国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< リセエンヌの恋と夫の反応 | main | 牛のコロンわら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
トマト・ファルシ(トマトの肉詰め)
b_041.jpg 
トマト・ファルシは、フランスに来てから、良く作るようになった、お気に入りのメニューのひとつです。

フランスでは、とても一般的な料理らしくて、肉屋さんやスーパーのデリ・コーナーでも売っていますが、ハンバーグを作るのと同じぐらい簡単で、トマトがたっぷり食べられるので、トマトの季節にも、寒い冬にも、良く作ります。

フランス式のトマト・ファルシの作り方を見ると、「ソーセージ用のひき肉ミックス」(chair a saucisseというものが、肉屋さんで売っています)を使っていますが、得たいが知れないひき肉ミックスは、なんか複雑な味がして、あまり好みでないので、私は、ただの牛ひき肉か、豚挽き肉を混ぜた、いわゆる合い挽き肉を使っています。

豚のひき肉は、フランスでは手に入りにくいのですが、たまに大手スーパー(カルフールなど)にうっているときがあるので、見つけるとまとめ買いして、一回サイズにサランラップで包んで冷凍しています。

これまでずっと手に入りやすい牛肉のみで作っていましたが、やはり合い挽きにしたほうがずっと美味しいです

作り方は、いつもながら、本当に適当ですが…


トマト・ファルシの作り方

1)安定感のあるトマトを選びます。

私はいつもトマト・グラップ(茎がついているトマト)を買います。

キレイに洗ってから、上1/4ぐらいのところで切って、中身をおおまかにティー・スプーンでえぐります

切った上1/4の部分は「ふた」にするので、横に置いておきます。

えぐった種と実は、耐熱容器に取っておきます。

あまりえぐりすぎると、ペラペラになってしまうので、あまりえぐりすぎないようにします。

2)ひき肉に、お好みで玉ねぎ・ニンジン・ピーマン・にんにくの細かいみじん切りを混ぜます
野菜は、全部入れなくても、好きなものだけでもOKです。

3)さらに、ひき肉ミックスに、パン粉を混ぜ、塩コショウで適当に下味をつけます

普通はここで、ナツメグ(フランス語ではミュスカ=muscade)を入れるようですが、私はナツメグの香りがあまり好きでないので、入れません。

4)えぐったあとのトマトの入れ物を、耐熱容器にぎっちり並べます

上の写真のときは、5つしか作っていませんが、普通は、正方形のガラスの容器に、8つとか9つ作ります。

ひき肉ミックスを加え、ギューギューと押して、ちょっと肉が盛り上がるぐらい詰めこみます

5)はみ出した肉の上から、もう一度パン粉を振って、「ふた」を軽く上に乗っけます

ふたの上から軽くオリーブ・オイルをたらし、200度前後のオーブンで、皮がシナシナした感じになるまで(20〜30分程度)焼きます

オーブンで焼くときに、同じタイミングでトマトのえぐった実に、残った詰め物を混ぜて、一緒にオーブンで焼いておくと、翌日にパスタのソースとして使えます。

トマト・ファルシを多めに焼いてしまい、残ったものも、粗く切ってパスタのソースにすることができます。


JUGEMテーマ:海外生活
| サラ | フレンチな台所仕事 | 14:27 | comments(12) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:27 | - | - |
私はトマトをくりぬいた後一晩おいて余計な水分を抜くのですが、
そうすると必要以上にベチャベチャにならず、甘みも増しておいしい気がします^ ^

PS・娘さんの初ボーイフレンド。
お菓子作りが上手って、良いですね(笑)
| momo | 2010/07/08 11:02 PM |

美味しそうー!
サラさんのお料理はいつも美味しそうだし、オシャレですね。我が家には並ばない(作れない)ものばかりです(^^;
手作りモスバーガーもすごく美味しそうでした!
食事作り、いかに手を抜くかばっかり考えてる私はダメですね〜。家族の健康を考えてもうちょっとお料理頑張らないとなぁ。

娘さんの彼氏の話、興味深く読ませていただきました!
筋肉ムキムキなのに趣味はお菓子作り・・・!!
「細マッチョ」や「オトメン」が人気の日本なので、日本にいたらすごくモテるかも!?
早く実物の彼を見た感想お聞きしたいな♪楽しみ(^^)

恋愛の話、母親には出来ても父には出来ないですよね〜。
思春期に「彼氏できたよ」って直接父親に言うってなかなか出来ないことのような・・・。私もそうでしたー!
そういえば結婚の報告をしに実家へ行く時も、母には「結婚しようと思うから彼を連れて行くね」と前もって話したけど、父には母から話してもらったなぁ。(^^;
| *トモ* | 2010/07/09 11:54 PM |

日記内容に関係ないんですが、

☆お誕生日おめでとうございます!☆

ひとつ年を重ねて、もっと素敵になってくださいねー!

って、同年代の私もがんばれ。はい。
| こたままん | 2010/07/11 12:19 AM |

あ〜今回も美味しそうですね!
3,4年マックに行ってなかったので前回コメントした後に、ポテトについて調べてみたのですが、日本にはデラックスポテトはまだ上陸してないようです。

お誕生日だったのですね。おめでとうございます!
これからもサラさんのサイトに訪問するの楽しみにしています☆
| あり | 2010/07/11 1:23 PM |

■momoさん、

くり抜いたトマトを、一晩置く、という方法は知りませんでした。

うちの場合、あまり計画的に料理をしないので(たいがい、夕方、冷蔵庫をのぞいて、あるもので、その晩の献立を考えます・・・)、momoさんの方法は、なかなか実践できなそうですが・・・
| サラ | 2010/07/12 4:46 PM |

■*トモ*さん、

ありがとうございます!
でも、私が、実際に作ってるのを見たら、
「なんだ〜、すごい簡単じゃん!」
と、ガッカリされると思いますよ・・・(笑)

ちなみに、モスバーガーとか納豆とか、日本でなら、簡単に買えるものは、日本にいたら、多分、絶対に作りませんよ・・・(笑)
海外に住んでいると、やむを得ず、食い気に負けて、餃子の皮を作ったりもするわけです。

トモさんも、お母さまの方が話しやすかったですか?
・・・良く考えたら、私も、今の夫を実家に連れて行くときに、母に電話しただけでした。
歴史は繰り返す?ですね・・・(笑)
| サラ | 2010/07/12 4:50 PM |

■こたままんさん、

どうもありがとうございます!
自分でも、今、何歳なのか、よく考えないと分からないことがあります(笑)

お互い、頑張りましょうね。
| サラ | 2010/07/12 4:51 PM |

■ありさん、

どうもありがとうございます!

もう、この年になると、派手に祝ってもらうのも、なんとなく気恥ずかしい感じがします・・・

マックのデラックス・ポテトより何倍も美味しい「ポム・ソテー」の作り方を、今度、載せますね。
| サラ | 2010/07/12 4:53 PM |

全く同じとは行きませんでしたが・・・

先週トライしてみました!

トマトがチョット熟れていたので、
仕上がりは、かなり柔らかくなってしまいましたが、
味はpas malでした(^^)

私はレパートリーが少いので、
(彼に「前の彼女は料理が上手で色々作ってくれた」と、
キツめの冗談を言われるほど(><))
サラさんのレシピがとても参考になります!
| みかん | 2010/07/15 5:03 PM |

■みかんさん、

トマト・ファルシ、作って頂いたのですね!
美味しく食べて頂けたようで、嬉しいです。

彼の皮肉は、ちょっと意地悪ですね〜!
みかんさんが、それで奮闘してくれるタイプだ、と見込んでのことだと思いますが…

フランス人女子に、そんな皮肉を言ったら、
「じゃあ、あんたが料理すれば?」とか
「私の前の彼氏の方が料理が上手かった」とか、色々と泥縄になりそうですが…(笑)
| サラ | 2010/07/15 5:32 PM |

はじめまして。昨日、こちらのブログに出会いました。先日バカンス先で彼(フランス人)の友人のお母さんがトマトファルシを食べさせてくれとても美味しかったので、こちらを参考に作ってみようと思います。他にも豊富なテーマで楽しいブログですね。なかなかPCの前から離れらません。。笑。
また遊びにきます。
| yoko | 2010/08/26 11:42 PM |

■yokoさん、

はじめまして!
ご愛読&コメントどうもありがとうございます。

トマト・ファルシ、フランスでは、スーパーのデリや肉屋さんなどで、できあいの市販品もありますが、自分で作ると、やっぱり美味しいですよ!

フランスにお住まいなんですか?
私は、このグラップ種を使うのが好きですが、フランスには、別のトマトが「ファルシ用」と書いて売ってある場合もあります。
パン粉は、フランスパンをちぎって、牛乳にひたしたもので代用することもできますよ。
ぜひ、作ってみてくださいね!
| サラ | 2010/08/27 1:16 AM |











このページの先頭へ