国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスのバレンタイン事情2 | main | 叶姉妹って… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ママンのガトー・オ・ショコラ(作り方)
バレンタインのガトー・オ・ショコラ盛り付け画像
バレンタインに「チョコレートが主役のケーキを作りたい」と思って、ビターなガトー・オ・ショコラを作りました。

夫のママンが残してくれた料理本(全6巻)には、たまに書き込みがしてあるので、ママンがお気に入りだったレシピを再現することができます。

今回は、本に、グラッサージュ(アイシング)の方法が詳しく書いていなかったので、料理上手で評判の夫のおばさんに電話をして、彼女のチョコレート・ケーキに使用しているグラッサージュの仕方を教えてもらいました♪

バレンタインのガトー・オ・ショコラ写真
レシピは以下のとおりです。

<材料>
製菓用板チョコ(ビター)150g
バター150g
砂糖150g
卵黄6個分(ムース状になるまで泡立てておく)
小麦粉150g
卵白6個分(分量外の粉砂糖30gを混ぜ、ツノが立つまで泡立てておく)

(上記の他に、アイシングの材料として、ビターチョコ50g、バター30g。あれば、アプリコット・ジャム少々)

<作り方>
1)板チョコを湯せんで溶かし、溶けたらバターを加える。
2)火からおろし、上記の材料を上から順番に混ぜる(砂糖→卵黄→小麦粉→卵白)。
3)50分ほど焼く。オーブンから出してさます。
4)アイシング材料を湯せんで溶かし、熱いうちにケーキに塗り、2時間休ませる。


※レシピでは、アプリコット・ジャムを敷いてから、アイシングをするということでしたが、アプリコット・ジャムがなかったのと、ビター・チョコレートの味を強調したかったので、省略してしまいました。

※フランスで売ってるチョコレートは、カカオ配合率が書いてありますが、焼く分には、製菓用のカカオ配合率50%のものを使い、アイシング用には、60%のものを使いました。

※ちなみに、ガトー・オ・ショコラではなく、フォンダン・オ・ショコラにするには、上記のレシピのうち、小麦粉の配合を「大さじ1杯」に変え、焼き時間を20分に短縮すると、フォンダン(中がトロトロ状態)になるそうです。

フランス語だと、「Chocolat Noir(ショコラ・ノワール)」というのが、ビター・チョコにあたります。

ふつうは、フランスでは、こういうケーキに「クレーム・アングレーズ」(薄く溶いたカスタード・クリーム)が敷かれていることが多いんですが…

ちょうど食べごろの洋ナシがたくさんあったので、ケーキと一緒に食べました。
さっぱりしておいしかったです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ


| サラ | フレンチな台所仕事 | 18:14 | comments(16) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:14 | - | - |
こういうレシピほんとうれしい。

近々作ってみます〜♪
| アント | 2009/02/17 6:45 PM |

■アントさん、

ご覧のとおり、とても簡単ですよ〜!
型から出して、アイシングを横に塗ると、もっとチョコレート・ケーキらしくなりますが…

そういえば、ちょっと考えたんですが…日本のフォンダン・オ・ショコラがフォンダン(トロ〜リ)にならないのは、たぶん、冷たいところで保存してるからじゃないでしょうか?

うちの夫は、出す前に、ちょっとあっため直しをしていたような…
| サラ | 2009/02/17 6:55 PM |

そうそう。
あっため直してくれないときがあるんです〜!

シナモンロールもバサバサの冷たいの渡されると悲しい・・・
日本人はまじめなので、正確なサーブ方法伝えておいてください。だれかー
| アント | 2009/02/17 10:30 PM |

■アントさん、

フォンダン・オ・ショコラは、うちで夫が作るもの、ってことになってるので、レストランで、あまり食べたことがないんですが…
やっぱり、あっため直してるのかな?

タルト・タタンは、普通アツアツで出てきますよ〜
| サラ | 2009/02/17 10:41 PM |

おぉ、おいしそう!!
ショコラ好きなので試してみたいです。

それにしても私のつくったトリュフケ−キよりも手がこんでいる。。。今度レシピUpします。
| さゑ | 2009/02/18 5:27 AM |

レシピありがとうございます!
早速印刷しましたよ♪
この間製菓用チョコを買ったので近いうちにやりたいです!

製菓用の板チョコって200gだから、150gと50gでちょうど使い切れていいですね(^o^)
| ジャイコ | 2009/02/18 5:41 AM |

美味しそうですね♪
やっぱりガトーショコラは王道ですよね^-^。
今度作ってみま〜す!
気分的にフォンダンが作りたいです。

フォンダンと言えば、持ち寄りパーティの時にフォンダンを持ってきてくれたフランス人カップルの子たちがいて、美味しかったんですけど、ちょっとフォンダン度が強かったんです。
そのカップルの子達、食べながら「C'est trop fondant, non ?」「MMmmmmm, oui..... c'est trop ! Mmmmmmm .... 」と深刻な顔をして批評してるのが笑えました。みんなが美味しいと言いながら食べていたのに。
ガトー・ショコラが得意の人にとっては、fondant過ぎはダメだったんでしょうか(笑)。
この時の深刻な表情がかわいくて忘れられません。
| 木蓮 | 2009/02/18 8:38 AM |

■さゑさん、

私の書き方が、まだるっこしかったのかな…
実際には、ものすごく簡単ですよ!

アイシングをすると、ただ焼いただけよりも、ずっと特別な感じを出せるので、イベント向きかもしれません。

トリュフ・ケーキの作り方も楽しみにしています!
| サラ | 2009/02/18 5:08 PM |

■木蓮さん、

ケーキといえども、真剣勝負ですね(笑)
うーん…プロポーションの問題ですかね?
うちの夫は、フォンダンは、「ケーキの面積の半分以内がフォンダンなのがいい」と言っていましたが…

以前、フランス人の家で、チョコレートの焼き立てスフレが出てきて、中がフォンダンでとても美味しかったですが、スフレがうまく膨らまず、うちでは成功していません。

このレシピ、木蓮さん、Pさんにも気に入ってもらえると嬉しいです♪
| サラ | 2009/02/18 5:23 PM |

■ジャイコさん、

ぜひ、作ってみてくださいね!

うちの場合、板チョコ、そのまんまポリポリ食べるのも好きなので、製菓用とはいえ、一度封を切ると、いつの間にかなくなってしまいます。

製菓用チョコ(フランスだと、デザートと書いてあるもの)は、リント、ネスレなどをよく使いますが、今回はケチって、焼く分にはスーパーのPBモノを使ってみましたが、そん色ありませんでした。
| サラ | 2009/02/18 8:27 PM |

こんにちは!
この間、このレシピを参考にして作ってみました♪
卵が5個しかなかったので5個分の量で作りました。
おいしかったです!!!
教えてくださってありがとうございます♪
40分で焼くのを止めたんですが、ちょっと焼きすぎてたみたいです。
今度はフォンダンも試してみます!
| カッパ | 2009/02/25 6:13 PM |

■カッパさん、

作っていただいて、とても嬉しいです!
オーブンによって、温度や焼き時間は、微調整が必要ですよね。

私も、この手のケーキは、材料を見ておいて、実際には、計量カップも使わず、作ってしまいます。
(普通のコップ使用!)

先日、日本風のベークド・チーズケーキを作ったので、またレシピを載せますね!
| サラ | 2009/02/26 4:53 PM |

はじめまして。このレシピでケーキをやいてみようとおもったのですが、サラさんは何度のオーブンで焼きましたか?みなさん特に質問されてないので、わかってっらっしゃるのかな。私はまだまだ初心者で。。。お手数ですがお願いします。
| リミ | 2013/07/20 4:34 PM |

■リミさん、

コメントのお返事が遅くなり、すみませんでした!

このレシピ、ちょっとだいぶ作っていないので、うろ覚えですが・・・

オーブンの温度は、私がいつも標準のケーキで使っている温度(210度)だったと思います。

オーブンの性格によって、焼き加減が変わってくると思うので、普段パウンドケーキ等、重たいケーキ系で使われている温度・時間で、挑戦してみてください。
| サラ | 2013/09/03 5:35 PM |

サラさん

お返事ありがといございます。早速今から挑戦してみます!

サラさんのブログ大好きです:-)
| リミ | 2013/09/17 1:08 PM |

■リミさん、

適当なレシピにも関わらず、暖かいお言葉、どうもありがとうございます♪
結果も、ぜひ教えてくださいね!
| サラ | 2013/09/17 10:16 PM |











このページの先頭へ