国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランス語で「おばさん」はなんて言う? | main | クェッチ(quetche)スモモのタルト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ジロール茸を使ったお料理
ジロール茸 調理前の写真
今年は、フランスでは、あまりキノコの当たり年ではないみたいです。

というのも、去年の今頃は、マルシェにも森にも、キノコがあふれていたのに、今年は、マルシェにも、森に自生するタイプのキノコは、あまり種類がありません。

とはいえ、なにも買わないのもさびしいな、と思っていたところ、ジロール茸(girolle)を見かけたので、高いけどちょっと買ってみました。

(ちなみに、1キロ当たり30〜40ユーロぐらいでした。とはいえ、マルシェだと、「ひとつかみください!あ、もう2、3個足して!」といった買い方なので、日本のしめじとかエリンギの2パック分ぐらいの大きさで2〜3ユーロぐらいだったと思います…)

これを使って、一応、お決まりの「森のクリーム・パスタ」風にしてみました。
ジロール茸のパスタ写真
ジロール茸のみでは、ボリューム的に不満なのと、私はマッシュルームの味が好きなので、マッシュルームを同量加えました。

ちなみに、フランス語では、キノコ全般がすべて「シャンピニオン」で、マッシュルームは、「シャンピニオン・ド・パリ」と呼ばれています。

森に生えているキノコの中では、ジロール茸は、掃除しやすく、ごしごし何度も洗ったりしなくても、土が混ざったりしないので、使いやすいキノコだと思います。

あと、独特の匂いが、炒めるとプーンと上がって最高です!


書くまでもないような、簡単なレシピですが…

ジロール茸のクリーム・ソースの作り方

1)洗って刻んだキノコを、オリーブオイルでにんにくのみじん切りと一緒に炒めて、しんなりさせる。

2)塩・こしょうと、生クリームを適当に入れて、火からおろしてから、バターをひとかけ落として、軽く混ぜます。

ジロール茸のクリーム・パスタ写真
これでは、まだクリームが足りない!!とテーブルでさらにクリームを大さじ2杯ぐらいドバッとかけて混ぜている夫です…!!

ちなみに、この日は、購入したジロール茸を半分使い、残りは後日、エリンギのように縦に適当に裂いて、バターで炒めて、最後におしょうゆとゴマをかけてみました。

どちらも美味しかったですが、私としては、秋の味覚はやっぱり、和風の味付け+ご飯というセットのほうが食が進む気がします…

JUGEMテーマ:私の手料理
| サラ | フレンチな台所仕事 | 22:21 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - |
そういえばこの時期よく耳にする、セップ茸を取った!という話をまだ聞きません。雨が少ないからだと聞きましたがこれからど-んと取れることを期待してます。ふふふ
それにしてもパスタ、おいしそう!!マルシェの茸なら新鮮でいいですね。
| さゑ | 2009/10/06 4:52 AM |

■さゑさん、

キノコの季節は、まだこれからかもしれませんね。
私は中毒になるのが怖いので、自分で取って採ってきたキノコを料理したことはありませんが、森で沢山キノコがなっているのを見ると、面白いですよね…
このパスタ・ソース、ものすごく簡単なので、ぜひ作ってみてください!
| サラ | 2009/10/06 3:36 PM |

うおおおおおおおおおおおおいしそう〜!!

あたしキノコ大大大好きなんです!!
和の味付けもフレンチもイタリアンも全部好きです!

あ〜来年はキノコ豊作でありますように!
(行く気マンマンです!笑)
| Reshmi | 2009/10/06 7:42 PM |

■Reshmiさん、

今日、ギャラリー・ラファイエット・グルメに行ってみたら、キノコが3種類(しかもマルシェの半額で!)売っていました。
なので、私が思っていたキノコの最盛期が早すぎたのかもしれません。

キノコは季節モノなので、ぜひ来年の秋に、遊びに来てくださいね〜♪
| サラ | 2009/10/06 10:59 PM |











このページの先頭へ