国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< アラフォーからの歯列矯正へのリアクション | main | 電子レンジでパスタをゆでる方法・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランス人旅行者が、日本でビックリしたこと
週末に、アヌシーにある、夫の友達の家に遊びに行きました。


友達の両親の家にお邪魔したところ、お父さんの悪友らしき人が遊びに来ていたのですが・・・


その人が、「78年に日本旅行した」というので、話をきいていたところ、なんと、フランス人ふたりで、本州をヒッチハイクで一周した、ということでした。


日本の旅で、そのおじさんが一番ビックリしたことは・・・


(私には、ヒッチハイクで旅行する、という発想自体が、ビックリだったのですが!)


いつもどおり、普通の乗用車にヒッチハイクで乗せてもらっていると、突然、乗せてくれた運転手さんが、車を止めて、外に出て行ったのだそうです。


(このおじさん、英語もかなりブロークンなので、乗せてくれた人との間には、あまり会話がなかったのだと思いますが・・・)


そのときに、おじさんがビックリしたのは、

1)まったく見知らぬ人をヒッチハイクで乗せているのに、車のキーをつけっぱなしにしたまま、車を降りてしまった。

(日本人の車のオーナーは、さすがに、この旅行者たちが、車泥棒をするとは、思わなかったのだと思いますが・・・)


しかも、

2)戻ってきたオーナーは、自販機でコカコーラを買ってきてくれて、おごってくれた。


・・・その出来事が、ものすごく衝撃的だったそうです。


それ以外でも、どこに行っても、みんな親切で、日本のイメージは、とても良かったそうです。



ちなみに、フランスで出会った人で、日本に旅行したことがある人は、たいがい、

「すごく良かった!!」

と言ってくれる人が多いので、ホッとしています。



ちなみに、アヌシーと言えば、エリック・ロメールの「クレールの膝」という映画に出てくる、湖がある町、ということしか知らなかったのですが・・・

アルプスと湖の景色がとても美しい、空気のキレイな町でした。

クレールの膝

ちなみに、フランスにきてから数年した頃、夫が、

エリック・ロメールの映画は面白いよ!

というので、一緒に何本か見たのですが、「アヌシーのバカンスは楽しそうだな」、ということ以外、さっぱりストーリーを覚えていません!!

たしか、主人公が「膝フェチ」? なんですが、それも、最後にちょっとでてくるだけで、なんでこのタイトルなのか?? と疑問に思ったのを覚えています。

私の当時のフランス語力は、かなり限られていたので、エリック・ロメールの映画の会話の多さに、単に、ついていけなかったのかもしれませんが・・・



 JUGEMテーマ:カルチャーショック!!!
| サラ | トンデモ フランス人 | 17:41 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:41 | - | - |
同じ日本人として嬉しいお話ですね。

去年パリで出会った日本人のカップルは、パリから日帰りで地方に出かけて終電を逃しホテルも見つからず、ヒッチハイクでパリまで戻ったと言ってました。びっくりしました!


アヌシーって来月行けるところだー!と思って嬉しく読んでいたのですが勘違いでした。来月フランスの北から南まで各地を巡ってきます。
| あり | 2012/09/26 9:54 PM |

初めまして☆
昨日、南西フランスの旅(コンク、ロカマドゥール、サンシルラポピー、アルビ、ルルド、カルカソンヌ、トゥールーズにいきました)から帰ってきて、ブログ検索をしてたどり着きました!
サラさんの飾らない感じと、ご家族の様子が楽しく、そして愛に溢れる感じがたまらなくいいです(*^^*)
1人旅だったんですけど、人が本当に皆優しくて、とても嬉しかったです。それでフランス人て何かいいな、という安易な感じで検索してみたんです。

読んでるとほっこりした気持ちになりますね。これからも楽しみにしています!!
| ふぅ | 2012/09/27 12:59 AM |

私の父は職業運転手でしたが、よくヒッチハイクの人を乗せてはおごったりお金をあげたりしてたみたいです。外人さんがホテル代に困ってたから2万円貸したと言ってたときもありました(貸したとは言いながら戻ってこないのは元々承知だった様子。何十年も前なので2万円はかなりの大金で子供ながらにビックリした覚えが。。。)。ちなみに我が家は裕福とは言い難い家庭でした。母は母でそんな父と余裕のない家計との間にあって大変だったと思います。父自身が子供の頃かなり激しく苦労したので困っている人を見るとほっとけないようです。なんかこのブログを見て久し振りに思い出しました。父が昔親切にした人々が良い思い出を今も持っていてくれているのかもと思うと少し嬉しくなりました。
| にゃんころりん | 2012/09/27 8:27 AM |

■ありさん、

フランスで日本人旅行者がヒッチハイク!!
度胸がありますね・・・
でも、確かにホテルも電車もなかったら、他にどうしようもないですよね・・・

来月のありさんの訪仏は、何かテーマがあるのでしょうか?

アヌシーはスイスのジュネーブにも近いので、また機会があったら、私もぜひ行ってみたいです。
| サラ | 2012/09/27 6:02 PM |

■ふぅさん、

はじめまして。
お優しいコメントありがとうございます。

南西フランスの旅行は、のんびりして楽しかったことでしょうね。
お天気はまぁまぁだったと思いますが・・・少し、寒くなかったですか??

旅行中、優しいフランス人に恵まれたのは、ふぅさんのお人柄もあると思いますよ。
| サラ | 2012/09/27 6:04 PM |

■にゃんころりんさん、

素敵なお父様ですね!

お母様は、家計のやりくりが大変だったと思いますが、お金では買えない、豊かさを知っていらっしゃるご両親なのでは、と思います。

おそらく、お父様の親切にあやかった方は、一生忘れないと思います。

このアヌシーのおじさんも、1978年からずっと、日本のいいイメージをみんなに話し続けているようですよ・・・
| サラ | 2012/09/27 6:09 PM |

今どきヒッチハイクとは。それも老人なのに。日本が観光地で一位というのが分かる気がします。
| ママベア | 2012/09/30 9:48 AM |

■ママベアさん、

このおじさん、今はいい年ですが、日本に旅行したときは、78年だから、かなり若かったと思いますよ。

日本の観光地は、かなり標識がアルファベット表示されるようになったので、だいぶ分かりやすくなったと思いますが、田舎の駅に行こうものなら、切符を買うのも、方向を調べるのも、日本語が分からない人には、すごく大変みたいです。
| サラ | 2012/10/01 6:36 PM |











このページの先頭へ