国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 変な絵本?! バイリンガル教育への道... | main | 裸足のフランス人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランス人夫と結婚したいとおもった理由
フランス風 男のリンゴタルト
★これが、フランス人夫の作った、「運命のりんごのタルト」です(笑)

結婚するときって、それなりに「この人と結婚したいかも!」と思わせるような出来事のひとつや二つはあって、結婚を決意するとおもうんですが、国際結婚している皆さんのそんな「きっかけ」は、何ですか?

私は、まだ彼と付き合ってもいない頃、家に招待された時に、私と娘のためにタルトを作ってくれたのを見て、すっごく感激して、「この人、いいかも!」とおもってしまったのがきっかけのひとつかもしれません。

その時は、洋ナシのタルトだったんですが、これがまた、洋ナシがすごく丁寧にキッチリと並べられていて、見た目もきれいだし、味もなかなかだったんですよ…

それから、ほどなくして、結婚を前提としたお付き合いがスタートしました(笑)

なんか、こっちがオヤジみたいな「結婚の理由」ですが。

フランスに暮らし始めて、料理は何もしなくても、なぜかリンゴのタルトは上手に作れる、という男性が沢山いることを知り、ちょっと「な〜んだ!」と思ったんですが(笑)

なぜ、フランス人男性が、リンゴのタルトを作るのか、不思議です・・・
それで「結婚しても、いいかな!」、と思ってしまう、私のような女子がいるからでしょうかね(笑)




JUGEMテーマ:国際結婚


| サラ | フランス家庭の一面 | 17:03 | comments(20) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:03 | - | - |
こんばんは、初めまして!リヨンの木蓮と申します。
初めてお邪魔しました。
リンゴタルトといえば、今日本に留学中のフランス人の男の子が、日本はりんごが高くてリンゴタルトが気軽に作れない、と嘆いていたのを思い出しました。
確かに、こっちだと男の子でもリンゴタルトをよく作るみたいですね。
国際結婚とはちょっとずれましたが、リンゴがらみでコメントです^^
| 木蓮 | 2008/05/08 6:08 AM |

ちょっと「いいな」と思ったのは

やっぱりいつもおいしいもの、作ってくれるからってのと
娘に自然に関わっているところです。

おいしいってことと
心地いいってことが共有できる人、いいですよね。
| キリ | 2008/05/08 10:56 AM |

サラさん、こちらの日記でも失礼します。思わず上司に、フランス人男子はタルト作れんの?!!と聞いちゃいました(笑)

んまあー、人にもよるけど、半分はお菓子作れるんじゃなーい。こないだホームパーティしたときも男の子が二人手作りのお菓子持ってきたよー。だってさーお菓子作るのって簡単ジャーン!

ってゆってました。カンタンなんだ・・。

そういえば昔マルティニク出身の子と暮らしたことあるんですが、彼はバナナのフランベは作っていたなあ・・。
| ばれんぬ | 2008/05/09 10:43 AM |

まぁ!タルトを作れる男の人ってロマンチックですわ〜!
うちの場合はダンナ様の捌く「お刺身」に感動しましたよ
私も独り暮らしが長かったので、ちょいと料理には自信があったのですが。。。
結婚してから我が夫の料理の上手さに「負けました。」って言わざるを得ませんでした
なんだか板長が家にいるみたいで、最近は「料理っちゅうもんはなぁ〜、慌てて作ったらいかん」とよ〜くお説教くらいます
夫に弟子入り状態の嫁です(笑)
| 河童くん | 2008/05/10 5:50 PM |

■木蓮さん、

はじめまして!リンゴねたコメントありがとうございます。
リヨンとは結構、縁があるんですよ。
夫の親戚が何人か住んでいたりして、何度か行きましたが、いつももっとゆっくりしたいと思って、なかなか町を見られずに帰ってきます。

そうそう、フランス男子は、タルトのひとつぐらい焼けないと、ダメみたいですね(笑)
というか、フランスだと、タルトづくりが結構、日常的というか、スーパーのタルト生地を買ってきてリンゴをむくだけだから、多分、料理しない男子でもアクセシブルなんですよね。

今度、ブログもゆっくりお邪魔させて頂きますね。
これからもどうぞよろしくお願いします♪
| サラ | 2008/05/13 1:56 AM |

■キリさん、

キリさんところのフランス人ダーリン様は、おいしいものを沢山作ってくださるんですか?

うちは、実は、持ち札はタルトだけだったんですよ(爆)

うちの娘も私に似てすごい食いしん坊なので、あのタルトは、彼女の心もしっかりつかんだと思います。
キリさんのお嬢さんは、写真で見ると小学校中学年ぐらいですか??
これからますます、食べ盛りですよね〜(笑)
| サラ | 2008/05/13 1:59 AM |

■ばれんぬさん、

こちらのブログでも、どうぞよろしくお願いします♪

ケーキと言っても、結構ダイナミックな田舎風だったりするので、男子でも抵抗なく作るのかもしれません。

フランス男子は甘党が多いので(というか、ワインも飲めるし、デザートも食べる人が多いから、主流は両党かな)、それでお菓子作りも、熱が入るのかもしれませんね。

そういえばバナナのフランベ用のバナナって、見た目がやばくなかったですか??
最初見たときは、ごみ箱に放り込みそこねたのかな?と思うぐらい外側が腐ってる真っ黒バナナに目が点になりました。
マルティニックの方は、ラムでフランベされるんですよね?美味しそう〜!
| サラ | 2008/05/13 2:03 AM |

■河童くん、

あ、さすが九州男児!!
お魚も釣って来てさばかれるんですか???
それは、カッコいいですね〜!

河童くんのご主人のお得意料理はなんですか?
やっぱり魚料理でしょうか??
あんまりご主人がお料理が上手いと、奥様は大変でしょうね。

昔、フレンチシェフと結婚した奥さんと知り合いでしたが、離乳食でもちゃんとお手製ブイヨンから取って作って食べさせないとダンナが納得しない、とのことで、かなり苦労していました・・・

私は、日本にいたときはひ弱な都会っ子で、「お刺身用ー今日中にお召し上がりください」ってパックのお魚しか買ったことがなかったんですが、こっちに来て、そういうお上品なものはパリの日本スーパー京子などで、非常に高い値段で売ってるだけなので、有無を言わさず、食い気に負け、近所の新鮮な魚屋で仕入れてきた一匹買いのお魚さんを、なんでもさばけるようになりました。
| サラ | 2008/05/13 2:08 AM |

今回はクスクス作ってくれました〜
すごーくおいしいんですけど

最近脂が気になって・・・

脂肪や塩分を極力ほしくないあたしVSおいしくなければ食べる意味がないダーリン

じわじわと食文化の溝が(汗)

サラさんお食事どうされてます〜〜???(涙)


| キリ | 2008/05/13 1:06 PM |

■キリさん、

うちは、食事面で、お互い妥協して満足しあってるので、ラッキーかもしれません。

夫は、私がすっかり手なづけてしまったので(笑)、日本食は納豆以外何でも食べますし、このごろは、日本人の中年並みに、外食や肉が続くと体が疲れるみたいです(笑)。

かといって、ずっとご飯だと「便秘するからやめて〜!」とか言って嫌がるので(フランス人はお米で便秘するって言いますよね・・・ウソだと思うけど)、適度にパンとかパスタとかを挟んでます。

でも、キリさんのダーリン様はクスクスを作ってくださるなんて、羨ましい気がしますが・・・
クスクスは、オリーブオイルが結構入ってますけど、あれなら太らないのでは?!
| サラ | 2008/05/14 12:38 AM |

こんにちは、はじめまして。
最近たまたま見つけたブログですが、文章とか間とか何だか面白くてはまってます。
このタルト、ウチの旦那のに似てるんですが、ご主人フランス東側出身者じゃないですか?なんかプリンみたいな生地ですよね。
パリのリンゴタルトと随分違うので最初?と思って聞いたらアルザス・ロレーヌ地方版だって。
違ってたらゴメンなさい。
それじゃまた時々ブログ拝見させて頂きます!
| にゃんころりん | 2008/05/15 6:42 AM |

■にゃんころりんさん、

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます♪

ご主人はアルザス・ロレーヌ地方の出身なんですか?
うちは、ご指摘どおり、家族のうち母方の祖母がアルザス出身です。他の先祖もランスとかヴィッテルとか、東より出身が多いので、リンゴタルトが東フランス・バージョンであることは間違いないです。
お見事!!

うちはリンゴのタルトのフィリングに卵+砂糖+クリームまたはフロマージュブランを使っています。
でも、人によってはリンゴのコンポートを引いた上にリンゴを乗っけたりする例もあるみたいですね。

にゃんころりんさん家の秘伝レシピはどんな感じですか??
| サラ | 2008/05/15 5:08 PM |

こんばんは、
ご返答有難う御座います。
やっぱあのタルトは東物なんですねぇ。
うちの旦那の家族も東地方が多いです。
ちなみにタルトのレシピはほぼ同じです。クリームを使うのが普通らしいですけど、ウチでは軽くする為、よくヨーグルトで代用します。フロマージュブロンは使ったことがないので今度是非試してみたいと思います。
コンポート版はパリのタルトだと聞きました。本当かなぁ?
現在のお住まいはイルドフランスですか?随分のどかな風景ですねぇ。
それではまたちょくちょくブログにお邪魔させていただきますね!
| にゃんころりん | 2008/05/19 4:31 AM |

■にゃんころりんさん、

あ、ガレットデロワのプリンっぽいやつ食べました!
近所のパン屋さんで購入しました。
多分、アーモンド・プードルに卵とバターを練りこんでるんだとおもいます。
かなりヘビーで、パリ風に慣れている私は、びっくりしました。
ただ、私の食べたのは、オレンジ・ウォーターは効いてなかったと思います。
オレンジ・ウォーター苦手なので(ローズ・ウォーターも…)私としてはありがたかったですけど。

ルバーブのタルトも最近作りましたよ!
夫の大好物なので…
写真を撮ったので、アップしようと思いつつ…放置してました(笑)

他にもママンのレシピのケーキが色々あるんですが、にゃんころりんさんちと共通項が多そうですね!
クグロフとかも、作りますか??
| サラ | 2008/05/22 6:05 PM |

私の周りのフランス男子(うちの彼も含め)はキッシュをよく作ってくれる子が多くて、「キッシュはみんな作るよ〜」っていうのはあったのですが、りんごのタルトは聞いたことないので作ってくれたらいいなぁ〜と思いました♪
私は恥ずかしながらフランス留学してから料理をなんとか作れるようになったのでうちの彼の方が料理デビューは早いです。でもいっつもパスタなので偏ってます(笑)

| アイノワ | 2008/06/19 11:47 PM |

■アイノワさん、

キッシュと、リンゴのタルトは、実は似てるんですよ(笑)
だから、キッシュの作れるフランス男子は、タルトも焼けると思います。
アイノワさんの彼のキッシュには、何が入ってるんですか?
プロヴァンス風(トマト、ズッキーニなど)かな、それともロレーヌ風(ベーコンとクリームと玉ねぎ)?

うちの夫も、すごいタルトを作ってのけたので、なかなかの料理人だと思っていたら、実は、たいしたものは作れないことが結婚後に判明しました(笑)
うちの夫も、「今日は、私、作れないからね…」ってことになると、たいがいはパスタで、それもソースがトマトピューレとクリームを半々で割っただけのものですよ(笑)
| サラ | 2008/06/20 7:07 PM |

キッシュとタルトは実は似てるのですか〜☆
うちの彼は食いしん坊すぎてフランよく作ってたみたいです。タルトを作れるのか聞いてみます〜♪
ちなみに彼や友達の作るキッシュはロレーヌ風でした☆
サラさんの旦那さんとうちの彼はいい勝負かもしれませんね〜(笑)
友達で「フランスではパスタ=バターをのせただけのパスタのこと」って言う子もいて、茹でただけのパスタとバターを出して「味付けは個人でやって」ってケチャップとか並べられて「アメリカか!?」って思いました(笑)
| アイノワ | 2008/06/22 9:02 PM |

■アイノワさん、

タルト生地から作る人もいますが、ふつうの男子(って、女子の私もですが…)は、多分お店で買ったタルト生地を、型に広げて、フィリングを入れて、オーブンで焼く、という作業なので、そのあたりは、キッシュも、タルトも一緒です。
ロレーヌ風、ベーコンやチーズの質によって、結構、仕上がりが変わってきます。
そういう意味では、いいものを選んだ分、その素材が反映するから、男の料理っぽいのかもしれませんね。
フランスでは、パスタがゆですぎで、グニャーとしてることが良くありますよね〜
美味しいイタ飯に慣れてる日本人には、許せないですよね!
正直言って、フランスでは、レストランでパスタを頼むのに、結構勇気が要ります…
ピザも、「うーむ…」って言いたくなるような分厚くてモサモサした生地の場合もありますし…
| サラ | 2008/06/23 6:57 PM |

サラさん、
りんごのタルトの話ならここも、と誘導してもらったので来ました(笑)。
りんごのタルト、大活躍ですね!色々種類や個性があって面白いです。
私の彼は一体どんなタルトを作るんでしょう!
今度来日したときに夕食作ってくれるらしいので、(彼いわく、「君のご飯は・・・(笑)」らしいです。一度作っただけなのに!!。。まあ心当たりはあります。笑)
デザートにりんごのタルト、リクエストしてみます!

で、しばらくすっかり忘れていたのですが思い出しました。
私は、彼とまだ仲のよい知人だった頃、
「りんごのタルトを焼きたいからオーブンを使いたいんだけど、どこかこの辺りにオーブン使えるとこない?」
と聞かれたことがありました。(彼は来日中1ヶ月近くホテル住まいでした。)
私はその一言で
「!!!!あなた自分でりんごのタルト焼けるんですか?!」って目がハートになりましたね(笑)。
彼は「フフン」と得意そうにしていました(笑)。
結局「うちにオーブンがあると言うと彼がうちに来ることになるな」、と思って「ない。」と答えて沙汰止みになったのですが。。
今考えるとフランス男子お得意のナンパテクだったのか??

真相は、今度彼のタルトを食べながらじっくり聞くことにします。(笑)
| マミオ | 2009/05/10 10:43 PM |

■マミオさん、

あはは!
なかなか興味深いナンパ・テク?ですね(笑)

「リンゴのタルトが食べられるなら、うちに来てもOK!」という女子が、いるかもしれませんね…

(うちの夫に今度言ってみます。試すのは、もう遅いけど!)

でもマミオさんの彼の場合、単にホームメードのタルトが恋しくなっただけかもしれませんよね。
タルトを食べながら、ぜひ真相を突き止めてください~♪

うちの夫は、結婚が決まった頃に、うちのぼろいオーブン・トースターと、ひとり用グラタン皿という限られた道具で、「フォンダン・オ・ショコラ」を作ってくれて、これまたすごく感激しました。
バターの使用量には、目が丸くなりましたが…

私は、お付き合いしていた時に、たいしたご飯を作った憶えはないのですが、適当なチャーハンや、焼きそばでも、なにかと好評でした。
良く考えると、食事にはあまり文句を言わない人なので、助かっています。

次の来日が楽しみですね!
| サラ | 2009/05/11 4:43 PM |











このページの先頭へ