国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 夏も終わりですね | main | 日本の夏と、シャボンの香水 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
子供の遊び場がないこと
日本では、東京と大阪に滞在してきました。

特に東京都下の実家付近で思ったことなのですが・・・

4歳の男の子が遊べるような場所が、ほとんど見当たらないので、困ってしまいました。


非常に暑くて、外に出ていられないような日は別としても、早朝や夕方に公園に行っても、ほとんど誰もいなくて、他の子供はどこで遊んでいるんだろう???と不思議に思ってしまいました。

結局、暑い日中は、他の用事も片付けないといけないこともあり、空いた時間に、駅の近くのデパートの子供階のお子様コーナーみたいなところや、オモチャ売り場のお試し遊び場みたいなところに連れて行くのですが・・・

最初は、ものめずらしくて、喜んで遊ぶものの、結局、飽きてしまいました。


大阪では、夫の家族を連れて、何度か観光地に行ったりしたこともあり、ジョジョ君は、

「京都に行っても、僕はおもしろくないよ!」

「もう電車に乗りたくない・・・」

「フランスに帰りたい・・・」

を連発するようになってしまいました。


結局、普段ほとんど買ってやらないようなプラスチックのオモチャを、100円ショップとかスーパーの子供玩具売り場で買ったりして、間を持たせましたが・・・

日本って、子供には、おもしろくない国なのかな・・・、と思いました。

駅でやってる「ポケモンラリー」とか、そういう子供イベントも、4歳ではまだ早いのかもしれませんが、スタンプを所定の位置に押してしまうと、次の駅に行かなくては行けない仕組みで、ジョジョ君には、全くおもしろくないようでした。

お金を払って買えるものは数限りなくあるのですが、喜んで選んでも、遊ぶのは、ほんのわずかで・・・

実際に、うちの子みたいに、ただの森とか原っぱとか家の周りなどで泥遊びをしたり、木や石を拾って川に投げたり、ボール遊びをしたり・・・

というようなことが楽しくて、何時間やっていても飽きない子には、日本の都会は、きゅうくつで可哀想な気がしました。


屋内のプールにも連れて行ったのですが・・・

数人の指導員みたいな人がずっと見張っていて、なにかと注意をするので、全然リラックスできませんでした。

例えば、ジョジョ君が、浮き輪を腕と背中につけて、ひとりでバタ足をしてみる、というので、ジョジョ君の動向を見ながら3mぐらい後ろに離れたら、指導員に、「子供から離れないでください」と怒られてしまいました。


確かに、事故を発生させてはならないのかもしれませんが・・・

こちらだって、本当に責任を持って、子供を見ながらやっているのに、指導員には、「危ない人」と思われたのか、ず〜っと後ろについて見ているので、本当にイライラしました。


唯一、ショッピングモールに入っている「有料の遊びランド」みたいなところだけは、かなり自由に遊ばせてくれたので、暑い日に何度か行って、結構助かりましたが、単なる遊び場なのに、30分で1000円近くかかるのには、ビックリしました。

10分ごとに延長料金がかかる制度なので、ケチ症の私は、最後の数分ソワソワしてしまい、子供のペースでいつまでも遊ばせてやることができませんでした(苦笑)


でも、全般的に大阪の人のほうが、子供にもおおらかで親切でした。

大阪の町は、夫は今回始めてウロウロしたのですが、思っていた以上に東京よりも馴染みやすくて、おもしろかったようで、とても気に入っていました。

東京は、毎回行くたびに、無関心で冷たい印象がどんどん強くなっていて、今回も残念に思うような出来事がいくつかありました。

ということもあり、いつか日本に戻って住むというオプションが出たら、多分大阪の近くに住んだら良さそうだな・・・と思いました。



フランスに帰ってきた翌日、近所の小さいお城みたいなところに連れて行ったところ・・・

ジョジョ君が散々、自分のペースで駆け回った挙句、

あー、フランスに帰ってきて、良かったなあ・・・

としみじみ言うので、笑ってしまいました。


 JUGEMテーマ:気になること
| サラ | フランスの普通の暮らし方 | 21:23 | comments(21) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:23 | - | - |
本当に東京の子供ってどこで遊んでいるんですかね?
私も謎です…。

東京は「急いでいる人」「忙しい人」「無関心な人」がとても多いので、嫌な場面に会うことも多いですね(特に駅…)

でも、大学在住時、東京に住んでいたときは、近所には優しい人が多かったような気がします。
生粋の江戸っ子はやっぱり面倒見いいような気がします☆

反面、田舎な実家周辺は、たしかに温かい人も多いのですが、シガラミが強かったり余所者に冷たかったり出身差別があったり…、そういう暗黒wな「冷たさ」があるんですよね。
普段温かい人たちが、ピシャリとそういう冷たい面を出すので、ビックリします。
卒業後は東京から地元に戻ってきたせいか、いままで感じなかった地元の冷たさみたいなものに気付くようになりました。

東京は、すごく温かいという場所ではないかもしれないですけれど、色んな出自の人を受け入れる土地柄なのか、シガラミが薄い分、「住み易い」「気楽」と感じることも多くありました。

でも、今のように数カ月に一度行くようなサイクルになると、他人に干渉しない東京人を、「冷たい」って感じるようになってしまったりするんですよね。

でも、東京にも温かい人はいますし、場所によってかなり雰囲気が違いますから、住んでみると色々な発見があるんではないかなあ?と思います。

ただ、子供の遊び場は、東京には殆どありませんよねぇ。
東京の子って、いったい何をして遊んでいるのでしょう???
サラさんのおっしゃるとおり、お金をかける遊びは多すぎです。

長文失礼いたしました〜。
| きゃお(かおり) | 2011/09/02 1:37 AM |

いまよく読んだら、サラさんは東京がご実家なのですね。
東京出身のサラさんに、こんな私が東京を語ってしまってすみません。汗笑
| きゃお(かおり) | 2011/09/02 1:40 AM |

東京の子供の母ですが(笑),本当にまったくだと思います.子供がゲームばっかりするのは子供のせいではないですよね,絶対.

少なくとも数十年前の東京の子供(私)にはあった,空き地で遊ぶとか,道路でボール遊び,という選択肢がなくなってしまい,身体の動かし方やボール扱いがうまくなるためには何か習い事をするしかない!っていう感じでほんと気の毒です・・・.
| むつこ | 2011/09/02 5:01 AM |

夏休み終わりましたね〜。って言ってると今日の午後あたりから、うちのほうには台風がやってくる(それもかなり直撃)らしいので、学校はいきなり午前中のみ。今日は私は代休をとっていたのでラッキーでした。給食がなくて子供は残念やら、嫌いな食べ物がでてこなくてうれしい?!やら複雑なようです・・・。

私は和歌山に住んでいますが、「田舎の中の街中」なので、子供がのびのび遊べる場所はとても少ないです。うちの子もフランスにいたときのほうが、近所の同級生と走り回って汗びっしりになってたり、健康的に遊んでいたと思います(もちろんDSをもちよって遊ぶ、なんてこともありましたが)。

むつこさんのおっしゃるように、力いっぱい遊ぼうと思ったら体操教室のようなところに行かないといけないような、変な状態になってしまってて。私も小さい頃は田んぼとか道端で遊びまくっていたので、そのへんは残念に思います。これから涼しくなって外遊びに最適になるので、私ががんばって少し離れたところにある広場とかでボール遊びやバドミントンなんかをさせてみようかと思っているところです。

それにしても、そのプールの監視員、いやな感じですね。まさかそのプールで以前監視員のミスで子どもの水の事故があったなんてことないですよね・・・なんてかんぐってしまいます。だから必要以上にピリピリしてるのかと。
| こたままん | 2011/09/02 8:43 AM |

■きゃおさん、

気になさらないでください!
もう、東京に住まなくなって、だいぶ経つので、きゃおさんのほうが、現状には詳しいと思います。

私は都内と都下(多摩)の両方に住んでいたのですが、都内の元の家の近所の方が逆に、公園に子供が沢山いて、車の来ない並木なども多くて、子供をちょっと走らせることができました。

地方(田舎でなくても)は、よそ者がちょっと見ただけでは、分からないような複雑な問題が色々あるのでしょうね。

フランスの田舎村も、一緒のようですよ。
とはいえギャップが大きくて、すごく住みやすくて、よそから来た新しい住人も歓迎してくれる村と、閉鎖的で、誰も挨拶してくれない村があるようです。
フランス人の友人が引っ越した、見た目とっても可愛いミニチュアのような素敵な村が、住んでみたら実は、「挨拶してくれない村」だったらしくて、かなり苦労していますよ・・・

地方出身のシガラミとかうわさ話に疲れた人が、東京の匿名性に惹かれる理由も、よく分かりますが・・・

なにしろ知らない人とは目も合わせず、近所の人や毎日すれちがう人とも、挨拶もしない生活は、私には、非人間的過ぎて、子供をそういう環境で育てたいとは思えませんでした。

ちなみに、大阪で知らない子に「こんにちは」と挨拶したら、「だれ?」と不審な顔で言われ、東京では完全に無視されました(爆)
| サラ | 2011/09/02 4:06 PM |

■むつこさん、

そうですよね〜
うちの夫も言っていたのですが・・・

「家でゲームをさせていれば、たしかに事故はないかもしれない。
でも、それで正常な人間を育てられると大人が本当に思っているとしたら、何かが狂っていないか?」

教室に通わせるのはいいと思いますが、何もかもが「大人の仕組んだ範囲」でしかない子供の暮らしは、創造性がなくて、可哀想だと思います。

私もよく、近所でボール遊びをして、ドブにボールが落ちてくさかったり、沼地で大きい子と一緒にざりがにを釣ったり、野の草でおままごとをしたりしたのがなつかしいです。
| サラ | 2011/09/02 4:10 PM |

■こたままんさん、

台風、はやく去ってくれるといいですね・・・

今回、和歌山の田舎のほうにもドライブに行ったのですが、昔の日本の風景がしっかり残っていて、とても素敵だと思いました。

フランスの家族には、特に新鮮だったようで、大阪からこんなに近いのに、すばらしい自然がしっかり残っていて、日本家屋や田んぼの光景もとても喜ばれました。

日本では「少子化」を問題視しながらも、子供が伸び伸びと育てる環境が、どんどん切り捨てられているような気がしてなりません。
それが、大人に都合の良い生活なのか、それとも大人にとっても窮屈な環境なのかは、良く分かりませんが・・・

ともかく、フランスの田舎町に住んでいる限り、子供が力いっぱい発散できる場所には事欠かないので、そういう意味では、恵まれているかな・・・と思います。
| サラ | 2011/09/02 4:18 PM |

うちの近所は東京都下だけど適度に田舎なので隣近所との挨拶はもちろん、子供もあちこちで遊んでるけど、フランスと比べたら、そりゃわけが違うよね〜。

でも私自身、子供の頃に野山を駆け回ったような思い出はなく・・・
たまに友達と公園に行って滑り台ですべったくらい・・・

ほぼ毎日習い事があったし、あまり真剣に遊ばなかったなー。
でも不幸ではなかったよ。
むしろ、外遊びはあまり好きじゃなかったから、ちょうどよかったかも。(笑)

運動的なことは学校の休み時間にドッジボールとかした気がする。
それも別にすきじゃなかったから、大人になってみんなで同じ遊びをする必要がなくなって本当によかったぁ!って思う。

このみんな一緒っていうのがいやだなー。
その点フランスはやっぱり許容量が広いよね。

日本に住むことを視野に入れて考えはじめると、いろいろ見えてくるね。
| Reshmi | 2011/09/02 11:40 PM |

久しぶりに実家に帰ったら近所の子供がみんなこんにちは!と挨拶してくれるのでびっくりした記憶があります。
うちが田舎だからってこともないでしょうが。。やっぱり大人がちゃんと挨拶する地域だと子供もそうするのだと思います。
あと日本は子供に限らずなんでもお金がかかりますね!
お金がない人は遊ぶなってことでしょうか。せちがらいですねーー!
| franceobjet | 2011/09/03 3:12 AM |

「挨拶してくれない村」のお話、ちょっと切ないですね…。
挨拶は人間関係の基本ですもんね。

近所の人が挨拶しないっていうのは、私もキビしいですねぇ…。汗
私は東京好きなんですけど、今の東京で子供を育てたいとは全く思いませんもん。
たしかに、無関心がひどすぎることがあります。

しかし、東京の子供の無視むかつきますねぇw
そんな子を見かけたら、ヘン顔してますます恐がらせちゃおうかな(その子の親が後ろを向いたスキに…)。

子供の遊びの選択は確かに狭いですね。
アニメ・特撮も、玩具メーカーと組んで関連商品を売ろうとたくらんでばっかりで呆れますし…。
ジブリの宮崎監督が、「子供には僕の映画を熱心に見てほしくない。もっと外で遊んでくれ」って言ってましたけど、分かります。

うちの父は農家の子でしたから、「遊んでいると、よく肥溜に落ちた」って言ってましたねぇ。
私もシロツメクサで王冠作ったり、知らない人んちのグミの実を取って食べたり、ピンポンダッシュしたりして楽しかったですね。

そういえば、埼玉県のとある市に2年ほど住んでいたのですが、ある日、不思議なことに気付いたんですよ。
16家族くらいいるのに、私達の部屋以外、ポストに名前書いてる家族がいないんですよ…。
「そこまでして匿名にしたいのかねぇ?」って旦那と呆れました。汗

患者さんの中でも、連絡先を教えてくれなかったり、渋ったりする人が以前より多くなっている気がします。
「だって個人情報だから…」って言うんですよ。
医療の場合は、突如急いで連絡しなきゃならないこともあったりするので、連絡先は必ず聞いておきたいだけで、ダイレクトメール送るために聞いてるんじゃないんですけどねw

なんだかヘンに神経質な方が増えているんですよね。

ただ、震災後は、近所付き合いの重要性を見直したいね、っていう方が増えていたりするので、それがジワジワ増えるのを願いたいですね。

(ちなみに。サッカー日本代表の試合は殆ど雨もなく、勝ちました…!)

またまた長文失礼いたしました…。
| きゃお | 2011/09/03 5:17 AM |

サラさん日本からおかえりなさい。
暑いながらもきっとご家族で日本を堪能されてきたのではないかと思います。いいなぁ!

大阪によい印象を持っていただけたようで大阪人としてはとても嬉しいです!
うちの夫は大阪を「800万人の下町」といいます。これだけ人があふれているのに、自転車や路上(家の前)に置かれた鉢植えを誰も盗ったりしないのがフシギなんだそうです。生まれも育ちも大阪なので東京はじめほかの地方のことは全く知らないのですが、でもこれってほかの県でもきっとこういう感じですよね。
でも子どもの遊び場がない・・・!というのは私も帰るたびに思うことで、公園もブランコとすべり台程度の遊具しかないし、子どももすぐに飽きてしまうんですよね。公園にも木が少ないから太陽直下だし・・・暑すぎる!あとプールの入場料が1000円近くしたり・・・やってられません!
私も子どものころ何して遊んでたんだろう・・・?と思い返してみればやっぱり友達とドッチボールしたり缶けりしたり、集団の遊びが多かった気がします。学童保育に通ってたからかな?親の一時帰国で友達がいないと、日本の公園はやっぱりつまらないですよね。
| ちぐま | 2011/09/03 4:46 PM |


はじめまして。
鼻中隔湾曲症でこちらのブログにたどりつきました。現在パリ在住です。8月の一時帰国中に日本でこの矯正手術を受けました。大きな軟骨をとりました。8月1日に受けて25日に帰国しました。1ヶ月以上経つ今、経過が全くよくなく、鼻づまりは全く改善されず、頭痛、顔を洗うときの出血がはじまる(おそらく鼻への外部からの刺激)など、ひどい状態です。仕事が料理の仕事なので、鼻を使うのは必須で、点鼻薬も使ってます。それも術後病院で処方されたものでは弱く、市販のや、以前から使っている強力なものに切り替えています。(それが粘膜の炎症につながっていると術前に言われたのですが、選択の余地がありません・・・)
そこでパリで病院にかかろうと思っています。フランス語は全く問題なく話せるのですが、やはりなるべく良い病院、先生にかかりたいと思っています。専門の。日本で手術をした病院が悪かったのか、などとても慎重になっています。

もしよろしければ相談にのっていただきたいのですが、メールにご連絡いただけませんでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございません。よろしくお願いいたします。
| Mayuko | 2011/09/03 10:51 PM |

■Reshmiちゃん、

NYから戻ってきたんだね〜!!
ブログ、ときどき読み逃げして、楽しんでいました。
またゆっくりコメントしにいくね♪

大人の目線で歩いていると、結構、子供を見かけるんだけど、子供と一緒にどこか遊ぶ場所・・・と探すと、意外とないのよ、これが!

私も、ざりがに釣りぐらいはしたものの、どちらかというとリカちゃん人形とかモンチッチが好きなインドア派だったし、娘も、小さい頃はお行儀が良くて、あまり外遊びにも興味がなかったから、こんなに遊び難民になるのも、中央線内で顰蹙を買うのも(苦笑)、男の子の親だからかもしれません。

それにしても、毎日習い事とは・・・、さすがお嬢!!!!

私も、ドッジボールは逃げるの専門で、絶対ボールを取ろうとしないから、意外と最後まで残るんだけど、苦手だった〜(笑)
| サラ | 2011/09/05 4:28 PM |

■franceobjetさん、

素敵な実家ですね!
そういう町が、ひとつずつでも増えていったらいいのに・・・と思います。
生憎、うちの実家は、大人も子供も、すれちがう人、完全無視の町です(苦笑)

町内会とかで、昔から知ってる近所のオバサンとかは、挨拶して世間話もしましたが、それもだいぶ引っ越してしまって、今回は暑くて外に誰も出ていなかったせいか、近所でもひとりしか、挨拶できるオバサンがいませんでした。

フランスに帰ってきたら、子供がのんきで楽しそうな顔でニコニコしていて、目が合うと「ボンジュール」と言ってきてくれて、なんかホッとしました。
| サラ | 2011/09/05 4:32 PM |

■きゃおさん、

サッカー、無事観戦できたのですね!
良かったですね。

個人情報の話は、私が東京に住んでた頃は、そこまで神経質になってる人はいなかったので、毎回、一時帰国するたびに、なんか変な気がします。

でも、よく考えてみると、近所に「ゴミおじさん」がいて、その人に封筒の宛名などを目印に、ちゃんとゴミを分別してるかなど、色々とチェックされていましたが、それを個人情報の漏洩とは思っていませんでした(爆)

医療関係者にも、連絡先を教えない人って、常識の範囲を超えていますね・・・
フランスから見れば、日本にはスキあらば悪いことをしてやろうという人の割合がものすごく少なくて、被害にあう確率も、ものすごく低そうなのに、フランスの何十倍も神経質になっているのが、はたからみて、なんとなく哀れな気がします。
(余計なお世話ですが・・・)

ふと思ったんですが・・・
最近の「ドラえもん」とか、「さざえさん」に出てくる子供は、何して遊んでるんでしょうかね???
今は、ジャイアンが屋外コンサートをする空き地も、なさそうですね(苦笑)
| サラ | 2011/09/05 4:40 PM |

■ちぐまさん、

そういえば、ちぐまさんは大阪ご出身だったのですね!
大阪といっても、父の実家があるのは、中心地ではありませんが、あの話好き、世話好き、ジョーク好きなところが、フランス人と通じる気がしました。

はじめての美容院でも、皆のトークがおもしろくて、東京の美容院よりもずっと盛り上がりました。

日本の公園のつまらなさは、ビックリしますよね〜
あと、プールの値段も、私も一番近所にある遊園地プールに連れて行こうと思ったら、大人も子供も2000円でしたよ!
ちなみに、ケチなので即・断念しました(爆)

それでも、他に遊べるところがあれば、公園やプールなんかなくても、別に構わないのですが、どこも子供が遊べるところがなくて、ビックリしました。

ちぐまさんのブログを、おくればせながらリンクさせていただきました。
もうすぐ第二子が誕生するのですね!!おめでとうございます!!
| サラ | 2011/09/05 4:52 PM |

■Mayukoさん、

はじめまして。
申し訳ありませんが、このブログでは、メールでのやり取りのご依頼はお断りしています。

私は、医療関係の専門家ではないし、パリのお医者さんのことは全く分かりませんので、ご相談に乗れる範囲は限られていると思います。

フランス語に問題がないのであれば、信頼の置けそうなフランス人に評判の良いORL(耳鼻科)をいくつか紹介してもらって、実際に専門の先生に相談されるのが一番良いと思いますよ。

ただ、私が手術した先生には、実際に手術の効果が実感できるには数ヶ月かかる、と言われ、その間はNasonexという点鼻薬を使うよう処方されていました。
それでかどうか分かりませんが、1ヵ月後の時点では、そんなに鼻血は出なかったと思います。
ただ、私は元々鼻づまりはそんなになかったので、あまりどの時点で手術の効果が出たのかは、良く分かりませんでした。

今は色々と症状が出て、とても辛いと思いますが、お料理のお仕事ということですし、一日も早く良くなるといいですね。
| サラ | 2011/09/05 5:00 PM |

ありがとうございます!
出産も新生児育児も二度目とはいえ6年も間が空いてしまったのでどんな感じだったかぼんやりとしか覚えていなくて、ちょっと不安です・・・
リンクもありがとうございます!
| ちぐま | 2011/09/09 4:16 PM |

■ちぐまさん、

新しい家族が増えて、ますます楽しくなりますね!

私なんて、12年のブランクでしたが、いざ出産のときには、「前もこんなだったよね」という感じで、意外と余裕でした。

ちぐまさんも、多分、その瞬間になったら、走馬灯のように?思い出すと思いますよ!
| サラ | 2011/09/09 4:34 PM |

お久しぶりです!日本はいかがでしたか。

意識した事なかったんですが、確かに子供の遊び場って確実に減っていますね!!
私が幼少期に過ごした町はかなり田舎だったので、土曜日の学校の後は近所の人の家で皆でお昼ご飯を食べたり、
ダンボールをお尻に敷いて小山から滑って遊んだり、
トンボや蝉を捕まえたり・・・、選択肢がたくさんあって楽しかったです。

都会の子供さんは本当に何をして遊ぶんでしょうね(??)

家でゲームをしたりするのももちろん楽しかったですが、
そうゆう経験をせずに大人になっていってしまうのも、
何だか可哀相な気がしてしまいました。

ジョジョ君の一言、可愛いですね〜♪
いつもサラさんの記事、楽しみにしています。
| aiko | 2011/09/10 1:07 AM |

■aikoさん、

ありがとうございます!
日本の夏は、ひたすら暑かったです・・・

ダンボールで草すべりは楽しいですね!
意外とすべらなくて、足でスピードをつけたりしました。
近所の人と一緒にごはんを食べるのも、楽しいですよね・・・
自分の家では出てこないおかずが出てきたり、友達の家のほうが、なにかと自由な感じがしました。

私は、田舎で子供時代を過ごしたことはないのですが、東京近郊でも、かなり自由に遊べる空き地とか、沼地とか、雑木林とか、そういうのがありました。

ワイルドな自然はありませんでしたが、ボール遊びや、「どろけい」、「氷おに」など、単に路上で駆け回って遊んでることも多かったです。

フランスは今でも、汗だくになって遊べる場所が沢山あるし、田舎の村に行くと、子供が外で遊んでいるので、私たち家族は、恵まれているのかな?と思います。
| サラ | 2011/09/10 3:46 PM |











このページの先頭へ