国際結婚しかも子連れ再婚(ステップファミリーのフランス生活)

毎日「おー、こういう時にはこうくるか?!」って驚くカルチャーギャップ。
国際結婚のホンネ話や、ステップファミリーのトホホな苦労話、笑っちゃう勘違い、などなど!
国際結婚&再婚のほんとのところを語ります。
<< フランス人夫の奇行・・・香水をかける姿を見せに来る夫 | main | 毛じらみにかかった私 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
毛ジラミには不潔が一番??

フランスの小学校では、年に何度か、毛じらみが流行するんですが…

ジョジョ君も、何度か、もらってきてしまいました。

今回、こんな手紙が入っていたのですが…

字が小さくて、読みにくいと思いますが、なんと3行目に、
衛生上の問題ではありません。毛じらみは、清潔な頭を好みます

と書いてあるではありませんか!!

不潔だから、毛じらみがうつる、というわけではないようですが、「清潔な頭を好みます」って、ちょっとどうなの…と思ってしまいました。

夫によれば、

「子供が不潔だから、毛じらみがうつったんですよ、と言われると、フランス人はあまのじゃくだから、不潔にしているのを個人攻撃されたと思って、ますます不潔にするからじゃないの?」

と、日本人には理解しがたい解釈をしていましたが…

私の印象では、フランスの小学校で、髪を長くしている女の子のそばによると、服装は可愛いのに、髪がくさいことが多くて、夫によれば、子供のシャンプーは週1回が普通の家庭も多いらしいので、正直なところ、本当に不潔だと思います。


ジョジョ君は、2日に1回ペースぐらいでシャンプーをしているのですが、学校では、校庭でも教室でも、頭からスライディングしたり、コートや帽子を床に放って置いたりしている様子なので、毛じらみが移っても当然かな、と思いました。


ちなみに、毛じらみの治療法は、フランスに住んでいて、小さい子のいる方は、誰でも知ってると思いますが…

薬局に行くと、毛じらみコーナーがあるぐらいです!!

うちでは殺虫剤を使っていないローション・タイプを使用しています。

毛じらみ退治用ローションをつけて、15分放置してから、シャンプーして、毛じらみ専用のくしでとかして、全部除去する、というのを2回繰り返すと、普通は消滅します。

(万一、しらみの卵が残っていた場合、卵がかえる可能性があるため、1週間後に2回目をやります)


ちなみに、この話には続きがあって、長くなるので…、次回に書きます!

 
JUGEMテーマ:海外生活
| サラ | フランスの小・中学校、保育園などの話 | 21:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:19 | - | - |










このページの先頭へ