国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 元シングルマザーとして・・・ | main | ブルサン・チーズとは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスの立ちション事情
フランスに住み始める前に、英語の本で、イギリス人が外国人の不思議な行動を揶揄した「Xenophobia」というシリーズ(だったと思う)のユーモラスなフランス人批判本を読んだのですが・・・

その中で、イギリス人男性は、どうしようもない場合以外は、絶対、立ちションはしない。でも、フランス人は周りに人がいても、トイレがあっても、どこでも平気でする。

というようなことが書いてありました。

本の中のシーンとしては、イギリス人が、フランスの海岸を散歩していて、夕方でロマンティックな雰囲気に感動していると、そこにいたフランス人男性数人が「ボンソワール!」と挨拶してきたので、「ボンソワール!」と挨拶を返しながら、これまたフランスらしい雰囲気に酔っていると、そのフランス人たちが、海に向かって、みんなでジョボジョボ・・・としているのが聞こえて、ものすごく幻滅した、というような話だったのですが・・・

その話を、フランスに住み始めて以来、よく思い出します。
というのも・・・

うちの夫は、森とか山とかに散歩に行ったり、ジョギングしたり、自転車をこいでどっかに行くと、必ず何度も立ちションします。

普段はそんなにマメにトイレに行かないのに、この間、気をつけてみていたら、1時間ぐらいの間に3回ぐらい立ちションをしていました。

自然の中の観光地なんかに行っても、せっかくトイレがあっても、それは「汚いから」といって行かずに、隅っこに立ちションしています。

どこにいっても、少しぐらい周りに人がいても、見えない位置すら確保できれば、おかまいなくしてしまうので、犬のマーキングのような、何らかの本能的行為のようにすら見受けられます。

子供にも、公衆トイレに行かないで、その辺の建物で立ちションをするように薦めています(さすがに、私や娘には薦めていませんが・・・)

あるとき、立ちションする夫に、あまりにもむかついたので、森とか駐車場とかサービスエリアとかで立ちションしている図を写真に撮ってやったら、嫌がっていましたが、それでもいっこうに止める気配がありません。

それ以来、結構、いつも目に付くたびに写真に撮っていたら、「立ちション写真」がたくさんたまってしまいました(苦笑)

・・・さっさと、消去すればいいんですが・・・

(万一、急死したり病気してPCにそんな写真が入っているのを誰かに見られたら「恥」だし・・・)


たしかに、フランスは公衆トイレというものが、日本ほどは普及していません。

おまけに、フランスのトイレの汚さは、日本の一昔前のトイレの汚さの何倍もひどいと思うのですが・・・

それは、フランス人の公衆道徳がなっていないからなのか、立ちションするから、どうせ公衆トイレが汚くてもいい、と思っているのか・・・



 JUGEMテーマ:ぼやき
| サラ | フランスの困ること | 13:02 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:02 | - | - |
面白いトピックですね。うちの旦那も旅をしていると1時間に3回くらいトイレに行くので嫌になったことを思い出しました。公衆トイレを使いたくないのはわかるのなぁ。。でも海にむかって立ちションとは。。フランス人ってロマンティクじゃなかったんでしょうか?むかしヨーロッパを車でたびしているとき途中でとまったガススタンドのトイレがみたこともないトイレできたなかったです。普通の座るところがなかったと思います。汚かったなぁ。。。
| ママベア | 2010/06/18 7:02 AM |

確かに!こちらの人も立ちションが多い、我が旦那も同じです。トイレへ行けって思うけど。。。
こちらのトイレも凄〜〜〜く汚いところが多いようです。
外でするほうが気分がいいとか、男性の生理(野生)的本能なんでしょうかね?!(マーキング?!)

子育てのある時期をシングル・マザーで過ごしたのは、大変だったんじゃないかと思います。私は、母に助けられていたのでいろいろと思うこと、あったけど仕事に逃げていたかも。
今が落ち着いて余裕が出来てよく周りが見えるようになったから気づいたことかもしれませんね。
| Gabbyna | 2010/06/18 11:47 AM |

■ママベアさん、

うちの夫なんて、本人曰く「ロマンティックな性格」ですが、海に向かって立ちションした後で、そこで平気で泳いでいますよ。

物理的に海の量と自分のおしっこの量を比較すれば、汚染という面でも、全く問題ないそうで、気分的にもなんとも思わないんだそうです。

フランスの高速とかでもそうですが、ママベアさんがご覧になった、ガソリン・スタンドのトイレは、いわゆる「トルコ式」というやつじゃなかったですか?
日本の和式のようにしゃがむんですが、日本みたいにちゃんと標的がはっきりしていなくて、単に滑らないように足場だけがついてるので、的を外した結果が散乱していて、非常に汚いです。
| サラ | 2010/06/18 3:52 PM |

■Gabbynaさん、

やっぱり皆さんのだんな様も、外でするんですね・・・
フランス人だけというわけではないんですね。

うちの子も、街中でも、しっかり外でする習慣がつきつつあって、それがちょっとムカつきます。

私も、シングル・マザーの時には、母にすごく世話になりましたよ。
えらそうなことを言っても、結局、周りの人に支えられていたからこそ、だったと思います。
とはいえ、楽しいことも沢山あったし、ああいう経験をしたことは、今となっても本当に良かったと思っています。
| サラ | 2010/06/18 3:56 PM |

うげ〜、あたしフランス人のいるビーチには行きたくない〜!
もう行っちゃってるけど・・・

フランス人とフランスのトイレ事情については私も思うところがあるので書きたいと思っていたところです!

それにしても、メトロの構内やちょっと裏道に入るとどこもかしこもオシッコくさいのは納得いかない!
本当、犬ですよね〜彼らは。。。
| Reshmi | 2010/06/19 4:18 AM |

■Reshmiさん、

パリのメトロは、くさいですよね〜
私が前住んでいたところも、よく、入り口のドアの裏に、わざわざ立ちションしにくる人がいて、困っていました。

Reshmiさんの「トイレ事情分析」も楽しみにしています!
| サラ | 2010/06/19 6:09 PM |

お。うちの相方はイギリス式です。
「ピピー!!!」と叫びながら、家に着くまで我慢してたり
します。こないだ、コンフォラマの駐車場でじょーっとやってる
おっちゃんがいて、「公衆の面前で、大人として恥ずかしい!」
みたいなことを言っていたので、そういうしつけをされて
育ったんでしょうか・・・。

うちには犬が2匹いるのですが、この子らの散歩のときも、
家の入り口付近におしっこしようとすると「そこはあかーん!」
と止めに入ります。
おしっこにこだわりがあるのかもしれません。
今度じっくり聞いてみることにします。
| こたままん | 2010/06/22 2:05 AM |

■こたままんさん、

そうなんですか??
しつけの良い方なんだと思います。

うちの夫にも、インな場所とアウトな場所があるらしく、多分コンフォラマの前でおしっこしてるおじさんなどは、軽蔑してかかると思います(私には、その「違い」が分からない・・・)

うちの子は、それでも、人がすぐ横を通っていると嫌がって、したあとで猛ダッシュしていました。
最近、うちのアパルトマンの前で、家に入るまえに中庭でしたがるので、本当に困っています!!!!
| サラ | 2010/06/22 5:15 PM |

フランスとイギリス、似てるようで考え方や生活習慣が随分違うものですよね。面白い(笑)
こちらにもあまり公衆トイレが無いんですよ。日本のコンビニのようにトイレを貸してくれることもないの。
(近くにサービスステーションがあるとわかっている時以外)ドライブ中はできるだけ水分を摂らないように気をつけなきゃいけなくて、ほんと不便です〜。

どうしても我慢ができなくなって夫が立ちションをしたところを二度見たことがありますよ。(笑)
| T | 2010/06/25 4:16 PM |

■Tさん、

イギリス人のご主人も立ちションするんですね??

でも、うちの夫の場合は「確信犯」(トイレがあってもわざと外にする)なので、その辺がちょっと違うかも・・・

日本ほどトイレが便利な国はあまりないかもしれませんね。

私はやっぱり「外トイレ」は、かなり抵抗がありますが、ドライブ中は、高速道路でなければ、道沿いのカフェに入る以外、トイレにありつけないので、たまに荒地の木の陰とかで、不本意ながら、しています(笑)
| サラ | 2010/06/25 4:29 PM |

初めまして、ここを通りかかったhtsです。以後よろしくお願いします。

>日本ほどトイレが便利な国はあまりないかもしれませんね。
確かに。日本に匹敵するくらいトイレが充実しているのは他にはアメリカぐらいしかなかったはず…。
ただ日本も昔から充実していたわけでもなくて昭和の頃は余り多くなかったはず…。その頃はコンビニはトイレを貸さなかったし、スーパーも大手(ヨーカドー/ジャスコect)を除いてお客様用トイレは設置されていないのが普通だったし。

それが変わり始めたのが90年代でコンビニがトイレを貸すようになったことが日本の公衆トイレの事情が大きく変わることに…。
更にトイレも寒々しい和式から暖かみのあるウォシュレットの洋式へ…(加えて便座クリーナー完備)。
まあそのせいもあってか最近の日本の女の子は人前でも堂々とおトイレにいくようになってしまいましたけどね。
(昭和の頃は人前でお手洗いははしたないとされていたんだけどねえ…。昭和は遠くなりにけりですかねえ…。)
| hts | 2014/11/21 11:12 PM |

■htsさん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

日本も、おっしゃるとおり、昔の公衆トイレは、くさくて汚かったですよね。
日本女子の常識も、だいぶ変わりましたね。
でも、トイレに行かないで我慢しているのは、体に悪そうです・・・

フランスのトイレの汚さは、本当に目を覆いたくなるものがあります。
どうして、そこまで汚すかな、と思うほどです。

しかも、フランス人が日本で撮ってきた写真には、必ずと言っていいほど、トイレの写真があるようです(爆)

アメリカのトイレは、あまりにも便器の高さが高くて、私は背が小さい方ではないんですが、爪先立ちにならないと、座れない感じで、ちょっとビックリしました。
| サラ | 2014/11/25 11:26 PM |











このページの先頭へ