国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランス風、子供レシピ(焼きリンゴの作り方) | main | クリスマスの飾り(アンティーク風) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
パンデピスの作り方(サン・ニコラのビスケット)
サンタクロースの起源とも言われている「サン・ニコラ」の日(12月6日)は、フランスの東部では一般的に祝われているようです。

夫の家族では、特に何のイベントもないのですが…

夫の父が東部出身なんですが、昔は、クリスマスは教会に行く日で、子供のためのお祝いは、サン・ニコラの日にプレゼントで祝った、ということでした。

サン・ニコラのお祝いには、パンデピス(スパイス・パンの意味)というお菓子がつきものらしいのですが…

パウンド・ケーキ型のタイプと、型抜きクッキーのタイプがあるようです。


今回、お友達に、クッキー・タイプの作り方を教えてもらって、一緒に作ったので、こちらでご紹介します。


パンデピスは、はちみつが大量に消費できるので、もしはちみつの使い道に困っている方がいらっしゃったら、ぜひ試してみてください!


これは、ジンジャーブレッドとは、たぶんかなり違うんですが…

ジンジャーマンの抜き型をお持ちでしたら、たぶんぴったりなので、ぜひ使ってみてください。


パンデピス(クッキー・タイプ)の材料

小麦粉 500g
ベーキングパウダー1袋
砂糖 200g
はちみつ 250g(透明なもの)
スパイス(パウダー状のものを、お好みで。量は加減してください):
  シナモン 大さじ1
  クローブ 小さじ1/8
  ナツメグ ひとつまみ
水 100ml

<アイシング用>
  粉砂糖 150g
  卵白 1個分


パンデピスの作り方

1)ボールにスパイスを混ぜいれ、小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を混ぜます。

次に、はちみつを入れて、手でこねます。水50mlを足します。

あまりに手にべたつくようであれば、小麦粉を足してみてください。

若干パサパサなぐらいで大丈夫です。こねているうちに、形ができてきます。

数分こねてみて、やっぱり足りなければ、残りの水を足してください。

水を入れすぎたら、小麦粉を足せばOKです。


2)ラップで包んで、室内で1時間ぐらい放置します。


3)机に粉をふって、綿棒で、1cmぐらいの厚さに伸ばします。

このとき、ぶ厚めに作っておかないと、焼き上がりのクッキーが硬くなってしまいます。

お好みの型で抜きます。型がなければ、小さめの湯飲みなどで、丸型でどうぞ。


4)オーブン用ペーパーを敷いた上に、クッキーをおきます。

お隣と、くっつかない程度に距離を取ってください。

熱でドロドロにはならないので、そんなに離さなくても大丈夫です。


5)180度で15分程度、焼きます。

火を通しすぎると、硬くなりすぎるので、焼きすぎ注意です!

10分ぐらいで様子を見て、軽く色づいていたら、もう出してしまって大丈夫です。


6)お好みでアイシングをします。

砂糖と卵白を混ぜて、泡立て器でなめらかになるまで混ぜて、袋などに入れて好きな模様を描きます。

私が教えてもらったお友達は、冷凍用のビニール袋に穴を開けていましたが、こまかい模様は無理なものの、一応は、用を足していました。

アイシングは、1時間ぐらい放置しておくと、乾いて、重ねても大丈夫になります。


ちなみに、作ってすぐよりも2日ぐらい置いたほうがおいしい、と言われましたが…

私の印象だと、焼き立てで、すぐ食べたほうが、おいしかったです!!

2日目は、結構ビスケットが硬くなっており、バリッと噛んだら、歯が痛くなりそうな感じだったので、夫に食べてもらいました。


あと、「1ヶ月保存可」、と言われましたが…

アイシングの卵白も生だし、心配なので、さっさと食べてしまいました。


食べる気がなければ、クリスマス・ツリーのデコレーションにしてもよさそうだな、と思いましたが…

ジョジョ君が、夕食前にクッキーをこっそり食べている図が、目に浮かぶので、うちはデコレーションにはしないことにしました。


JUGEMテーマ:旬・季節の食べ物

| サラ | フレンチな台所仕事 | 09:06 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:06 | - | - |
こんにちは、初めまして。アルザス在住です。(と言ってももうすぐ日本へ本帰国なのですが)
サンニコラの日は、サンニコラのパンデピスもあるんですが、Manalaマナラ(オ・ラン県)またはManeleマヌル(バ・ラン県)と呼ばれる人型のブリオッシュパンの方が主流ですね。アルザス語で Bon hommeの意味だそうです。
昨日は息子(5歳)の学校にもサンニコラが来て、ショコラを持ってきてくれたそうです。^^
| nappy | 2013/12/07 10:38 PM |

サラさん 初めまして
ダンスのブログの過去記事から こちらに来ました
アフリカンダンスにベーシックなダンスの動きがあると
・・・いう記事です

ジョジョ君がクッキーをおいしそうに食べる
姿が思い浮かびます
( ^∇^)
| jcom-takata | 2013/12/08 11:58 AM |

■nappyさん、

はじめまして!
アルザスにお住まいなんですね。
学校にも、サンニコラが来てくれるのですね!

「マナラ」というのは、初めて聞きました。
東出身の夫に聞いてみます。
うちの近くでも、人型ブリオッシュは売っていますが、単に「ボノム(bonhomme)」と言っています(笑)
| サラ | 2013/12/09 6:14 PM |

■jcom-takataさん、

はじめまして!
アフリカン・ダンスというと、だいぶ昔の記事をご覧頂いたのですね。

うちの息子は、甘いものが好きで好きで…
なんとか、もう少し砂糖の摂取量を減らせないか、苦労しています。
| サラ | 2013/12/09 6:16 PM |

うちのパートナーはフランス東部出身なもんで、サン・ニコラはかなり盛り上がってます。一人で。
彼の場合は、ショコラとキャンディーなんで、多分自分が嬉しいだけなのかも。Nutellaのビッグボトルとかハリボーとか、普段、こっちでは高くて私からダメ出しされているモノを、堂々と買えますから…。
今晩、「パンデビスじゃないの?」って聞いてみます。
| havo | 2013/12/10 11:37 AM |

■havoさん、

サンニコラ、おひとりで盛り上がっているのは、ちょっと可哀想ですね。

夫に聞いたところ、子供の頃は、東部の親戚からはサンニコラの日に、プレゼントが贈られたそうです。
(母方は特に東部出身ではないので・・・)

havoさんのパートナーも、子供の頃の思い出があるのでしょうね!
「ハリボ」と「ヌテラ」だったら、手がかかりませんね(笑)
しかも、普段は「ダメ出し」対象物なのですね!!!!(爆)
| サラ | 2013/12/10 11:11 PM |

サラ さん

だって、こっちではヌテラの大瓶、1000円以上するんです。ハリボも1袋300円ちょい。
彼のお母さんからは、今年もプレゼントが送ってきました。
ま、何はともあれ、子どもたちはクリスマス前に、クリスマスがある感じで大喜びです。

ちなみに、パンデビス聞いてみました。
「あぁ…、うん、そう。ボクのは現代風だから。」だそうです。
| havo | 2013/12/11 10:06 AM |

■havoさん、

確かに・・・ヌテラに1000円は・・・高いですね。
クリスマス前に、プレゼントが届くのは、嬉しいですね!

ご主人にとって、パンデピスは、昔のイメージなのでしょうね。
私は、どうしても、「保存食」っぽいイメージがつきまといます(笑)
| サラ | 2013/12/11 6:11 PM |











このページの先頭へ