国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< リンゴの季節…リンゴの柔らかケーキ | main | フランスの幼稚園のファイル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスと日本の親権のちがいについて…
離婚する予定はないのですが、別の用事で在仏日本大使館のホームページを見ていて、この情報を見つけました。

これまで、こういう制度の違いがあることは、離婚した友達の例などからも、ぼんやりは知っていたのですが、はっきりと説明してくれているので、こちらに掲載しておけば、もしかしたら参考になる方もいるかな…と思いましたので、老婆心から転載しています。

フランス人のダンナ様または彼氏と、毎日、ケンカが絶えず、
日本の実家に帰ります!」とたんかを切っている方も、カップル破綻の心配は全然ない方も、まだ結婚前だったり、子供がいない方も、こういう知識は、知っておいて損はないと思いますので、どうぞ!



「フランスと日本の親権制度の相違点について」

 

近年の人的・物的国際交流の進展に伴い、外国に移住しそこで外国人と国際結婚して家庭を築かれる方々が増加しています。
日本とフランスの間も同様の状況で、当館領事部窓口にはフランス人との結婚の届出や出生届出のため来館される方がたくさんいらっしゃいます。
しかしながら、その一方で、これら国際結婚された方々の一部について、不幸にして結婚生活が破綻してしまい、一方の親が他方の親に無断で子供を国外に連れ出す「国際的な親による子の奪取」等の親権行使に関する問題が報告されています。
フランス政府はこのような問題の発生について、東アジア諸国の中で、日本人が関わる事例が最も多くなっていることを指摘し、また「日本の親による子の奪取」の事例では、具体的な解決策を見出せないものが多く発生していることを憂慮し、政府として真剣に取り組む意向を示しています。
国際結婚をされた方の中には、様々な理由を原因として、外国での結婚生活が困難となり、離婚の問題や、子供の養育についてどのように対処するのかといった問題が発生する場合があります。フランスでは一方の親の同意を得ることなく、他方の親が国外に子供を連れ去ることは刑罰の対象となり、連れ去り行為は、連れ去った親のみならず子供にも大きな影響を与えることとなります。
ついては、フランスに居住される皆様に、親権についてのフランスと日本の制度の相違点について取りまとめましたので、参考としていただければ幸いです。

フランス人を配偶者又は同居者としてフランス国内で生活され、その間に子供をもうけられている方が注意されるべき、親権についてのフランスと日本の制度の相違点は以下のとおりです

1.離婚・離別後の親権

フランスにおいては、両親が結婚していても、民事連帯契約(P.A.C.S.)の関係にあっても、また、事実婚の関係にあっても(子供に対する認知があれば)、親権は両親が行使するのであり、離婚や別離があっても、原則として共同親権のままであり(民法典第373−2条)、両親と子供との関係は維持され、両親は互いに他方の親と子供との関係を尊重しなければなりません。
この点、日本では、両親が結婚関係を継続している間は、親権は共同で行使されますが、離婚後は、共同親権が認められておらず、一方の親が親権者となるのであり(単独親権、民法第819条第1項)、フランスの制度と大きく異なっています。

2.離婚・離別後の親権の行使

このように、フランスでは、共同親権が維持されますから、離婚・離別後に、子供と生活を共にしない方の親と子供との関係は、「親権の行使」という観点から重視されます。
日本においては、離婚後に、親権を行使しない親の、同居しない子供との面会は、民法に明文の規定はありませんが、判例上認められています(面接交渉権)。  日本では、面接交渉権は、子供の健全な成長という観点から認められていますが、フランスでは、親権の行使のための親の当然の権利という色彩が強いことに注意を払う必要があります。
例えば、子供と同居しない親は、当然相手(子供と同居する親)の居住地を知る必要があります。従って、子供と同居する親が住居を変更する場合は、変更後の居住地を、他方の親に告知することが義務付けられています。住居変更について折り合いがつかない場合は、裁判所が調整を行うことになります。変更の通知は、民事上の義務にとどまらず、離婚・離別後、未成年の子供と同居する親が、住居変更を他の親に伝えない場合は、親権行使を侵害したとして、刑事罰(6ヵ月以下の拘禁刑又は7,500ユーロ以下の罰金)を科される可能性があります(刑法典第227−6条)ので、注意が必要です。

3.いわゆる子供の連去りの問題

フランスでは結婚中又は同居中、一方の親が他方の親に無断で子供を連れ去る行為は、やはり親権行使の侵害に当たるとして犯罪とされており、1年以下の拘禁刑又は1万5,000ユーロ以下の罰金に処せられる可能性があります(刑法典第227−7条)。夫婦間の折り合いが悪くなった場合に、父又は母が、他の親の承諾を得ることなく子供を連れ去って、別のところで子供と生活を始めた場合、子供の連れ去りが暴力等を伴うことなく平穏に行われたとしても、他の親の親権行使を侵害する犯罪であるとみなされます
日本にも「未成年者略取・誘拐罪」という犯罪が規定されていますが(刑法第224条)、連れ去られた未成年者の行動の自由と安全が侵害されたかどうかが重視され、夫婦間の協議が調わないまま、一方の親が他方に無断で子供を連れ去る行為は、通常は犯罪とされません。このような両国の法制度の相違には、十分注意する必要があります。 

出典:
(在仏日本大使館のホームページ)

※赤字は、私が勝手に重要と思われるところだけ、飛ばし読みできるように付けました。

 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | 国際結婚で不便なこと | 16:53 | comments(11) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:53 | - | - |
ウチは日日家庭ですが、とても勉強になりました。

国によっての制度の違いを知るのはとてもおもしろいです。

それにしても、罰金の金額が高くて驚きました。
| コカゲ | 2009/11/05 10:01 PM |

こんにちは☆ 赤字が多くて何事かと思ってしまいました・笑
最近気になって読んでいたブログと重なり、恐ろしくなってしまいました・・・。http://www.mypress.jp/v2_writers/noripy2/
とても勉強になる日記です。私の彼も含め、フランス人が怖くなってしまいましたよ・汗(冗談です・笑)
| あやまる☆ | 2009/11/06 3:56 AM |

確か一月くらい前にロシア人妻とフランス人夫が離婚して子供をロシアに連れて行く件に関して国際法なども登場してもめていた記憶があります。
国際結婚は離婚した場合大変ですね。。
| さ | 2009/11/06 6:01 AM |


名前が中途半端ですが、上のコメントはさゑでした。。
| | 2009/11/06 6:02 AM |

■コカゲさん、

制度の違いって、知ってみると、ビックリするようなものがありますよね…
罰金は、高いんでしょうか〜?
実感として、良く分かりません…(笑)
| サラ | 2009/11/06 5:03 PM |

■あやまる☆さん、

なんか、突然、内容が怖いブログになってしまって、ごめんなさい!
リンクのブログのお話も怖そうですね…

家庭内暴力やモラハラの問題は、国を問わずにどこでもあるようなので、決してフランス人が悪い人が多いってことではないですよ!!

ただ、結婚したり、子供を作ったりする前に、そういう兆候のない人かどうかを徹底的にチェックするしかないんだと思います。
それでも、相手が突然、変わってしまう例なんかもあるみたいなので、本当に怖いですが…
| サラ | 2009/11/06 5:06 PM |

■さゑさん、

フランスでは、国際結婚じゃなくても、(フランス人同士でも)離婚はすごく大変みたいですよ。

私は一度、日本人と離婚しているのですが、手続きは、ものすごくあっけなくて、親権も私が簡単に取れたので、本当に不幸中の幸いというか、二重に傷つくような思いをしないですんだのが、今となっては良く分かります。

折角おめでたいさゑさんには、変な話題で申し訳ないですが、知っておいて絶対損はない!!と思ったので、掲載しました。
| サラ | 2009/11/06 5:09 PM |

かなり考えさせられるトピックですね・・・。
日本はハーグ条約を批准していないため、日本人の親が子供を自国に連れ帰ってしまっても諸外国はどうすることもできず、国際的な批判が高まってきているのは知っていました。
フランスの離婚を見ていると、子供が普通に双方の親を行き来するので、片方の選択を強いられることもなく、子供にとってはいいことではないかと思います。もちろん離婚の原因はさまざまで父親が子供思いの人ばかりでもないでしょうが、イギリスでも子供に面会できなくなった父親のグループが必死かつ過激な抗議活動を行ったりしているんですよ。でもフランスではそれだけ子供が「かすがい」になりにくいのかな、と思いますね。だって、パートナー関係は愛がなくなったらあっさり終わりにして子供との関係だけ続けられるわけですから。

ところで日本人が国際結婚に破綻する場合、絶対愛の問題だけじゃなくて外国での結婚生活に順応できず、という問題があると思うんですよ。そういう場合、離婚しても子供をパートナーに会わせるために近くに住むのなんて無理ですよね。

離婚を考えているわけじゃないですが(笑)ヨーロッパ生活が長くても、フランスに住んでいることが耐え難い!と時々思ってしまう私なので、ついつい日本の派遣の仕事とか検索してしまいます・・・。皆どのように適応していらっしゃるんでしょうか。
| tamaho | 2009/11/09 9:00 PM |

■tamahoさん、

ハーグ条約については、耳にしたこともあったのですが、そういう案件も含まれているのは知りませんでした。

一方が日本人の国際結婚が破たんしたケースは、私のまわりでも数人知っているのですが、理由はさまざまだと思います。
たしかに、愛情だけでは続けられなくなってしまうようなケースもあるのかな?とも思いますが、そんな場合にも、離婚が成立したあとで、親権のせいで日本に戻れないような縛りがあったら、かなりしんどいだろうな…と思います。

私も、たまに日本に戻りたいな…と思うことはありますが、根が適当なので、フランスの生活の方があってるのかな?とか、日本にいまさら戻っても、こんな私で、社会人として認めてもらえるんだろうか??など、別の不安も感じたりします。
前からよく書いてますが、「夫が死んじゃったらどうしよう??」という悩みは、夫にもよく話しますが、いつも考えてますよ…(笑)
自分が精神的によりどころにできて、疲れた時に安心して帰れるところが、なくなってしまうことが、一番怖いのかもしれませんね…
| サラ | 2009/11/10 4:53 PM |

サラさんこんにちは(^.^)♪
この記事はとても考えさせられます!
国際結婚はこれからなのでなんだか不安になってきました〜。。でも知っていて損はないですね。
フランス人同士の離婚ですらすっごく大変だと聞いているので、国際離婚はすごく大変そう〜(><)
| アイノワ | 2009/11/13 2:40 PM |

■アイノワさん、

私も、結婚する時に、夫から色々と聞いていたので、
「絶対に離婚しないぞ!!」
という気持ちで結婚しました(笑)

とはいえ、ケースによっては、不幸にも、結婚後、数年してから、ご主人が暴力的なことが判明した、とか、そういった理由でどうしても離婚しないわけにいかない、ということもあると思います。
この文章を読むと、結婚していなくても、認知していれば親権は同等に生じているわけで、結婚しなければリスクなし、というわけでもないんですよね…

でも、後から「今考えると、色々と思い当たることがあった!」という後悔をしないためには、上記のようなことを知っていて、そういうリスクを頭の片隅に置いて、「本当にこの人でいいのか?」と考えてから結婚するのは、絶対に必要だと思います。
| サラ | 2009/11/13 4:48 PM |











このページの先頭へ