国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< さつまいもとリンゴのパイ | main | 幼稚園のファイルと、先生の絵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
マイケル・ジャクソンの「This is it」
おくればせながら、マイケル・ジャクソンの最後のコンサート前の記録映画を見てきました。

夫も私も、特にマイケル・ジャクソンのことはファンではなく、アルバムも一枚も持っていないのですが、仲良くして頂いている方たちのブログで紹介されていて、すごく良さそうな映画だな、と思ったので、あんまり乗り気でない夫を誘って、見に行きました。

夫は、行く前は、

マイケル・ジャクソンのことはよく知らないけど、死んだあとも金もうけのために本人を食い物にしているような映画だったら、後味が悪いんじゃないか?

と懸念していましたが、私も、そういう映画じゃないといいな、と思いながら見に行きました。

映画は、マイケル・ジャクソンの最後のコンサートのリハーサルの様子と、ミュージシャンやダンサーへのインタビューといった、ドキュメンタリーなのですが、マイケル・ジャクソンへの思い入れの強い、オマージュになっていて、見た人が多分みんな、マイケル・ジャクソンって、完璧主義者で、自分にとても厳しく、でも人には優しく、いい人だったんだなぁ、と思うような映画でした。

そして、特にマイケル・ファンではなかったといえ、80年代に流れていた有名なナンバーを聞くと、やっぱり胸が弾むというか、あー、これこれ!というピッタリした感じがするのでした。

帰り道、夫と、

マイケルは、アメリカの人種差別に負けずにポップの帝王になるためには、あれだけ肌を白くして、整形手術をするのが、どうしても必要だったのかな?

それでも、いろんなスキャンダルに巻き込まれたのは、やっぱり黒人が成功したゆえの報復だったのではないか?…あんなことをするような人には、とても見えないけど…

というような話をして帰りました。

80年代に、同時代的にマイケル・ジャクソンを「ベスト・ヒットUSA」とかで見ていた頃は(中学生・高校生のころですが)、マイケル・ジャクソンっていう歌手は、なんとなく、大事なところをオブラートに包んだような、一般ウケするために、加工されている商品のような、そういう印象を受けていました。

実際には、マイケル・ジャクソンというメガヒット商品の中には、人格のあるひとりのアーティストが、ちゃんと中にいたんだということが、今回の映画で感じられましたが…

当時の私は、洋楽では、マドンナとかボンジョヴィとかプリンスのほうが、人間味というか、ダイレクト感があって、共感できたのでした。

個人的には、「スリラー」の昔のビデオ・クリップを、映画の中で、もう一度流してほしかったです

3Dバージョンの「スリラー」を作っていましたが、オリジナルの「スリラー」のクリップのほうが、ずっと良くできていたと思いました。


あと、ムーンウォークなどの足の不可思議な動きや、マイケル特有の上半身のアンジュレーション、アイソレーション技や、独特の手の動きは、ダンスを習っている身としては、ダンサー視点で見ていても面白かったです。

股間に手を当てて、クックッとやる動きだけは、単に骨盤を前後させればいいだけなので、誰でもコツだけ分かれば簡単にできるのですが(特に、ベリーダンスやアフリカン・ダンスをしたことのある人には、なじみのある動きなはず)、うちに帰ってから、夫と二人で練習して遊びました(笑)


 JUGEMテーマ:映画
| サラ | フランスのメディア | 11:39 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:39 | - | - |
わたしの同僚〔韓国人とインド人)もこの映画〔ドキュメンタリー)がいいといってました。むかしの黒いマイケルのほうが絶対かわいかったのに白くなってしまったマイケル。やっぱり黒人のひとじゃないとわからないコンプレックスってあるんじゃないですか?
わたしも映画、みてみたいなぁ。。。
| ママベア | 2009/11/17 5:17 PM |

■ママベアさん、

いい映画でしたよ。
ご興味があったら、ぜひ見てみてください。

これを書いてから、ウィキペディアの記事なども読んだのですが、当時のMTVでは、黒人のクリップをあまり流さないように圧力がかかっていたのだそうです。
(当時ではマイケルとプリンスが、人気に負けて「おきて破り」で流されていたのだそうです…)
有名なヒット・レコードの中でも、米国では自粛とか圧力のせいで売れず、ヨーロッパでの方が売れたものもあるそうです。

どこの国にも差別はありますが、アメリカの人種差別について、また考え込んでしまいました。
(ちなみに、映画では差別の話は全然、でてきません…)
| サラ | 2009/11/17 10:39 PM |

よく誤解され(事実が報道されずに批難され)てきたことですが、マイケルの白い肌は「尋常性白班症」によるものです。「マイケルジャクソンと尋常性白班症」で検索してみて下さい。先の裁判でも証拠として診断書と写真が提出されました。(全裸にされたそうです。)
報道で作られるイメージって怖いですよね。This Is It、日本ではまだ延長上映が続いています。
| 通りすがりのMJファン | 2010/01/01 9:15 PM |

■通りすがりのMJファンさん、

はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

異常性白斑症については、Wikipediaなどにも出てきたので、私も検索したのですが、なんだか真相が良く分かりませんでした。

これまで、特に興味を持っていなかったのですが、「This Is It」を見たことがきっかけで、初めてマイケル・ジャクソンのことを知ったような気がします。

クリスマスに、夫がサントラをプレゼントしてくれたのですが、メイキング・オブみたいなトラックもあって、全体的に、とても良かったです。
| サラ | 2010/01/02 10:59 PM |











このページの先頭へ