国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「危険な男」再びあらわる | main | アデルの「恋人」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ますの塩焼き
マスの塩焼き(写真2)
なんとなく和風に魚が食べたいけど、しつこい料理や、面倒くさいことはしたくなくて、手も汚したくない…

という日に、フランス産のマスtruite(「にじます」かどうかは不明…)を買ってきて、フライパンで塩焼きにしています。

生のマスは、ちょっとヌルヌルするけど、お魚屋さんで既に下処理(わたを抜いてある状態)がしてあるので、フライパンに並べて、両面を焼くだけです!

ちなみに、そろそろ、フランスではマス釣りが盛んな季節だと思います。
私の家も、うちの夫の家族も、釣りは誰もしないので、詳しいことは知らないのですが…

先日、田舎の川沿いを散歩していたら、たくさんマスが泳いでいました! 

ちなみに、このマスたち、旬だからか、大型スーパーで3匹3ユーロという破格でした(笑)
ますの塩焼き(写真1)
フライパンで両面が焼けたら、コップ半分ぐらいの水をそっと流し入れて、ふたをして、5分ぐらい蒸し焼きにします。

下準備もないし、10分で焼けるので、忙しい時にも助かります!

フランス料理では、マスは、塩こしょうをしたうえに小麦粉をまぶして、油を敷いたフライパンで焼く、という「マスのムニエル」が一般的なようです。

あとは、小麦粉と一緒にアーモンドスライスをまぶして焼いた「アーモンド・ムニエル」も食べたことがあります。

でも、素材が新鮮であれば、ムニエルにするよりも、塩焼きにして、お好みでお醤油をかけて、ご飯と一緒に食べたほうが、ヘルシーだし、ずっと美味しいような気がします。

マスは骨が取りやすいので、魚の骨をうまく取れないうちの夫も、上手に食べることができます…

みなさんも、良く作るお魚料理があったら、ぜひ教えてください…♪

JUGEMテーマ:食生活
| サラ | フレンチな台所仕事 | 16:55 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:55 | - | - |
ますさんの目めが〜〜なんかかわいい♪食べちゃうぞ!

っておいしそうです☆
| k | 2009/05/15 6:47 PM |

■kさん、

フライパンの火をつける時、目がこっちを向いていて、ちょっと嫌です…(笑)

でも、鮭の頭を落としたりするよりは、抵抗が少ないかも…

マスの産地が近くにあるせいか、とても新鮮で、美味しいです!
| サラ | 2009/05/15 7:45 PM |

マスの塩焼きおいしそうですね!
3匹で3ユーロ!お買い得!
次回の買い物で私も注意して魚売り場をみてみます。

うちの食卓に登場する魚はダントツで、
家計の味方、さば が多いのですが、
さば料理でよく作るのが、さばを開いてマスタードを塗っただけのオーブン焼きです。
簡単でさっさとできておいしいです。
塩コショーすらしません!
ただしマスタードはたっぷり塗ります。
焼くと辛みも飛んで、息子も喜んで食べてます。
よかったらぜひ試してみてください。
| ちぐま | 2009/05/15 10:07 PM |

イスタンブルは海に囲まれているのに、夏は禁漁になったりする関係で、魚介類に恵まれていないんです。
特に夏は禁漁時期で、ぜんぜんダメ、、、サーモンかシーバスぐらいですね、、、(涙)
サーモン半身とか買うと、塩しゃけや味噌漬けにしたりします。冬は、豆アジやいわしが出るので、南蛮漬けやつみれとかかな、、、
トルコでは魚ってあまり食卓にのぼらないのです。。。

P.S. ところで最近コラリーは元気?(笑)
| たびぃ。 | 2009/05/16 3:45 AM |

■ちぐまさん、

今の季節、マスがイーパーマルシェで、かなり安く出ていますよ!
ぜひ、チェックしてみてください。

ちぐまさんちのサバのマスタード焼き、美味しそうですね!
一時期よく「しめさば」を作ったのですが、サバの菌(生食の場合)は怖いと聞いてから、やめてしまいました。

次回、お魚を買いに行ったら、やってみます!
でも、最近暑いので、オーブンを使うと不評なんですよね…(笑)
| サラ | 2009/05/16 7:28 PM |

■たびぃ。さん、

トルコや、あの辺の国々って、お魚料理があまりないらしいですね。

フランスは、レストランで出てくるお魚料理は、あまり期待できないものが多いですが、(一流なところはいいものが出るのかもしれないけど、高いところは縁がないので…)お魚屋さんを見繕えば、カツオの季節にはカツオが一匹買えるし、冬は牡蠣も生食できるし、運が良ければ、ホタテ貝も新鮮なのでそのままお刺身にできます。

私も、サーモンを一匹丸ごと買いますが、ずっと和風が続くのも飽きるので、軽く焼いて、タイカレーみたいなココナッツソースをかけたり、和風以外にも、それなりに色々楽しんでいます。

コラリーは、元気ですよ!
最近、毎日、自分の家(小さい田舎の村)の庭仕事などをしているらしく、よく日に焼けています!
| サラ | 2009/05/16 7:32 PM |

下処理されている魚が売っているなんて便利でいいですね!
うちの近所は切り身しか売ってないです(苦笑)
今日大型スーパーで下処理されてぶつ切りされているタコをみつけたんですが、kg辺り25ユーロと超破格だったので凍り付きました(-o-;)
| カッパ | 2009/05/19 6:45 AM |

■カッパさん、

うちの近所も、大きめのマスは、サーモンみたいに切り身になって売っていますよ。
それでも、焼き魚はできるのですが、丸ごとの焼き魚を食べた方が、美味しいような気がします…

タコは、一度、丸ごとゆでたんですが…あれは大変でした!
キロあたり25ユーロ、悩みたくなる値段ですね…
| サラ | 2009/05/19 4:47 PM |











このページの先頭へ