国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< クェッチのタルトふたたび! | main | とうもろこし泥棒 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
栗カボチャ(ポティマロン)のプリン、サラダなど…
 ポティマロン(栗カボチャ)の写真
マルシェで、小ぶりな栗カボチャ(potimarron)を買ってみました。

フランスの大きなカボチャは、味があまりなくて、スープぐらいでしか美味しく食べられないことが多いので、日本のカボチャ的な濃厚な味のポティマロンがある時は、必ずこれを買います。
カボチャのプリン(プティマロン使用)盛り付け図
とはいえ、カボチャをまるごと買うと、色々と工夫して使わないと毎食カボチャ味になってしまうので、結構苦労して、色々と工夫をした末、やっと使いきったと思ったら…

その晩、田舎に住むお友達に、

庭でできたから・・・

と、とりたてのポティマロンをまた頂いてしまったのでした!!

なので、使いきった最後の作品、栗カボチャ・プリンと、新しくやってきたポティマロン君で、ツーショット写真を撮ってみました…

後ろに映っている2歳児ジョジョ君の手と比較しても、大きさが分かるでしょうか??

市場で買った時は、小さめを選びましたが、一般的に、フランスのカボチャは、日本のカボチャより、ずーっとでかいのです…

カボチャのプリン(プティマロン使用)盛り付け図
プリンを切り分けてみましたが、4分の1個入れたカボチャの配分が多すぎたようで(消化しようと必死)、肉料理の付け合わせのカボチャ・ペーストのようなカボチャ・プリンになってしまいました。

(ちなみに、横に置いてあるのはクェッチの種!!すみません!!)

フランスでは、カボチャをデザートに使うのは一般的ではないらしく、かなり珍しがられます

うちの夫も、最初はゲテモノ扱いしていましたが、一度食べたら、美味しかったらしく、絶賛するようになりました。

私には、ちょっとカボチャ味が強すぎて、もっと卵の味のするプリンがよかったな…と思ったのですが、夫と子供たちは、大喜びで食べていました…

ちなみに、カボチャの簡単な調理方法としては、大きく8つぐらいに切り分けたカボチャの種を出し、蒸し器に皮ごと入れて長めに蒸してから、皮と実をスプーンで分けて使いました。

というのも、皮がものすごく固くて、包丁でむこうと思うと、手を切りそうで怖かったからです。

この方法だと、最初に切り分けるところだけ注意してやれば、あとは全然危なくないし、力も要らないので、か弱い人にも、おすすめです!

ちなみに、この蒸したカボチャにサランラップをかけて、冷蔵庫に入れておき、鶏のシチューに少し加えたり、サラダにしたり、パスタのクリームソースに混ぜたりしました。

JUGEMテーマ:フランス
| サラ | フレンチな台所仕事 | 09:32 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:32 | - | - |
日本のかぼちゃよりも、やっぱり見た目が美味しそう♪
日本って、なんでも地味で薄いんだもん。。。



| ラテモ | 2009/10/14 12:17 AM |

かぼちゃプリン、好評だったようでよかったですね。このかぼちゃ、こちらでは「Hokkaido」という名前で売っていてよく買います。北海道で品種改良された西洋かぼちゃだから、この名前がついたのだそうです。甘くて、おいしいですよね。なんでも私はまだ見たことがないのですが、Sweet Mama(つるなしやっこ)もスーパーで売っているそうですが、そちらにもありますか?
| オミ | 2009/10/14 12:30 AM |

フランスってなんだかよくわからないけど、たくさんカボチャが売っていて、日本のカボチャに近い味を探そうとそれなりに試してみたんですが、見つからなかったんです。

potimarron、覚えました。今度、探してみます♪

かぼちゃの皮の切り方も参考になりました。
私もサラさんと同じで、いつも指を切り落としそうだな、、と思いながら、カボチャの皮を切ってました(苦笑)
指を切り落とす前に、いい方法を教えて頂けてよかったです(笑)
| コカゲ | 2009/10/14 6:43 PM |

■ラテモさん、

見かけはどうか分かりませんが、日本の野菜・果物の方が、味は濃厚なことが多いですよ…
フランスの野菜は、自然すぎて、下処理に苦労するものが結構多いです…
| サラ | 2009/10/14 6:56 PM |

■オミさん、

ということは、日本産の改良品種なのですね??
…知りませんでした!!
「つるなしやっこ」は知りませんでした。
カボチャといっても、日本では、よくある緑色のを4分の1にカットしたものしか買ったことがありませんでした。
次は、このカボチャで、パンプキン・パイを作ってみようと思っています。
| サラ | 2009/10/14 6:58 PM |

■コカゲさん、

私は、カボチャに最初に包丁を入れるときが、一番こわいです。
方向がそれて、おやゆびの付け根あたりに「ざくっ」といったらどうしよう…と思って、へっぴり腰になるのも良くないみたいです(笑)
2個目のポティマロンでは、夫が暇そうにしている時間を見計らって、4分の1に解体してもらい、ラップで包んで都合のいい時に蒸す、という手を使ってみました。
これが一番安全なので、ご主人が出張とかでなければ、おすすめです!!
| サラ | 2009/10/14 7:01 PM |

こんにちは。
ポチマロンのプリンの作り方が知りたいです^^
写真本当においしそうで、私も試したくなりました。
普通のポチロンを和食風に煮込んだら悲惨な結果に・・・
でも、かぼちゃ大好きなのでリベンジしたく思ってます^^
| まめ太 | 2009/10/20 1:05 AM |

■まめ太さん、

私も、ポティロンやシトルイユなど、水気の多いかぼちゃや、さつまいもで、煮物を作ってかなり失敗しています…(笑)

このプリンのレシピは、本当に適当で、あまり何も見ずに作ったので、お教えしても、上手くいくかちょっと自信がないです…

うろ覚えですが、たぶん、卵4個、ゆでておいたポティマロン300gぐらい(あまりにもカボチャ味になってしまったので、減らした方が良かったかも)、砂糖150g、牛乳200mlぐらいをミキサーにかけて、バターを塗った型に流し入れて低温気味のオーブンで40分ぐらい焼いたと思います…
アテにならないレシピでごめんなさい!クックパッドでカボチャ・プリンを検索して参考にされると、もっといろいろいいレシピがあると思います(カラメルを下に敷くタイプなど…)

あと、去年作ったのですが、ポティロン系のカボチャも、pate feuillete(パイ・シート)を使ってパンプキン・パイにすると、それなりに美味しいですよ!
| サラ | 2009/10/20 4:05 PM |

ありがとうございます^^
試してみます^^
今日日本食屋さんに行ったら日本のかぼちゃが売っていて
ついつい欲しくなったのですが、
一度悲しい思いをした後なのか
買う勇気が出ませんでした。。。

今度はポチマロンでリベンジしてみます^^

あ、でも、一日煮込んだらポチロンでもそれなりの味になっていました・・・(笑)
| まめ太 | 2009/10/20 11:29 PM |

■まめ太さん、

日本食屋さんだと、日本のカボチャも売っているんですね…
でも、高いでしょう??
料理で一度失敗すると、私もメゲて、当分同じ食材は買わないことが多いので、まめ太さんの気持ちが良く分かります…(笑)

ポティロンは、ひき肉か何かと一緒に煮込まれたのですか?

私がポティマロンで作ってみたいおかずレシピとしては、ひき肉と玉ねぎなどを炒めて、ふかしたポティマロンの上に伸ばして、その上からグリュエール・チーズを載せてオーブンで焼いたらどうかな??なんて思っているんですが…
| サラ | 2009/10/22 5:27 PM |











このページの先頭へ