国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 納豆巻きと、いなり寿司 | main | アドベント・カレンダーの作り方(パターン付き) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
髪の毛が薄くなってる男性への言葉
以前も書いたかもしれませんが…

日本人よりも、フランス人のほうが、薄毛の人が多いからかもしれませんが、日本ほど「薄毛」や「ハゲ」という現象がコンプレックス視されていない気もします。

とはいえ、当人が気にしていたら気の毒なので、私は、髪の話題は、男性の前では、できるだけ出さないようにしていますが…


先日、家族で集まったときに、あまり会う機会のない、義理の「またいとこ」みたいな遠い親戚の男性が何人かいたのですが…

夫の遠縁いとこ、シルヴァン君(推定20代後半)は、肩までかかるクセのある黒っぽい毛の人で、普通に見たところは、特に髪が薄い感じもしなかったのですが…


夫のおばさんの、マリー・マドレーヌが、突然、そのシルヴァン君に向かって、

「ところで、最近、髪の具合はどう?」

と聞くので、ビックリして振り返ったところ…

「最近、また着々と進んできて、こんなになっちゃった」

と、おでこの髪をぐっと持ち上げてみると、たしかに、M字型に毛がかなり後退しているのが分かりました。

それを見た、マリー・マドレーヌおばさんは、

「あら! 本当にずいぶん後退してきたわね!」

と容赦なく言い、しかも、その後のフォローもなく、それでシルヴァン君の毛の話は終了したのでした。

横で聞いていた私は、

(ふつうに毛をたらしていれば、ぜんぜん目立たないのに、そんなに公然の事実にしなくてもいいのに…)

と思ったのですが…


シルヴァン君も、別に気にしている様子がなかったので、私だけが「かわいそう」と思っていたのかもしれません…


私の周りには、自分の薄毛をネタにしたジョークを言うフランス人も結構いるのですが、状況が状況で、あまり笑えないので、いつも対応に困ります。


あと、毛関係では、義姉が、

「母の日に、息子が鼻毛カッターをプレゼントしてくれた」

というのを、自虐ネタで言っていて、これは結構笑えるのですが…

私も夫に鼻毛カッターをプレゼントしたことがあるので、人のことは言えないというのが本音です。


JUGEMテーマ:気になること
| サラ | トンデモ フランス人 | 00:12 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:12 | - | - |
つい毛の話に反応してしまいます!?(笑)

フランスの方は薄毛をあまり気になさらないのですね。
イギリスはどうかしら。
「薄毛にならない人はラッキー!」なくらいな割合で、薄毛チームは(我が夫も含め)やはり堂々としているような気がします。丸坊主の人も多いです。
でもさすがに薄毛の人に面と向かって「髪が後退してきた」とは言えないかしら。(笑)
サラさんのご主人のいとこさん&伯母様の会話、何気に凄いかも!

フランスの方は知り合い同士の心の距離が近いと聞きます。だからこその会話なのかなぁとふと思いました。
イギリス人は(人にも寄るとは思いますが)親子間でさえも遠慮がちなところがあって。 きっとそうした突っ込んだ会話はあまり無いのではないかしら。

ところで鼻毛カッター、私もプレゼントしたことがありますョ。二度ほど・・。(笑)


| T | 2013/11/13 2:18 AM |

■Tさん、

あはは、意識していないのに、なぜか毛の話が多くて、すみません!!

おばさんの遠慮ない発言に、私は「口あんぐり」状態でした。

夫の家族は、フランス人としては、どちらかというと遠慮がちな方だとは思いますが…
それでも、遠慮ない発言が続出、かもしれません。

イギリス人は、島国だから、日本と精神的に共通点があるのかもしれませんね。どうでしょうか?

鼻毛カッター、夫に贈ったのに、ぜんぜん使っていません。
先日は、毛抜きで鼻毛を抜いており、馬鹿みたいに痛がっていました。
Tさんの贈り主さんは、役立ててくれていると良いですね♪
| サラ | 2013/11/16 1:31 AM |











このページの先頭へ