国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< パリの春を感じるお花屋さん | main | パリ下町のたたずまいと、エスカルゴ事件 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
パリのお寿司屋さん
パリの日本料理レストラン・メニュー写真
たまには、自分の作った以外のお寿司が食べたい!と思ったのと、パリに来て肉食が続いたので…

パリにいる間、一度だけ、お寿司を食べに行きました。

とはいえ、日本人のやっている店ではなくて…日本人の私たちにとっては、なんちゃって寿司ですが…

滞在先の近所で、目立たない通りにあるのに、お客さんがたくさん入っている新しいお寿司屋さんがあったので、チャレンジしてみました。

上の写真は、お寿司屋さんの外に貼ってあったメニュー。

不思議な「カラフル巻き」です。

何で巻いているのか、不明ですが…

ちなみに、これは勇気がなくて、頼みませんでした。
パリの日本料理レストラン写真
お寿司屋さんの中のデコレーション。

私がパリに来た頃は、中華街の卸屋で売っている古ぼけた中国とも日本ともつかないようなデコレーションの「お寿司屋さん」がほとんどでしたが、ここ最近の2年ぐらいでできたパリのお寿司屋さんは、外観もモダンで、デコレーションも洗練されています。

下の写真、だいぶ食べ終わっていますが、頼んだのは、カリフォルニア・ロール盛り合わせと、餃子・焼き鳥セットと、野菜焼きそ

フランスのお寿司屋さんでは、焼き鳥も定番メニューです(笑)
パリの日本料理レストラン・デコ写真1
ジョジョ君が、焼き鳥に手を伸ばしています(右上)

お値段は全部で40ユーロぐらいです。

内容は、餃子が一番おいしくて、お寿司と焼きそばと焼き鳥はいまいちでした。

やっぱり自分で作ったほうが、満足度が高いかな…と思うような食事でした。

でも、夫と娘は、喜んでいました。

ちなみに、食器は、社内食堂のようなプラスチック製で、なすの絵と、「おいしい」とひらがなでプリントされていました。

お味噌汁には、れんげが付いてきましたが、これも、おそろいの「おいしい」なす柄でした。

その辺も、日本人には、かなりエキゾチックだと思います(笑)

当然というか、店員さんもお寿司を握ってるおじさんも中国人らしく、日本語が通じませんでした。

とはいえ、フランス人にはなかなか人気の店らしく、お店の中は結構お客さんがいて、他にも、次々にテイクアウトでお寿司を買いにくる人がいました。

JUGEMテーマ:食生活

| サラ | パリ下町の楽しい暮らし | 17:24 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:24 | - | - |
カラフルすぎて、、、スイーツかと思いました。
でもこれ、トルコ人も好きかも!

あ、オペラ座のブックオフのあたりにある、「竹寿司」というおすし屋さん、なかなか本格でしたよ。こんどぜひお試しください♪♪
| たびぃ。 | 2009/05/01 2:34 AM |

私も見かけたことあります、「おいしい」なす柄。「お味噌汁にはれんげ」が中国系日本食レストランの定番ですよね?マッシュルームが実に入ってたりして。

最近は全然いってないけれど、妊娠中のとき、とにかく日本食が恋しくて行ったのです。オペラ座界隈では、本当の日本食店は行列&予約いっぱいで入れないし。

さすがに刺身は食べる勇気がなかったですが、いわゆる食堂系のところに入って、親子丼(自分でも作れるのになぜ?)か何かを頼んだら、中華いため風に玉ねぎがしゃっきしゃきで引きました・・・。でも夫の頼んだらーめん&餃子はおいしかったのを覚えてます。

サラさん、自分でお寿司作るときはマルシェで生魚を買ってくるんですか?パリではどうしてました?
| tamaho | 2009/05/01 3:32 PM |

私も「おいしい」と「なす」の皿を見た事があります(笑)
ここ最近できた中国系寿司屋だったかしら?

やっぱり中国人は餃子を作るのがうまいんでしょうかね?
| カッパ | 2009/05/01 6:13 PM |

元パリ在住でしたら移動にも困ることもないでしょうし、穴場などもいろいろご存知なのでしょうね。
いいなぁ(笑)

綺麗なオレンジの花束、外側には一輪のデイジー、素敵ですね!
バナナで一気に親近感が湧きました。(笑)

パステルカラーなお寿司なんですね!?
日本人の「活魚!」とかいうお寿司のイメージと随分違うからメニューを眺めていると不思議な気持ちになりますね。
| T | 2009/05/01 7:26 PM |

■たびぃ。さん、

オペラ座の竹寿司?
聞いたことがないのですが、次回のために、調べてみます!

パリには、美味しいけどお値段もしっかり…の、ちゃんとしたお寿司屋さんもあるのですが、子供連れで行っても楽しめないので、行ったことがありません…

ちなみに、このカラフル寿司のメニュー、「りんごサーモン」や「きゅうりチーズ」など、組み合わせも奇想天外でした(笑)
| サラ | 2009/05/02 9:21 PM |

■tamahoさん、

私は、パリに住んでいた時は、近所のお魚やさんで、非常に新鮮なところがあったので、そこで買って、自分でさばいていました。

今は、市場や郊外の大型スーパーで、いつも新鮮というわけにはいきませんが、週のうち水曜や木曜は、たぶんランジスに週一度仕入に行くらしく、新鮮な魚が入っているので、それを狙っていくことがあります。

あやしい親子丼でショック…分かります!
私も、日本人がいなそうなお店の場合、あまり改造されなそうなメニューを選んでいます。
オペラ座では、私は「ひぐま」で、似たような経験をしました…
| サラ | 2009/05/02 9:26 PM |

■カッパさん、

次回、このお寿司屋さんに行ったら、たぶん、餃子定食にすると思います(笑)

ちなみに、タイ料理屋さんでも、なすの「おいしい」れんげが出てきました(笑)
| サラ | 2009/05/02 9:27 PM |

■Tさん、

最近、巻き寿司はそれなりに作れるようになったので、外食でいまいちなものが出てくるとなると、点が辛くなります(笑)

お花のアレンジは、日本だと「バラ+かすみそう」、というのが昔風ブーケの定番ですが、フランスの地方では、ちゃんと頼まないと、そんな感じのダサ目のアレンジになってしまったりします。

うちの夫は、そういうのが気になる人なので、わざわざパリでお花を買う羽目になった、というわけです…
| サラ | 2009/05/02 9:29 PM |

カラフル寿司、写真で見る分にはきれいでいいですね。
リンゴサーモンなんて、なかなか合うのではないでしょうか。でも、ご飯はいらないかな(^^)

ゴールデンウィークの野望で、サラさんのチーズケーキを作りたかったのですが、近所にココナッツパウダーとフロマージュ・ブランが売っていませんでした。チーズはともかくココナッツパウダーが売ってないなんて、どうかと思いますね。なのでガトーショコラに行っちゃおうかな?でもお菓子作りをしない私にはチーズケーキの方が簡単そうに見えるので、もう1件、近所のスーパーをみてみる予定です。早くしないとゴールデンウィークが終わっちゃう・・・。

靴、フランスはそうでしたね、履きっぱなしなのですね。
サンダルならともかく、靴は疲れる気がします。
私は靴下でさえ指が窮屈に感じることがあるので、日本人でよかったかもしれないです。
| ラテモ | 2009/05/04 11:17 AM |

■ラテモさん、

カラフル寿司、周りの人も食べていなかったので、実際がどんな感じか、良く分かりませんでした…

リンゴとサーモンは、確かに、そのまんまで食べた方がよさそうですね(笑)

フロマージュ・ブランは、紀伊国屋とかああいう感じのお店では売っていたと思いますが、日本で買うと妙に高いので(フランスだと1kgで1.5ユーロぐらい!)、フィラデルフィア・クリームチーズのみでもいいし、重くなりそうなら、クリームチーズを主体にして、1/3ぐらいヨーグルトを入れてみたらいいのではないでしょうか?

ココナッツ・パウダーは、こちらではお菓子によく使うので、スーパーで簡単に手に入りますが、もし、なければなくても、単にビスケット部分にココナッツ味がしないだけの損失で済むので(笑)、チーズケーキ全体としては、大丈夫だと思いますよ!

うちのレシピは、近所で簡単にそろうもので頻繁に作る、という主義なので、フランスでしかそろわない材料にこだわる必要はないんですよ!

ちなみに、1週間前ぐらいにお客さんが来たときに、このチーズケーキを作りましたが、フランス人のお友達がものすごく喜んでくれて、
「こんなケーキ初めて食べた!レシピを教えてほしい!」と言われたので、同じレシピを、そっくりフランス語で書いてあげました。

靴の話は、色々あって、面白いです。
夫の父は、軍隊が長かったせいか、ベッドに入るまでは絶対靴を脱がなかったんだそうです!(非常時に備える習性、というか…)
フランス人でも、家では、分厚目のスリッパなどを履く人もいますが、義父は、あまりにもいつも靴を履いているので、みんな、「寝てるときも靴はいているのでは?」とジョークを言っていたそうです。
| サラ | 2009/05/04 4:58 PM |

サラさん、丁寧なお返事ありがとうございます♪
実はチーズケーキとチョコケーキだけは作ったことがあるので、サラさんと同じものをつくってみたかったのですが(^^)
ではヨーグルトでやってみようかな♪

旦那さまのお父さまは、戒律に厳しい方だったのでしょうか?そうでなければ、日本人からすると、可哀想な気がしてしまいます。でも、そんなことはないのでしょうね。

へんな話ですが、水虫にならないのでしょうか?
日本でも若い女性の水虫が増えているそうで、最近の水虫治療薬のコマーシャルを見ると、ターゲットが男性向け・女性向けと2種類あります。

それに、外反母趾とかはどうなのでしょう?
新しい靴で、マメができちゃったときなども辛いでしょうね。考えれば考えるほど不思議になってきました(^^)
| ラテモ | 2009/05/05 10:59 AM |

■ラテモさん、

そうですね…同じ材料がそろうといいんですが、フロマージュ・ブランを入れる、というのは我が家のアイディアなんですよ。仕上がりがライトになります。

(元のレシピは、クリームチーズのみ、でした)

足の話ですが…

夫の父は、非常に厳しくて貧しい家の出身なので、夫の子供時代は、家の中が軍隊みたいだったそうです(笑)

ただし、靴の品質にはすごくこだわります。
デザインだけではなく、履き心地や、縫製や、長時間履いても汗をかかないか、などをすごく気にします。

あとは、あまりかっこいいだけの靴は履かないので、うちは全員大丈夫ですが、フランス人の女性で、パンプスばかりはいてる人もいるので、これは外反母趾になる人もいると思います。

あと、フランスは日本みたいに、湿り気がないので、水虫は、あまりかからないのではないでしょうか。

フランス人の新しい靴の慣らし方は、なかなか面白くて、なんと、慣れるまで家の中ではいて、足に慣れてきたら、外出する、という方法をとるようです!
| サラ | 2009/05/05 7:45 PM |











このページの先頭へ