国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスの田舎より…(お花見する幸せな牛) | main | フランスの田舎より…羊の鳴く丘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスの田舎より…(可愛いティー・カーテンとタンポポ)
フランスの田舎だより(コーヒーミルのカフェカーテン)写真 
あんまり雑貨小物に興味のない夫が、「このカーテン可愛いね!」と写真を撮っていました。

良く見ると、コーヒー・ミルの模様です。

村の雰囲気と良くあっていて、とても可愛かったです。

フランスの田舎だより(たんぽぽ畑)写真
村のはずれは一面のタンポポ畑

ジョジョ君が、たんぽぽを積んで、「ママン!」と、私に差し出してくれました。


家に帰ると、ジョジョ君のいとこ(7歳男子)が、理科の実験?をしていました。

タンポポの花を摘んで、水で良く洗い、それを暖炉の灰ために入れて、しっかりタンポポに灰をかぶせます

その後、の付いたタンポポの花びらを絞って、汁をジャムの空きビンにためていました

その結果、何かが判明したかどうかは、不明です…(笑)

汚いので、真似をしてほしくないなぁ・・・と思っていたら、早速、ジョジョ君が、灰ために手を突っ込んでいました…(涙)


フランスの田舎だより(桜とたんぽぽ)写真
夫とは、伊丹十三の映画「タンポポ」を一緒に見たことがあったのですが、「タンポポ」が花の名前だということは知らなかったようです。

私が、ジョジョ君に「ほら、タンポポ!」と言っているのを聞いて、夫が花の名前であることを知らなかったことが判明しました。

あれは、映画の中で、宮本信子のやっているラーメン屋さんが、「タンポポ・ラーメン」という名前の店だったんでしたっけ??
(ご存知の方がいたら、教えてください…)

夕食には、庭でいとこが積んでくれた、タンポポの葉のサラダ(salade de pissenlit)を食べました。

タンポポのサラダは、ふつうは、とてもほろ苦いので、タンポポの葉単独では食べずに、サラダ菜と半々に混ぜたりするんですが…

ちゃんと、若い柔らかい葉を選んでくれたようで、タンポポのサラダだけを食べても、とても美味しかったです!


ちなみに、外国語の花や木や鳥の名前、というのは、町で暮らしていると、あまり必要がない分、なかなか憶えられないものです…

フランス語のタンポポ(ピッサンリ)は、おしっこの意味のピスを連想させる名前ですが、これまで聞いたところだと、諸説あって、

1)利尿効果がある

2)おしっこの匂いがする

ということです。

タンポポのサラダは、特には、においませんでしたが、タンポポの蜂蜜は、トイレみたいな特殊な匂いがします。

私たちは、何年か前に、養蜂場で、オーナーのおじさんに、「すごく美味しいよ!」とすすめられて大きい壺を買ってしまい、終わらせるのにひどく苦労したので、それ以来、タンポポ・フレーバーには要注意で対応しています…(笑)

JUGEMテーマ:日用品・雑貨
| サラ | フランスで暮らして良かったこと | 09:33 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:33 | - | - |
こんにちは。
フランスの田舎、すごくいいですね!タンポポのサラダ、目からウロコです・笑 タンポポと言えば、この間彼にタンポポが咲いていたので、「あっ!タンポポ!あれってフランス語でなんていうの?」って聞いたら、「知らない」とか言うんですよ・・・。そんなことって有り得るんでしょうか・・・。これはフランス人だからなのか、彼がただの無知なのか・・・ハァ
| あやまる | 2009/04/23 6:19 PM |

■あやまるさん、

男性って、一般的に、花の名前をよく知らないんじゃないでしょうか?

もしかして、あやまるさんの彼は、都会っ子ではないですか?(笑)

うちの夫は、田舎の子なので、草や木の名前は良く知っていますが、花屋さんで売っているような花は、椿を指して「これ、ラナンキュラス?」など、名前がゴチャゴチャです。
| サラ | 2009/04/23 9:25 PM |

こんにちは。タンポポのサラダ、こちらでもよく食べますよ。ゆでて食べることも多いです。タンポポのことは『ピッシャカーネ』とか『ピッサカン』などと呼ばれてます。想像できるとおりこれは『おしっこ』+『犬』の言葉なんですが、夫曰く『犬がタンポポによくおしっこするから』ついた名前なんだそうです。姑も良く洗ってから食べてね、といつも言われるので、夫の説を信じてました…。蜂蜜はそんなにおいがするんですね。気をつけますっ!
| タラ | 2009/04/23 9:36 PM |

■タラさん、

イタリアでもタンポポの葉は食べるんですね。
フランスでも、ピッサンリ(タンポポ)の語源には、上記以外にも諸説あるようですよ。

フランス語だと、ピッサンリは、ピス・オ・リ(ベッドでおしっこ=おねしょ)、と似た語感で、犬は出てこないようです。

タンポポはちみつは、かなり「上級者向け」と見ました。
私は、あまりにくさいので、はちみつの壺に、「くさい」マークをマジックペンで書いていました!

夫は、「最後はあの味にも慣れて、あの通好みの味が好きになった!」と強がりを言っていましたが、それ以来リピート買いをしないところをみると、私同様、こりごりしたようです(笑)
| サラ | 2009/04/23 11:11 PM |

そういえば、タンポポ、こちらでは、余り見かけないという感じです。見たことがないかも?!

そのタンポポの蜂蜜、食べたくないかも。

で、こちらでは、ピスは、シシといいます。
| gabbyna | 2009/04/24 12:14 AM |

■gabbynaさん、

タンポポって、世界中どこにでもあるのだと思っていました。
フランスは日本と同じで、田舎町の道だと、あちこちに生えています。

タンポポのはちみつは、ほんとにビックリしました。
はちみつの種類は色々試しましたが、これは本当に別格です(笑)

他に、地元っぽいはちみつとしては、「モミの木」とか、「ボダイジュ」などがあります。
どうやってミツバチが集めた蜜の出所を区別してくるのか、一度説明してもらったけど、良く分かりませんでした。
今もって不思議です。
| サラ | 2009/04/24 12:19 AM |

一面たんぽぽって〜〜いいですね見てみたいです♪
が!!食べるなんてちょっと驚きました。利尿効果のお茶は聞いたことあるような・・・蜂蜜は・・・・やめたほうがいいんですね<・・>
| k | 2009/04/24 11:11 AM |

■kさん、

フランスは、日本に比べると平らな国なのと、牛や羊を放牧するための牧草地が多いので、こういうだだっ広い草原があちこちにあります。

タンポポはちみつは、日本でも売ってるんでしょうか?
かなりすごい匂いでした!
| サラ | 2009/04/24 4:39 PM |

たんぽぽのことをフランス語で何て言うのか知りませんでした^^;フランスの春は芝生にパクレットが咲くのがキレイで結構好きです♪
うちの彼はやっぱり田舎で育った人なので田舎大好きで、すっごく落ち着くみたいです☆サラさんのダンナ様もそうなんですね♪

たんぽぽハチミツなんてあるんですね〜。
どんなニオイなのか逆に一度かいでみたいです(笑)
| アイノワ | 2009/04/26 11:05 PM |

■アイノワさん、

パクレットって、黄金色の小さな花びらの花でしたっけ?
トゥールーズ近郊とジュラ地方では、気候が違うから、田舎の風景もだいぶ違うかもしれませんね。
こちらは、雨が多いせいもあり、とても緑がきれいです。
うちの夫は、南仏に1年住んだことがあるんですが、緑が少なすぎて、落ち込んだそうです。

たんぽぽハチミツがお口にあう方も、結構いるのかもしれませんが…あまりうるさいことを言わないうちの家族全員がダメでした!
| サラ | 2009/04/28 5:03 PM |

サラさん、パリにいらしてたんですね!
私もお逢いしたかったわぁ。
いっぱい会う人がいてお時間がなかったとは思いますが。今度は事前に情報をキャッチして予約を入れたいと思いました(笑)。

タンポポのフランス語名って、本当におねしょ(ベッドでおしっこ!)の意味なんですよね。私、全然知らなくて、(花とか木の名前って、後回しになるものですよね?)ある日、日本の甥っ子に「・・・・・っていうのホント!?」と直撃されて、あわてて夫にききました(笑)。なんでそんあこと知ったんだろう?雑学クイズかなんかに出てたのかしら・・・?
| tamaho | 2009/04/30 4:40 PM |

■tamahoさん、

いつかお会いしたいですね!
時間が取れそうな時には、前もって予告しますね。

これまでの例だと、毎回、パリに行くと、元のご近所さん、夫の家族、親友などに会うだけで、もう予約がいっぱいで、時間切れになってしまうことが多いんです…
(全員、話が長いし…笑)

今回は、久しぶりに、ジョジョ君がパリで病気にならなかったので、それだけでも、大変助かりました。
毎回、なんだかんだと調子が悪くて、私は、外出もほとんどできないことがありました…(涙)

私は、ずっとタンポポは英語と同じダンデリオンだと思っていたので、ピッサンリを初めて聞いた時は、びっくりしました…

花の名前って、日本と似てるものもあるけど、意外と難しいですよね…ピヨちゃんが大きくなってきたら、「ママ、そんなのも知らないの?」って言われる日が来るかもしれませんよ…(笑)
| サラ | 2009/04/30 6:24 PM |











このページの先頭へ