国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランスのきのこ図鑑(その2) | main | 離婚もできない別れの理由… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
しいたけのフレンチ・レシピ
先日のきのこの話で思い出したのですが…

最近、近所のエピスリー(食材屋さん)で、SHIITAKEと書いてあるカゴがあったので、良く見ると、地元のどっかで作っている乾燥しいたけでした。

生のしいたけも、たまにマルシェで買えるらしいのですが、いつもあるわけではなくて、あまり見かけないし、乾燥だと、いつでも使えて便利なので、買ってみました。

ちなみに、フランスの中華スーパーでも、乾燥しいたけは買えるのですが、なんとなく中国産のものよりも、フランスの地元のしいたけのほうが、安全性も高いような気がしました。

ところが、それから数日して、しいたけをいざ使おう…と思ってパッケージを開けてみると、中にワープロ打ちしてコピーしたような説明の紙が入ってました。

たぶん、生産元で、「SHIITAKEを普及させよう!!」と意気込んで作ったのだと思いますが…

そこには、SHIITAKEの効能と、シイタケを使ったレシピが大量に乗っていて、フランスには、日本の食品みたいに、あまり効能書きとか使用説明書が入っていないので、なんとなく嬉しくて、フムフム…と読みふけったのですが…

まず説明のはしりに、

SHIITAKEは、栄養価とアンチ・エイジング効果が高くて、セップ茸の香りを更に強く独特にしたようなきのこです。

と書いてあり…

セップ茸の香り??…しいたけとは、全然違うけど!!

と思ってしまったのですが…(笑)

それに続いて、どんな料理に入れてもOKなので、他のきのこを使って作れる料理には、しいたけを代用することができるが、特にセップ茸をつかう料理におすすめです、と書いてありました。

肝心のレシピを見て、また、「ふーむ…」とうなってしまいました。

・シイタケのサラダ
・ウサギのロースト、シイタケ添え
・シイタケと牛煮込み、ビストロ風…

など、基本的に、日本料理とか中華料理で使う前提のレシピではなく、すべてフランス料理に使うためのレシピなのでした。

基本的には、乾燥シイタケを水で戻して、それを油でソテーしたり、煮込みに戻し汁と一緒に入れたり、という、まあ想像の範囲の調理法でした。

ただ、びっくりしたのが、シイタケを戻すときは、水か牛乳でもどすこと、と書いてありました。
牛乳で戻したしいたけで、ビストロ風牛煮込みを作ったら、どんな感じになるんだろう…と興味はありますが、まだチャレンジしていません。

なにしろ、貴重なしいたけなので、うちでは、和食と中華専用にとどめています…
これで、フランス料理に使ったら、また新たな発見があるのかもしれませんが(笑)

とはいえ、パスタや洋食の煮込みなどには、1kgあたり3ユーロぐらいで買える新鮮なシャンピニオン・ド・パリ(マッシュルーム)とか、季節がら豊富なきのこで作ったほうが、美味しいようなきがします。


| サラ | フレンチな台所仕事 | 09:16 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:16 | - | - |
はじめまして!

私も美容ブログをしていて、 アンチエイジング や 美容 について書いているのですが、

大変興味深い記事でした♪

しいたけ、苦手なのですが、チャレンジしてみたいです。

更新楽しみにしています♪

がんばってください^^

コエリ
| コエリのアンチエイジング−ラボ | 2009/12/14 10:23 PM |

アメリカのファーマーズマーケット(わたしの通っているもの)では「生しいたけ」、『シメジ』、「なめこ」まで売ってます。『なめこ』に関して売っている業者の話を聞いていると『味はほとんどしないがスティキー(ねちゃねちゃ)だ』と答えていました。「なめこ」は味がしみるからスープによって色々違うと思っていたので教えてあげようかとおもったんですが結局無視してしまいました。

「しいたけ」のフレンチ風ってどうでしょうかね?おいしいのかしら?牛乳で戻すところが興味ぶかいです。
| ママベア | 2009/12/15 11:01 AM |

■コエリさん、

はじめまして。
コメントありがとうございます。

フランスでは、シイタケは全然メジャーではないのですが、「アンチエイジング」食材として取り上げられているのを時々見かけます。

でも、嫌いなものは、長続きしないから、お口に合うものが見つかるといいですね。
| サラ | 2009/12/17 12:23 AM |

■ママベアさん、

しめじもなめこも手に入るんですか??
うらやましい!!
なめこのお味噌汁、食べたいです〜!!
でもたしかに、洋食には、どう使っていいか悩む食材ですよね…(笑)

うちの夫は、スティッキー系な食材はだいたい全部苦手なので(納豆、おくら、山芋など…)、なめこはフランスで売ってるのを見たことがないこともあり、試したことがありませんが、たぶんダメだと思います。

しいたけのフレンチ・レシピ、正直言って、たぶん試すことはないと思いますが(笑)、レシピを読んでる分にはなかなかおもしろかったです。
料理好きのフランス人に今度プレゼントしてみようかな…なんて思っています。
| サラ | 2009/12/17 12:27 AM |

サラさん、こんにちは!

そちらでの生活も、やはり12月は年の瀬に向かって慌しい感じになるのでしょうか?寒いですから身体に気をつけてくださいね!

その後も干し椎茸をつかったお料理、作ってらっしゃいますか〜? フランス産の干し椎茸も、やはり戻し汁は”いいお出汁”になるのかしらん。 うちは干し椎茸を使う時は、やっぱり定番の「ひじき煮」に加える・・・とかですねー。
またお料理つくったら教えてくださいね!!
| voici | 2009/12/20 5:01 PM |

■voiciさん、

東京も寒いそうですね。
先日こちらでは雪が降りました!

フランス産シイタケも、戻し汁は日本のしいたけと同じ味ですよ!
なので、本当に赤ワインとか、フレンチ・マスタードなどと合わせて美味しく仕上がるのかが、すごく疑問です…(笑)
うちでは引き続き、この地元しいたけで、八宝菜っぽい炒め物とか、茶碗蒸しなどを作っています…(笑)
日本から送ってもらったひじきも、まだ少し残っているので、今度はシイタケ入りで作ろうと思います。
| サラ | 2009/12/21 10:43 PM |

地元の椎茸があるなんて、うれしいですね〜

我が家のミートソースには大量の椎茸が入ります。
・・・食べたくなっちゃった。
| リリ | 2009/12/26 2:34 AM |

■リリさん、

スパゲッティにかけるミートソースにも、しいたけを入れているのですか?
アンチ・エイジング的には、素晴らしいと思います!!

うちの近所の村で、しいたけを育てている理由がよく分かりませんが…
なんとなく親近感があって、嬉しかったです。
| サラ | 2009/12/28 5:02 PM |











このページの先頭へ