国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「ぷちんぶとん」と「あたたまった」 | main | 「吉祥寺」を食べる?! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
シブレットのフランス的な使い道
シブレット写真 
シブレット(あさつき)です。

家族の庭に生えていたので、週末に摘んで帰ってきました。

冷奴やそばに刻んで乗せるなど、いろんな使い道がありますが、フランス的な使い道としては、オムレツに刻んで入れるのが一般的みたいです。

あとは、レストランでは、よく、メインディッシュの上に、刻みもせず、ポンっと一本ななめに乗っけています。

肉や魚の付け合わせが地味な色の時は、すごくお皿が映えるので、このテクニックはお勧めです!

こんな草(?)も、多年草だとは知りませんでした。

冬ずっと雪の下にいたのに、春になったら、勝手にニョキニョキ生えてきて、すごいと思いました。


JUGEMテーマ:ガーデニング
| サラ | フレンチな台所仕事 | 17:02 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:02 | - | - |
あさつき摘み放題??
なんだか贅沢!
日本だとあさつきって結構高いですよね。料理にさりげに加えて彩りをごまかすあたりも、やるな、フランス人、って感じですね。レストランだとソースに力を入れているかもしれないので、見栄えもいいかもしれませんが、家で肉料理となると、お皿の半分が焦げ茶色って感じで、つけあわせもポテトだったりすると味気ないですよね。そんなときにこれ!ってところでしょうか。その時にはあさつきは一緒に食べるんですか?
あぁ、今日の晩ご飯何にしよう・・・。
| こたままん | 2009/05/27 5:38 PM |

始めまして。フランス人の彼にご飯が不味いと言われ続けて2年・・・。そろそろご飯が元で別れを告げられないように真剣にフランス風家庭料理を勉強しようかと思う日々です。私も仕事をしていれば料理も平等に分担で好いのですが、今フランスで仕事をしていないので。。。お料理やフランス生活で思うことなどとても参考になることが多いので何度かお邪魔させていただいていましたが、本日始めてコメントしました。また遊びによらせて下さい。
| C&eacute;line | 2009/05/28 4:30 AM |

我が家のバルコンシブレットもずいぶん成長し、ほぼ毎日のように前菜のトマトの上に刻んでバスサミコとオリ−ブオイルのドレッシングをかけて食べています。〔手抜き前菜ですが。。。〕
ほんと、シブレットは使える草!ですよね。オムレツには入れたことがなかったので次回使ってみます-。
| さゑ | 2009/05/28 6:46 AM |

■こたままんさん、

レストランで斜めに一本乗っているシブレットへの対処法は、横に外して残す人(うちの夫)や、人の分も回収して食べてしまう人(私)など、様々です。

今住んでいるうちは、日当たりが良くて風通しがいいベランダみたいな場所がないので、ハーブ類が育てられず、残念です。
なので、家族や友達の、庭のある家に行くと、必ず何か回収して帰ってきます(笑)

パリにいた時は、シソとバジルを、アパルトマンの窓枠のところにくっ付けたプランターで、ガンガン育てていたんですよ!
| サラ | 2009/05/28 5:41 PM |

■Celineさん、

はじめまして!
フランス北部にお住まいなんですね。

Jugemって、アクセントが全然ダメみたいなんですよ…
(お名前も、化けてしまったみたいです…)
なので、私のブログは、全体的に「アクセントなし」ですが、ご了承ください。

彼に料理が不評ですか…
味覚の違いは、人によって許容範囲もかなり違うし、難しいところですよね。
ご参考になるレシピがあれば幸いです…
これからもお気軽にコメントしてくださいね!
| サラ | 2009/05/28 5:45 PM |

■さゑさん、

あ、トマトのバルサミコ+オリーブ・サラダは、うちもよくやります!
あと、モッツアレラ・チーズやオリーブも刻んで入れたりします。
夏はサッパリして、美味しいですよね。

オムレツ、私はシブレット以外に、ドライトマトを刻んだのを混ぜて焼くのが好きです。
あとは、普通のサラダにシブレットを刻んで、ドレッシングと混ぜただけ、というのも、すごく美味しいですよ。
| サラ | 2009/05/28 5:47 PM |











このページの先頭へ