国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< イスタンブールに行ってきます! | main | イスタンブールの裏舞台 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
イスタンブール日記1
何かに誘われるような気がして、ついふらっとイスタンブール行きを決断したものの、お友達にも恵まれ、とてもとても楽しい旅でした!


とはいえ、順風満帆というわけには行かず…

出発する数日前に、出発日にフランスで全国ストがあることが判明しました。

フランス国鉄(SNFC)と全国の空港もストに入ることが明らかになっており、まず、空港までも電車で行く予定だったのですが、インターネットで確認すると、当日の朝に出て間に合う電車は、ひとつも運行されていませんでした。

それが、当日に分かったら悲劇ですが、幸い、全国ストの場合は前もって分かるため、前日にSNCFのオフィスに行って、前日夜のチケットに引き換え変えてもらうことができたので、前日に出発し、夫のいとこの家に泊めてもらったのでした。

とはいえ、翌日の飛行機も、出るのかどうか・・・

不安な気持ちで、やることもないし、ストで押し合いへしあいしているかも、と思ったので、出発の4時間も前に空港に行ってみたところ…

フランスの空港ストライキ情報
出発当日の空港の出発便の掲示板の写真です。

赤になっている便は「キャンセル」と書いてあり、さすがに、

えーっこんなにキャンセル!!!

とビックリしたのですが、不思議なことに、私が乗る便は、通常運行で、若干は遅れたものの、ちゃんと飛び立ち、イスタンブールに到着することができたのでした!!


・・・ちゃんと、到着できたことが夢のようでした。

2日ぐらいずっと心配だったりして、たびぃ。さんの素敵なお宅に到着したあとも、なんだか胸がいっぱいで、せっかくたびぃ。さんが用意してくれた、美味しい親子丼のごはんを最後まで食べきれず、残してしまう始末でした。


翌日からは、ベリーダンスの3日間のワークショップにたびぃ。さんと、パリから来ていたReshmiさんと3人で参加しました。


ワークショップの話は、ベリーダンスのほうのブログに書こうと思っていますが、こんなに一日中踊っていたのに、飽きもせずバテもせず、本当にずっとずっと充実して、楽しくてたまらなかったです。

先生も、ベリーダンス界では「ヨー様」といえば、泣く子も黙る(?)すごい先生に無謀にも習いに行ってしまったのですが・・・

写真で見たら、気難しそうな人だろうな、と思ったのですが、実際には、終始にこやかで、おまけに、踊り始めるとすごいオーラで、まったく踊りきれていない私でも、踊りの楽しさが、体にどんどん浸透してくるような、そんな魅力のあふれる人でした。


ところが、ワークショップの間にも、またアクシデント発生・・・

2日目の午後、休み時間にちょっとひとりで散歩しに行ったら、すぐ戻るつもりが、すっかり迷子になってしまいました!

イスタンブールの素敵カフェ写真
イスタンブールの街並みは、思っていたよりもずっとヨーロピアンな感じで(ダンス・スタジオのある界隈が、特にそうだったのかもしれませんが・・・)、ひとりで歩き回るのがとても楽しい雰囲気だったので、ついつい、こんな路地に入っていったりしているうちに、ダンス・スタジオのある大通りがどこか、分からなくなってしまったのです!

イスタンブールの街並み
あれっ、こんな教会は近くにはなかったし・・・」と焦りつつ、写真を撮る私(笑)

結局、20分遅れでレッスンに戻ることができましたが、あせって走りまくったので顔まっ赤でした!!

レッスン最終日の夜は、ガラ・ショーがあり、「SULTANA'S」という素敵なショー・レストランで、美味しいトルコ料理を満喫しながら、まずはレギュラーの観光ショーを見て、それから、WSで仲良くなった人たちの内輪ショーとなりました。

みんな、個性的でエレガントで、本当に素敵でした。

特に、今回が初舞台だったたびぃ。さんは、本当に落ち着いて堂々としていて、衣装も舞台も最大限に活用している感じで、そのくせ初々しくて可愛くて・・・本当に良かったです!!

Reshmiさんは、これまで何度かお会いしていたものの、衣装を着て踊るのを見たのは初めてだったのですが、これまたチャーミングで、優美でした!
音楽がしっかり体に入っている人の踊りは、見ていてもとても楽しくて、感激しました。

ふたりとも、WSの後も、ガラの練習に余念なく励んでいたのですが、本番が一番良かったです!!

結局、終わった後も興奮冷めやらず、たびぃ。さんのおうちに帰ってからも、話が尽きず、おしゃべりしたり小腹がすいたので何かと食べたりして、結局、朝4時まで起きていました。
イスタンブール グランバザール
そんなこんなで寝坊してしまった翌日は、グラン・バザールに連れて行ってもらいました。

この写真に写っているような雰囲気のあるランプが欲しかったのですが、結局は、ベリーダンスのレッスン・グッズを大量に買い込んでしまい、ランプは断念。

他にも、ローズ・ウォーターとか、トルコ・コーヒーの鍋とコーヒー粉(ちゃんと専用の鍋でいれると、ものすごく美味しいです!)とか、たびぃ。さんおすすめのざくろ酢とか、トルコ料理の香辛料などをお土産に持ち帰りました。

ベリーダンスのワークショップのほうは、まだ興奮がさめやらず、なかなか文章にできずにいますが、とりあえず、それ以外のイスタンブール滞在記のほうを、最初に書いてみました。


まだ書き足りないことは色々あるのですが・・・

最後に、大変お世話になったたびぃ。さんとReshmiさんに感謝したいです!

彼女たちのお陰で、なにかを共有できる友達の大切さを、ひしひしと感じました。

また、私の旅行中、快く「主夫」役を引き受けてくれた夫の奮闘の様子なども、また機会があったら書きたいと思います。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合
| サラ | トルコ日記 | 18:00 | comments(11) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:00 | - | - |
サラさんおかえりなさい♪
充実した時間を過ごせたようで何よりです。

それにしても、さすがフランスですね。。(苦笑)
無事、イスタンブールへ行けたのが奇跡のような(笑)
飛行機便、あまりの”赤”の多さにびっくりしました。

イスタンブールの景色がとても新鮮ですっ!
トルコって、西洋と東洋がうまく入り混じっているという印象ですが、どちらかというと、西洋的な雰囲気の方が色濃いんでしょうか?
| コカゲ | 2010/10/01 10:24 PM |

■コカゲさん、

ありがとうございます!
おかげさまで、すっごく楽しかったです♪

今回の教訓は、「木曜日はストが多い=木曜日のフランス発着便は、予約しないほうがいい」、ということでした。

私は、トルコって、ソフトムスリムとか政教分離などの共通点から、勝手にチュニジアに似たような印象を持っていたんですが、実際には、アラブ系とトルコ系は、全然違うと思いました。
都市の景色も、モスクの形も全然違うし、イスラム色よりも、アジアとヨーロッパのいい感じに混じった都市だと思いました。

結局、今回は、有名な観光地にも行かなかったし、ボスフォラス海峡の向こう側(アジア側)にも行かなかったので、全体のイメージは把握できませんでしたが、私が行ったスタジオの近辺(新市街)は、ぱっと見はドイツの都市みたいなイメージでした。
それなのに、突然バーンと丸屋根+尖塔の古いモスクがそこかしこにあって、もっとずっと散歩してみたかったです!

イスタンブールは、けっこう英語が通じるし、見所は本当に沢山あるので、コカゲさんも如何ですか?
滞仏中、もしチュニジアが無理そうだったら、トルコもお薦めですよ!
| サラ | 2010/10/01 10:38 PM |

■Jamais Vuさん、

恐れ入りますが、内容と関係のない広告コメントは削除いたします。
次回は、内容に関連したコメントを頂ければ幸いです。
| サラ | 2010/10/01 11:42 PM |

こちらこそ、大変お世話になりました!
サラさんと一緒に過ごせてとても楽しくてうれしかったです。
ずっとこの時間が続けばいいのに・・・って思いました。

私のカメラは動画だけでいっぱいになってしまって写真がほとんどないのでサラさんの写真を見て、おぉ〜こんな感じだったっけ!?と思いました
今度お邪魔したらゆっくり全部の写真見せてください!!

| Reshmi | 2010/10/01 11:53 PM |

■Reshmiちゃん、

そんなふうに言ってもらえると、なんか照れちゃいます(笑)
落ちこぼれの私を、優しく引っ張ってくれたReshmiちゃんの存在は、本当に大きかったです!

最近、「ある目的を思いっきり一緒に追求できる友達」っていうのがなかったので、今回の旅は、とても新鮮で、本当に良かったです!

写真、今度全部コピーしますね!
よく見たら、Reshmiちゃんが被写体の写真がけっこうありました。
「バナナ踊りの図」とかもありますよ・・・(爆)
| サラ | 2010/10/02 12:05 AM |

サラさん、お疲れ様でした!
そして、おいしいおみやげをた〜くさんありがとう♪♪♪

WS中心で、おにぎりとバナナと鉄板焼きしか出せませんでしたが、ほんとに楽しかった! 次回は、ちゃんとご馳走作りますゎ(^^;)

サラさんも書いていらっしゃるように、何かを共有できる友人っていうのは、ほんとに希少で貴重だと思います。
これからも仲良くしてくださいね。

P.S. あの「バナナ踊り」は今回の旅行のベストショット
   だと思うんだけど!!!
| たびぃ。 | 2010/10/02 3:16 AM |

お帰りなさい。よかったですね、いい旅だったようで。これが癖になってしまいそうな感じですね。

旦那様の主夫っプリをぜひぜひかいてください。べりーダンスはよく知らないのですが、インドのベリーダンスでしょうか(ステレオタイプですみません)?

ベリーダンスの写真もみたかったなぁ。。。トルコは日本人に親切だと昔、知り合いから聞いたことあります。そうでした?
| ママベア | 2010/10/02 6:07 AM |

サラさん、おかえりなさい〜。
有名なダンスの先生の踊りを直に観られたり、仲間たちと朝方までお喋りに花を咲かせたり・・・サラさんがイスタンブールでとびっきり楽しい時間を過ごされてきたこと、ひしひしと伝わってきました。
なんだか記事を拝読している私まで嬉しくて清清しい気持ちになりましたよ。(笑)ありがとう。^^

それにしても迷子になった時は焦ったでしょう。。。
無事戻ってこれて本当によかった!

うちの主人、ターキッシュディライトが大好物なのですが、本場のターキッシュディライトは召されましたか?
| T | 2010/10/02 6:41 PM |

■たびぃ。さん、

いえいえ、美味しいご飯メインの和食のおもてなしが、何よりも嬉しかったです!

多分、毎日ケバブ食べていたら、あんなにWSで頑張れなかったと思う(笑)
全部終わってから食べた、おやじのケバブ・レストラン(?)も最高でした。

こちらこそ、今後ともよろしくね!
エジのレポートも楽しみです!
| サラ | 2010/10/03 5:09 PM |

■ママベアさん、

ベリーダンスは、主にエジプトとかトルコなどが起源の踊りです。
インドのダンスは、カタックとかボリウッド・ダンスが有名です。
でも、似てる部分はありますよ!

私も又聞きですが、ベイエリア近辺では、けっこうベリーダンスがさかんで、いい先生が沢山いるようですよ。
何か機会があったら、ぜひ、見に行ってみては如何でしょうか?
リズミックな音楽だと、うちの子は喜んで踊りますよ。

トルコ人は、とても親切で紳士的な方が多かったです!
まったく知らなかったのですが、すっかりトルコのファンになってしまいました。
| サラ | 2010/10/03 5:15 PM |

■Tさん、

どうもありがとう♪
ほんとに、楽しい時間でした。

単なるおしゃべり友達も、楽しいものですが、何か目標を共有する友達というのは、大人になっても、家庭を持ってからでも、本当に貴重な存在だと思いました。

ターキッシュ・ディライト(ロクーム)は、これまで、甘くてしつこそう、と思って、試したことがほとんどなかったんですが、意外と日本人の口にあう味だと思いました。
いろんな種類があって、全部は試食できませんでしたが、私は「おもち」っぽいやつが好きです。
多分コーンスターチ・ベースで、中に砕いたピスタチオが入っているやつが、一番美味しかったです。
ご主人は、どういうタイプがお好みなんでしょうか?
イギリスでは手軽に手に入るのでしょうか。
| サラ | 2010/10/03 5:20 PM |











このページの先頭へ