国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< アラフォーからの歯列矯正 | main | 幼稚園の発表会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランスの選挙の余波
フランスは、大統領選挙に続いて、総選挙がありました。

私は、選挙権もないし、政治にはあまり興味がないので、遠巻きに眺めていただけなのですが…


1ヶ月ほど前の週末、昼ごはんの後に、夫が子供をつれて散歩に出ていたときに、やたら疲れていたので、珍しく、ソファーで昼寝をしていたら…

ピンポーン!

とドアのベルが鳴り、誰かと思って行ってみたら、自転車を押してる、みたことのないおじさんでした。

そのおじさんは、今回の下院候補で、私に挨拶して、ビラを渡したものの、私が、

「私は選挙権がないんですけど…」

というと、ビラを私の手から取り戻したので、笑ってしまいました。

しかも、その後で、私が

「夫は投票できます」

と言うと、またビラを無理やり手渡して、帰って行ったのでした(笑)



うちの下の子が、幼稚園のお友達と公園で遊んでるときには、大統領選挙の前には、

「ニコラ・サルコジごっこ」

をしていたので、笑ってしまいました。

単に、男の子4人が砂場でダムとか橋を作りながら、

「僕が共和国大統領だ!」
「いや、僕がニコラ・サルコジだ!」

と言いあっていただけですが…


あと、うちの子には、候補のポスターが街頭に貼ってあるのが不思議だったようです。

しかも、たて看板によっては、結構えげつない落書きがしてあったりするので、それをみて、いつも笑っていました。


大統領選挙が終わった直後に、公園で鳩が2匹、ケンカをしていたのですが…

それを見た下の子が、すかさず、

「こっちがニコラ・サルコジで、こっちがフランソワ・オランド」

と言っていたので、笑ってしまいました。


5年前のサルコジ大統領誕生のときには、結構デモや暴動があったのですが、今回は静かで、あまり世間の関心も高くないような気がしました。

JUGEMテーマ:フランス 
| サラ | フランスのスケッチ | 16:35 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:35 | - | - |
サラさん、こんにちは。前回ご挨拶したSarah です。

息子さんとおともだち、ちゃんと理解しているところが可愛くもありアッパレでもありますね。フランスの政治意識って子供の頃から目にし耳にしながら鍛えられ育まれて行くんですね。政治討論番組なども、フランスほど内容がハイクオリティーのところはないかもしれない、と思います。

そういえば、Hollandeさんって、前の奥さんも今の奥さんもざらにいる美人というよりずば抜けて美しいですよね。選挙前、テレビでサルコジさんと討論しているのを見ていました。知的な人だとはわかるんだけど、坊ちゃんっぽくてちょっと退屈そう(笑)な印象でした。ここまで才色兼備女性たちを惹き寄せる彼の魅力はどういうところなんだろう、と興味津々で見守っています。

サラさんのお料理も楽しみに読ませていただいてました。またいろんなフランスのお料理や海外での和食など教えてくださるのを楽しみにしています。
| Sarah | 2012/06/21 8:40 PM |

■Sarahさん、

お料理等の記事にも目を通していただいて、ありがとうございます。
イスラエルでも、日本食の材料は、手に入るのでしょうか?

私は、政治動向は一応なんとなくフォローはしていますが、政治家には、ほぼ全く興味ないので、討論番組も、ほぼ全く見ないことにしているのですが…

うちの夫が、今回の選挙の討論は、個人攻撃なども多く、二人とも品格がない、と言っていました。

確かに、オランド大統領、一緒にいたら退屈しそうなタイプの顔ですよね〜(失礼!)
うちの夫が、二人とも、「顔が気に入らない」と言って、いつもいちゃもんをつけていました。

ちなみに、夫がオランド大統領の顔が「洋ナシ」に似てる、と言うので、つい、あの顔をみると、洋ナシを思い出すようになってしまいました。

オランド大統領の伴侶は、前妻も後妻も、法的には結婚していないので、事実婚ですが、それでも特に問題ないのが、フランスらしいな、と思います。
…確かに、なんでモテるんでしょうね?(笑)
| サラ | 2012/06/22 12:07 AM |

お料理も、フランスの社会事情、法環境、親権と養育権の記事、サラさんの書かれること、とても勉強になります。

20年前と段違いでアジア食材店やオーガニックの店で一通りのものが手に入るようになりました。
フィリピンから介護の仕事で来ている女性たちが増え始めたのが契機だったようです。
今、料理のことなど、 sarahjerusalem5.blogspot.com で。
その前に、sarahjerusalem2.blogspot.comで書いてました。
よろしかったらいらしてください。

選挙前の一対一の議論は今回は見ましたが、必死で相手の足をひっぱることを挑戦するし、わたしもあまり好みません。
ひとつの議題を円卓を囲んで話し合う番組などは、メンバーによってはおもしろいなぁと思います。

最初に書いていたものがあるので、もうひとつコメントさせていただきますね。
| Sarah | 2012/06/22 6:45 PM |











このページの先頭へ