国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 牛のコロンわら | main | 娘の初めての恋(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
マリアンヌの年の離れた恋人(続々編)
かなり前にご紹介した恋愛の話ですが…

親戚の女の子で、20歳そこそこのマリアンヌが、年の差なんと30歳、しかも、お父さんの親友と付き合っていた…という話の続編です。

マリアンヌの恋人(1) 

マリアンヌの恋人(2)
http://monpetitchou.jugem.jp/?eid=118

家族には以前から公認で付き合っていて、1年ぐらい前からは、彼と一緒に住んでいたのですが、とうとう、この二人、先日、めでたく結婚しました。

私たちが仲良くしているのは、近所に住んでいる夫のおじさん・おばさん(マリアンヌの祖父母に当たる人)なんですが…

彼らにとっては、マリアンヌは初孫でもあり、小さい頃から成績優秀で、とても「いい子ちゃん」だったマリアンヌが、

あんなおじいさんと結婚してしまうなんて…

と、いつまでも嘆くおばさんでした。

とはいえ、彼のほうは離婚経験もあり、結婚式は家族と親友だけでするらしく、私たちは、そんなに普段つきあいもないので、招待されなかったのですが…

当然ながら、おじさん・おばさんは、結婚式に参加することになっていました。


…後日、結婚式から帰ってきたおばさんに、「どうだった?」と聞いたところ…

すべてが素晴らしかったのよ。

新郎があんなに年取ってなければ、もっと良かったんだけど…!

と相変わらず、マリアンヌの彼の年齢にこだわっていました…

うちの夫は、おじさん・おばさんには、前からずっと、マリアンヌの彼が、いいひとで、ふたりが幸せならば、それでいいじゃないか??と言っていたのですが…


実際に、帰り道で、私たちだけになると、

マリアンヌは気が強いから、自分が『結婚したい』と思ったら、なんとしても相手を説得して結婚するタイプなんだろうね…

という話になり…

夫の意見では、

マリアンヌは、怖いもの知らずだし、自分の思ったとおり、初志貫徹でいいけどさ…

50歳超の彼氏のほうは、地方の町で働いていて、マリアンヌとあまり変わらない年齢の子供もいるし、会社の人や友達の手前もあるし、結婚するのは、よほど勇気が行っただろうな…

と言っていました。

まだ付き合ってるだけなら、友達なんかの手前、まあ、親友の娘さんだし、もっと若い男がみつかるまで、とりあえず、お世話しているようなもんだよ、みたいな態度も取れるかもしれないけど、結婚となると、言い訳できないからなあ…

子供にだって、『おまえと年齢があまり変わらないけど、新しいお母さんだよ!』っていうのも、格好がつかないだろうなあ…

その上、

僕が君と別れて、アンヌソフィー(←娘の親友のなかで一番美人な子)と結婚するようなもんだからね…

それを、たとえば、家族とかに紹介するとなると…

やっぱり色々、世間体はまずいだろうな…

と、不思議ないらぬ心配をしていました。

なので、

いや、私と別れてあなたが再婚する相手は、クレア(←娘の親友のなかでは、一番もっさりした、ド近眼めがねの、おたくタイプの子)かもしれないよ…

と言っておきました。

おばさんのほうは、あと何年ぐらい幸せな結婚生活が送れるんだろうか、とか、子供が生まれたら、おとうさんがおじいさんだと思われていじめられないか、とか、子供が生まれたとたんに、彼がぽっくり死んじゃったらどうしよう、とか、でも、逆に、彼が年だから子供ができなくて、マリアンヌは子供が欲しかったら可哀想だとか、彼があと10年ぐらいで老人ぽくなって、若いマリアンヌの人生が介護地獄になったらどうしよう、とか、色々悩みでいっぱいのようでしたが…


JUGEMテーマ:家庭
| サラ | フランス人の恋愛観 | 16:21 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - |
今回の話は、自分の両親(父は1年半前亡くなったので今は
母だけですが)のことのようでした。
うちの場合は、同年代ではありますが、相方が手術の後遺症
持ちなので、結婚するとなると色々大変だと思います。というか
結婚はするなといわれています。一緒にいるのはいいけれど、と。

サラさんとだんなさんのやりとりを見て、うちの家族もこう考えて
いるのかな、色々心配しているんだろうな、と思いました。

家族に祝福されて結婚するのはとっても幸せなことだと思います
し、できれば私もそうしたいのですが・・・。
相方の体調が劇的に変わりでもしない限り、無理なのかな、と
考えたりします。
最終的には自分が決めることなんですけどね・・・。
| こたままん | 2010/07/19 8:15 PM |

旦那様とサラさんの会話のやりとりがおもしろいです(笑)
旦那様的には例えが美人のアンヌソフィーちゃんなんですね(笑)

もしも自分の娘が、、、と想像した場合、、、いくら年の差があっても、娘が決めた、選んだ人なら仕方が無いと思うと思うんですが、本音言っちゃうと、30歳年上は親の立場で考えたら微妙かも。

サラさん、もし、お譲さんが、30歳年上の人と結婚したい!って言ったらどうしますか?
| コカゲ | 2010/07/19 8:20 PM |

■こたままんさん、

皆が納得してくれて…というのは、難しいですよね。

でも、病気とか、後遺症があったとしても、一緒にいる時間を大切にできるのであれば、それが一番大事だと思うんですが…

親に「結婚するな」と言われてしまう、というのは、辛いですね。
でも、フランスに来て、結婚することだけがカップルの形ではない、と思うようになりました。
うちの親は、基本的にあんまり心配しないほうだと思うので、その点は、私はラッキーだったかもしれません。
| サラ | 2010/07/19 8:31 PM |

■コカゲさん、

はっきり言って、かなり、抵抗あると思います。
私は、娘との年の差が20歳ちょっとなので、30歳以上離れていたら、確実に、私より一回り上の相手になってしまいます。

でも、「親のことを考えて、あの人とは、結婚しないでくれ」、みたいなことは、多分、言えないと思います。
やっぱり、本人が決めることだし…

うちの夫は、勝手に妄想する方なのですが、マリアンヌは、どっちかというと、あんまりセクシーなタイプではないので、おたくタイプのほうが、例が適切で、よかったようです(笑)
| サラ | 2010/07/19 8:36 PM |

若い時は、年上の落ち着いた男性に憧れたものですが、実際に結婚となるとしないだろうなぁと思いました。
こちらだとその手の結婚ってあるし、子供も産んじゃうってことがありますが、流石に30差は、ないかもしれないかも。
こちらだと遺産狙いとかに思われますね。
でもって息子から年上の女性と結婚したいといわれたら・・・う〜ん、やっぱり許容範囲があるかも。出来るならやっぱり孫とか見たいしね。
マリアンヌさんが幸せになるかは、今後の問題ですよね。結婚という現実の中で幸せになっていければそれいいとは、思いますが。
| Gabbyna | 2010/07/19 11:43 PM |

■Gabbynaさん、

そうですね。
結婚は、毎日の現実的な生活の積み重ねですものね…

私も、昔、父の年下の友人で、かなり年上の人に憧れたことがありますよ!

男女の組み合わせが逆となると、これもまた微妙ですね…
ジョジョ君が、私と年の変わらない新婦を連れてきたら…どうしよう…(苦笑)

この話のおばさんの近所にも、結構ビックリな話が色々あって、のどかな村なんですが、話題には事欠かないようです。
| サラ | 2010/07/19 11:48 PM |











このページの先頭へ