国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 眠られぬ夜(ニュイ・ブランシュ) | main | フランス語のあっと驚く誤解 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランス語の失敗談
フランスに住んで何年もたち、普通のフランス語の会話は問題なくできるようになりましたが、以前は、フランス語で、かなりトホホなミスをすることが良くありました。

自分でもびっくりするような、とっさの発言や、大きな勘違いに、今でも、思い出し笑いをしてしまう出来事がいくつかあります。

今日はとりあえず、ひとつめのお話です…

フランス語には、とんと縁のない方にも、分かるように書いてみたいと思います…


夫の家族がうちに夕食に来たとき、フランス人の良くあるパターンですが、アペリティフ(食前酒)に1時間、それから夕食に2時間で、デザートに行きつく頃には、すでに11時を回っていました。

フランスでは、これでも早い方!

そのころ、まだ小学生だった娘を、そろそろ寝かせなくちゃ…と思った私は、

全員に大きな声で、『失礼します!』って言って、もう寝に行きなよ!

と隣の娘を肘でつっつきました。

すると、娘が「Je m'excuse…」(失礼します)と、蚊の泣くような声で言いました。

話に盛り上がってるフランス人連中には、その声は届かず、娘が3度言いましたが、気がついてくれる人が一人もいませんでした。

とはいえ、何も言わずにテーブルを立つのは、行儀の悪いことだと思ったので、私が、助け船を出そうと思い、

えー、みなさ〜ん!Elle nous excuse!

と私が、でかい声で言ったところ、

は〜?!…なんで彼女が私たちを許すのか?!

と、みんなの大注目を浴びてしまいました。

フランス語の動詞で、再帰動詞というのがありますが、それを使い間違ってしまったために、

彼女が失礼します

と言う代わりに、

彼女が私たちを許します

という、へんちくりんな文章を作ってしまったのでした!

それ以来、娘には、

ママのあの失敗は痛かったね!

といまだに笑われています。



| サラ | フランス語について | 19:49 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:49 | - | - |
こんにちは!いつも楽しくブログ拝見しています。私もこの間ものすごく恥ずかしい間違いをしたので、初コメントさせてください。
料理の話をフランス人の友達としていて、途中で「どうやって焼くの?」と聞かれて、「フライパンで」と言いたかったのに、冠詞を入れ忘れ、「裸で」と真顔で答え、大笑いされました。。。恥ずかしかった。。。
現在のサラさんのように間違いなくフランス語を話せるようになるにはどうしたらいいんでしょうか・・・?
| あやまる | 2009/04/07 7:21 AM |

アハ><な感じでしたね〜

でも!合計3時間の夕食って。。。驚き^^
席は?離れず?子供も?会話を楽しむから?お料理の調達は??
などと違うとこに関心がいきましたあ
| k | 2009/04/07 7:57 AM |

わはは〜!
あたしも挙げたらキリがないくらいいっぱいあります!
前にブログでも書いたけど、お上品な友人とその母上の前で

みんな人前でヤッテルじゃん!

とか。。。(爆)

今でも仕事でのフランス語は緊張します!


話変わりますが、こういう場面って、迷いますよね。
何も言わないで姿を消すのも失礼だし、かといって会話を遮ってまで・・・とも。
こういうことがスマートにできる人は尊敬します。
| Reshmi | 2009/04/07 12:29 PM |

私も凄い間違いを平気でやっているかもしれないけど、気にしていません。気にしていたらやってられないのです。w(゚o゚)w
でもこちらのブラジル人のポルトガル語も酷いので助かっています。

そういえば、昔、息子が一時期夜泣きをしたことがありました。何ヶ月か続いたっけ・・。その後は、歯軋りをしたりしていました。やっぱり下の子のほうでした。
| gabbyna | 2009/04/07 12:52 PM |

■あやまるさん、

はじめまして!
私も、同じ間違いをしましたよ!
フライパンが出てくるたびに、何度もすっぽんぽんになっていてはたまらないので、フライパンをポワルと発音せず、ポエルとわざと間違えて発音して意識していました(笑)

今でも、たまに妙なことを言って夫を爆笑させていますが、「外人だから、間違えるの当然でしょ!」と、在仏3年目ぐらいから、面の皮が厚くなって、あまり気にならなくなりました。

たぶん、語学って、恥ずかしい思いをするぐらい思い切って話した方が、上手くなるスピードが速いんだと思いますよ〜ファイト♪
| サラ | 2009/04/07 4:35 PM |

■kさん、

フランス人の夕食(週末の昼食も)は、人を呼んでノロノロ、べちゃくちゃ、というのが大好きです。
夜8時に招かれて、10時まで乾きモノでお酒を飲むだけで、やっと10時からノロノロ食事開始。デザート終了午前1時、というのは、よくあるパターンです。私は、途中で寝ちゃいます(笑…ウソ。耐えます…)

フランスで良く作る料理は、日本料理ほど、作りたての熱々でなくても大丈夫なものが多いので、ちょっと慣れると、2家族ぐらい呼ぶだけなら、そんなに苦労しません。
(あらかじめオーブンに突っ込んでおくとか、前菜やサラダも前もって用意しておくとか、手はず的に台所にこもりっきりにならなくていいものを選びます。フライなど、女主人が台所から出てこられなくなる料理は選びません…)
| サラ | 2009/04/07 4:41 PM |

■Reshmiさん、

そうですね。
私がよくやる手は、自分が話をしつつ、そのしめくくりに、じゃ、失礼!という感じで退場するのが、あまり唐突でなくていいような気がします。
とはいえ、娘の場合、単にデザートが食べたくて食卓に居残っているので、会話に加わるわけでもないし、日本人みたいに、気を遣って「OOちゃんは明日学校でしょう?」なんて言ってくれるフランス人ばかりではありませんし、なんとかうまくデザート食べて逃げなくてはなりません(笑)

以前、ブログのお友達で「taquiner」(からかう)がなぜか「taniquer」(あんたヤッた)に変換されてしまい、「何でヤルんだよ!?」と大笑いをされた、というお話を聞いたことがあります…

私も、カジュアルなフランス語を話すことがほとんどなので、たまに仕事で使うと、緊張しますよ…最近、日本語も変になってるので、同じく緊張します(笑)
| サラ | 2009/04/07 4:45 PM |

■gabbynaさん、

そうそう、ちょっとの間違いは、気にしていられません。
みんな外国人は間違っているし、それでもいいんだ!と思うようになってから、フランス語の上達が早くなったような気もします(笑)

夜泣き、何か月も続くかもしれませんね…
今日も、寝不足で頭が痛いです…
| サラ | 2009/04/07 4:47 PM |

こうして過ぎてみれば笑い話になりますが、やっぱり思うように話せなかった頃は大変だったと思います。
ワタクシ、何を隠そうフラ語に挫折して日本に居ると言っても過言ではありません(苦笑)
そして長い食事にも…

今は日本在住の外国人の友達が多くて、完全に立場が逆ですが、幼稚園の外国人ママなどには、妙に親切にしてしまう私です(笑)
| ミル | 2009/04/07 7:22 PM |

■ミルさん、

えっ?フラ語に挫折??
私なんか、「外人だから、ちゃんと喋れなくてもいいもんね…」という感じで、もう半分、諦めちゃってますけど…
長い食事は、たまに、ギブアップしたくなります。
今は、小さい子という言い訳があるため、かなり助かっています。

ミルさんのようなママ友達がいてくれて、外国人のママはさぞ心強いでしょうね!
「私も、そうだった…」と思うと、放って置けないでしょうね…
| サラ | 2009/04/07 8:41 PM |











このページの先頭へ