国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 国際結婚カップルのおふろ論争(1) | main | パリ下町のご近所さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
夫と連れ子の席とり競争?!

再婚ホヤホヤ&フランス移住当時のお話です。


結婚式を日本ですませ、いざフランスに3人でお引越し、という段で、飛行機の座席が「窓側2席」+「中央1席」だった。

その席を見たとき、私は自動的に、「娘と私が隣どおしで、夫はあっちの離れた席ね」、と思っていたが、夫は私の隣にちゃっかり座って、娘に「あっちに座りなさい」って言っている

そういうのも「あれ〜?そうなの??そういうもんなの?」と、ビックリしました。

娘がいるのに娘と一緒に座らないなんて、なんかヘンな感じ…。私って悪いママかも…。

でも夜の便だったので、娘はすぐ寝てしまって。気がついたら、夫も、私の手を握ったまま寝てた…。

…私だけが寂しくて、結局、眠れませんでした(笑)


ブログランキングに参加しています♪
↓国際結婚&結婚生活の人気ブログ
banner ranking

| サラ | 国際結婚しかも子連れ再婚の小さな悩み | 23:27 | comments(9) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:27 | - | - |
さすがフランスのひと・・・・
日本人とは意識がちがうのね〜文化の違いをまざまさと字感じます〜・・・・
| Voici | 2007/06/06 12:25 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/06 12:31 PM |

■Voiciさん、

最初のうちはね、娘に対して罪悪感があったんです。
でも、ダンナが「両親が仲良くしているのを見るのは、子供にとって幸せなことだ」と言うのを聞いて、まぁそれもそうかな、と(笑)
見渡してみると、確かにみんな夫婦単位。学校に行く年齢になったら、子供は子供の世界、って感じみたいです。
一応、娘はいまのとこグレないでマイペースにやってるから、まぁこれで良かったのかな…。
| サラ | 2007/06/06 5:49 PM |

こんにちは〜
さっそくおじゃましちゃいました。
先日はブログにコメントありがとうございます^^!

へ〜、そういう席順になるんですねぇ。
わたしもサラさんと娘さんが隣?って思っちゃいますが
日本人の感覚なんですね〜^^;。

また、遊びに来ます〜
よろしくです〜^^
| ひよこ | 2007/06/06 7:55 PM |

■ひよこさん、

ようこそ〜!こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

ひよこさんちも、当然そうでしょ?と思ってることが、お互い違って…という経験、日常的にありませんか??

ダンナの家も、出かけるときは、もちろんパパとママンがいつも一緒だったそうです。そう言われちゃうとね・・・。
| サラ | 2007/06/06 9:26 PM |

こんにちは。初めまして。今日初めてブログを拝見しました。ずいぶん前のエントリーですが、羨ましい〜と思ってコメントさせていただきます。

私はアメリカ人の彼(離婚手続き中)と結婚する予定で付き合っているのですが、彼はどんな時も子ども(10歳の男の子、週の半分彼と過ごす)優先です。寝る時も、息子がいる時は彼と息子が一緒のベッドで寝て、私は普段使っていない部屋に移って一人で寝ます。私の中の常識では、10歳にもなれば一人で寝させるものでしょう、、、と思うのですが、子育ては人それぞれだし、私が口を出してはいけないな、とガマン。

でも何だかんだ言って、やっぱり寂しいです。エゴが強い自分、彼の子どもに愛情をもてない自分、醜いなあと思いつつも、あまりガマンばかりしていてもストレスになりますし、そろそろ潮時か、とも思います。

彼はとても愛してくれますが、一方で「君よりも息子の方が何十万倍も大事」ともはっきり言われました。息子の今の生活・私立学校での教育を守りたいために、彼と私の結婚と新しい生活は先送りのまま数年経ちました。

そんなときにサラさんのブログを見て、私が「普通そうでしょう!」と思う家族関係があることを知り、何だかとても救われました。

悩み相談のようなコメントで申し訳ないです。これからはちょくちょく拝見させていただきますね。お読みいただきありがとうございました。
| カプリ | 2010/02/06 2:53 PM |

■カプリさん、

はじめまして!
コメントありがとうございます。

お読みいただいて、何かのお役に立てれば幸いです。

我慢の多い生活は、体にも良くないですよ〜
うちとは連れ子が逆パターンなので、なんとも言えませんが…

カプリさんの彼が、息子さんが大事なのは、すごくよく分かります。
でも、それを尊重するあまり、カプリさんとの生活に影響が出すぎるのであれば、ずっと我慢して待つのは、カプリさんのためにならないような気がします。
嫌な言い方になってしまいますが、カプリさんの彼も、カプリさんなら我慢して待ってくれる、と思って、甘えているんだと思いますよ…
(男性って、たまにガツンと言わないと、どんどんテリトリーがいい加減になっていってしまうような気がします…)

息子君のいる時や、普段の生活では譲歩しても、ある譲れない点だけは、しっかり伝えておいたほうがいいような気がします…
| サラ | 2010/02/08 6:12 PM |

□サラさん
丁寧なコメントどうもありがとうございました。
ホント、我慢しすぎはよくないですよね。
彼とは折をみて、このことは一度じっくり話してみようと思います。それで折り合いがつかないようであれば、あきらめもつきますし。。。最初は相手に子どもがいることに何の抵抗もなかったのですが、いずれは突き当たる問題だったのかもしれません。
あ、全然話が違いますが、先週飛行機の中で Le Hérisson というフランス映画を観ました。モノトーンなのにものすごく個性的で強い印象が残る、不思議な魅力。日本人俳優の Togo Igawa さんのフランス語上手でした。私も昔はフランス語できたんですけどね〜。それにしてもカップルの結びつきが強いフランス、羨ましいです(笑)。

| カプリ | 2010/02/09 11:12 PM |

■カプリさん、

そうですね…
どちらかが我慢しないと成立しない関係は、続けていくのが難しいですよね。
もしかしたら、カプリさんの彼は、お子さんが自立するまでの数年間、子供を優先したい、と考えていらっしゃるのかもしれませんが…
カプリさんと彼が、お互いに受け入れられる策にたどりつけることを祈っています♪

1か月ぐらい前にブログに書きましたが、カップルの結びつきが強い分、それが温度差になってしまい、うまくいかなくなる場合もあると思います…

Le Herissonというフランス映画は、知りませんでした。
フランス映画は個性的な作品が多いですよね。
どうしようもないコメディも、結構ありますが…

またお気軽にコメント残してくださいね!
| サラ | 2010/02/09 11:25 PM |











このページの先頭へ