国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 手作りモスバーガー | main | リセエンヌの恋と夫の反応 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
眠いときに、そこまでできるか・・・
フランスに住み始めた頃は、フランス語の文法知識も、ボキャブラリーも足りないので、いつも話をするときは、頭の中がパンクしそうでした。

今は、ずっとフランスに住んで慣れたし、夫とも、日常的にフランス語で会話しているので、あまり考えずにも、自動的に言いたいことが出てくることが多くなりましたが・・・


例えば、寝る前なんかに、すごく眠くて、もうあまり思考回路が働いていないときに、夫は全然眠くなくて、引き続き、なんか話を熱心にしていたりすると、多分、

これが日本語だったら、頭の片隅で聞いて、なんとなく対応できるんだろうけど、フランス語では、さすがに眠いときに、そこまでできないよね・・・

と思ったことがあります。


ところが、そういう状態だったときに、私が、あとでその話を覚えていなかったのを、夫が後日、

耳が悪いんじゃないの?

とからかったので、

私が眠いのに、睡眠妨害しておいて、耳が悪いんじゃないの、はないだろう!

ということで、大爆発しました(笑)


それで、あまりにもむかついたので、平等に外国語で行きましょう、ということで、ふたりとも、翌日は、寝る前に英語で話すことにしました。

ところが、その日も、私の方が早く眠くなってしまいました。

おまけに、夫が、ついさっき言ったことに傷ついたので、

そういうこと言わないでよ、傷ついたからね!

と言おうと思いつつ、半分寝ていたので、英語とフランス語が混ざってしまい、

I am blessed !

と言ってしまい、夫に大笑いされてしまいました。

本当は、「I am hurt」(傷ついた)と言いたかったのに、フランス語の「傷つく」という意味の「blesse(e)」と混じってしまい、「私は祝福されている」という意味になってしまいました

おまけに、夫が「Tant mieux !」(それは良かったね!)と応えたので、更に腹が立ちました。

とはいえ、眠気には勝てず、「くやしー!」と思いつつ、眠ってしまいました。


・・・同じような話ですが、以前に、英語がなんとか話せるフランス人の集団と、アメリカ人と日本人が集まった会議で、フランス人が一所懸命、フランス語なまりの英語で、自分の手落ちを釈明していたときに、

It's not evident

と言ったので、フランス語が分かる人は、皆、笑っていました。

これは、フランス語で、「Ce n'est pas evident」(それは容易なことではない)という表現があるので、それをそのまんま英語にして、「イッツ・ノット・エビデント」とやったのですが、英語の「evident」は、「明白な」とか、「歴然とした」、という意味だけで(その点はフランス語も同じですが)、フランス語と同意の否定形の表現はないのでした・・・
(私が知らないだけかもしれませんが・・・)


 JUGEMテーマ:自分のこと
| サラ | フランスの困ること | 12:05 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:05 | - | - |
わたしはサラさんが大爆発する時が好きです(笑)。似た様な経験していますよ。今となっては英語でしか会話してないのですが、日本語でいうと『真剣に怒っている』というのを英語でそのまま、「I am seriously mad」といったことが昔あり、大笑いされたことがあります。それ以来それがジョークになっています。うちは喧嘩がひどくならないために謝るときは日本語で「めん(ごめんの略)」を言わせています。

英語とフランス語は同じ言葉があるのに別の意味でつかわれていることがあるからアメリカ人を怒らせることもあるそうですよ。

わたしはフランス人の男にはよくカッとされます。合わないみたいですね。
| ママベア | 2010/07/06 2:31 AM |

こちらに来て3ヶ月ですが、いまだに奥様方の会話に入って
ゆけません。なんだかんだで子供は幼稚園を卒園してしまい
ました。(卒園式もなんもなかったんで、親子ともに実感ない
ですが・・・)
9月からの小学校では、ママ友ができるといいなぁーなんて
思っていますが、どうでしょうね。語彙数が足りないので、
相手の言っていることがわからなかったりすると、もうパニック
になっちゃうんですよねー。
それなりに話ができるには何年かかるんでしょう。こればっかりは
場数踏むしかないですよね。

サラさんとこは、サラさんが爆発することが多いんですか?うちは
相方がしょっちゅうなんやかんやで爆発してくれるんで、
私が爆発する暇あんまりないです。爆発された内容でこっちも
売り言葉に買い言葉的な場面はありますが。
個人的には、男性にカリカリされるのって好きじゃないんです
けどねー。私がちんたらしすぎるのかもしれないです。
| こたままん | 2010/07/06 6:50 AM |

■ママベアさん、

あはは、大爆発は月1ペースですよ・・・(爆)

英語では、I am seriously madとは言わないんですね?

フランス語では、他の言語と語源が同じなのに、意味や使用方法が違うものを「faux-amis」(偽の友人)と言います。

例えば、英語のfemaleにあたる言葉がfemelle(フメル)ですが、これは、だいたい動物の雌にしか使わないので、英語でThis female singerとか言っているのを聞くと、フランス人はギョッとするみたいです。
| サラ | 2010/07/06 4:28 PM |

■こたままんさん、

私は、昔っから、ママ友を作るのはあまり得意ではなかったので、フランスに来てからも、自分からは全く努力していません。

でも、それなりに、毎日学校に顔を出していれば、ちょうど時間帯が同じで、ついでに話をするママというのが現れてくるものだと思います。
こたままんさんも、向こうから興味を示して話しかけてくれる人が、きっと現れると思いますよ。

フランスの小学校の場合、学校の前で、下校時間になって、子供が出てくるのを待っていますが、私は、あれがなんとなく苦痛でした。

うちの夫は、よほど挑発しないと爆発しないので、たいがい、私が大爆発して、夫はむっつり黙っている・・・というパターンが多いです。
| サラ | 2010/07/06 4:33 PM |











このページの先頭へ