国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「ゲフー」の理由は? | main | 娘の「保護者」? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アラブ風・鶏肉のレモン煮込み
先日、お問い合わせを頂いて以来、遅くなってしまいましたが、レモンを使用したアラブ風の鶏肉料理をご紹介します。

アラブ風といっても、私が持っているモロッコ料理やアルジェリア料理の本のレシピとは、かなり違うので、その点はご了承ください…

私の本に載っている本格的なアラブ・レシピは、どれも意外と面倒なプロセスが多くて…なかなか取り組めずにいます。

このレシピは、簡略バージョンではありますが、味はとても美味しくできるので…

本格的でなくてもいいので、簡単にちょっといつもと違うものを作ってみたい、という方に、おすすめです!

アラブ風・鶏肉のレモン煮の作り方

材料
鶏肉1kg
無農薬レモン2個
たまねぎ1個
しょうが20g
にんにく1かけ
ドライ・アプリコット100g
ワインビネガー100ml(穀物酢でもOKだと思います…)
オリーブオイル適量
砂糖大さじ1
塩・コショウ
チキンブイヨン半分
お好みの野菜(ナスなど)
オリーブ適量
唐辛子・ハリッサ(アラブ版唐辛子みそ、といった感じ)などお好みで適量


鳥もも肉の切り分け写真
1)まず、鶏肉を切り分けます(下記の注へ!)

あと、たまねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りします。


鳥もも肉料理中の写真
2)上の写真で切り分けた鶏もも肉を、油を敷いたフライパンで焼いています。


3)同時進行で、沸騰させたお湯で、レモンを5分ぐらいゆでます。

5分後、冷水に取り、さめたら縦4つ切りにします。


4)焼いた鶏肉を取り出したフライパンに、たまねぎ、にんにく、しょうがを入れて炒めます。

実は、最近、ちょっと深さのあるキャセロール鍋を壊してしまったので、普通のフライパンでお肉だけ焼いて、それから、別の深鍋に移動しました(笑)


5)鶏肉を戻して、砂糖、唐辛子を入れ、5分炒めてから、レモンと酢を足し、また5分待ちます。


6)液体(酢)が半量になったら、チキンブイヨンと水(分量外)200mlを入れて、ふたをして20〜30分煮ます。

7)煮込んだところにゴロゴロっと切った野菜(私はナスを入れましたが、ズッキーニやカブなどでもいいと思います)とオリーブとアプリコットを入れ、また10〜15分煮ます。

ふたをせずに、汁が煮詰まるようにします。

ブルゴール(固めのクスクス)写真
できあがり写真です。

クスクスにぴったりだと思います。

この日は、クスクスと玄米の間みたいなブルクールというやつを付けあわせて見ました。


(注!)

話がズレますが…

海外にお住まいの皆さん、鶏のもも肉って、どうやって切り分けられていますか??

フランスでは、日本の鶏もも肉みたいに骨なしでペロンと一枚になっておらず、骨付き鶏もも肉として売っているので、フライド・チキンや煮込みなど、骨付きのまんまで料理するか、がんばって骨を取るけど、かなり骨に肉が残ってもったいなくて、それを煮込みなどに使ったりするなど、苦労しています。

以前は、煮物にするにも、「食べやすいように…」と、しこしこと骨を取って、切り分けていましたが…

最近では、単に関節(ひじ?)のところを、出刃包丁がつん!と切って、2つに分けて、煮物などにしています。

あと、うちの夫は、骨付きが嫌いなので、お肉屋さんに行った時に、鶏もも肉を何本かと、胸肉を何枚か一緒に買って、まぜて使用したりもしています。


余計な話が長くなってしまいましたが…

 JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
| サラ | フレンチな台所仕事 | 10:39 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:39 | - | - |
うん、美味しそうなチキン。次回挑戦してみます。。

こちらもチキンは、ホールで売っているのでお店で解体してもらってきます。日本で売っているようなモモ肉のカットなんてお目にかかれません。
でもAssado(丸焼き)の時は、そこでバチンバチンと2つに切ってもらい忘れると家で自分でキッチンバサミできる羽目になります。これが結構面倒ですね。
| Gabbyna | 2010/03/12 12:28 PM |

■Gabbynaさん、

ブラジルだと、鶏丸ごと売りなんですね…

フランスは、ホールで買うこともできますが、スーパーでも肉屋さんでも、一応解体された部位別に購入が可能です。

私はどうも怖くて、ホールは購入したことがありません…
| サラ | 2010/03/12 5:26 PM |

大変ご無沙汰しています。
おいしそうなレシピに惹かれて出てきました。ドイツも鶏肉は、もも肉、胸肉、手羽肉などの部位、そして丸ごとと売っています。もも肉も日本人が沢山住んでいる町のお肉屋さんだと、日本のような骨をとったもも肉があるようですが、普通のお肉屋さんでは見かけません。また鶏ひき肉はみかけたことがないのですが、そちらではありますか?うちも丸ごと買ってローストチキンを作ったりするとは、夫が塩胡椒担当です。
| オミ | 2010/03/12 6:12 PM |

■オミさん、

お久しぶりです!お元気ですか?
長々しいレシピですが、すごく簡単ですよ!
機会があれば、作ってみてくださいね。

パリでも、日本人過密地区の肉屋さんは、ももの骨を取ってくれる場合がある、と聞きました。

鶏ひき肉は、普通のフランスのお店では見たことないですね。
よく考えてみると、鶏のひき肉を使うフランス料理というのは、聞いたことがないような…
私も、あまり鶏ひき肉を使った料理は作らないのですが、たまにいるときは、自分でミキサーにかけていますよ。
久しぶりに「つくね鍋」でも作りたくなりました!!

豚ひき肉は、お肉屋さんによって、頼むとやってくれる場合もあるのですが、これも、牛肉用とパーツを取り替えて挽いてくれるので、あまり少量だと申し訳ない気がして、大概は、脂身の多い部位を包丁で軽く切っておいて、自分でミキサーにかけて、餃子などを作っています。
| サラ | 2010/03/12 6:26 PM |

おいしそうなレシピ、ありがとうございます。
近いうちに試してみます♪

こちらでは、骨付き&カットしたモモ肉と骨なしとホールがあります。(つまり全部ですね・・・)

国ごとに違っていて興味深いです。
| える | 2010/03/13 1:27 AM |

サラさん、お返事ありがとうございました。
お蔭様で元気にしています。子供達が交代で風邪をひいて休んでいたので、その相手をしていて疲労気味でした。でも幼稚園に行くようになって、ほっとしています。

ところで、豚ひき肉は、あまり食べられていないのですね。こちらでは豚ひき肉は普通の店で売っています。新鮮(らしい)生の豚ひき肉と玉ねぎのみじん切りを混ぜ、塩胡椒で味付けしたものをパンにのせて食べるというのを知ったときは驚きました。豚肉は寄生虫がいるかもしれないから、生では食べてはいけないと習った覚えがあったものですから。ところ変わればですね。
| オミ | 2010/03/13 5:51 AM |

■えるさん、

色んな種類が手に入っていいですね。
料理によっては、がぜん「骨なし」の方が食べやすいですよね!

このレシピは、かなり煮込んでしまうので、骨からスッと離れます。
お酢の効果もあるんだと思いますが…
機会があったら、ぜひ試してみてくださいね♪
| サラ | 2010/03/14 8:33 PM |

■オミさん、

お子さんたちの病気、大変でしたね。
子供も可哀想だし、親も、いつもの何倍も疲れますよね…

ドイツでは、豚ひき肉を生で食べるんですか?!?
それは、初めて聞きました。
というか、豚は絶対生で食べてはいけないと聞いて、これまで、豚さんの時は神経質に火を通していましたが…
よく考えると、豚でお腹を壊したという話は聞いたことがないような…
生や生焼けの豚肉を食べたことが多分ないからかもしれませんが…

もしかしたら、生食用?は、超低温に冷凍するなど、何らかの処理をしているのかもしれませんね。
| サラ | 2010/03/14 8:37 PM |

サラさんこんばんは!
美味しそうなお料理〜!!
肉食の私にはたまらない御馳走です(^¬^)
こんな時間にお腹がすいてきちゃった〜(ただ今、夜11時です!)
サラさんの生活は何もかもオシャレだな〜と思いながらブログを拝見してましたが、お料理までもオシャレなんですね〜。
海外に住む私の友人はずいぶん食事に苦労しているようですが、サラさんはすごく楽しんでらっしゃるのですね。
サラさん家でも、時々はこてこての和食が登場することもあるのかしら。
また遊びに来ま〜す♪^^
| *トモ* | 2010/03/14 11:04 PM |

■トモさん、

こんにちは!
お忙しいのに、いらして頂いたんですね!

うちの生活は、子供が散らかしたオモチャを拾ったり、食べこぼしを片付けたりして、ぜんぜん「オシャレ」じゃないですよ…(笑)

私はかなり「雑食」なので、どこで何を食べても生きていけるタイプなんですが、やっぱり、コテコテの和食(特に、プロの人が作ってくれるもの)が食べたいです。

なにしろうちの夫がお豆腐好きなので、和食は良く作りますよ。
あまり砂糖を入れなければ、だいたい何でも大丈夫みたいです。
ひじきの煮物やシイタケも平気で食べてくれます。
(納豆だけは、なかなか駄目みたいですが…)
| サラ | 2010/03/14 11:19 PM |











このページの先頭へ