国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 夫婦の不満の表現法 | main | 納豆巻きと、いなり寿司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
久々の手作りフォンダン・オ・ショコラ
イチゴ
フォンダン
最近、わけあって、ケーキをずっと作っていませんでしたが、久々にフォンダン・オ・ショコラを作りました。

いつもどおり、適当レシピですが・・・我が家のレシピを、ご紹介します。

フォンダン・オ・ショコラの作り方


材料
砂糖 50g
板チョコレート(お菓子用ビターチョコを使用) 200g
バター 50g
卵   2個
小麦粉 50g
型に塗るバター 少量


1)大き目のなべを弱火または湯せんにかけて、割ったチョコレートを溶かし、バターと砂糖を溶かして、よく混ぜて火を止めます。

2)だいたい冷めたら、卵を割り入れ、かき混ぜます。

小麦粉も加えます。

4)バターをしいた型に流し、180度のオーブンで15〜20分程度焼きます。

トリュフ・ケーキ(下記参照)と同様、焼くときに、オーブンの下の段に、水を張った型を入れておきます。


5)お箸やフォークを差し込んで、まだ中がぜんぜん固まっていない状態で、オーブンを止めます。

すぐに食べるのであれば、そのまま10分ぐらい、オーブンに入れた状態で、もう少し焼きが入ったところで、出して食べます。

すぐに食べない場合、いったんオーブンから出しておき、食べる直前にちょっと暖めるといいと思います。


ちなみに、イチゴとバニラ・アイスクリームを一緒に添えていますが、イチゴの酸味とアイスの冷たい食感が、暖かいフォンダン・オ・ショコラとマッチして、とても美味しかったです。


よろしければ、似たようなトリュフ・ケーキの作り方も、あわせてご覧ください。





ちなみに、コンピュータの具合がいまいちで、写真のアップロードがうまくできなかったので、最近、写真がないブログが続いていましたが・・・

スマホからアップロードしてみたら、簡単にできました!!

これから、スマホで写真を撮って、アップロードすることにします。



JUGEMテーマ:ご当地スイーツ
| サラ | フレンチな台所仕事 | 23:55 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |
お久しぶり。おお、このチョコレートケーキは何回もつくりました。前にレシピのせてもらってから。

私と同じくブログに雑草がはこびっていたのにいつの間にか再開しましたね?
| ママベア | 2013/10/06 8:38 AM |

■ママベアさん、

ご無沙汰しています!
ママベアさんのブログも、再会されていて嬉しいです。
今度また、ゆっくり伺いますね♪

トリュフ・ケーキのときに、お作り頂いた旨のコメントを頂きましたね。
フォンダン・オ・ショコラは、トリュフ・ケーキよりも、中がどろっとしているので、冬にあたたかくして食べると格別ですよ!
| サラ | 2013/10/09 9:53 PM |











このページの先頭へ