国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 胸のしこり検査(生検) | main | 胸のしこり(繊維腺腫)とピルの関係… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「お尻」…?!
今日は、非常に不謹慎な話で申し訳ないのですが…


だいたい、週末の朝は、夫と一緒にマルシェ(市場)に買い物に行くのですが…

帰り道、去年まで同じアパルトマンに住んでいたカップルに久しぶりに会いました。

世間話をしていると、だんな様のほうが、

そういえば、日本かどっかで大きな地震があったらしいけど、大丈夫?

と言ったので、

地震??聞いてないけど…

といいつつ、にわかに心配になり、

あとで日本の実家に電話してみようか…

と夫と話しつつ、うちに帰りました。


うちに戻ってすぐ、私は食事の準備などをしていたのですが…


フランス・アンテール(ニュース中心の国営ラジオ局)を聞いていた夫が、向こうの部屋から台所に向かって、ものすごく怖い顔をしながら、

おしり!おしり!

と怒鳴るので、何事か、と思いつつ、またうちの3歳児ジョジョ君がおもらししたのかな??

と思って、

ジョジョ君のおしり?

と日本語で答えると、変な顔をして、

ノン!トロンブルモン、セテ・オ・シリ!
(違うよ、地震はチリだったんだ)

と言っていましたが…少し考えて、やっと分かりました…


夫は「Au Chile !」(「チリで」、という意味。発音が、「オ・シリ」になります…)

と怒鳴っていたのでした。


うちの夫は、特に変な言葉だけは、日本語を知っていて、使いたがるので(以前にたけしの映画を見て以来、「脱げ〜!」とか…)、こういう誤解の元になって困ります…


チリの地震で被害にあった方には、こんなくだらない話のねたにして、大変申し訳ありませんでした…


 JUGEMテーマ:天変地異、災害
| サラ | フランス語の空耳アワー | 21:57 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:57 | - | - |
お久しぶりですー。久々がいきなり「お尻」だったんでびっくりしちゃいましたよ☆
チリの方々には申し訳ないですが、私もこう言われたら不謹慎にも笑ってしまうかも・・・。うちは私が最初に「チリで地震があったんだって!」と話題をふったときにそのまま「チリ」と言って相方に通じてしまったので、残念ながら(?)「オシリ」は聞けませんでした・・・。
国の呼び方って、特にカタカナでよんでいる国は、もうそれが全世界共通で呼ばれてると思い込んでる時があるので、全然ちがうのをフランス語で言われると愕然とすることがあります。(ペイ・バみたいな)
フランスに行ったら、そういうびっくりがもっともっと増えるんでしょうな−。楽しみやけど、ちょっと怖かったりします・・・ちゃんと買い物とか一人でできるんかいな。
今ビザ待ちです。ちゃんといけば、もうじきフランス滞在の仲間入りいたします!よろしくですー☆
| こたままん | 2010/03/05 1:04 PM |

■こたままんさん、

お久しぶりです。
ビザ早く下りるといいですね!
買い物とかは、すぐに慣れると思いますよ。
こたままんさんの彼も、結構一緒についてきて下さるタイプだと思うので、頼りにしていれば、大丈夫ですよ!!

国の呼び方って、イメージと違うと、本当にびっくりしますよね。
ペイバもそうですが、私が一番びっくりしたのは、ウェールズがギャルgallesになることです。
プリンス・オブ・ウェールズはプランス・デ・ギャルなので、最初、「フランス・ギャル」と区別がつきませんでした!!
あと、「アンド」がインドIndeなのかアンデスAndesなのか分からない時があります。
| サラ | 2010/03/05 7:11 PM |











このページの先頭へ