国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< 君を感じていたいから? | main | ズボンの膝の穴のつくろい方(ハード版) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
男子のズボンのひざの穴
小学生ジョジョ君の話が続きます。

ジョジョ君のズボンに、いつも穴が開く話です。


今はもう「ズボン」と言わないのかもしれませんが、「パンツ」だと、下着のパンツと区別がつかないのでは?、と思うので「ズボン」にします。

男の子がいるおうちでは(男子の性格にもよるかもしれませんが)、どうされていますか??

うちは、新品のズボンでも、数回はくと、もう穴が開いています。


ちなみに、先日お迎えに行ったとき、学校の校庭で、ジョジョ君含む男子数人が、アイスホッケーの膝スライディング? みたいなことをやって遊んでいたのを目撃しました。

この調子なら、「穴が開かないほうがおかしい」、と思いました。

というか、装具もつけずに膝からアスファルトにスライドして、膝はガタガタにならないのか、と心配になりますが・・・

被害があるのはズボンばかりで、膝はほとんど擦り傷程度です。


最初は、小さい穴なので、刺繍糸で目立たないようにかがったりしていたのですが・・・

これだと、しっかりかがっても、翌日にはもう、取れてしまい、大きな穴になって、帰ってきます。

しかも、早めに穴をふさいでおかなかった場合、驚くほどの速さで、穴が大きくなってしまいます。

ちなみに、ジョジョ君が、暇つぶしに、ズボンの穴に指を入れて、穴を大きくしているのを目撃したことがあります。

さすがに、叱ったのですが、本人は、意識もしていなかったらしくて、言っているそばから、本人の耳に入っても、もう片方の耳から抜けていく、という感じで、全く改善しません。


ということで、うちでは、サポーターにもなりそうなほどハードな「膝の穴」対策を、ミシンで縫っているのですが・・・

(次回、ご紹介します・・・)


他にもっと簡単な「膝の穴」対策がないかな・・・と、インターネットで検索したところ・・・

「うちは、高校生になっても、まだ制服に穴を開けて帰ってきます」という証言が結構あったので、気長に構えるしかなさそうです・・・


JUGEMテーマ:育児
| サラ | フランスの子育て | 01:14 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:14 | - | - |
あらら ジョジョ君、結構派手な穴ですね〜。

男の子さんって 年齢が増えてくると転ぶ回数が減ってくるし、流行りの遊びが変わると汚れ具合や衣類の壊れ具合が変わってくることもあるかもしれませんよ。うちの子がスクーターに熱心だった頃は漕ぐほうの足の靴裏だけが擦れてよく同じ場所ばかり穴が開いていました。(笑)

| T | 2014/02/07 9:34 AM |

■Tさん、

そうですね。
もう少し経ったら、穴も減るかもしれません。
それまでは「業務用」仕様で、ズボンにがんばってもらおうと思います(笑)
| サラ | 2014/02/08 12:52 AM |











このページの先頭へ