国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< ムック先生の夫婦喧嘩を避ける方法 | main | アンディーブのベーコン・グリル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
手作り酵母パン(ブリオッシュ)に挑戦!
フランス酵母パン作り(工程写真1)
この前、ちょっと時間があったので、酸っぱい昔パンの匂いがする角型の酵母(levure bolangere)で、ブリオッシュを焼いてみました。

パン作りは、初挑戦だったのですが、夫のおばさんが、いつもとても美味しいブリオッシュを焼いてくれるので、作り方を習い、おばさんの説明だと、細かいところが分からなかったので、インターネットでも調べながら、挑戦してみました。

上の写真は、一次発酵してるところです。

ちなみに、パンを発酵させるには、ある程度の温度が必要なので、「湯たんぽ」を使用しています。
パン生地の下の青いセーター着てるのが「my湯たんぽ」です(笑)

「むくむく〜っ」と、いい感じに発酵してくれました。
フランス酵母パン作り(工程写真2)
私が見たインターネットの「パン作りのページ」には、

一次発酵が終わったら、ガスを抜き、二次発酵させる

と書いてあったのですが、どうやってガスを抜くのか、よく分からなかったので、夫に上記の説明を見せて、「一次発酵の後、ママンがどうやってるか、みたことある?」と聞いたところ、難しい顔をしたのち、

僕だったら、おならするけどね

と、何の役にも立たない答えが返って来ました。

仕方ないので、ハンバーグを作る時みたいに、ぺったんぺったん叩いたり、左から右手に投げたりしてみました。

ともかく、今日は、レーズンと、クレーム・パティシエール(カスタード)が入ったブリオッシュにしようと思い、二次発酵後の生地に、レーズンと予め作っておいたカスタードを流して、ちょいちょいと隠し、オーブンで焼きました。

フランス酵母パン作り(焼きあがり写真1)
写真の黒い「ぷつぷつ」は、レーズンがこげたものです。

レーズンが表面に出た状態でオーブンで焼くと、こげる、ということを、初めて知りました。一応、隠したつもりでしたが、焼きあがると、表面に出ていました。

幸い、レーズンは簡単に手で取り除けたので、見える分は全部取ってしまいました。

フランス酵母パン焼きあがりデコレーション写真
粉砂糖を振って、ちょっとケーキっぽいブリオッシュの出来上がり。

やっぱり、こういうものは、できたてを食べると、格別に美味しいですね!

初めて作った割には、とてもいい感じにサックリ、しっとり味にできて、遊びに来ていた夫の友達(←実は、先日お話した、ジャン・マルクの20年前の彼女が、ちょうど来ていました!)にも、大好評でした。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
| サラ | フレンチな台所仕事 | 23:51 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:51 | - | - |
ガス抜きは、グーで数回押してあげるだけでいいみたいです。
パン教室の先生が言うてはりました。

おいしそうなブリオッシュ〜♪
レシピ希望です☆
| 夜日子 | 2009/02/04 12:29 AM |

■夜日子さん、

なーんだ、ガス抜きって、それだけですか?(笑)
知らない人のために、もっと詳しく書いてほしいものです。

ブリオッシュのレシピは、あちこちのサイトを適当に組み合わせて、かなりいい加減に作りました。ちゃんとメモっておかなかったので、また、今度作ったら、ちゃんとメモしてブログに掲載します。

今回、粉末ではなく、四角い酵母を初めて使ったのですが、使い勝手が良かったです。
| サラ | 2009/02/04 12:58 AM |

ブリオッシュとかパンとかって
成型が大変そうだな〜ってちょっと避けてましたが・・・
この手があったか!!

すっごーくおいしそうなんですけど〜〜〜!!!

よし!よし!!あたしもやってみます♪
| アント | 2009/02/04 1:42 AM |

美味しそう、自分で作る人、尊敬しますよ。
私は、自分の店がパン屋サンなのでほんと、何もしません。職人さんが作ったのを頂いてくるだけ。。。
これなら店でも売れますよ。
| gabbyna | 2009/02/04 12:18 PM |

■アントさん、

夫のおばさんも、ブリオッシュは耐熱ガラスで焼いています。
勝手に丸ーく膨らんでくれるので、簡単です。
ただし、オーブンがないと、無理ですよ…

実は、クックパッドに、「シナボン」風の作り方も書いてあったのですが、とても手に負えなそうな生地なので、諦めました。
もっと言えば、フランスのスーパーのパン・コーナーに置いてある「Chinois」というパン(カスタード入り菓子パン)を目指して作ったんですが、そいつとは、かなり違うものになりました。
| サラ | 2009/02/04 5:26 PM |

■gabbynaさん、

うわぁ、gabbynaさんのお店はパン屋さんなんですね!
職人さんが作ってくれたパンを、焼きたてで食べられるなんて、うらやましいです!

私のパンは、焼けてすぐ食べる分には、とても美味しいですが、あまり取っておくと、やっぱり硬くなっちゃうみたいです。

うちの近所にも、美味しいブリオッシュやクグロフ(アルザス風ブリオッシュ)を作るパン屋さんが色々ありますが、甘さも油っぽさもかなりのものなので、日本人の口に合うものを作るには、自分で作るしかない…という感じです。
| サラ | 2009/02/04 5:29 PM |

ぐひーん

ヘタレなオーブンレンジでがんばりまーす!
| アント | 2009/02/04 8:14 PM |

おいしそう!
サラさんは本当にお料理上手♪
いつも感心しています。

あたしもお菓子のできたてを食べるの大好きなんですが、ヨーロッパだと
「できたてアツアツはおなかを壊すから食べちゃだめ」
といわれません?

目の前においしそうでいいニオイのものがあるのにじっと我慢しなければならないのはツライですけど・・・
日本では言われたことないけど、本当のところはどうなんだろう?
| Reshmi | 2009/02/04 10:32 PM |

■アントさん、

がんばれー!
オーブンレンジでも、色んなことができるはずですよ!!
| サラ | 2009/02/05 7:58 PM |

■Reshmiさん、

アツアツお菓子はお腹に悪い?
…それは初めて聞きました。

うちは、みんながっついていますよ(笑い)

フォンダン・オ・ショコラとか、タルト・タタンとか、スフレなど、熱い状態で食べるケーキは、どうしてました??
| サラ | 2009/02/05 8:00 PM |











このページの先頭へ