国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< ベークド・チーズケーキの作り方 | main | フランス人男性が離婚に踏み切れる理由 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
おかしらつきの鯛の丸焼き!
フランスの鯛料理(ドラード・ロワイヤルの丸焼き)写真
今日は、「おかしら」つきの鯛の丸焼きです。

うちの実家では、元旦の朝、おせちやお雑煮と一緒に、おかしらつきの鯛が丸焼きになって出てくるのが、毎年の恒例です。
フランス風鯛の丸焼き できあがり写真
なので、冬に一度は「お鯛さん」が食べたくなります。

実は、「尾頭(おかしら)つき」って言葉のようですが、「お頭(かしら)」だと思ってました。

ちなみに、鯛も「ぴんきり」だと思うんですが、私は、日本で自分で鯛を買ったことは一度もないので、日本の鯛の詳しい名前は、良く分かりません…

フランスでは、お刺身用にも、焼き魚用にも、上の写真のDaurade Royale(ドラード・ロワイヤル)というのを買っています。

魚屋さんでは、Daurade Grise(ドラード・グリーズ)という光り加減がちょっと見劣りする灰色の鯛と、キラッキラに光るロワイヤル鯛が並んでいて、味はあんまり変わらない気がしますが、ついつい、ロワイヤル候補(大統領選の前が懐かしい…)に軍杯が上がります。

魚屋さんで、「内蔵とうろこを取って」もらいます。

(「Videz et ecailler svp」という…)

「エカイエ」=うろこ取りしてもらうと、パリパリに焼けた塩味の鯛皮も美味しく楽しめます!

ちなみに、「頭としっぽはそのまんまで…

(Je veux garder la tete et la queue…)

と言っておかないと、頭をパーンと切られてしまう可能性もあります…

作り方と言うほどではありませんが…

新鮮な鯛を選び、焼く前にキッチンタオルなどで、水気を切って、両面に塩をし、クッキングペーパーの上に乗せ、しっぽだけアルミでくるみ、片面約10分ずつオーブンで焼くだけです。

塩は、ビオ(オーガニック)のお店で買った、ミネラルが豊富そうな粗塩を使ったので、塩だけで、とても美味しく焼けました。

うちの場合、大皿にドーンと鯛を盛り、私が適当に各自のお皿に「難易度」別(←骨の部位による…)に取り分けて、それに各自が、好みでお醤油をたらして、白いごはんと一緒に食べます。

鯛の骨は、硬くて太くて外しやすいので、骨付き魚の苦手な夫(一応、箸で四苦八苦していますが、アジとかイワシだと、不器用で、半分ぐらい食べられない始末…)も、あまり文句を言いません。

ただし、鯛の骨は、子供ののどにつまると、とても大変なので(私自身が、5歳の時、経験あり…)、気をつけてくださいね!

JUGEMテーマ:地域/ローカル


| サラ | フレンチな台所仕事 | 23:52 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:52 | - | - |
フランスで鯛☆結びつかナンだ!さばくのも大変そうさらさんすごい!!

去年?年明けてからかな?旦那さんと息子が誘われ
初の海ずりに!!!東京近郊??千葉???

お土産がすごかったぜ=−んぶ鯛(小さいの)刺身に
つみれのようなのに、お吸い物に、鯛三昧by旦那さん&息子

そのくらいだな〜おかしらつきって。切り身はかいますが。
| k | 2009/03/09 6:32 PM |

鯛のお頭付き、久しぶりに見ます。
おいしそうですね。
主人は頭が付いているのが気持ち悪いそうなので、もし買う事があったら魚屋さんに頭を切り落としてもらうかも。
でも、頬?の身も食べたい。
| カッパ | 2009/03/09 7:27 PM |

■kさん、

丸焼きだと、さばかなくていいので、とても簡単です。
鯛は、私みたいにおろし方が下手で、骨に身が残っても、それをあら煮にして、2度楽しめるので、とても便利です。

釣りのお土産、いいですね!
釣りたてなら、お魚屋さんよりも、はるかに新鮮ですね…
| サラ | 2009/03/09 9:39 PM |

■カッパさん、

頭を「あら煮」風にざっと煮ても、「うしお汁」風に、塩だけでお吸い物にしても、美味しいですよ。
うちの場合、ほっぺのファン(私)と、目のファン(娘)がいるので、頭は絶対、捨てられません!!

うちの父(大阪出身)は、「僕が魚を食べた後は、食べるところが残らなくて、猫もあきらめてまたぐから、『猫またぎ』」と言ってました。

うちの鯛も、「ねこまたぎ」まではいきませんが、「これだけ食べてくれれば、満足だ!」という姿になります。
| サラ | 2009/03/09 9:43 PM |

凄い、お頭つきの鯛、自分で調理するのって偉い。
私は、ほとんど焼き魚、家で出来ません。
うちの父も本当に上手に魚の身を取ってくれたものです。「猫またぎ」だったんですね。(笑)
魚がどんどん食べたくなるこの頃です。

日本風チーズケーキ、こちらでも見かけたことがないのです。何ででしょうね?!
(ブラジルだからだなぁ。。)
| gabbyna | 2009/03/09 11:54 PM |

■gabbynaさん、

魚の処理は、最初だけ、キモチ悪いですが…勇気を出して、やってみると、意外と簡単です。
この手の焼き魚は、料理と言えないほど簡単ですよ!
おまけに、とてもヘルシーで見栄えもするので、気に入っています。
新鮮なお魚が見つかったら、ぜひやってみてください。

私も、魚の身を取り分けるのは、かなり上手な方なので、夫の残した骨を回収して、もう一度、身を取っています(笑)

日本の味覚は、やっぱり絶妙ですよね…
最近、外国に住まなかったら、作ろうと思わなかったものばかり作っています(笑)
| サラ | 2009/03/10 12:25 AM |











このページの先頭へ