国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< レモン・メレンゲのタルト | main | 胸のしこり検査(生検) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
レモン・メレンゲのタルトの作り方
レモン・メレンゲのタルト
昨日ご紹介したレモン・メレンゲのタルトの作り方です。
(Tarte aux citrons meringuee)


材料

*市販のサブレ生地(自分で作ることもできます)

*レモン・フィリングの材料
  レモン汁 3個分
  卵黄 4個分
  バター 50g
  砂糖 100g

*メレンゲの材料
  卵白 4個分
  砂糖 100g

作り方

1)サブレ生地を型の上に広げ、150度のオーブンで10分焼いておく。

生地が膨らんでしまうのを避けるため、本当は、サブレ生地の上に小豆のようなものを敷いて焼くのですが、私は面倒なので、やっていません。

2)レモン汁を絞り、卵黄を加え混ぜる。砂糖と溶かしたバターも混ぜ込む。

3)焼けたサブレ生地の上に2)を流し入れ、20分ほど焼いて、フィリングが焼けたらオーブンから出し、冷ましておく。

4)メレンゲ用の砂糖を鍋に入れ、分量外の大さじ2の水を混ぜて沸騰させる。

5)卵白をかなり固めに泡立てた上から、4)のシロップをゆっくり流し入れる。

スパチュラなどで優しく混ぜます。固く、光沢のある生メレンゲの状態になります。

6)レモン・タルトの上にメレンゲを載せて、オーブンの最上段に入れ、上が焦げたらすぐに取り出す。そのまま、30分ぐらい冷ましてからサーブします。


私の場合、レモン・タルトが冷めてから、メレンゲを焼き、その後30分冷ます、という時間が惜しかったので…

レモン・タルトを焼いているついでに、焼きあがり直前にオーブンの最上段にクッキング・ペーパーの上にメレンゲを広げて、焼いてしまいました。

両方とも別々に冷まして、食べる前にドッキングさせましたが、特に問題なく美味しく食べられました。


プロセスは3段階ですが、とても簡単です!

レモン・タルトだけで食べても美味しいですよ!

ちなみに、ELLEのレシピには、レモン・タルトの代わりに、グレープフルーツやオレンジを代用しても可、と書いてありました…


JUGEMテーマ:家庭
| サラ | フレンチな台所仕事 | 01:27 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:27 | - | - |
サラさんレシピありがとうございます!
やってみますとも〜&#9835;
| キリ | 2010/02/25 2:26 AM |

■キリさん、

ぜひ試してみてくださいね!
レモン煮込み等も、近々掲載します。
| サラ | 2010/02/25 5:54 PM |











このページの先頭へ