国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 手作り水餃子の作り方 | main | フランスの田舎より…(可愛いティー・カーテンとタンポポ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスの田舎より…(お花見する幸せな牛)
フランスの田舎だより(桜の木の下の牛)写真
イースターの休暇中なので、数日、田舎に家族で集合しています。

私たちも、のんびりしに来ています。

おりしも、田舎は、今頃、が満開!

私たちが集合した村は、キルシュ(さくらんぼのリキュール)の名産地なので、桜の木がどこもかしこも満開でした。

フランスの田舎って、「っから、こんな感じなんだろうなぁ…」と思うぐらい、とってものんびりしています。


夫が、「世界一幸せそうな牛を見つけた!」と、上の写真を撮ってくれました。

なぜか、桜の木の下で、ひとりでぽつーんと、お花見をしていました。

ちなみに、フランスでの休暇の過ごし方というのは、どこの家も多分似たり寄ったりだと思いますが…


せわしなく、観光名所を訪ねたり…ということは全然せず、天気のいい日は、テラスで雑誌を読んだり、お茶をしたり、村の散歩をしたりして過ごします。

フランスの田舎だより写真1
夫が、「ほらね、日本の桜と同じでしょ?」と撮ってくれた写真です。

明日も、天気が良ければ、村の見晴らしのいい方に、親子で散歩してみようと思っています。


JUGEMテーマ:写真日記
| サラ | フランスで暮らして良かったこと | 00:23 | comments(13) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:23 | - | - |
こんにちは。九郎政宗と言います。日本からブログを拝見しています。

ブログ楽しいですね。私がとても面白かったのは、1位「ざるそば事件」、2位「マルティンヌ」へのご家族の微妙な反応、3位「困ったちゃん」ジャン・マルク氏でした。

そうそう、料理関連のエントリーを(自分でも作りたくて)興味深く読んでいます。自分でまだ作ったことのない料理を作ってみたくて。料理はいいですね。うまくいけば最高だし、失敗しても「ええい食ってしまえ!」でおしまいだし。

ところで本題なのですが、
ちょっとお聞きしたいことがあるのです。

「日本に帰化したフランス人が書いた」という
ふれこみの文書がネットで流れています。

こういう文書です。

▼「だまされないで!!」
http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/911012/

この文章だけを読んで、私は「フランス人にしては
おかしなところが4つくらいある」と思いました。
それはのちほど触れるとして、

あなたはこの文章がフランス人の書いたものだと
思われますか? ご意見をうかがいたいのです。

「コメント欄に書くのはどうも・・・」という場合は
claw2003ここにアットマーク入れてくださいgmail.com
までメールをいただければ幸いです。

この文書の背景について書くと長くなるので、今回は
やめておきますが、「200字以内で説明してくれ」と
おっしゃるならいつでもOKです。

ちなみに私は
「ネット上で誰かの名誉を傷つけるために流される
出どころ不明の文書」を分析して、それが捏造であると
証明するのが趣味なんです(笑 推理小説みたいで。
うまくいけば濡れ衣を晴らすこともできますしね。
| 九郎政宗 | 2009/04/22 12:57 PM |

■九郎政宗さん、

はじめまして。
ブログを前のほうから読んで頂いてありがとうございます。

ご質問の件ですが、私は、内容もさっぱり良く分かりませんし、この人がフランス人かどうかの判断もつかないと思います。

ネット上であることを利用して、名誉を傷つける人がいることは、本当にひどいことだと思いますが、正直なところ、そういったこととは、かかわりあいになりたくない、というのが本音です。

私にとって、自分のブログは、身近に考えていることを日本語で話せる貴重な場であり、それ以上でもそれ以下でもないので、その旨、ご理解いただければ幸いです。

お料理の話は、フランスで日本食が恋しい私が作っているものなので、日本の方から見ると、なぜそんなものを手作り?と思われることもあるかもしれません。

逆に、フランスらしい材料を使った料理の場合もありますが、今は日本でも輸入食材が豊富に出回るようになったようですので、機会があれば、ぜひ試してみてくださいね!
| サラ | 2009/04/22 4:57 PM |

ダンナ様の写真いいですね〜♪牛が私のブログにいる牛に似てるような^^すっごいポケーっとお花見してて可愛い!!
そちらはちょうど桜が咲いてるのですね☆
日本はもうほとんど散ってしまいました〜;;
私もフランスの彼の実家(田舎)に遊びに行くと、のんびりお散歩が多かったです♪
| アイノワ | 2009/04/22 10:13 PM |

なんて長閑な光景でしょう!牛さんも桜色っぽくて素敵な写真ですね。
牛の隣にある四角いものは何なのでしょうか?

私のブログにメッセージありがとうございます♪
不健康なのは若いうちだけにしないと(^^)
とうとう今年、アンメルツヨコヨコを買ってしまった私としては、毎日の体操は必要なものになってきている気がします・・・。

アンメルツヨコヨコってわかりますよね?
子供のときに祖母がよく使っていたんですよ。祖母のことをすごい年寄りだと思ってたけど、違ったんだなぁ。。。
| ラテモ | 2009/04/22 10:58 PM |

牛さん、絵になってますね〜♪
素敵です。
日本のお花見では青いシートばかりが目立って、情緒のかけらもないので、こういうお花見が(本来こうであるべきだと思うんですが)理想です。
| カッパ | 2009/04/23 12:56 AM |

どうも失礼しました(@∀@)またromに戻ります。
次はお料理の話をしたいと思います。
| 九郎政宗 | 2009/04/23 4:06 AM |

そうそう、蛇足ですけど、桜餅に使う桜の葉を買ってきたんですよ。塩漬けになってる奴。
いいにおいなので食べるのがもったいなくてしばらく放置しています。
こんなの食うのは世界でも日本人だけかもしれませんw

それにしても写真の牛は幸せそうだ。
耳と鼻が桜色ですね。
| 九郎政宗 | 2009/04/23 5:21 AM |

こんにちわ、サラさん。。。

桜と牛さんの写真。すごい可愛いですねー♪
構図がいいな〜☆

私、花の中では桜が一番好きなんですけど、、、
ここ数年、お花見してないんですよね(涙)

日本だともう散ってるし…、、、

牛さんが羨ましい〜(^^;)
| ゆっち | 2009/04/23 8:58 AM |

■アイノワさん、

アイノワさんのブログの牛は、モンベリヤード(コンテのミルクは、この牛から取ったものに限定されている、地元牛)に似ていると思いました。
この子は、モンベリヤードではないと思うんですが(斑点の出方が違う)、なかなか可愛い子でした。

うちの夫は、田舎の村で育ったので、こういうところを散歩すると、すごく気分が落ち着くようです。
アイノワさんの彼も同じでしょうか??
| サラ | 2009/04/23 4:17 PM |

■ラテモさん、

アンメルツ・ヨコヨコ!
実は、夫が大ファンなんですよ!!
でも、最近私がくさいと文句を言っていたので、つけなくなりました。

「ばばぁくさい」グッズといえば…
私、たまにひどい肩こりになるので、トクホン(日本から持ってきたもの)をたまに貼っています。
夫は、トクホンは全然信じていなかったのですが、この間、寝違えて苦しがっていたので、無理やり貼ってみたら、かなり効いたようで、喜んでいました。

四角い箱…なんだったっけ?
「ホカ弁」の空き箱じゃないですよ(笑)
ちゃんとみたら、写真の右隅がグレーになっていますが…これはなんでなのか??
あとで、暇になったら、もう一度、写真を貼ってみます。
| サラ | 2009/04/23 4:20 PM |

■カッパさん、

こういう牛から取れたミルクで作ったチーズが、一味違うのも、分かる気がしませんか(笑)?

私としては、敷物とビールを持ってきて、お花見をしたい気分でしたが、意外と上り坂がきついところにあるので、何も持たずに来てしまいました。
| サラ | 2009/04/23 4:21 PM |

■九郎政宗さん、

桜の葉の匂い、私も大好きです!
桜餅、食べたいです!
作り方を見て、作ってみるかもしれませんが、なにせ、葉っぱがないと、感じが出ないでしょうね…

フランスには、八重桜も沢山あるので(同じ品種かわかりませんが)、やろうと思えば、桜の花の塩漬けを作ることもできるのですが…

フランス料理ではありませんが、葉っぱを食べる、と言えば、レバノン料理に、ブドウの葉にお米を巻いたものがあります。
私は、あんまり好きじゃないんですが…
| サラ | 2009/04/23 4:25 PM |

■ゆっちさん、

夫によると、私の写真は、構図がダメなんだそうです。
ということで、今回の田舎滞在中は、夫がメインで、写真を撮ってくれました。

お花見、私も東京にいた当時は、会社や友達など、誰か花見好きな人が誘ってくれて、それで行く、という感じでした。
実際には、色々持っていかなくてはならないし、意外とオーガニゼーションがめんどくさいんですよね…
フランスでお花見だと、買ってきて食べるのがケバブとかになりそうですが(笑)
| サラ | 2009/04/23 4:27 PM |











このページの先頭へ