国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< パリのレーザー体験 - 追記 - | main | ムック先生の夫婦喧嘩を避ける方法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ベーコンに、毛が生えていた!
フランスのベーコン poitrine fume写真
脱毛ネタの後に、こういう写真ですみません…

これ、ポワトリン・フュメ(poitrine fume=日本語にすると、「スモーク・バラ肉」という感じ?)と言われている、普通のラードン(lardon)よりもちょっとランクの高いベーコンです。

これを、いつも行きつけの市場で、写真の通り「ドカーン」と買うんですが…

ベーコンの、せ、背中に(お腹かな?)…毛が生えてる!!!

おわかりになるでしょうか?

皮の部分は切って落としているので、お料理に毛が入ることはありません(笑)

えぐ〜い話で恐縮ですが、たまに、「乳首」がくっついてることもあります。
良く見ないと、分からないんですけどね…

ちなみに、このポワトリン・フュメは、フュメ(スモーク)という名前の通り、スモークの匂いがして、何に入れても美味しい!

うちでは、ベーコン・エッグ、キッシュの中身、パスタの具など、色々使います。

やっぱり、普通にスーパーで売ってるベーコンとは、全然、別モノという感じです。

一度これを食べちゃうと、スーパーの小さく切ってあるベーコンは、食べられなくなります♪

フランスのできたてクリーム写真
田舎のおばさんが、住んでる村のチーズ工房フロマージュリー(うちの地方では、フリュイティエールfruitiereともいう)で作ってる出来たてクリームを時々、もってきてくれます。

これまた、普通のクリームの2倍ぐらいリッチです。

一度、私も買いに行ったんですが、フロマージュリーで、その村の牛からあつめた牛乳で、チーズを作りつつ、それ以外の乳製品(バター、クリームなど)を売ってる小さいお店が併設されています。

ただし、本業はチーズ作りなのか、お店の開店時間がやたら短いので、知らないと絶対に買えません
(9:00−10:00の間と、18:00−18:30のみ、とかそんな感じ!)

臭くないんだけど、なんていうか…牛の匂い、牧草の生えてる土みたいな匂い、がするんです…

フランスのクリーム容器(牛の絵がポイント)
そして、この容器のデザイン!!

田舎っぽい可愛いさが、なんとも言えません…

かぼちゃクリーム・ベーコンのパスタ・ソース写真

今回は、ベーコンとクリームに、カボチャを加えて、リッチなパスタ・ソースを作り、パスタにからめて食べました。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

JUGEMテーマ:家庭


| サラ | フレンチな台所仕事 | 00:27 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:27 | - | - |
そういうふうに毛が生えてるっていうの、フランスらしいですよね(笑)。とり肉もモモ肉とかお肉屋さんで買うとよくついていませんか?
とり肉の場合はスーパーで買ってもついていたりするような気がしますが(笑)。

でも上には上がいます(笑)。
前にパキスタンの子達がパキスタンでは鳥屋さんで生きているニワトリが囲いにいて、それくださいって言うと、その場でさばいてくれたり、うちにもって帰って自分たちでさばいたりして食べるんだそうで、「毛がついてるからそれが何か?」という反応でした。私がまだフランスに来たばかりの話です(笑)。

田舎のそういうチーズとかクリームって本当に自然の味がして美味しいですよね。
味が全然違いますよね〜。いいですね〜!
| 木蓮 | 2009/02/01 2:43 AM |

毎日食べてたら、フランスのお父さん(60歳前後)のお腹になりそ〜(笑)
でも食べたい、リッチな材料でリッチなお食事☆
地方に行ったら、チーズ屋さんを覗かないといけませんね♪
| 夜日子 | 2009/02/01 6:38 PM |

毛がくっついたまんまのお肉はフランスでよく見かけた気がします(笑)
うちの彼が無類のチーズ好きなので田舎に行くと必ずフロマージュリーに立ち寄りますよ♪濃厚で自然の匂いがして、スーパーで売ってるチーズが本当に味気なく感じちゃいました☆牛のイラスト可愛いですね〜♪
 クリーミーソース、本当に今すぐパスタに絡めたくなる写真です〜!!
| アイノワ | 2009/02/01 9:34 PM |

■木蓮さん、

そういえば、鶏のモモ肉だか、ほろほろ鳥のモモ肉だかにも、クリスマスのロースト・チキンで銀紙を巻くところ(…分かります?)に、大量に毛が生えてたことがありました。

ジビエをする人は、自分で捕ってきた鳥や鹿や何やらを、自分でさばくわけですよね?!
…私は、そこまでして食べたい肉は、ないなぁ…という感じです。

お魚を相手なら、だいぶ色々出来るようになりましたが、動物系は、やっぱり親近感があって、可哀想な気がします。

このクリームは、本当に美味しくって、他のクリームが味気なく、偽物っぽい感じになってしまいます。
牛乳を売ってるフロマージュリーもあるんですが、規制のせいか、昔よりだいぶ少なくなったんだそうです。
| サラ | 2009/02/02 12:55 AM |

■夜日子さん、

うちの夫は、クリームを多用する、いわゆる伝統的なフランス料理はあまり好きでないので、あまり普段は使わないんですが、やっぱり、こういう本格クリームがあると、ついつい、何にでも入れたくなります。
大さじ1杯ぐらい入れると、それだけでコクがでて、美味しいです!

夫いわく、「まずいもの食べて、長生きするより、うまいものを食べて飲んで、早死にしたほうがいい」、と言っています(笑)
| サラ | 2009/02/02 12:58 AM |

■アイノワさん、

フランシュ・コンテのフロマージュリーでは、結構、当たり外れがあって、いかにも…な店構えなので、期待して買ったのに、全然ハズレなコンテもありました(笑)

ひと夏、田舎の村に滞在して、近隣の村のフロマージュリーを、次々に攻めたことがあったんですが、本当に味に違いがあって、面白かったですよ!
| サラ | 2009/02/02 1:00 AM |











このページの先頭へ