国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 「わからんちん」の反対は?? | main | フランス語で「目ざとい」は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
グレープフルーツの香り
夏に日本に行ったときに、行き帰りの免税店と、日本のデパートでディオールの「アディクト2」という香水を試して、気に入った…という話を、少し前に書きましたが… 


夏のむしあつい日本と、冬が長いフランスでは、香りの立ちかたが違うだろうな…とも思って、どうせフランスでゆっくり吟味してから、買えばいいや!と思って帰ってきました…

ところが!

新学期が始まって、子供たちの生活も落ち着いてきて、やっと自分の時間が取れるようになったので、セフォラ(コスメショップ)に行ってみたところ…

ディオールのアディクトと新しいアディクト・トゥ・ライフはあるのに、肝心の「アディクト2」がないではありませんか!

たまたま欠品していたのかな?、と思って、近所のNOCIBE(ノシベ=セフォラと比べるとダサめのコスメショップ)にも行ってみたところ、ノシベにもなく、ギャラリー・ラファイエットの香水コーナーにもありませんでした。

インターネットで口コミ情報を調べたところ、アディクト2が検索でひっかかっていたので、変だな〜、と思って、セフォラなどのショップのサイトを見ると、やはりアディクト2は売っていません。

口コミ情報をもういちど、よく読んでみると、中に、

「フランスでは手に入らない」

「免税店で購入した」

などの記載があり、「なるほど…」と思いました。


1ヶ月間、探しもせずに放置していたくせに、手に入らないと思うと、急に欲しくなるのが不思議なところです。

アディクト2のトップノートはグレープフルーツの香りなので、せめて、柑橘系の香りの似たような香水を探そうかな、と思っていくつか試着してみましたが…

…やっぱりピンと来ません。

なんとかグレープフルーツの香りの代用品を見つけられないか…と思って、インターネットで検索したところ、ボディショップのピンクグレープフルーツ・ボディバターというのが、なかなか良さそうだったので、試しにいきました。

第一印象は、「うっ、グレープフルーツ食べてるみたい!」という感じで、目に果汁が飛び散ってくるような気分になるぐらい生々しいグレープフルーツの香りですが…こういう分かりやすいイヤミのない香りは、意外と夫にも好評でした。

アディクト2が手に入るまでの気晴らしに…、と思って、「ボディバター」と「リップバター」を購入しました。

「うわー酸っぱい!」という香りは、10分ぐらいで消失してしまいますが、なかなか気軽に使える感じで、クリームの使用感も悪くないので、朝晩、手脚などにたっぷりと塗っています。

ちなみに、乾燥肌・過敏肌だったのが、なぜか日本に行ってから、肌質がオイリーっぽくなり、戻ってきてもオイリーっぽい感じなので、ティーツリーのスクラブも買ってみました。

ボディショップのスキンケア製品は、色や香りが強そうで、ほとんど使ったことがなかったのですが、お値段が手頃で、心配していた肌トラブルも、特に今のところ大丈夫そうなので、なんとなく若くなった気分でスキンケアを楽しんでいます。

とはいえ、ただのグレープフルーツの香りと、調香した印象では、本当に違うものだな…ということを改めて実感し、やはり香水は面白いと思いました。

 JUGEMテーマ:おすすめ香水・フレグランス
| サラ | フランスのビューティー事情 | 19:06 | comments(14) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:06 | - | - |
来年夏(ってまだまだ先だけど・・・)フランスに行くので買っていこうか?
そのときサラさんに会いに行くから!(勝手に決めてる)
チーズ食べたい!(笑)
| Reshmi | 2011/10/05 10:41 AM |

■Reshmiちゃん、

ぎゃはは!
いつでもチーズ食べに来て〜!
また田舎に牛の顔でも見に行こうね。

来年夏になっても、まだ入手できていなかったら、お願いします!
でもクリスマスまでには、誰かに頼めると思う。ありがとう!
| サラ | 2011/10/05 3:53 PM |

Body shopは、こちらになくて、亜流な店があるのを最近発見しました。日本にいた頃は、Bodyshopの製品を愛用していたのですが、今のラインは、全然疎いです。
この間帰った時も少し寄ってみたのですが、買わないで終わりました。
DiroのAddictってネーミングが凄いかも。
限定品は、無いとほしくなるよね。
| Gabbyna | 2011/10/08 12:16 PM |

Addict2は日本人向けに調合された香りなんでしょうかね?フランスのブランドなのに、日本にはあって本国にないものって結構ありますよね!私も日本で大人気のランコムの日焼け止めが欲しくてフランスで探しましたがどこにも売っていませんでした。代わりにお店の人に勧められたSPF50の日焼け止めも、箱がオレンジな上に「均一に日焼けできます」みたいなことが書いてあり「??」だったのでやめました。(笑)
| くり子 | 2011/10/09 8:33 PM |

■Gabbynaさん、

ブラジルにあるのは、ボディショップのコピー製品みたいな感じなんでしょうか?
ボディショップのスキンケア・メイク製品は、ほとんど使用したことがなかったのですが、お手頃価格で、気軽に使える感じが気に入っています。

ディオールのアディクトって、意識していませんでしたが、名前は確かにすごいですね。アディクトは重たい感じですが、アディクト2は、Diorのサイトによれば「ガーリー」な香水なんだそうです。
なぜアディクトという名前を引き継ぐのか、良く分かりませんが・・・(爆)

恥ずかしい香水の名前を集めたら、結構いろんなのが集まりそうですね。
| サラ | 2011/10/10 4:22 PM |

■くり子さん、

日本人向けに調香、というわけでもないみたいです。
あれから色々調べたところ、アメリカやイギリスでも販売していたので、結局、Amazon.uk経由でイギリスの香水ショップから通販で購入することにしました。
フランスだけ小売店で売っていないみたいですが、なぜかCDG空港にはありました!

ランコムの日焼け止め、確かに、私もこの夏日本の雑誌で見かけて、ちらっとフランスのお店で探したけれど、商品のラインナップが違う気がしました。
「均一に日焼けできます」って…嬉しくないですよね(爆)
| サラ | 2011/10/10 4:24 PM |

ランコムの日本製品はたぶん、ブランド通りのランコム本店で買えると思います。私もずっと美白ラインを使っているのですが、あそこでしか売ってなくて(苦笑)

今月末からパリへ行くので買って行きましょうか?と書いていたら。。。
Amazonで買われたのですネ〜(^^)良かったです〜&#9836;
| mizuki | 2011/10/10 9:24 PM |

■mizukiさん、

ご親切に、ありがとうございます!
日焼け止めは、ランコム本店だと取り扱いがあるのですね。
私はランコムは、残念ながら、あまり肌の相性が良くないみたいなので、試供品しか使ったことがないんですが・・・

実は、Addict 2も、Diorのオンライン・ショップでも買えたのですが…
定価の値段が、イギリスのディスカウントショップの倍ほどしたので(同じサイズではありませんが…)、Amazon.ukにお願いした次第です。
| サラ | 2011/10/10 9:29 PM |

サラさんこんにちはー。

グレープフルーツは、香りも味も大好きです! 

子供の頃は半分に切ったものにお砂糖をかけ、ギザギザのスプーンで食べる、というどことなく昭和の香りがする食べ方をしておりました・・・ (遠い目)

ところで以前、何かの記事で「グレープフルーツの香りを漂わせている女性は、何故か男性に若く見てもらえる」という調査結果 (?) が出ていました。

でもこれは男性→女性という方向限定で、グレープフルーツの香りのする男性を女性が見ても、特に年齢に対する印象は変わらなかったそうです。

不思議ですな。 理由は不明だそうですが、でもこれを利用しない手はない!と、私なぞはグレープフルーツの果汁を頭から浴びたいくらいです (爆)。

こちら北米では Addict 2 は普通に売られているようなので、今度「試嗅」に行ってみたいと思います。

サラさんがイギリスから注文された分も届くのが楽しみですね!
| | 2011/10/11 6:46 AM |

■鯨さん、

そんな調査があったのですね!
グレープフルーツの香りは、確かに、若々しい印象があります。

アメリカではセフォラなど、どこでも普通に売ってるようですね。
Addict 2は、本当にディオールっぽくない香水だと思います。
オリエンタル系(ジャスミンとか)やローズ系香水の強いベリーダンス界?では、絶対に、実年齢マイナス5歳は確実?だと思います(爆)

グレープフルーツ、私の家では、はちみつを乗せて、食べてました。
ギザギザ・スプーンで実の形を崩さないように取り出すのが得意でした(笑)
あのスプーンと、イチゴをつぶすスプーンが、なつかしいです!

いろんな香水を試していると、流行を感じるときがあります。
若さを感じさせてくれる新しい香りと、停滞感のある古い香り、というか…
いわゆる女くさい感じのフローラルは苦手なのですが、私が好きなフルーティ系は、どちらかというと流行の新しい香り系列みたいですね。

鯨さんの彼は、たしかボディショップで試食してしまったのですよね(爆)
私も、好奇心から、うっすらと指につけて、なめてみましたが(ちなみに、自宅でです・・・お店で食べたわけではありません!)、無味でしたよ。
| サラ | 2011/10/11 4:14 PM |

グレープフルーツ系の香り・・・。

フェラガモのIncanto Charmsってそんな感じだったような。コンサバ靴のイメージから遠い、優しく若々しい香りで夏によく使ってました。
あとYSLのベビードールもちょっと試したときそんな感じで、日本人に人気の高い理由なのかな、と思いました。

私は昔からすずらん、ローズ系が好きであんまり冒険できません。
| tamaho | 2011/10/13 5:41 AM |

■tamahoさん、

フェラガモのIncantoは男性用をうちの夫が愛用しているんですよ。
私には、ちょっとオッサンくさく感じられますが・・・
Incanto Charmsというのは、知りませんでした!
今度ぜひ、香水店で試してみたいです。
ベビードールも、名前から「甘そうな香りかな〜」と敬遠してしまって、試したことがないんですよ。

スズランといえば、はるか昔に使っていた、クラブツリー&イヴリンの「Lily of the valley」の香りを思い出します。
tamahoさんは、正統なフローラルがお好きなんですね。
| サラ | 2011/10/13 4:38 PM |

セフォラ〜 香りではなく、 その店の名前に引き付けられてのコメントです。
日本で銀座、渋谷、新宿三越にあった店に行ったことがあります。何年も前に日本からアッサリと撤退したのでしたね。新宿店のオープニングセレモニーではフランスから楽団が来ていたのに、すぐに閉店してしまいました。まだ他のアジアの国では見かけます。数日前にクアラルンプールで見かけて懐かしくて店内を見てきましたが、値段だけは高いようでした。
私は過敏症で科学物質のアレルギーがあります。合わない物質の香りを嗅ぐと鼻の粘膜がヒリヒリして頭が痛くなります。更衣室でボディークリームを塗り込み始めたり、デオドラントスプレーを噴きかける人がいたら、走って避難しています。でも香水は大丈夫なんです。ティーンエージャーからフランスの同じ物を使っています。
| coco | 2011/10/17 11:42 AM |

■cocoさん、

日本にもセフォラが出店していたことがあったのですね!
私は、フランスに来てから、セフォラに行くようになりました。

化学物質で、気持ちが悪くなることは、私もありますよ!
今はかなり大丈夫なほうですが、一時期、たいがいのスキンケア製品や化粧品も、つけると肌がかゆくなるので、避けていました。
今でも、スプレー式のデオドラントや、「ケープ」みたいなヘアスプレーは苦手です(笑)
あと、化学物質が大量に使われている香りのする新築マンションも苦手です(爆)

お使いの香水は、上質なものであれば、化学物質ではなくて自然の香りで構成されているので、アレルギー反応が出ないのかもしれませんね。
| サラ | 2011/10/17 5:07 PM |











このページの先頭へ