこちらでガロットデロワを食べました。
今年もまた食べれるかしら??と思っていたら作ることも出来るのね〜と関心。
問題は、アーモンドの粉があるか??ってことなんですよ。しかし、上手に焼けてますね、店で売れそうです。
| gabbyna | 2009/01/08 12:13 PM |

■夜日子さん、

変わり種ガレットがあるのは、全然知りませんでした。
リンゴをほんの少し入れたのは、どうせpate feuilleteeで、アップルパイも作るんだから、絶対、相性がいいだろう…という魂胆でした。

アーモンド・クリームは、一応、下の生地が覆われる程度に入れたほうがいいですよ。
私も、最初にクックパッドのレシピをいくつかみたんですが、日本人の方のレシピは、どうも量が少なくて(バター25g、砂糖25gとか…笑)、フランスで売ってる普通のタルト生地のサイズだと、4倍ぐらいにしないと足りませんでした(笑)

次回、よかったら私のレシピで、またチャレンジしてみてください!
コツがわかったら、すごく簡単ですよ!
| サラ | 2009/01/08 5:04 PM |

■gabbynaさん、

ありがとうございます♪
でも、パティスリーの店先に並べられてるのを見ると、やっぱり売ってるものの方が、見た目上手にできてます(笑)
フランスのお菓子は、日本人の口には、ちょっと甘すぎることがあるので、手作りだと、その辺も調節できていいです。
ブラジルのお菓子も、日本人には、甘くないですか?

アーモンド・パウダーは、以前どっかのサイトで調べたんですが、普通のアーモンドさえ手に入れば、ミルで砕いて使うこともできるそうです。

見た目よりずっと簡単なので、ぜひ作ってみてください♪
| サラ | 2009/01/08 5:07 PM |

今年初コメです☆
今さらですが今年もサラさんのブログ楽しみにしています♪

私は忙しくてパソコンにさわるのもままならず、サラさんのブログも久しぶりに一気読みしましたw

ガレット・デ・ロワ美味しそう〜
南仏ではガトー・デ・ロワ(ブリオッシュ生地にフルーツの砂糖漬けみたいなやつ)を食べますが、個人的にはガレット・デ・ロワの方が好きです☆
お一人様用でいいので、ガレット・デ・ロワを食べたい(笑)


ひとつ前の雪の写真も見事ですが、なんと南仏も昨日からスゴいことになってます!
私なんかはどうやって仕事行くんだろうって一番に心配しますが、誰もそんなことは心配する様子もなく、皆当たり前に休んでます(笑)
高速も閉鎖だし、確かに休むしかないか。
| ミル | 2009/01/08 6:52 PM |

本当に美味しそうですね〜。私も今度このレシピで作ってみたいです。

パイを二つ重ねるものって油っぽくなりますよね。先日イタリアのほうれん草とチーズのパイを頂いて美味しいことは美味しいんですが、(人が作ったものに文句をつける訳じゃないんですが(笑))パイ生地が上と下にあるので、結構重かったです。自分でパイ生地を作って調節したりした方がいいんじゃないかと思いながら食べていたのを思い出しました。

私は昨日有名パティシエのとこのガレットデロワを買ってきて食べたら、さすがに美味しかったです。全然重くなくて、これならたくさん食べても平気かなという感じです。高いのでたくさん買ってられませんが(笑)。
| 木蓮 | 2009/01/08 8:50 PM |

■ミルさん、

こちらこそ、今年も宜しくお願いします!
お忙しいのに、まとめ読みして頂き、どうもありがとうございました♪

南仏も、さすがに今年は寒いでしょうね。
高速まで閉鎖って、すごいですね…
南仏だと、雪に慣れてないから、ちょっと降っても、やられちゃうんでしょうね。

一人用のガレット・デ・ロワも売ってるところがありそうですね。
基本的に、数日は大丈夫だと思うので、うちでは、でかいやつを作り、2日にわたって、夜のデザート、翌日の朝食、昼のデザートと3回食べました。

ブリオッシュ地のケーキは、どうも日本人的には「ケーキ感」が足りない気がします。どうしても、総菜パン、という感じで…
| サラ | 2009/01/08 8:50 PM |

■木蓮さん、

適当レシピですが、難しくありませんよ♪
ぜひ、下をサブレ生地にして、ライトなガレットを作ってみてください!

私も、たまに高めのケーキを買って食べると、自分の作ったのと違って、やっぱりいいなぁ…と思います。
| サラ | 2009/01/08 8:52 PM |

おおお〜なるほど、下の生地をサブレ生地に!目からうろこです。
ガレットデロワって、パイ生地2倍で中もアーモンドクリームって、一度自分で作ったときにバターの量に驚愕して以来食べていませんでしたが、これはいいですね!ライト仕様のお菓子っておいしくないことが多いですがこれは本当においしそう!
今年も楽しくブログ拝見させていただきますね!
| ちぐま | 2009/01/09 5:30 AM |

サラさん、明けましておめでとう御座います!
久々にブログ覗いてみたら、美味しそう〜〜。
ガレットデロワ、私はフランシュコンテ版しか今まで手作りした事なかったんでが、このレシピなら簡単そうだし普通版?も挑戦してみようかなー。
何せ今年は今の所IKEA製のガレットしか食べてませんから。ちなみに格安な割には中々いけました。
| にゃんころりん | 2009/01/09 9:02 AM |

サラさん、はじめまして
ガレットのレシピ参考にさせていただいて、今日作りました。美味しくできましたよ。どうもありがとう!感謝です☆
いつもマメにお料理なさっている様子が伝わってきます。
また遊びに来ますね〜!

| ikuko | 2009/01/09 9:53 AM |

焼き菓子アソート食べてたら
うっかり初ガレットたべてました正月。

しっかしサラさーん
惚れるーーーーー(はぁと)

おいしいガレットデロワ焼きたいなぁ
まともなオーブンほすぃです・・・
| アント | 2009/01/09 1:24 PM |

■ちぐまさん、

実際には、自分で作った生地じゃないので、どの程度、市販サブレ生地にバターが入ってるか分かりませんが、食感としては、市販のガレットや、ダブルでパイシートを使うよりも、だいぶライトでしたよ!

中のアーモンド・クリームも、検索したレシピは、バターと卵と砂糖の量が同量になっていたんですが、私はバターを随分減らして作りました。それでも、十分リッチな味でした。

今年も、こちらこそ、宜しくお願いします♪
| サラ | 2009/01/09 5:28 PM |

■にゃんころりんさん、

フランシュ・コンテ版ガレットというのは…??
カスタード・クリームが載ってるブリオッシュみたいなものでしょうか??

私の作ったレシピ、すごく簡単なので、ぜひぜひ、作ってみてくださいね!
IKEAガレットには、らくらくで勝てると思いますよ♪
| サラ | 2009/01/09 5:29 PM |

■アントさん、

そう褒められると、照れちゃいます♪

オーブンがないと、作れないお菓子って多いですよね。

私も、東京に住んでた時は、古い電子レンジと小さいパン焼きトースターしかなかったんですが、無理して、夫がトースターで「フォンダン・オ・ショコラ」を作ってくれました。

焼き時間も少ないし、2人用ぐらいのガレットなら、トースターでも作れるかもしれませんよ!
| サラ | 2009/01/09 5:33 PM |

■ikukoさん、

はじめまして!
ikukoさんは、パリにずっとお住まいなんですね。

コメント&早速レシピを試して頂いて、どうもありがとうございました。
ブログの写真からして、とても美味しく焼けたことと思います。

私のお料理は、あまり時間をかけて細々したものを作るのは苦手なので、レシピも適当で簡単にできるものばかりですが、食いしん坊なので、色々と挑戦するのは好きです。
また遊びに来てくださいね♪
| サラ | 2009/01/09 5:36 PM |

ト・・・・
トースターもってません(汗)(汗)(汗)ぶほ。
| アント | 2009/01/09 5:54 PM |

■アントさん、

うーん、トースター、持ってないと来たか!
ああいうものは、台所の場所取るから、悩みますね…

ちなみに、フランスには、日本式の横型トースターは売ってないんですよ!
ぴょん!ってパンが飛び出すタイプのみ。
不便…
| サラ | 2009/01/09 10:43 PM |

サラさんの手作りガレット・デ・ロワ、私もあやかりたいです〜〜(^.^)♪
なるほど!パイ生地で挟むから油っこかったのかと!!
私、フランスのケーキの中で(そんなに数食べたことないですが)ガレット・デ・ロワ大好きです♪
1回フェーブが当たりましたが普通に王冠かぶって写真撮っただけで終りました(笑)
トトロ風フェーブかわいいですね♪
| アイノワ | 2009/01/09 11:08 PM |

■アイノワさん、

うふふ。いつか、1月にお会いすることがあったら、ガレット焼きましょう♪
フランスのケーキの中では、私も、気にいっています。

ブーランジェリーなどの市販品は、どうも油っこいですよね…
私は、シューケット(シュークリームのクリームが入ってないやつ)もオイリーすぎて苦手です。

ニセととろクンは、また1年間、引き出しで眠りにつく予定です…(笑)
そのうち、子供たちのいい思い出になるといいですが…
| サラ | 2009/01/09 11:28 PM |

わ〜い♪サラさんのガレット・デ・ロワにあやかれるかもしれないんですねっ(^.^)!!楽しみにしています(ってまだ決定でもないのにずうずうしい私・・笑)

今年は私、なんと厄年なので、結婚は見送ったほうがいいみたいです〜><!今年はじっとしてることにします(笑)
| アイノワ | 2009/01/10 10:58 PM |

■アイノワさん、

えー、厄年だと結婚ダメなんですか??

私、そういうのは全然信じないんですけど…

ちなみに、ジョジョ君は厄年?後厄?に産んでるはずです(笑)

| サラ | 2009/01/12 6:15 PM |

サラさんこんにちは!
フランスでは雪が積もっているんですね。
ドーバー海峡を越えるとそこはフランス。
なのにこんなに景色が違うなんてちょっと不思議な気分です。(こちらは雪が溶けて秋と変わらぬ景色です:笑)

ガレット・デ・ロワ、とっても美味しそう!
いい色に焼きあがりましたね〜。
お正月にパイ生地を使うお料理にフェーヴというお人形を入れて・・・国によっていろんな伝統があるものですね。興味深いです。

ジョジョ君、ドラちゃんブームですか〜。(笑)
手がぷくぷくしていて可愛い♪
| T | 2009/01/13 7:09 PM |

■Tさん、

うちの周りはあまり雪は積もらないんですが、今は、朝の気温がマイナス10度ぐらいで、屋根にも霜がはっています。

ガレット・デ・ロワは、作るのもすごく簡単で、美味しいし、「当たり」があるので食べる時にみんなで盛り上がるんですよ!
| サラ | 2009/01/13 7:21 PM |











このページの先頭へ