国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 娘の外泊(その後) | main | 「技術・家庭」は好きでしたか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ベルンでモンブラン
夫の昔の友達が、スイスのベルンに仕事で来ることになったので、会いにいくことにしました。


ベルンまでは、うちから車で3時間程度です。

スイスにたまに遊びに行くことはあるのですが…

ローザンヌなどのフランス語圏にしか、行ったことがなかったので、ベルンに着くと、町並みもスイス・ドイツ語の響きも、なんだか新鮮でした。


パーキングが見つからず、道でタバコを吸っていた勤め人らしい人に、英語で聞いてみたところ…

すごく流暢な英語で、親切に答えてくれました。

ベルンの町は、なぜかどこもかしこもカーキ色の建物ばかりで、それがまず目につきました。
ベルンの町並み(カーキ色)

これは、採掘される石の色なんでしょうか??

ベルンの町並み(2)
ベルンの町並み(3)

でも、1週間近く滞在していた夫の友達カップルは、

え?壁の色??壁に色なんかあった??

と全然気がついておらず、あとで写真を見せてやっと、「あ、本当だ!」と気がついている始末でした(笑)

友達の滞在しているホテルの近くに、スタバがあったので、入りかけたのですが…

その手前に、なんとなく地元の老舗っぽいカフェがあり、そっちに行ってみると…

なんと、モンブラン(ケーキ)がありました!!

ベルンのモンブラン(ケーキ)
でも、このケーキの名前は、「バミセリ」(春雨?)という名前でした。

味は、日本のモンブランと似ていて、とても美味しかったです!

ベルンのオシャレなカフェ
外装と1階はクラシックなのに、2階の内装はモダンで、素敵なカフェでした。

カプチーノの出し方とかも、なんとなくフランスよりも気が利いていて、子供にシロップもサービスしてくれて、すごく親切でした。


店員のお姉さんに、夫がずっと英語で話していたのですが…

ふと、相手がフランス語で答えていることに気がついて、笑ってしまいました。

スイス人はバイリンガル(もしくはそれ以上)の人が多いのですね。

路上チェス写真
路上チェス。

向こう側で熱い一局が、進行中でした。

こちらの一局は、休憩中なのか、終了しているのか、チェスをずいぶんやってないので、もうそんなことも分かりませんでした。

ちなみに、コマをジョジョ君が動かしてしまいましたが、誰も何も言いに来なかったので、よかったのかな??


 JUGEMテーマ:スイスの旅
| サラ | スイスの小さな村・町 | 16:40 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:40 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/02/18 12:12 PM |











このページの先頭へ