国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 可愛い「くしゃみ」をする方法? | main | 僕の辞書に「キザ」という言葉はない!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスの幼稚園日記
うちのジョジョ君は、今年、幼稚園(3年保育)の年少組なんですが・・・

新学期(フランスは9月から)に、先生にどうしても朝の挨拶ができず、いつも、挨拶する先生を無視して、おもちゃのほうに走っていくジョジョ君をつかまえて、

ちゃんとボンジュールって言いなさい!!

と叱っていたら、年配の先生に、

年が明ける頃には、みんな言うようになるから、心配しないで!

あまり強制したら、幼稚園が嫌いになるから、叱ってはダメよ!

というアドバイスでした。

ところが、年が明けても、ジョジョ君のかたくなな態度は、変わりませんでした。

相変わらず、先生が来ると、無視して逃げ出し、勝手に遊びだすのでした。

それでも、先生は、

大丈夫、イースター(4月)の休み明けには、みんな挨拶が出来るようになるのよ!

とニコニコしていました。

でも、イースター過ぎても、何の変わりも見られず・・・

そのうち、先生は、毎朝、ジョジョ君を角に追いやって、逃げられないようにブロックしてから、しゃがんでジョジョ君の目をジーっと見ながら、

ボンジュール!」と言うように・・・

私は、日本人的感覚で、

・・・恥ずかしいから、挨拶ぐらいちゃんとしてほしい!

と気が焦りますが、夫に話すと、

先生がなんとかするって言ってるんだから、いいじゃないか!

と全く気にしていない様子。

ところが、最近、先生のほうで、さすがに嫌気がさしたのか・・・

マダム、ちょっと話があるんだけど・・・

と隅っこに呼ばれて、苦情を言われました。

それによると、最近、先生の言うことを全然聞かず、片付けもしないし、子供全員で一緒にやる活動も、隅っこのほうで別の遊びをしていることが多い・・・

危ない遊びをしているので、注意しても、全然、やめようとしない・・・

・・・とのことで、その場に一緒にいたジョジョ君に、

あなたのことよ!何の話か、分かってるわよね!!

と言い含めるのでした。

ジョジョ君は相変わらず、無視していましたが・・・

おまけに、その話をされたのは5月の初旬だったのですが、

あと2ヶ月間(学校は6月末で終了)、ジョジョ君が怪我をしないで、なんとか私のクラスから出て行ってくれるように、と思うと、本当に毎日、気が気じゃないのよ!

と、かなり本音な一言が・・・(苦笑)

かなり乱暴な遊びをするし、既にマイナーな事故を2回起こして、呼び出されているので、先生の気苦労に、申し訳ない気もしましたが、ゆったり構えて・・・と言っていた先生の態度に、以前ほど、余裕がないのが、なんとなく可笑しい気もしました。


ところが、そんな「ならず者」のジョジョ君が、突然、先週から、

ボンジュール、メトレス!」(先生、おはよう)

と、大きな声で挨拶をするようになったのです。

どういう風の吹き回しか分かりませんが、先生は大喜び!!

先生の根気勝ちという感じですが、こっちも、かなりホッとしました・・・

相変わらず、先生の話は、無視しているようですが・・・(笑)

子供のしつけ?って、本当に、時間がかかるものなんだな・・・、と思いました。


 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | フランスの小・中学校、保育園などの話 | 16:51 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:51 | - | - |
こんばんは!
ジョジョくん、元気に挨拶してくれるようになって良かったですね!^^
しかし幼稚園の先生の話・・・ビックリです。
「あなたのことよ!」と本人に言ったり、「怪我をしないで私のクラスを出て行ってくれるように」なんてお母さんに言っちゃうなんて・・・ちょっとひいてしまいました。
それ、本音だとしてもお母さんに言っちゃう??(^^;
今の日本の幼稚園だったら、先生がそんな発言したらすぐに叩かれちゃいそうです。
これも文化の違い??

ところでそらまめくん!
ジョジョくんも好きなのですねー!うちの息子たちも大好きです。(そして私も^^)
ほっこり温かな気持ちになれる絵本ですよね。
遠くに住んでいても、同じ絵本を読んで育っているなんて何だか嬉しいです!

そしてくしゃみの話もおならの話も、御主人の考え方がとっても素敵!
サラさん本当に愛されているのですねー^^
| *トモ* | 2010/06/09 12:19 AM |

■トモさん、

何がきっかけか分かりませんが・・・
挨拶するようになって、日本人な私としては、やっぱりホッとしています。

フランス人は、ジョークめかしたりもしますが、本音で結構キツイことを言いますよ〜
逆に、思ってることを隠して、キレイごとを言う人を嫌う傾向があるようで、フランスに来ても、他人にいい顔して疲れた挙句、フランス人に「感情を偽ってる」とか言われてダブルショックを受ける日本人もいるみたいです・・・

そらまめくん、可愛いですよね!
うちの子も、本物と見比べて、「でも、顔がついてないねー」とか言っていました(笑)
トモさんのお薦めの童話も、ぜひいつか読んでみたいです。
パリにしか日本の本屋さんがないので・・・いつになるか、分かりませんが・・・
| サラ | 2010/06/09 3:35 AM |

ウチの息子も去年は挨拶が出来ませんでした。。毎朝、挨拶をするよう促すんですが、本人、全くその気無し、、、今年になって(今、年中&年少のミックスクラスです)、ようやく先生に挨拶が出来るようになり、私としてもほっとしています。今のクラスの先生はとても厳しいので、息子もビビって挨拶するようになったのかもしれません(笑)

最初はゆったり構えていた先生が、とてもわかりやすく、余裕が無くなっていくのがわかって、私も笑ってしまいました。ジョジョ君、なかなか活発そうですね(笑)
男の子は少し活発な位でちょうどいいと私は思いますが、やっぱり怪我だけは、親としても、先生としても、勘弁という感じですよね。
| コカゲ | 2010/06/09 7:08 PM |

■コカゲさん、

チビ助君は年中クラス(moyenne)なんですね。
この年齢だと、先生との相性がとても大切な気がします。
コカゲさんのブログから、厳しいけど優しそうな先生だという印象を持っていますが??
挨拶が出来るようになって良かったですね。

うちの先生は、説明しながらも、「自分は忍耐強くやってる方だと思う」と弁解していて、それはその通りだし、ありがたいと思ったのですが・・・
「出ていって・・・」というのが、あまりにも本音なので、逆に、笑ってしまいました。

男の子の育児、そうなんですよね〜
長女のときは、誰かのせいで怪我した、というのはありましたが、あまりたいした事故もなく育ちましたが、下の子は、あまりにも乱暴なので、自分もですが、他人に怪我をさせないか、本当に心配です。

昨日も、「友達に頭突きして、本人が鼻血を出しましたから、鼻が汚れていますけど、心配しないでください」、という報告を受けて、恐縮してしまいました…
| サラ | 2010/06/09 7:20 PM |

うちは年長さんです。今年の4月から幼稚園に行き始めましたが、いきなりクラスの子とケンカしたり、女の子にまで手をあげていたようで、先生には要注意幼児に指定されてしまったようでした・・・。
最近になって、ようやく落ち着いてきたようですが、やっぱりはじめはフランス語もほとんど全然わからなくて、本人もパニックになってたのかな、と思いました。

今いっている幼稚園の先生たちは、図書館で日本語とフランス語が併記されている子供用の本(子供用日本語を学ぼう!みたいな本)をかりてきてくれるなど、ちょっと気が利いているのでありがたいです。

やっと友達もできたようですが、もう今月末で卒園、私の都合で小学校は別の市にいく予定なので、また1から友達の作り直しでかわいそうなんですが。がんばってもらいます。
| こたままん | 2010/06/13 6:56 AM |

■こたままんさん、

突然、フランス語の環境に来て、お子さんもビックリしたのでしょうね。
子供によって、慣れるのが早い子と時間がかかる子がいると思います。

でも、あっという間にフランス語は出来るようになると思いますよ。

逆に、日本語の本を読んであげたり、日本語で話させるように心がけていないと、日本語を忘れてしまう年齢かもしれません。

うちは進研ゼミを受講していましたが、毎月、自分宛に色々と面白い教材が届くので、すごく嬉しかったようです。
| サラ | 2010/06/13 6:25 PM |











このページの先頭へ