国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランス語のあっと驚く誤解 | main | ガチョウのリエット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
保育園でダブル不倫&再婚?
友達に聞いた話で、実際の人は知らないんですが…

フランスの保育園で、子供を送り迎えしているうちに、あるお父さんとあるお母さんが仲良くなってしまい…

ついに、お互いの相手と別れて、新しい相手とくっついてしまった!という話です。

子供同士も、元々保育園の友達なので、兄弟になってラッキー、みたいな感じで、離婚した両親との間を行ったり来たりして、上手くいっているようです…

(ちなみに、さすがに「ふられた男女」同士は、くっつかなかったようです。そうなっていたら、まるで映画ですが…)

その話を聞いた時は、まだジョジョ君が保育園に通っていなかったので、「えー、まさか!」と思ったのですが…

子供が保育園に通いだしてみると、おしゃべり好きなお父さんと行きかえりに一緒になり、色々と話すこともよくあり、私の場合、今のところ、夫より胸がときめくようなお父さんはいませんが(笑)、これが、恋に発展…という展開は、考えられないこともないな…と思うようなチャンス?は、意外と、たくさんありそうです。

夫は、嫉妬深い上に、心配症なので、私が、

今日、エリーズのパパが言ってたんだけどね…

とか、話を始めると、

なに?エリーズのパパと話をしたのか?
ナンパしてこなかった??

と、心配顔になります。

そういえば、ジョジョ君が生まれたばかりのころも、昼間、暇なので、母子で公園に散歩に行くと、

育児休暇中のお母さんを狙ったナンパ野郎が、子ども公園をウロウロしてるらしいから、気を付けてね!!

と気がかりそうに見送っていました。

夫によると、バリバリ働いていたのが、仕事を休んで、日中、家で育児する生活にまだ慣れず、心にぽっかり穴のあいた新米ママの心に、たくみにつけこむんだそうです!

私は、お母さん狙いのナンパには、会ったことがありませんが…

私の知り合いは、一度、声をかけられて、

子供がいるから・・・

とやんわり断ったら、

セ・パ・グラーブ!
(別に大丈夫!)

と切り返されて、あぜんとしたそうです。

「大丈夫」じゃないって!!!(笑)

JUGEMテーマ:国際結婚


| サラ | フランス人の恋愛観 | 19:35 | comments(15) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:35 | - | - |
「なに?エリーズのパパと話をしたのか?
| k | 2009/04/08 8:27 PM |

↑すみませ〜〜ん押し間違いで送信しちゃいました><

ご主人のその嫉妬ぶりな心配げな言い方がなんか〜〜ほのぼのいいわ〜〜愛されてますねサラさん☆☆

ドラマのような出来事って案外近くにころがってたりして!
| k | 2009/04/08 8:33 PM |

■kさん、

うちの夫は、奥さんがやたらモテると勘違いしてるらしく、いらない心配をしょいこんでいます(笑)

娘が通っていた日本の保育園では、誰かのパパと話し込むことなどは、あまりなかったのですが(パパの参加は、遠足と運動会ぐらいで、お迎えはママが主ですよね…)、フランスだと、保育園や小学校の親同士で、怪しい仲になる、と言う話は、意外とよくあるんだそうです…
| サラ | 2009/04/08 8:45 PM |

さすが、子供がいても全然okな訳ですね(笑)
確かに私のまわりのフラ男もそんな感じです。

それにしてもサラさんの旦那さまの心配性ぶりは毎回面白いです(笑)
でも私のパートナーもかなりサラさんの旦那さまに似ているのですが、もっと重症です(汗)

ある日、友達夫妻にディナーに呼ばれていたのですが、朝から彼の様子が変。
どうもディナーに行きたくない様子。
理由を聞いても何でもない…
しかも気が弱いのでディナーを断れません(笑)
(こちらは何度もこの夫妻にドタキャンくらってますが)
でもあまりに深刻そうな顔をしているので、出掛ける前に問いただすと…

昨日の夜、君とジャン・ピエール(ディナーに呼んでくれた友達)がベッドで一緒に寝てる夢を見たんだ!

と、あたかも本当に不倫の現場を見てしまったかのように告白してくれました(-_-#)
自分で見た夢でここまで落ち込めるものかと、ある意味感心しました(苦笑)
| ミル | 2009/04/08 9:37 PM |

サラさんのダンナ様の心配ぶりが可愛いですね〜(^.^)♪
うちの彼はごくたま〜にしかジェラシーを燃やさないのでちょっと羨ましいです☆
日本だと保育園の送り迎えをパパがやってる姿自体ほとんど見ないのでイメージが湧きませんが、フランスだとパパと一緒にいる子どもたちをよく見かけるので不倫とかそういうドラマも起きそうだなって思います。
| アイノワ | 2009/04/08 10:27 PM |

■ミルさん、

あ、ここにもひとり、いましたね!

「心配症なフランス男クラブ」作りませんか(笑)

うちの夫は、私の夢は見ないようです。
たまに見ると、クマとか魚に襲われる夢を見てるようです(笑)

でも、確かに、招待されている当日に、自分のパートナーと友人が一緒に寝ている夢を見てしまったら、なんとなく気が乗らないのは分かるような気がします…
といって、それを理由に行かないのも、恰好がつきませんしね…

気が弱くて理由をなかなか言わない彼に、なんとなく好感を持ってしまいました(笑)
| サラ | 2009/04/09 12:05 AM |

■アイノワさん、

日本だと、確かに、保育園でお父さんを見るのは、運動会と遠足ぐらいでした。

たまに朝、送りに来ているお父さんがいても、すごい「おっさん」風で、とてもロマンスとはほど遠いタイプだったりして…(笑)

うちの夫、何かを勘違いしていますよね?!
保育園のお迎えは、普段は私の分担なんですが、夫が仕事が早く終わったりすると、なぜか一緒に付いてきます(笑)
同じ保育園に、他にもほぼ毎回カップルで迎えに来る親がいるので、そのお父さんも同じ理由かな??(ちなみに、奥さんが若くて、すごく可愛い!)なんて勘ぐっています(笑)
| サラ | 2009/04/09 12:09 AM |

うちのヨさんもかなりの心配症なのでサラ家の旦那さんの話にはうなずく点がたくさんあって笑ってしまいます。

私の場合、まだ保育園にいくことがないのでもっぱら矛先は同僚男子ですが。。。

ダブル不倫で離婚!というと日本だとどろどろをイメージしてしまいますがフランスだと普通にありえるなぁと思っちゃうところが怖いですね。ふふふ

| さゑ | 2009/04/09 2:16 AM |

フランス人の男友だちが「フランス人男はナンパせずにはいられないんだよ。そういう風につくられている。ふっふっふ!」みたいな感じで誇らしく言っていました(笑)。
フランス人男性が全員そうだとは思いませんが、あれはDNAなんでしょうか。

フランス人女性の方も、男性職員に対する態度が明らかに女性に対する態度と違うとか、すりよっていくような所があると思います。
いくつになっても魅力的でありたいというのはフランス人らしいですね。
| 木蓮 | 2009/04/09 4:01 AM |

ΣΣ(゚д゚lll)
おフランス、凄いですね!!
新米ママを狙ったナンパヤローって・・・普通子供居たら、躊躇しそうなイメージあるんですけど、やっぱ国で感覚が違うんでしょうね。
恋多き国なんですね。。。
| コピ丸 | 2009/04/09 9:29 AM |

エジプト人はじめアラブ人から、付き合ってくれ、結婚してくれと言われて
「婚約してる」とか「結婚してる」とウソをついても

No Problem!!

って言われます。(笑)

いや、問題大有りでしょ!と毎回突っ込んでます。

今度の旅行では「あたし女に見えるかもしれないけど女じゃないよ?」と言ってみようかと思ってます!

実はうちの近所でも、シングルファザーが子供の小学校の同級生のお母さんと怪しい仲(笑)になってしまったという話があります!

離婚したかどうかまでは知りませんが、わりとよくある話なのかもしれませんね〜。
| Reshmi | 2009/04/09 12:13 PM |

■さゑさん、

心配症クラブ会員仲間?のヨさんは、一日中、奥さんが会社の同僚に狙われていると思うと、仕事も手につかないのでしょう(笑)

パリならともかく、小さい町で、離婚した後も、子供は両親の元を行ったり来たりしてくらすわけで、日本なら、「近所の目が…」とひるむんでしょうが、フランス人はその辺は気にしないのかもしれませんね。
| サラ | 2009/04/09 4:34 PM |

■木蓮さん、

あ、そうそう。職場でも、妙に猫なで声で、男性に思いっきり「媚び媚び」な女子いますよね!
パリで働いていた時、服も、デコルテがしっかり出て、脚もしっかり出す!みたいな感じで、常にお尻ふりふり歩いてる人とかいました。
最初、「わ!嫌な女風!」と思ったけど、実際にしゃべると、女子相手にも、とてもいい人でしたが…(笑)

うちの夫はDNAにナンパが入っていないフランス人なのですが、夫の周りには、「類友」なのか、似たような気弱君が多いです(笑)
| サラ | 2009/04/09 4:40 PM |

■コピ丸さん、

夫と知り合った頃、夫が、近所に住んでいる子供の二人いる女の人のことを、
「cette fille...」(あの女の子)と言っていて、
「へぇー子どもがいても、呼称は女の子なんだ!おばさんじゃないんだ!」
とびっくりしたのを覚えています。

今となって思えば、子供連れでも、キレイでセクシーな女性は沢山いるし(昔より日本のママもとてもキレイになったと思います…)、フランスは離婚・再婚も多いから、別に相手に子供がいても、ノー・プロブレムなのではないでしょうか?

とはいえ、付き合う気がないから断っているのに、「子供がいてもノー・プロブレム」と言われても困りますよね。
こういう人は、本当にはっきり言わないと分からないですね(笑)
| サラ | 2009/04/09 4:46 PM |

■Reshmiさん、

なぜか日本だと、バツイチは社会的にアウト、みたいなことを言う人がいて(日本だけじゃないと思いますが…)、シングルファーザーや、シングルマザーが、恋人を見つけると(不倫でなくても)遊び人とか、子どもに可哀想、みたいなことを言う人がいますよね。

そういう意味では、Reshmiさんの近所のシングルファーザーは、たぶん近所や保育園で、社会的に孤立してしまったのではないでしょうか?
フランスのほうが、「奥さんを取られた」というより、自分たちの意志で、別れたりくっついたりするんだから、仕方ない、というアッサリしたところがあるように思います。

そうそう、相手がいるというのに、「ノー・プロブレム!」で突き進むナンパ男!
ほんとに困りますね…
「じつは、女じゃないのよ〜!」と言っても、ノー・プロブレムって言われたら、どうします?!(笑)
いつかフランス女子に「ノー・プロブレム男」の話をしたら、
「そういう時は、あなたはタイプじゃないから付き合えない、って言えばいいのよ!」
と言われました。なるほどね!
| サラ | 2009/04/09 4:51 PM |











このページの先頭へ