国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< IUD体験記(2) | main | お庭で「ピクニック」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ホワイト・アスパラガスの調理法
ホワイトアスパラガス処理の写真

フランスは、この数日、天気が急に悪くなってしまいましたが・・・

2週間前の週末に、初夏のようないい天気だったので、おじさんの家の庭で、ピクニックをしました。

いつも行くマルシェのお店で、旬のホワイト・アスパラガスが出ていたので、買ってみました。

日本で売っているグリーン・アスパラガスよりも、ずっと太くて迫力があります。

10本ぐらい、と言ったのですが、実は、茎のところがつながっていて、2本がまとまって1本になっており、10本で1kgぐらいありました。


ホワイト・アスパラガスの準備法は、いろいろとあるようなのですが・・・

私は、まず、下の3分の1ぐらいを切り落として、残った茎のこれまた3分の1ぐらいの皮をナイフでそいでから、半分に切って、沸騰した塩水でゆでています。


うちの夫は、市販のマヨネーズが嫌いなので(フランスの市販のマヨネーズはあまり美味しくないので・・・)、あまり買わないのですが、今回、ホワイト・アスパラガスは自家製マヨネーズで食べたい、と言うので、初めてマヨネーズ作りに挑戦しました。

夫のママンの料理本を参考に作ったのですが、見事に失敗。

そこにやってきた料理上手のおばさんが、途中から参戦してくれたのですが・・・

いい感じに持ち直したのですが、お酢と油の足すタイミングが良くなかったらしくて・・・

結局、固まらず、失敗に終わりました。

マヨネーズって、固まらないと、単なる卵液の入ったドレッシング、という感じで、あまり美味しくなかったので、バルサミコ酢をかけて食べました。

幸い、ホワイト・アスパラガス自体がとても美味しかったので、何も付けずに食べても美味しいほどでした。

フレンチ・ピクニックのテーブルセッティング2
ピクニック」といっても、レジャー・シートが出てくるタイプではなくて、庭にテーブルを出して、椅子に座って普通の食事でしたが、なかなかいい感じでした。


 JUGEMテーマ:家庭
| サラ | フレンチな台所仕事 | 20:21 | comments(10) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:21 | - | - |
偶然ですが私も昨日マヨネーズを作りました^ ^
私はケーキ用の電動ミキサーを使うので、3分で出来ますよ。

・卵黄 1個
・砂糖 小2/1
・塩 小1
・胡椒 お好みで
・酢 大1

これらをさっと混ぜて、そこに油を1カップ位?
硬さと味を見ながら注ぎつつ、ミキサーでガーっと混ぜて出来上がり。
これが私がいつも使ってるレシピですが、
フープロでもブレンダーでも出来るのでよければお試しを・・・
| momo | 2010/05/06 11:00 PM |

■momoさん、

ありがとうございます。
今度やってみます!

私も、ケーキ用のミキサーを使ったのですが、レシピが間違っていたようです。

お料理上手のおばさんの場合、まず卵黄とマスタードを混ぜて、これがもったりしてきたら、お酢を足し、油を加えるというものでした。
| サラ | 2010/05/07 12:25 AM |

ホワイトアスパラガスって何気に難しいです。
以前、スーパーで購入して食べた時は、あまりに筋っぽくて、皮剥きが足りなかった事を実感しました。
今年、前回トラウマを払しょくすべく、ホワイトアスパラを調理してみたんですが、やっぱり筋っぽさが残ってしまいました。。。

皮は出来る限り削いだ方がいいんでしょうか?


何もつけずに食べてもおいしいホワイトアスパラ、私も是非食べてみたいです。
| コカゲ | 2010/05/07 4:51 AM |

ホワイトアスパラがこのようにデ〜ンと売っているのは、羨ましいものです。ほんと、食べたいなぁ。

マヨネーズも自家製、なんか、いいですね。
私は、ピクニックなんかしたことがないからこのテーブル風景だけでも羨ましいですよ。
| Gabbyna | 2010/05/07 12:57 PM |

再び失礼します・・・

私のレシピはあくまで日本のマヨ味なのでマスタードは入りませんが、
夫が食べる時はマスタードと混ぜて出してます。

ちなみに夫はグリーンアスパラがずっと苦手だったのですが、
私が知らずにマリネ風のサラダにして出したところ、
嫌いだと言えずに一口食べたら全然おいしく食べられてびっくりしたと言っていました。
これは単にフランス式のクタクタになるまでアスパラを煮るというのが、
夫の口には合わなかったようで、
ちょうど火が入ったところで適度な硬さを残せば全然食べられるみたいでした。

あとこれもフランス式なのか、義母だけなのか
ちょっと別の方のコメともかぶるかんじもしますが、
アスパラの皮も剥かず、下の硬いところも切り落とさず、
各自お皿の上で硬いところを取り除くっていうのも、
夫は嫌いみたいで、実家では絶対食べません。

でもホワイトアスパラはしっかり目に茹でた方がおいしいですよね〜
最近では誰も頼んでないのに夫が勝手に買い物ついでにアスパラを買ってくるのですが、
せっかく旬なので今度はホワイトアスパラを買ってきてもらおうと思います☆

でも実はホワイトアスパラも嫌いだったりして・・・(笑)
| momo | 2010/05/07 3:45 PM |

■コカゲさん、

ホワイトアスパラの茎が堅くて筋ばかりだと、美味しくないですよね!

フランスのお料理の本には、皮をむく、とは書いていないのですが、私は、だいたい上に書いたぐらいの比率で皮をむいて、今のところ、だいたい筋っぽくなく食べられています。

でも、一番大切なのは、新鮮でやわらかそうなホワイトアスパラを購入することかもしれません。
私は、市場でおなじみのおじさんが、新鮮だと薦めてくれたときに買うことが多いです。
スーパーのは、なんか堅そうで、買ったことがありません。

コカゲさんのおうちの近所で、新鮮そうなマルシェがあったら、ぜひ試してみてください!
| サラ | 2010/05/07 4:53 PM |

■Gabbynaさん、

マヨネーズは自家製、と気負ってるだけで、失敗だったんですけどね(笑)

ホワイトアスパラは、旬のものなので、ほんとうに一時期しか出回りません。
グリーン・アスパラガスとは、全く風味も違うし、別の野菜みたいです。

私も、日本では、ビンに入ってる「アオハタ」とかのホワイトアスパラしか食べたことがなかったので、結構ビックリしました。
| サラ | 2010/05/07 4:55 PM |

■momoさん、

昨日のレシピを拝見して、そんなに簡単なら、と思って、早速、もう一度チャレンジしたんですが、また失敗しました・・・

フード・プロセッサーに泡だて器を付けて、かき混ぜたんですが、容器の大きさがあっていなかったのかな??

でも、懲りずにケーキ用の泡だて器でまたそのうち挑戦してみたいです。

フランスの野菜のゆで方は、グタグタですよね・・・
インゲンをクタクタにゆですぎたのに、更にバターで炒めるのには参りました(笑)
アスパラなんて、ゆですぎて、頭が取れちゃってますものね・・・

momoさんのご主人は、野菜の概念が変わったかもしれませんね。
うちの夫は、「アジアに行って、初めて、生ゆでの野菜を食べて、ちゃんと食べられてビックリした」、とか、そんなことを言っていましたよ。
| サラ | 2010/05/07 4:59 PM |

こんにちは!
IUDから、体の調子はどうですか?

白のアスパラガスはあまりみかけないです。わたしも自家製のマヨネーズに挑戦したことがあるんですが、全然かたまりませんでした。
| ママベア | 2010/05/09 6:35 AM |

■ママベアさん、

ありがとうございます。
調子が悪かったのは当日と翌日だけで、今は元通りです。

白いアスパラガスは、ファーマーズ・マーケットなどでは出ていないんでしょうか??
手作りマヨネーズは、フランスだと、「OOだと失敗する」ということわざ?が色々とあるそうです・・・
究極の絶対うまくいく方法が見つかったら、お知らせしますね!!
| サラ | 2010/05/09 9:57 PM |











このページの先頭へ