国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< チュニジア旅行記9 | main | チュニジア旅行記11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
チュニジア旅行記10
 サディカ(Sadika)のキャンドル立て
チュニジアのお土産品は、手作りの可愛いものが結構あるのですが、メディナのお土産やさんに並んでいるものは、キッチュで安っぽいものが多く、わざわざ持ち帰りたいと思うものには、なかなかめぐり合えません。

フランス系またはフランス人とチュニジア人のハーフのオーナーが経営しているお店は、値段はそれなりにするものの、やはり、センスが良かったり、「これこれ!」というツボを押さえている気がします。

上のキャンドル・スタンドは、Sadika(サディカ)という吹きガラスのアーティストのお店で買いました。

ガマルタにガラス工房とブティックがあって、ガラス細工のランプが大量に陳列されています。

ガラス食器も扱っており、それ以外にも、シンプルでとてもセンスの良いキリム織りや、他の織物、アクセサリー、サンダルなど、見どころが多かったです。
サディカのスカーフ
シルクや綿や麻の素敵な手作りのスカーフなども沢山あって、どれもお手頃な値段なので、ついつい欲しくなって、いくつか購入しました。

上のスカーフは綿ですが、手触りがとても良くて、顔映りがとても良いので、気に入って買いました。

サディカとアマラントのフッタ
左は、特別に柔らかい羊毛に絹を織り込んだスカーフ。

右は、以前にご紹介したアマラントの特大フッタ(ハマムで使用するタオル)です。

といっても、ハマムには行かないので、ソファー・カバーに使用する予定。
アマラント・ハマム・ギフトセット写真
アマラントのハマム・ギフト・セットです。

フッタ(タオル)にあかすり用ミトンと、シャンプー、シャワー・ジェルなどがセットになっています。

フッタは、上の黒がベースのものと同じ柄で、サイズと色が違います。

大きいほうのフッタを下において、撮影してみました。

キリム織りのクッションとカーペット
これは、売り物の写真ではありませんが、にぎやかで不均一なのに、なんとなく落ち着く色のセンスが、なかなか可愛いと思いました。

サディカには、かなり可愛いキリムのカーペットも置いていましたが、私も娘も、アレルギーがあるので、カーペットは買いませんでした。

ちなみに、空港の免税区域にも、サディカのショップが入っていますが、すでに税関を越したあとにあるため、ディナールではなくユーロで値段がついており(チュニジア国外には、ディナールを持ち出せないため)、ガマルタのブティックで買うより、5割増し〜2倍ぐらい高く値段が付けられていました。


| サラ | チュニジア旅行 | 17:05 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:05 | - | - |
なんかミステリアスでいいですね。あっちのほうはまったく映画かテレビくらいしか知らないので実際の写真をみるとミステリアスでいいです。ハマスもグーグルして意味がわかりました(無知なわたしです)。あれって実際にお風呂にはいるのかそれともサウナみたいなものなのでしょうか?
| ママベア | 2010/09/07 7:05 AM |

■ママベアさん、

私も、フランスに住み始める前は、何も知りませんでしたよ。

ちなみに、「ハマス」じゃなくて「ハマム」ですよ〜!

ハマムは、日本風に、ドブーンとお風呂に入る・・・、というのはなくて、お湯が隣に沢山あるところで、体をごしごし洗う、という感じです。

いわば、日本の浴場の洗い場はあるけど、お風呂はお湯を汲むだけで、入れないバージョン、という感じでしょうか。

実際には、敬虔なイスラム教徒は、同性だけの場でも、アングルのトルコ風呂の絵みたいには、素っ裸にならないようで、お風呂用の下着と、こういうタオルを使うのだそうです。

私は、チュニジアではハマムには行かなかったのですが、パリのハマムでも、みんな水着などを着用していました。

お願いすると、係りの人が、韓国アカスリみたいに、ミトンと黒い石鹸でゴシゴシやってくれたり、オイル・マッサージをしてくれます。
| サラ | 2010/09/07 4:33 PM |

キリムのカーペット可愛いです!
でもああいったものはセンスが問われそうで買うのは少し怖いですね〜(笑゙
ハマムもやってみたい!!
| chika | 2010/09/07 8:36 PM |

■chikaさん、

ハマムは、モノのためしに行く分には、とても面白いですよ!

パリでも、モスケ・ド・パリ(パリのモスク)に併設されているハマムなら、気軽に行けます。

でも、日本人のお風呂に首までつかる感覚からすると、あまり満足がいかないかもしれません(笑)

キリムのカーペットとか、カラフルなクッション・カバーとか、可愛いものは沢山あるんですが、おっしゃるとおり、コーデが難しいかも。

部屋全体のバランスを考えると、他のインテリアがモノトーンとか黒がベースなどだと、上手な引き立て役になるかもしれません!
| サラ | 2010/09/07 8:42 PM |











このページの先頭へ