国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 魚の骨! | main | 可愛い「くしゃみ」をする方法? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
中国のお茶卵
 中国茶たまごミックスの箱写真
うちの夫には、台湾のお友達がいるんですが・・・

あるとき、

台湾のコンビニに売ってるお茶フレーバーの卵がまた食べたい。作り方を教えて!

とメールしたら、お茶と香辛料がティーバックに入ってセットになっているものを、わざわざ送ってくれました。


箱の後ろに書いてある、つたない英語のレシピを見ると、まず、

1)卵20個をゆでる・・・

で始まるので、その時点で、大量に人が来るときにしないと、卵20個も食べられないよね・・・と挫折していました。

ところが、奇しくも、フランス人のお友達が遊びに来たときに、日本人に習ったといって、「お茶卵」を持ってきてくれました。

中国茶たまごの作り方

ただし、この人のレシピは、中国茶ではなく紅茶で、だしやしょうゆで煮てあるものだそうです。

ちなみに、作り方は、ゆで卵を殻ごとお茶と香辛料(私の持っている上の箱には、シナモン、クローブ、スターアニスと他の中国の香辛料が入っていると書いてありました)を入れた鍋でゆでて、途中で殻に割れ目を入れて、それからまた漬け汁につけたまま、ゆでると、殻を取ったときに、こういうくもの巣みたいな模様になるのだそうです。

自分では、まだチャレンジしていないので、近いうちに人が来るときにでも、やってみたいです。

夫によると、台湾のコンビニのレジには、炊飯器みたいなお茶卵の保温機が置いてあって、卵とお茶とスパイスの混じった、えもいわれぬいい匂い?が常に漂っているのだそうです・・・


| サラ | フレンチな台所仕事 | 16:13 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:13 | - | - |
懐かしい〜!!
私は香港と台湾に住んでいたので、お茶玉子大好きですよ〜!仕事帰りとか、小腹が空いたときによく買ったなぁ(笑)。コンビニだけでなく、街角の漢方茶のお店にも昔の電気炊飯器に保温して売ってましたよー。もともとは中国・潮州地方の料理で玉子だけでなく、チキンドラムや手羽先、水気を極力切った木綿豆腐などを一緒に煮ても美味しいですよ!香港ではそうやって調理してました。

最近、これの「恐竜のたまご」という名前でレシピがあるのを発見しました!なるほど、そう見えるかも・・・。
| ちょんちょん | 2010/05/26 11:36 AM |

■ちょんちょんさん、

香港と台湾にお住まいだったのですね!
美味しいものが沢山ありそうで、羨ましいです!!

ゆで卵と鶏肉を一緒にお酢で煮る料理は、時々作るのですが、お茶卵のレシピでも鶏肉を入れたら美味しくできそうですね。
いいアイディアをありがとうございます。

フランス人のお友達は、日本人の知人に「ドラゴンたまご」という名前の料理だと教えてもらった、と言っていたのですが・・・
個人的には、これは日本料理か?と言われると、ちょっと抵抗があります(笑)
| サラ | 2010/05/26 5:40 PM |

意外かもしれませんが、台湾食のほうが当たりはずれがなくて、日本人の味覚に近い気がします(鰹節や昆布だしを家庭料理でも使うし、味付けも繊細な感じ)。国民性や香港では自分の好みの味のレストランを探すのに苦労しました(笑)。

う〜ん、この玉子料理が日本料理かといえばビミョーですが、家庭料理の中には入るかも!? ギョーザもパスタも日本の家庭料理ですから・・・(笑)。
| ちょんちょん | 2010/06/01 8:18 AM |

■ちょんちょんさん、

台湾では、和風の「だし」を使うんですね。
知りませんでした!

最近、香港に住んでいるフランス人の友達が遊びに来たのですが、彼も以前は台湾に住んでいて、台湾のほうが、レストランが安いし美味しかった、と言っていました。

家庭料理・・・うーん・・・
私が良く知らないだけかもしれませんが・・・餃子に比べると、普及度には、ちょっとギャップがある気がします。
| サラ | 2010/06/01 4:33 PM |

ご無沙汰していました。
お茶卵、咄嗟にスパイダーマン!?を連想してしまいましたが、きっと美味しいのでしょうね!卵大好きです。^^

上の記事のことですが、うちの次男のくしゃみは漫画のような「くしゅん」というくしゃみなんですよ。可愛くてうらやましいのです。(笑)
私のくしゃみは迫力があるので家族からは「えぇ〜 びっくりした、やめてよぉ」と煙たがられます。
何度か可愛らしいくしゃみにトライしたことはあるのですが、舌を噛んだり鼻が出たりで(汚くてすみません〜)いいことありませんでしたよ。
| T | 2010/06/06 8:20 AM |

■Tさん、

R君は、天然で可愛いクシャミができるんですね〜!!
うらやましい〜!!
S君はどうですか?
遺伝とかもあるんでしょうか???

この話を書いて以来、なんとなくクシャミを意識するようになりましたが、自分で調節できるのは、「はっくしょん」とはっきり有声音が響かないようにできるだけで、逆に、「ベクチン」と言う感じで、不潔感のある音になってしまうことが分かりました(笑)

うちの娘は、クシャミがかわいくない上に、必ず鼻が出るみたいで、クシャミをすると、すぐに鼻を押さえてティッシュを探し回ります(こちらも汚くてすみません!)
| サラ | 2010/06/08 4:14 PM |

遺伝は無いでしょうねぇ。
SのくしゃみはRよりも可愛らしいですから。(遠慮がちに"くちゅっ" という感じなんですよ。よく舌や頬の内側を噛まないものだわ〜といつも思います:笑)

そうよね、きっと濁音になりますよね!
娘さん・・・鼻水はまずいでしょう まだお若いんだし。(年齢が増えたから鼻水OKってことでもないですけれど!?:笑)

ジョジョくん、ご挨拶ができるようになってよかったですね!
大人の本音を雰囲気で感じとったのかな。(笑)
うちの次男もそう、いくら言い聞かせても幼稚園ではハローもサンキューも言わないんですよ。家では言えるのにどうしてあんなに頑なかなぁ。不思議です。
| T | 2010/06/11 12:52 AM |

■Tさん、

S君もR君も可愛いクシャミなんて、うらやましい!!
うちの娘は、もともと鼻水が出やすい人なのですが、鼻を押さえてティッシュを探す姿は、さすがに女子高生としては恥ずかしいですね。

最近、意識して、消音してみようと色々やってみましたが、やっぱり「はっくしょん」と発音したほうが、スッキリ感が強いような気がしています・・・

ジョジョ君は、ボンジュールは言えるようになったものの、都合の悪い話は、顔を背けて、無視するというのが続いています。
先生も、学期末が来る日を、さぞ、指折り数えていることでしょう(笑)
| サラ | 2010/06/11 4:07 PM |

お茶卵!おいしいですよね、私が住んでるのは、台湾近くの中国の大陸ですが、食べ物が台湾と似てます。そこらじゅうにこの卵売ってます。
20個以上(?)がんがんゆでて売ってます。あはは。
 
パリの脱毛できる場所、教えていただきありがとうございました。
結局、フランス語できないので、上海へ出向いて、脱毛してきましたー!
サラさんのブログ面白くって、一人でげらげら笑ってしまうこともしばしば。。。 
| kei | 2010/07/14 9:10 AM |

■keiさん、

面白く読んで頂いて、とても嬉しいです!

お茶卵、先日やっと思い立って作りましたよ!
オリジナルを知らないのですが、家庭でも、それなりに美味しくできました。

ただし、卵の殻の内側に薄皮があって、それを壊していなかったので、薄皮がついた状態では、上の卵みたいにスパイダー・マン状に仕上がったものの、薄皮をむいたら、なんか薄ベージュの均一な色になってしまいました。

上の方のコメントを参考に、最初は、鶏肉も一緒に煮てみたのですが、段々カフェインが心配になってきて、最後は卵と鶏肉は分けて煮ることにしました。

パリの脱毛の件、やはりフランス語がある程度できないと、ちょっとお薦めできないな、と思って、気になっていたので、上海に行かれて正解だったと思いますよ!
中国の脱毛事情は、どんな感じなんですか??
| サラ | 2010/07/14 5:03 PM |

私、この卵自分で作ったことないです!簡単そうだけど、奥が深いんですねぇ。。鶏と煮るのおいしそうです。

上海の脱毛は、いつも、日本の美容外科と同じ脱毛器を使ってるところでやってます。(日本の会社なのか不明ですが。たぶん、日本の?かな??)

内容もやり方も日本とあんまり変わらないですよ。ここのレーザーは、痛くないです!他の場所は、噂に聞くと、痛そうなので怖くて行かれません・・・。

21日からフランスへ行きます。サラさんのBLOGを見て、いろいろ行きたいとこと、食べたいものが増えました〜♪
| kei | 2010/07/15 7:41 AM |

■keiさん、

日本の美容外科と同じマシーンだったら、なんとなく安心な気がしますね。

日本だと、脱毛前にジェルを塗ったり、脱毛後に冷却材を使ったりしていましたが、フランスだとそういうのはゼロです。
以前のブログにも書きましたが、やけど薬のチューブが「でーん!!」と置いてあって、「冷却材とかはないけど、これを塗って帰れ!」っていう感じでした。

フランスのご滞在、楽しんできてくださいね。
言葉がままならないと、不自由に感じられることもあるかもしれませんが・・・
カタコトでも、フランス語の挨拶をすると、喜ばれますよ。
| サラ | 2010/07/15 4:26 PM |











このページの先頭へ