国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 日本語「ぺったんこ」=フランス語「おなら一発」 | main | ラブラブ・ハンモック! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ブリュネットの誤解
先日、ブロンドのお話をしていて、思い出したので…今日も髪の毛の色ネタです。


私が、新婚ホヤホヤで、フランスに来た当時の話です。

ある時、夫が、パーティで、とてもキレイなブロンドの女性がいるのを見て、

僕は、ブロンドよりもブリュネットの方が、好みだけどね!

と、私にウィンクしながら言ったので、染めてもいなくて、思いっきり黒髪の私は、

はぁ〜?!じゃあ、日本人と結婚するなよ!!

と思い、腹が立ったので、何日か、冷たい対応をしていました。


それから、だいぶ経って、そんな出来事があったのも忘れていた頃…

フランス語で「ブリュネット」というと、黒髪も茶髪も含めて、暗い髪の色全般を指す、ということを初めて知りました!

(シャタン=栗色とか、ノワール=黒とか、色の度合による名前もありますが、基本的に、全部ひっくるめて、アジア人の髪も南仏系のフランス人の髪も、「ブリュネット」なんだそうです…)

夫に、そのことを言うと、「えっ?それで怒ってたの?!」と、本人もびっくりしていました。

本人は、私のことを「好み」といったつもりだったらしいので、それも、そういう照れくさいことを、よく公衆の面前でヌケヌケと言うなぁ…という気もしましたが…

こっちも、知らなかったとはいえ、悪かったな…と思い、反省しました(笑)


皆さんも、紛らわしい言葉で、誤解をしてしまったことって、ありますか?

 JUGEMテーマ:恋愛/結婚
| サラ | フランス語について | 09:34 | comments(16) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:34 | - | - |
こんにちは
はじめまして!
1か月ほど前から、こちらのブログを拝見させていただいております。

これは私ではなくフランス人の彼の話なのですが、
彼は「釣り」(魚の)と「お釣り」(買い物の時の)を、間違います。
今年で日本語を勉強し始めて8年になるのですが、ある日『あのさぁ、なんでさぁ、日本人はお釣りが好きなの?』と聞かれた時に彼の勘違いが発覚しました。(日本人はお金が好きなのかと聞かれたのかと思いました)

この話はもう1年くらい前の話なのですが、今日もまた同じ間違いをしていたところに(彼:「あー!こんなところでお釣りしてるー!」)、今日この記事がありましたので、コメントさせていただきました。

これからも記事楽しみにしています!!
| maiko | 2009/06/11 10:32 PM |

■maikoさん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

確かに、「釣り」と「おつり」って紛らわしいですよね!
「おつり」の語源は、何なんでしょうね…
それにしても、「おつりしてる!」って…!!
いまどきの若い店員の敬語みたいですね…(笑)

うちの夫は、「お」が付くものとつかないものがあることが、どうにも納得がいかないようで、いつもその話題になると熱く語ります。
(なんで「尻」のほうが「頭」よりエライのか、日本人は変だ、とかそういう類の語りですが…)

また、コメント残して頂けると嬉しいです♪
| サラ | 2009/06/11 11:01 PM |

こんばんは。
え〜!!黒髪もなんですか。。知らなかった。私も初め読んでて旦那さん失礼やなぁって思ってたのをお詫びしたいです。ごめんなさい。私は、紛らわしい言葉で勘違いというより、耳が遠いみたいで旦那の話してることが半分くらい聞き取れません!ちなみに、私は声が大きい関西人です。

| michiko | 2009/06/11 11:55 PM |

そうそう、こちらの男性もロイラ(ブロンド)か、モレーナ(Morena)かに好きかどうか、別れます。
でもってうちの旦那は、Morena系が好きなので私が好みということだったようです。このロイラって白人系、モレーナは、黒人系も意味するんですけどね。私は、黒人系じゃないよって思いますが。。
人前で平気で相手をAmorとか、Querida(ハニーって意味です。)とか読んじゃいますからね、自分の奥さんをのろけるのも平気ですよね。
| gabbyna | 2009/06/11 11:58 PM |

■michikoさん、

あはは、やっぱり、ブリュネットのカバー範囲を知らなければ、
「ただの失礼な奴!!」ですよね…

私は、自分では声が大きい自覚はないのに、夫にいつも、
「ボリューム・ダウンできないの?」と言われてしまいます。
いつの間にか、声が大きくなっているのは、耳が悪いからなんでしょうか??

ちなみに、うちは夫がモゴモゴ話すので、あんまり全部聞こえずに、適当に文脈から判断して会話をしていることがよくありますよ。
なんか、あんまり全部分かってしまうより、このぐらい意味不明で会話していたほうが、夫婦仲には、いいかもしれません…
…といいつつ、たまに間抜けな相槌を打ったり、誤解で大ゲンカになりますが(笑)
| サラ | 2009/06/12 12:09 AM |

■gabbynaさん、

ボサノバの名曲「ローザ・モレーナ」っていうのは、黒髪(または黒人)のローザってことなんですね!
勝手に、ローザ=ファースト・ネーム、モレーナ=苗字、だと思いこんで何年も聞いていました。

うちの夫は、新婚当初はよくのろけていましたが、最近は全然、家の中でも外でも、のろけなくなりました。
飽きたんでしょうか…(笑)
| サラ | 2009/06/12 12:12 AM |

突然の投稿失礼致します。

当方はヨーロッパカラー[ http://www.europe-color.net/ ]
というヨーロッパ在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.europe-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。
| ヨーロッパカラーからのお知らせ | 2009/06/12 12:37 PM |

あはは!
あたしもサラさんと全く同じ勘違いをしたことあります!

「ぼくはブリュネットで長い髪が好きなんだよ〜」って言ってる男性がいて、ふ〜ん、と白けていたら、彼はあたしにアピールしていたのでした。

あたしも、ブリュネット=明るい茶色だと思っていたのでまさか自分を口説いているとは思わず!

あとからその場にいたブロンドの親友が教えてくれました。

ほかにも聞き違いや勘違いはたくさんあるけど、パッと浮かばない!
思い出したらあたしも書いてみますね〜。
| Reshmi | 2009/06/12 8:18 PM |

■Reshmiさん、

勘違いするのが、普通ですよね〜!
なにしろ、「ブリュネット」って自分が呼ばれるとは、思ってもいなかったので…(笑)

それにしても相変わらず、Reshmiさんはモテモテで、うらやましいです!

最近、やっとフランス語にも余裕が出てきたので、夫以外のフランス人にも、分からないところを、
「え、それってどういう意味?」と聞き返せるようになりました。
最初の頃は、あまりにも不明箇所が多すぎて、質問すらできなかったので…

夫には、年がら年中くだらない質問をしていますが…
| サラ | 2009/06/12 8:59 PM |

■ヨーロッパカラーさん、

はじめまして。
ご連絡ありがとうございます。

あとで、登録に行ってみます…♪
| サラ | 2009/06/12 9:05 PM |

ブリュネットってそんなに守備範囲の広い単語だったのですか!知らなかったです。てことは「日本人総賢人」ですね!(てもう、そんなこと考えてる自体だめっぽいですが。。
まあひとつ賢くなったってことで感謝です!(笑)
「まぎらわしい言葉の誤解」、私たちいっぱいありますよ!その場では適当に流してて、後になって気付くことが多いです。大抵は笑い話になるのですが、今までで一番ダメージの大きかった誤解・・・それは「しっぽアイロン事件」です。
(以下へんな話になるので未成年の方ご遠慮下さい。。)

以前、私たちの間で、彼を悪魔くん、私を天使ちゃんにして遊ぶのが流行っており(ほんとくだらなくてすみません。笑)その流れでの話です。
「ある日彼が「今日は放っといた服にまとめてアイロンかけたよー」とメールしてきたので「わー、アイロンかけてる姿想像できない!余熱でしっぽの先のハートにもちゃんとアイロンかけた?」と返事したら、
「そんな危ないことしないよ!悪魔のしっぽをピンとさせるには、もっと柔らかい、温かい優しいアイロンがあってね・・・!」って返ってきたので
「なにその話面白そう!」って書いたら「またねー。今度会ったとき教えてあげるよー。」って返事がきたので「うん、またねー。」でその話は終わりました。

それからしばらくして、私は本屋さんで『フランス人に恋したら』みたいな、色んなシチュエーションの会話の載ってる本を立ち読みしてました。そしたら豆知識に「しっぽ」の単語がでてきました。
しばらく考えて、本屋でひざから崩れ落ちそうになりました。

メルヘンな会話をしてると思ってたのに、思いっきり下ネタでした・・・。

ほんと変な話ですみません。
| マミオ | 2009/06/14 1:08 AM |

サラさんと旦那さんの出会いはネットですか?
ひょっとして。
| 質問 | 2009/06/14 2:21 AM |

うちの相方は、自分にあまりないからか(汗)、私の髪の毛にはとっても関心をもってます。自分の髪は私にバリカンで刈ってもらったらそれでオッケーなのに、私には月に1度は美容院に行けといいます。高いのでそんなに頻繁にいきませんが★

ちょっと前、少し茶色に染めたので、まさにブリュネットになったかな?でも、日本人の黒髪レベルだと、全員ブリュネットに見えるみたいですよね。うーん、仲間由紀恵だとどうだろう。彼ファンだし、聞いてみます。

彼とつきあって、日本人ってほんとに奥ゆかしいというか、愛情表現ひかえめ民族だなぁって思います。彼はそれが大変不満のようで、毎日言葉に表すように言われるんですが。私にとっては「言わなくてももうわかってるやんか!」って感じです。フランス人っていつまでも恋愛体力あるなあって思いました。
| こたままん | 2009/06/15 10:53 AM |

■マミオさん、

なーるほど、「しっぽ」の誤解ですね…

メルヘンなマミオさんとのギャップがおかしいです。

「しっぽ」が出てくるジョークは、それこそ山ほどあると思いますよ。
ちなみに「行列」という意味もあります。

ひとつだけ、面白いのを知っていますが…
あまりにも下ネタなので…割愛します!
| サラ | 2009/06/15 4:58 PM |

■質問さん、

はじめまして。
うちは、ネットじゃないですよ。
でも、短いですが、離れていた間は、なんとなく「バーチャル」な感覚が付きまとったのは確かです…

| サラ | 2009/06/15 5:00 PM |

■こたままんさん、

日本人は、ちょっと染めてても、全然染めてなくても、ともかく全部ブリュネットですよ!
フランスでは、「黒髪」をひとつのセグメントにする気がないようです。

私は、実は一度もカラーリングなども含めて、染めたことがないので、いつか白髪になったら、大胆に染めてみたいです(笑)

うちの夫は、つきあってる当時、全然、「甘い言葉」を言ってくれない人だったので、こたままんさんが、うらやましいです!

私ではなくて、うちの夫の方が、
「言わなくても、分かるだろう?」
などと、言っていましたよ。
| サラ | 2009/06/15 5:03 PM |











このページの先頭へ