国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「はと」も鶏肉のうち?! | main | フランスの田舎村と美猫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
トルコ・コーヒーの作り方
トルコ・コーヒー鍋の写真
皆さんは、コーヒー派ですか、それともお茶派??

うちは、朝は、必ず夫がイタリア式パーコレーターでエスプレッソを淹れるのが習慣になっているのですが…


去年、夫の元彼女がトルコ・コーヒーをお土産にくれて以来、トルコ・コーヒーというのは、なかなか美味しいものだな、と気に入って、たまに昼食の後にトルコ・コーヒーを飲んでいたのですが…

実は、レバノン・レストランに行ったときに、レストランの人にレバノン・コーヒー(トルコ・コーヒーとまったく同じと思われる)の淹れ方を教えてもらい、元彼女の教えてくれたトルコ・コーヒーの淹れ方は、デタラメであることが判明しました。

というのも、彼女の場合、スプーン大さじ1杯をコップに入れて、沸騰したお湯を注いで、かき混ぜるだけ!という、ネスカフェのような作り方をしていたのです。

(もしかしたら、そういうのみ方をする国もあるのかもしれませんが…ちなみに、彼女はシリアに行っていました。)


…とはいえ、うちにトルコ・コーヒー鍋もなかったので、普通の鍋で作っても、あまりいい感じに煮出せていなかったので、今回、トルコで、コーヒー鍋を買ってくるのをたのしみにしていました。


上記が、イスタンブールのスーパーで、約3ユーロで購入したトルコ・コーヒー鍋です!

作り方は、トルコ・コーヒー用にものすごく細かく挽いたコーヒー粉と、砂糖と、お好みでスパイス(私はカルダモンかシナモンのどちらか)を入れ、水を鍋の半分ぐらいまで注いで、火にかけます。

私は、グツグツと沸騰して盛り上がってきたところで、火を止めてコップに注ぎ、粉が沈殿するのを1分ぐらい待ってから飲んでいましたが、香り高いのに苦味もなくて、とても美味しいのです。

今回、ちゃんと調べてみたら、ブクブクっと泡が出てきたところで、その泡をコップに取って、また沸騰するまで待って、全部注ぐ、という2段階であることが分かりました。

(詳細は、こちらをどうぞ→  トルココーヒー


うちの夫は、いつもよそ見をして、沸騰したコーヒーがあふれる音で、ビックリして火を止めるので、ガスコンロの周りがコーヒーかすだらけになるのですが、なぜかそれでも、夫の淹れるコーヒーの方が美味しいです。

ターキッシュ・デライト(ルクーム)ピスタチオ味の写真
コーヒーのお供に、これまたトルコで買ってきたルクーム(ターキッシュ・デライト)がよくあいます。

コーンスターチが原料なので、モチモチして、ピスタチオが入っていることもあり、なんとなく「クルミもち」の感触に似ています。

以前に食べたものは、やたらめったら甘くて、辟易したのですが、トルコで買ってきたものは、甘いけどそこまでしつこくなくて、和菓子っぽくて、食べやすいです。

ちなみに、うちのジョジョ君は、ずばり「おもち」と呼んでいます。


親戚のおじさん・おばさんの家にも、おみやげに持っていったのですが、持って行っておきながら、箱を開けている間に、結構な高齢者なので、

入れ歯とか、大丈夫かな?

と心配になりましたが…

(うちの母は、差し歯なので、ネチネチしたものを食べると、よく抜けるらしいです…)

ふたりとも、大丈夫そうでした。

特に、万年ダイエット中のおじさんは、おばさんの目を盗んで、一気に3つも食べていました。

 JUGEMテーマ:トルコ
| サラ | トルコ日記 | 18:34 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:34 | - | - |
ほう、トルココーヒーですか、残念ながら今まで一度も飲んだことがないものです。いつか飲んでみたいものですが。。
私は、圧倒的にカフェ派です。何せ自分のお店で飲み放題ですから〜〜。美味しいです。業務用エスプレッソマシーンで入れてくれます。
家では、お茶にしています。豆は、いいのが一杯ありますがこちらの価格としては、結構いい値段になります。

あ、でもベトナムコーヒーは、余り好きじゃなかったです。
| Gabbyna | 2010/10/19 11:20 AM |

■Gabbynaさん、

業務用のエスプレッソ・マシーンで、自分用のコーヒーを淹れられるなんて、贅沢ですね!
私も、Gabbynaさんのところのカフェを、頂いてみたいです。

ベトナム・コーヒーも、多分、粉が沈殿するタイプの、似たようなのだったと思います。
でも、日本で、一度飲ませてもらったときに、「うわー、美味しくない!」と思った記憶があります。
こういうタイプのものって、仕組みがベーシックなだけに、ちゃんと淹れるかどうかで、かなり印象が変わってくるような気がします。
| サラ | 2010/10/19 4:40 PM |

はじめまして。時々ブログ村から拝見させていただいています。

私が住んでいる国でもトルココーヒーを飲む事が多いですが、普通の鍋だと何故か上手くいかないですよね。我が家では人数に応じて3種類のコーヒー鍋(ジェズバ)を使い分けていますよ。
コーヒーの入れ方ですが、こちらで一般的なのは、
1.予め水の中に砂糖を入れてお湯を沸かす
2.水が沸騰したら火から下ろして人数分コーヒーを入れ、表面に泡が立つまで再度沸騰させる。
3. 泡が立ったら火から下ろし、まずカップに泡を入れてから液体の部分を注ぐ

という方法です。
こちらではカルダモンやシナモンを入れて飲む習慣はないですが、コーヒーと共にルクム(ラハトロクム)が出される事もありますよ。柔らかいと『ぎゅうひ』のような歯ざわりで私も大好きですよ〜。

| みーちょ | 2010/10/19 5:42 PM |

■みーちょさん、

はじめまして!
コメントどうもありがとうございます。

ボスニアにお住まいなのですね!
ブログのリンクを拝見しました。
とても可愛いコーヒー鍋ですね!!

特に、オレンジ(赤?)と青いのが、すごく可愛いです。
トルコでは、ほうろうのジェズバ鍋は、みかけませんでしたが、ちゃんと探したら、こういう素朴なのもあるのかもしれませんね。

私の買ってきた鍋は、2人までだったらOKですが、それ以上だと、やはりちょっと小さいので、いつか、みーちょさんのようなお鍋を見つけて、コレクションに加えたいです。

また、コメントでチェコの方が、やはりインスタント・コーヒー式に、トルコ・コーヒーを飲む習慣がある、と書いていらっしゃいましたが、シリアに行った人も、同じように飲んでいました。
私は、デタラメな方法だと思ったのですが、実際には、そういう飲み方をしている国もある、ということなのですね!

ちなみに、シリアで買ってきてもらったトルコ・コーヒーには、しっかりカルダモンが混ざっていました。
ルクムは、たしかに、「求肥」によく似ていますね!!
| サラ | 2010/10/19 5:56 PM |

そうですか、ルクムというのですか?先日、イスタンブールのイスチクラール街で食べたのは。周りにチキンの皮で巻いていました。
| 秀也 | 2013/07/05 12:27 AM |

■秀也さん、

コメントのお返事が遅れて、申し訳ありません。

ルクムは、トルコの甘いお菓子です。和菓子の「求肥」の、もっと甘いバージョンみたいな感じです。

チキンの皮とは「??」ですが・・・どんな味だったのでしょうか??
| サラ | 2013/09/03 6:09 PM |











このページの先頭へ